株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月27日

ヤクルト本社は「9月中間、営業増益」報道で小反発も、戻りは限定的か

 ヤクルト本社<2267>(東1)は小反発。80円高の2550円で始まり、寄り後は、その前後10〜20円幅で推移している。
 今朝の日経新聞に「ヤクルト本社の9月中間期は、連結営業利益が前年同期比1%増の120億円程度になりそうだ」との観測記事が出た。
 記事によると、従来予想(8%減の110億円)を上回り、一転して営業増益となるという。医薬品事業は主力の抗がん剤が好調に推移、乳製品「ヤクルト」も海外や国内で販売が拡大すると報じられている。
 今年に入ってからのチャートを見ると、2月につけた年初来高値3810円をピークに続落トレンド。9月18日に年初来安値2355円をつけて底を打った。まずは13週・26週移動平均線2800円ラインまでの戻りが目標となろう。
 ただ、長期チャートでは高値圏、PERは29倍台、PBRは1.9倍台と高め水準ではある。地合いにもよるが、本格的な上昇局面とはならず、戻りは限定的となるか。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース