スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月04日

富士電機ホールディングスは「曲げられる太陽電池、量産」報道で反発

 富士電機ホールディングス<6504>(東1)は反発。17円高の402円で始まっている。
 今朝の日経新聞等で「富士電機ホールディングス傘下の富士電機システムズは、熊本県に太陽電池パネルの新工場を建設する」「曲げられる太陽電池、量産」と報道されたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 報道によると、同社の太陽電池は厚さ1ミリ前後と薄く、折り曲げ可能。複雑な形状の屋根に設置したり、携帯電源として利用できる、シート状の発電装置として新規需要を開拓するという。
 同社の株価は、今月に入ってから、減益見通しや各証券会社のレーティング引き下げなどで、500円ラインから400円ラインへと急落した。現在の株価でPERは11倍台、PBRは1.1倍台と、割安になっている。テクニカル的にも、売られすぎの「買い時」水準となっている。

(関連記事)
・2007年09月05日 NECは続伸。今朝は電気機器セクターのディフェンシブ株が買われる
・2007年08月31日 古河電気工業が急反発し225採用銘柄の値上がり率第1位
・2007年07月30日 富士電機HDが年初来安値を更新、225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース