スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月14日

日本ペイントは「VOC抑えた水性塗料開発」報道もモミ合い。優良株の買い時

 日本ペイント<4612>(東1)はモミ合い。2円高の573円で始まり、寄り後は571〜575円の間で推移している。
 今朝の日経新聞で「VOC(揮発性有機化合物)のトルエンやキシレンを含む用材の含有量を大幅に抑えた水性塗料を開発した」と報道されたが、市場は反応薄だ。
 報道によると、通常の水性塗料は10〜30%の有機溶剤を含むが、開発した塗料は3〜4%程度。速乾性に優れるため、塗装コストも抑制できる。自動車メーカーなどが相次いでVOC排出の少ない塗料の採用に動いているという。
 チャートを見ると、8月30日につけた年初来安値540円を底に、反発。しかしこの3日間は590円から反落している。26週移動平均線630円ラインまでは戻したいところだ。中期週足、長期月足では2000年1月の195円から、続伸トレンドで来ている。
 現在の株価でPERは約17.8倍、PBRは約1.2倍と、業績好調な老舗企業にしては割安。業績は好調で、2008年3月期連結業績予想は、前年実績比増収増益。業界観測では、2009年3月期連結業績予想もさらに増収増益と見られている。
 信用残は売り長でもあるので、戻り足が鮮明化すれば、さらに上昇加速の期待もできる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース