スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月16日

エノテカは上方修正でギャップアップ。11月ボジョレー解禁へ向けハヤされ期待も?

 エノテカ<3049>(大ヘ)はギャップアップ。3万円高の33万円で始まり、寄り後は35万円まで買われている。
 きのう大引け後に、9月中間と2008年3月期末の業績予想の上方修正を発表した。中間・通期とも、売上高、営業・経常・純利益とも増額修正となった。理由は、為替予約時価評価額1億9000万円を営業外収益に計上したこと、業績が好調に推移していることなど。
 今年に入ってからのチャートを見ると、現在の33万円ラインは、ひとつのフシとなっている。が、11月15日のボジョレー・ヌーヴォー解禁日に向けて、ハヤされるのではないかとの期待も。次のフシ35〜36万円を目標としてみる。

(ボジョレー・ヌーヴォー関連銘柄)
 オエノンホールディングス<2533・東1>エコス<7520・東1>メルシャン<2536・東1>サッポロホールディングス<2501・東1>エノテカ<3049・大ヘ>ドウシシャ<7483・東1>キッコーマン<2801・東1>宝ホールディングス<2531・東1>アサヒビール<2502・東1>やまや<9994・東1>サークルKサンクス<3337・東1>

(関連記事)
・2007年10月15日 エノテカ 中間・通期とも大幅上方修正

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース