スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月04日

セブン&アイ・ホールディングスは「増益率の予想費比減」観測報道で反落

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は反落。寄り後は155円安の2865円まで売られている。
 今朝の日経新聞で「セブン&アイ・ホールディングスの8月中間期は、連結営業利益が前年同期比2%増の1450億円程度になったようだ」「従来予想は4%増の1480億円。総合スーパーの採算は改善したが、電子マネー投入など先行費用が増え、利益を圧迫した」と報道された。
 チャート的には、9月25日につけた上場来安値2795円からの戻り足を形成中だったが、そこに冷水をかけられた格好だ。
 中長期的にも、人口減で内需関連は不人気となっている。同社株も、もうしばらく調整局面が続きそうだ。

(関連記事)
・2007年09月10日 セブン&アイHDが8月17日につけた上場来安値を更新
・2007年06月29日 セブン&アイ・ホールディングスは続伸。3〜5月期営業益増益観測と、米国出店報道で

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 株式投資ニュース