スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月12日

サイバー・コミュニケーションズは続伸中。高め配当も魅力

 サイバー・コミュニケーションズ<4788>(東マ)は続伸。4700円高の6万5400円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 9月25日につけた上場来安値2万9780円を底に、続伸中。このまま続伸して、まずは次のフシ8万円、さらにその次のフシ10万円を目指す。
 現在の株価でPERは44倍台、PBRは4倍台と高め水準。しかし同社の事業が「ネット広告の媒体代理店」で、業界トップであり、電通<4324>(東1)ソフトバンク<9984>(東1)グループの合弁会社という点から見ると、とくに高すぎるというわけではないかもしれない。
 業績は堅調に右肩上がり。実質無借金。筆頭株主は電通で、ほかの大口株主には、ソフトバンクBBや大手証券の名も並んでいる。
 また、新興市場のIT企業にしては、配当金が充実。今期2008年3月期末(年間)配当金は200円を予想している。現在の株価で、配当利回り約3%と、かなり高めだ。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース