スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月10日

インプレスホールディングスは2万円ラインに首の皮1枚まで?肉迫。中期ではまだ割安

 インプレスホールディングス<9479>(東1)は続伸。1180円高の1万9800円という、スーパーの値づけのような株価まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。きょうのストップ高ラインは2万0620円。
 とくに材料が出たわけではないようだが、9月20日につけた上場来安値1万6600円を底に、続伸中。しかし以前の株価水準まではまだ全然戻していない。
 ネット関連雑誌・書籍の出版事業を行なっているが、最近はデジタルコンテンツも強化している。業績は堅調。今期2008年3月期は営業・経常利益の前年比減益を見込んでいるが、これはデジタルコンテンツの先行投資などによるもの。業界観測では、次期2009年3月期は再び増益が予想されている。
 筆頭株主は塚本慶一郎社長で、ほかの大口株主は、自社、信託口など堅い。実質無借金の好財務。前期には老舗の『山と渓谷社』を買収するなど、M&Aも積極的に行なっている。
 現在の株価でPERは18倍台、PBRは0.5倍台と、割安水準。目先は、次のフシ2万2000円ライン奪回が目標となろう。

(関連記事)
・2007年06月26日 チップワンストップはインプレスとの提携でギャップアップ。次のフシは24万円?

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース