スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月15日

総合メディカルは9月中間予想の上方修正でギャップアップ。押し目からの戻り足加速

 総合メディカル<4775>(東1)はギャップアップ→続伸。120円高の3110円で始まり、寄り後は3190円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインする場面も出ている。
 先週末12日大引け後に、9月中間連結決算の、一部上方修正を発表した。売上高は前回予想比2億2200万円減額の314億7300万円としたが、営業利益は同1億9100万円増額の9億4500万円、経常利益は同2億3300万円増額の9億3000万円、純利益は同1億1400万円増額の5億1100万円とした。
 薬局関連事業の売上・利益が前回予想を上回る見込みとなり、レンタル関連事業で営業費用を抑えたことで利益が前回予想を上回る見込みとなった。
 チャートを見ると、現在は8〜9月に形成した押し目2600円から、戻り足を形成中。このまま続伸して、まずは次のフシ3400円ラインまで戻したいところ。現在の株価でPERは13倍台と、割安水準。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース