スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月10日

ひらまつは反発→続伸。テクニカルに加え、高め配当と株主優待も手がかり

 ひらまつ<2764>(東2)は反発→続伸。1000円高の6万2700円で始まり、6万4000円まで買われている。
 この2ヵ月ほどは、6万8000円ラインから6万2000円ラインへと続落トレンドで来たので、テクニカル的に反発局面となっている。加えて、9月通期末の配当金と株主優待が買い材料となっているもようだ。
 9月通期末(年間)配当金は1230円を予定している。現在の株価で配当利回り約1.9%と高め水準。優待は、同社系列レストランでの飲食代割引カード。対象期間中は何度でも使える。
 チャートを見ると、次のフシは6万6000円。業績は好調で、富裕層をおもなターゲットとした同社のような事業は、中期で需要増が見込める。現在の株価でPBRは約1.7倍だが、PERは15倍台央と、割安水準でもある。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース