株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年12月19日

太平工業が5日ぶりに急反発、新日鉄・住金・神鋼の相互出資拡大から受注増期待

 新日鉄系の太平工業<1819>(東1)が、23円高の565円と5日ぶりに急反発している。本日、新日本製鐵<5401>(東1)住友金属工業<5405>(東1)神戸製鋼所<5406>(東1)の鉄鋼3社が相互出資を拡大、各100億−400億円取得で合意との日本経済新聞朝刊の報道から、関連工事の受注増が見込まれるとの期待感から買いが入っているようだ。前週発売の四季報新春号では、単体受注は新日鉄関連堅調で2・2%減の1350億円に上方修正。マンション建築から事実上撤退で完工減少。機電エンジの受注単価上向き、作業効率改善も好調で営業益は一転増益へ。09年3月期は新日鉄関連の機電等が消化順調、続伸として、営業利益は秋号の予想を11億円上回る107億円、1株利益は75.2円に膨らむと予想している。低PERだが、上値にシコリが多いと思われることから一本調子での上げは難しいと思われよう。

(関連記事)
・2007年11月14日 太平工業が4日続伸、通期業績予想の上方修正を好感
・2007年10月30日 新日鉄が3ヵ年計画の投資額を積み増す、太平工業が3日続伸

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース