IRセミナー
5/30(火)=マーキュリアインベストメント、JPホールディングス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月16日

協和発酵工業が続伸し年初来高値に肉薄、中間期業績予想を上方修正

 協和発酵工業<4151>(東1)が、18円高の1222円と続伸し5月14日につけた年初来高値1232円に肉薄する動きになっている。本日、午前11時に07年9月中間期の業績予想を発表、上方修正を好感している。売上高は前回予想を若干下回ったが、経常利益は同20億円上回る180億円、純利益は同10億円上回る110億円に修正した。利益面では、研究開発費等の経費発生の下期への一部ずれ込みや経費の節減等により、前回予想を上回る見込みで、通期の業績予想については、上期からずれ込む経費の発生が見込まれることなどから、7月27日に公表した業績予想を据置いている。

(関連記事)
・2007年09月20日 協和発酵工業は野村ホールディングスと農林中央金庫の提携で注目



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:47 | 株式投資ニュース