スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月28日

よく見ると優良株のリゾートソリューションはギャップアップ。短期、中期とも上値追い

 リゾートソリューション<5261>(東1)はギャップアップ。28円高の483円で始まっている。東証1部値上がり率上位にランクインする場面も出ている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、筆頭株主の三井不動産<8801>(東1)が、国際興業から帝国ホテルの33%の株式を取得し、傘下に収めることを内定した。そのため、三井不動産傘下でゴルフ場・ホテルの運営受託を行なっているリゾートソリューションに買いが入っているもようだ。
 また、団塊世代の退職や、景気の好転で、ゴルフ場が活況との報道もあり、手がかり材料となっているもようだ。
 短期チャートを見ると、25日につけた年初来安値413円の深押しから、反発→続伸中。次のフシは急落前の540円ラインだ。
 大口株主は、三井不動産のほか、コナミ<9766>(東1)、ミサワホーム(ミサワホームホールディングス<1722>(東1))などの優良企業、信託口、大手都銀などが並ぶ。また、実質無借金の好財務。業績は堅調に右肩上がり。・・・と、よく見ると優良企業だ。
 現在の株価でPERは18倍台、PBRは3倍台。上記の材料もあり、中期では、さらに上値追いができると見る。

(関連記事)
・2007年09月21日 三井不動産は続伸。「帝国ホテルを傘下へ」「日比谷地区再開発」報道
・2007年09月06日 三井不動産が4日続落し連日の年初来安値更新

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース