株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2008年04月17日

アデランスHDの今期は好業績予想、中期でも伸長へ――引け後のリリース、明日の1本

引け後のリリース明日の1本 アデランスホールディングス<8170>(東1)は17日の大引け後に、2月通期決算と中期経営計画などを発表した。
 2008年2月通期の連結決算は、売上高749億9800万円(前年比2.0%増)、経常利益44億0700万円(同50.0%減)、純利益5億9000万円(同90.3%減)の増収減益となった。関係会社に対する投融資への引当積み増し、のれんの減損処理による特別損失計上などが響いた。
 2009年2月期の連結業績予想は、売上高791億円(前年比5.5%増)、経常利益58億円(同31.6%増)、純利益23億円(同289.8%増)の増収増益を見込んでいる。
 中計では、2011年2月期で、連結売上高900億円、連結営業利益111億円(2008年2月期予想54億円)を目指すという。
 チャートを見ると、1月22日につけた年初来安値1568円を下値に、2月25日につけた年初来高値2015円を上値とした、三角保ち合いのカタチに見える。保ち合い上放れ→上値1568円ライン超えを目指したい。
 前期業績は不振となったが、今期は増収増益見込み。また、最近はAGA(AndroGenetic Alopecia=男性型脱毛症)や、女性向けのウィッグなどへの認知度が浸透してきた。中期で同社事業の需要はさらに高まっていくと予想される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:01 | 株式投資ニュース