スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月01日

田中化学研究所は大陽線出現。目先、調整後は中期で上値追いへ?

 田中化学研究所<4080>(JQ)は続伸。前場は一時、160円高の1610円まで買われた。
 年初来高値を更新し、日足ではみょうに長いローソク足が出現しているが、長期月足で見ると、2005年の水準に戻したところだ。また、大手証券専門紙で「ハイブリッド車関連」として取り上げられたことも買い材料となっているもようだ。
 業績は好調で、前期2007年3月期実績、今期2008年3月期予想とも、大幅な増収増益。業界観測では、次期2009年3月期も増収増益と見られている。
 今朝はみょうに買われているので、目先、調整は入ろうが、現在の株価でPERは17倍台と割安、PBRは3倍台と市場の期待値大、という水準。地合いにもよるが、中期ではもう少し上値追いができると見る。
 技術力あり、実質無借金の堅実財務。大口株主には大手都銀、大手総合商社、生保などが入っている。

(関連記事)
・2007年06月26日 松下電器産業は小幅反落。トヨタとの株式持ち合い報道も織り込み済み?地合いも軟調
・2007年06月13日 三洋電機が上昇、225採用銘柄の値上がり率ランキング上位に

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース