株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月11日

伊藤忠商事は実態再評価へ動き出すか

 伊藤忠商事<8001>(東1)が本格出直り相場に転じてきた。
今3月期第1四半期の純利益は859億円と前年同期比78%増の859億円を確保した。
 会社側は通期見通しを据え置いたが現実的な数字からは今後の増額修正は必至。アナリスト筋は会社側見通しの純利益2100億円に対し2200億円(前期1770億円)に達するとの見方を強めている。
 こうした状況を踏まえ、大手証券がレーティング引き上げに動き市場の見直しムードが高まってきた。エネルギー価格上昇に依存してきた業容も社会インフラ関連、中国・アジアなどへの海外投資増などで大きく変化しつつある。
 今期の1株当たり利益138円から見たPERの出遅れがストレートに評価されて当然だ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース