スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月07日

アイティメディアは続伸。今月末の株式分割が材料だが、中期でも優良銘柄

 アイティメディア<2148>(東マ)は続伸。2万2000円高の24万6000円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 今月末に予定している、1→2の株式分割が材料となっているもようだ。
 また、最近は、IPO株のうち、上場から数ヵ月経って、乱高下が一巡した銘柄のなかから、改めて優良銘柄を物色する動きも出ている。同社もその1社だろう。
 ソフトバンク<9984>(東1)系。ネット上でIT関連コンテンツを配信している。筆頭株主はソフトバンク・メディアマーケティングホールディングス。ほか、ヤフー<4689>(東1)も大口株主の1社として入っている。
 業績は右肩上がりで来ており、今期2008年3月期も前年比増収増益を見込んでいる。業界観測では、来期2009年3月期も増収増益と見られている。無借金の好財務。
 ITの専門分野に特化した広告に強みがあり、また、最近はIT業界の人手不足から、IT人材関連事業も伸びているという。
 今年4月上場以来のチャートを見ると、上場当初につけた73万5000円が「上場来高値」となり、以降は続落トレンドで来た。8月21日に上場来安値15万3000円をつけて以降は反発している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:01 | 株式投資ニュース