スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月28日

ソフトバンク・テクノロジー 災害時の情報配信、安否確認サービス事業に進出

ソフトバンク・テクノロジーホームページ ソフトバンク・テクノロジー<4726>(東1)は、27日にコム・アンド・コム(福岡市・資本金1億5700万円)との業務・資本提携を結び、携帯端末を利用した災害時の情報配信、安否確認サービス事業を行うと発表。
 ソフトバンク・テクノロジーはサービスのバックヤードとなるセキュアで強固なシステムの構築・運営を行い、一方のコム・アンド・コムは、災害情報配信から安否確認までの一貫した統合型安否確認システムを提供する。
 コム・アンド・コムが開発した統合型安否確認サービス「ライフメール」のノウハウと技術は、すでに国内20以上の自治体、200社以上の企業への導入実績があり、平成15年のサービス開始以来、中越、宮城、福岡などの過去の震災時には多くの被災者が安否確認に利用し、その有用性が実証されている。
 より強固な協力関係を構築するために、ソフトバンク・テクノロジーはコム・アンド・コムの発行する新株式1500株(発行済み株式の14.2%)を取得している。
 毎年災害が起こる確率が高くなっていることから、必要不可欠なサービスといえる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | IR企業情報