株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年10月18日

株マニ注目銘柄のゴールドクレストは反発。「藤建事務所は無関係」発表も材料に

 マンション開発・分譲会社のゴールドクレスト<8871>(東1)は反発。270円高の5050円まで買われている。東証1部値上がり率ランキング上位に入る場面も出ている。
 きのう大引け後に、9月中間業績予想の上方修正を発表した。連結・個別とも、売上高、営業・経常・純利益とも、増額修正した。
 また、藤建事務所(埼玉県八潮市)による「構造計画書」の偽装問題に関して、「当社の新築分譲マンションで、現在、計画販売中の物件、これまでに竣工・引き渡した分を含む、すべての物件について、かかわりが一切無いと確認した」と明らかにした。
 チャートを見ると、9月14日につけた年初来安値4120円を底に、反発→続伸。株マニ9月19日付け『リアルタイム注目銘柄』で指摘した目標株価5500円をつけてから、いったん調整局面となっていた。
 現在の株価でPERは11倍台央とまだまだ割安。まずは5500円ライン奪回、続いて次のフシ6000円ラインまでの戻りが目標となろう。

(関連記事)
・2007年09月06日 ゴールドクレストは反発。年初来安値から反転のタイミング
・2007年04月27日 ゴールドクレストが急続伸、外資系証券の目標株価引き上げが買い手掛かり

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース