株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2008年04月18日

アデランスが急反発、今後の業績推移とスティール側の動向とを睨み一進一退の動き

 アデランスホールディングス<8170>(東1)が、220円高の1940円と4日ぶりに急反発している。前日17日、同社は2008年2月期決算と09年2月期の業績予想、さらに中期経営計画を発表した。今期の増益予想と中計に対する期待感から買われている。09年2月期経常利益は前期比31.6%増の58億円を見込み、中計の最終年度11年2月期の経常利益は111億円目標としている。また、米投資ファンド、スティール・パートナーズから社長ら全役員の辞任を要求されているが、社外取締役の増員を柱とする取締役会改革案をまとめ、女性を新たに加えて社外取締役を3人にする一方、社内取締役を減らして意思決定の透明性を高めるとしている。株価は、今後の業績の推移とスティール側の動向とを睨み一進一退の動きが続きそうだ。

関連銘柄 スティール・パートナーズ・ジャパン(SPJ)保有銘柄一覧

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:45 | 株式投資ニュース