株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月14日

インフォテリアは反発、ストップ高ラインタッチの場面も。ジックリ見ると優良銘柄

インフォテリアホームページ インフォテリア<3853>(東マ)は反発→続伸。前場は一時、4万9000円ストップ高ラインにタッチする場面も出ている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、テクニカル面と、業績面その他から見直し買いが入っているもようだ。
 チャートを見ると、今年6月上場時につけた18万2000円から、続落。9月13日には「上場来安値」4万5000円まで下落した。オシレーターも「買い時」となっていた。
 同社はXML採用ソフト『アステリア』を主力製品とする、ソフト開発会社。受託型のソフト開発会社と異なり、自社で企画して、基幹となるソフトを開発するため、収益性の高い点が特徴だ。
 無借金の好財務。業績も堅調。今期2008年3月期は、純利益のみ前年実績比減益となっているが、これは西日本事業所の開設、事業拡大に向けた人員増強、上場関連費用、研究開発といった先行投資によるもの。
 ・・・と、ジックリ見ると優良銘柄だ。このまま続伸して、まずは公開価格6万円ライン奪回を目指したい。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース