株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月28日

住友ベークライトは9月中間下方修正で反落。押し目の買い時と見る

 住友ベークライト<4203>(東1)は反落。47円安の670円で始まり、寄り後は一時、651円まで売られた。
 きのう大引け後に、9月中間業績予想の下方修正を発表した。連結の修正後数値は、営業利益が前回予想から19億円減額の76億円(前年同期比16.7%減)、経常利益が同20億円減額の85億円(同16.3%減)、純利益が同42億円減額の10億円(同87.8%減)。売上高は20億円増額修正の1320億円とした。
 原材料の購入価格の高止まりと、販売価格への転嫁の遅れ、フレキシブル・プリント回路の海外生産移管の遅れによる重複コストが響いた。さらに、特別損失として、同社の半導体封止用エポキシ樹脂成形材料を使用した一部のICパッケージ内でショートが発生するとの不具合について、和解金・関連費用を計上した。
 チャートを見ると、直近の下値フシは650円なので、しばらく調整は入ろうが、あとは反発する局面と見る。現在の株価でPERは13倍台、PBRは約1倍と、割安になっている。

(関連記事)
・2007年06月22日 住友ベークライトが続伸し年初来高値を更新

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース