[今日の言葉]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/25)【今日の言葉】北方領土、ゆるキャラ!?
記事一覧 (10/24)【今日の言葉】NYダウは弱気のダイバージェンスとなるのか
記事一覧 (10/23)【今日の言葉】マーケット版・藤原の効果
記事一覧 (10/22)【今日の言葉】有価証券比率で消費景気に差
記事一覧 (10/21)【今日の言葉】災害列島とアベノミクス
記事一覧 (10/18)【今日の言葉】話題集める週刊ダイヤモンドの国債暴落新トリガー
記事一覧 (10/17)【今日の言葉】売買代金1.3兆円の低水準とアベノミクス
記事一覧 (10/16)【今日の言葉】臨時国会とアベノミクスの行方
記事一覧 (10/15)【今日の言葉】70歳になると医療費負担が
記事一覧 (10/14)【今日の言葉】政府の賃上げ要求に2つの印象
記事一覧 (10/11)【今日の言葉】SONYとユニクロの売上
記事一覧 (10/10)【今日の言葉】成人力の前に大人力
記事一覧 (10/09)【今日の言葉】10〜20年先とみられていたことが現実に
記事一覧 (10/08)【今日の言葉】信用買いの6ヶ月期日
記事一覧 (10/07)【今日の言葉】オリンピックまでにジェット機燃料はミドリムシで
記事一覧 (10/04)【今日の言葉】問われる大きい政府か小さい政府か
記事一覧 (10/03)【今日の言葉】1ヶ月弱でNYダウ700ドル安
記事一覧 (10/02)【今日の言葉】消費税負担と成長戦略の綱引き
記事一覧 (10/01)【今日の言葉】93年前の人口5596万人
記事一覧 (09/30)【今日の言葉】最後に荒れた2日新甫
2013年10月25日

【今日の言葉】北方領土、ゆるキャラ!?

今日の言葉 『北方領土、ゆるキャラ!?』=石川県のゆるキャラ『ひゃくまんさん』が、可愛いくない、いやけっこう可愛いと話題となっている。テレビ画面で見るかぎり、確かに他県の、ゆるキャラとは違っている印象だ。とくに、加賀百万石と思われるネーミングや加賀友禅、輪島塗が施されていることから芸術品的雰囲気である。お殿様のような顔つきからも、子供たちより大人にウケそうである。

 いま、『ゆるキャラ』は全国的に大人気である。ゆるキャラ3か条に、『郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること』、『立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること』、『愛すべき、ゆるさ、をもち合わせていること』とあり、これに照らし合わせると子供たちに人気があるのも当然だろう。ブームの背景には『日本強靭化計画』という地方活性化の流れもあるだろう。郷土愛という観点で北方領土や尖閣諸島に関連した、ゆるキャラがあってよいのかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:55 | 今日の言葉
2013年10月24日

【今日の言葉】NYダウは弱気のダイバージェンスとなるのか

今日の言葉 『NYダウは弱気のダイバージェンスとなるのか』=ニューヨークのマーケットにおいて『ダイバージェンス』が注目されている。

 ダイバージェンスとは、「逆行現象」と呼ばれる。多くの重要な指数の中で、逆の動きとなっている指数がある場合、相場の上昇転機、あるいは下降転機になるといわれる。足元では「S&P500」、「ナスダック」など多くの指数が高値を更新している中で最も重要なNYダウだけが高値を更新できないでいることから、このままの状態が続けばNYマーケットの下降につながるとして懸念されている。

 日本でも2012年6月に強気のダイバージェンスがあったという。TOPIX(東証株価指数)がバブル崩壊後の安値を更新したものの、日経平均は安値をつけなかったことで、その後の本格上昇につながったという。

 NYダウの最高値は9月18日の1万5709ドルで23日は1万5413ドルと高値から1ヶ月経過したものの高値更新はできていない。金融量的緩和の遠のいたことはプラスだが、オバマ政権の求心力低下が一番の懸念材料となっている。NYは弱気のダイバージェンスとなってしまうのかどうか、投資家は目を凝らして見詰めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:19 | 今日の言葉
2013年10月23日

【今日の言葉】マーケット版・藤原の効果

今日の言葉 『マーケット版・藤原の効果』=台風に関係して、『藤原の効果』が報道されている。2つの熱帯低気圧や台風が互いに作用して勢力が増し、あるいは複雑な動きとなることを言うのだそうだ。1921年(大正10年)に中央気象台長だった藤原咲平氏の提唱によると記されている。

 今、台風27号と28号が接近し、まさに藤原の効果を呈しているという。マーケットにも似た現象は頻繁に起きている。NYダウに引っ張られて日経平均が大きく変動することは言うまでもない。個別銘柄でも類似した銘柄が「引合い」、「相寄り」、「追従」、「同行」することは多い。マーケットでは、「比較感」、「出遅れ感」と呼んでいる。もちろん、肝心なのは熱帯低気圧発生のようにマーケットで先駆する銘柄が登場することである。

 台風は夏場に多いが株式マーケットでは秋から春に発生することが多く、昨年秋から今年5月頃まで『株式版藤原の効果』がみられた。「次はどこで熱帯低気圧型銘柄が発生するか」を見守っている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22 | 今日の言葉
2013年10月22日

【今日の言葉】有価証券比率で消費景気に差

今日の言葉 『有価証券比率で消費景気に差』=日本銀行は21日、『地域経済報告・さくらレポート』を公表した。A4サイズで50ページ近い資料に目を通すと、「北海道」、「東北」、「北陸」、「関東甲信越」、「東海」、「近畿」、「中国」、「四国」、「九州・沖縄」という全国9地域のうち8地域が、前回7月時点に比べ、『緩やかに回復している』ということだ。北陸も『着実に持ち直している』という。

 結果、日本全体に景気は明るさが加わりアベノミクス効果が現れているといえる。ただ、柱となる消費の中身が雇用増加というより、これまでの株高による資産効果によるところが大きいという印象である。とくに、金融資産に占める株式など有価証券の割合の低い地域では資産効果が出難いという。このあたりにも日本の預貯金偏重の姿を変えていくことが必要のようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:33 | 今日の言葉
2013年10月21日

【今日の言葉】災害列島とアベノミクス

今日の言葉 『災害列島とアベノミクス』=伊豆大島で土石流による大きな被害が発生した。最近の日本列島は、あちこちで災害が伝えられる。地球温暖化の影響から台風、ゲリラ豪雨は今後も増えるものとみられている。しかも、大地震の心配もつきまとっている。外国人なら日本を離れればよいが、われわれはこの日本列島で暮らしていかなくてはいけない。砂防ダムや防潮堤を造り、今ある建物の耐震工事も必要だが、しかし、これだけ自然災害が多いと根本的に国家の有り様を考え直す必要があるのではなかろうか。

 東日本大震災の津波被害で、風光明媚な海辺に見切りをつけて高台へ移住するように、日本列島全体を見直すところに来ているのではなかろうか。筆者の故郷は超過疎地だが、少ない人数の所に大きい災害対策投資をやってもらうのは気の毒でもある。各地方に10万人規模の災害に強い拠点都市を作り、安心して生活できるようにしてもらいたいものだ。もちろん、都市型国家を目指すため付加価値の高い産業をいっそう強化する必要はある。アベノミクスの成長戦略とも結びつくのではなかろうか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:13 | 今日の言葉
2013年10月18日

【今日の言葉】話題集める週刊ダイヤモンドの国債暴落新トリガー

今日の言葉 『話題集める週刊ダイヤモンドの国債暴落新トリガー』=週刊ダイヤモンドが10月19日号で約40ページの『日本国債のタブー・誰も言えない新たなリスク』という大特集を組んでいる。マーケットで話題となっている。

 国債など国の借金が1000兆円を超えたことで国民の多くが、「大丈夫だろうか。ギリシャのようにならないのだろうか」と心の中で心配していることに応えている特集といえる。1590兆円の家計金融資産が支えていることなどから直ちに国債が暴落することはなさそうではある。ただ、同誌は暴落の引き金(トリガー)となる材料として次のような項目を挙げている。

 【定説の暴落トリガー】=『日本国債格下げ』、『国債入札の未達』、『ヘッジファンドの日本売り』、『首都直下型地震などの自然災害』。【新たな暴落トリガー】=『金利の急低下(その後の急反転)』、『異次元緩和の出口戦略』、『ゆうちょの上場』、『リスク基準の見直し』ということである。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | 今日の言葉
2013年10月17日

【今日の言葉】売買代金1.3兆円の低水準とアベノミクス

今日の言葉 『売買代金1.3兆円の低水準とアベノミクス』=16日の東証1部売買代金は1.3兆円台と今年8月19日の1.2兆円台以来の低い水準となっている。今年5月23日の売買代金5.8兆円からみると大幅な減少である。

 売買代金は、表記の通り、『売る人』と『買う人』が、その日にマーケットで取引した金額の合計である。商店の1日の売上と同じようなものである。少ないということは今の相場の位置では、『売りたい人が少ないためか』、『買いたい人が少ないためか』、あるいは『売りたい人も買いたい人も不在』ということなのだろうか。

 通常は株というものは、『買いが先行する』ことを思えば、今は買い意欲が減退しているということだろう。9月中間決算発表前ということも買い手控えにつながっているとみられるが、もうひとつはマーケットの売買の主役である外国人投資家が日本のマーケットに目を向けていないことがある。

 今年4月には月間で1.5兆円も買い越していたが、足元では売り買い差引トントンにまで落ち込んでいる。外国人投資家の目に「アベノミクス効果」がどのように映っているかがポイントなりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:53 | 今日の言葉
2013年10月16日

【今日の言葉】臨時国会とアベノミクスの行方

今日の言葉 『臨時国会とアベノミクスの行方』=昨日15日から臨時国会が始まった。12月6日まで53日間となっている。首相が、『成長戦略実行国会』と強調される通り、『デフレ脱却』と『日本経済再生』というアベノミクスの行方を見るうえで非常に重要な国会である。企業の設備投資等を促進する産業競争力強化法案、地域を限定して大幅に規制を緩和する国家戦略特区関連法案、発送電分離など電気事業法改正案などが予定されている。

 国会はねじれ状態が解消されているため多くの法案は成立するものとみられるが、しかし、マーケットはいま一つ盛り上がりに欠けている。アメリカに霧が立ち込めていることもあるのだろう。また、GDPの2倍超という膨大な日本の債務残高を成長戦略で解消できるのだろうかという心配があるのかもしれない。しかし、われわれが選んだ政権である。ここは日本再生を期待し声援を送るところだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:34 | 今日の言葉
2013年10月15日

【今日の言葉】70歳になると医療費負担が

今日の言葉 『70歳になると医療費負担が』=70〜74歳の人の医療費負担を2割とする方向で検討がされている。現在は70歳となれば74歳までは医療機関での自己負担は1割だが、来年度から2割とすることが今国会で審議される。通れば政府の負担は200億円ていど軽減されるという。

 来年70歳を迎えるのは1944年(昭和19年)生まれで、とくに、このあとには『団塊の世代』と呼ばれる多くの方々が70歳時代を迎える。このため、政府は早めに医療費抑制策に乗り出したということだろうか。

 70歳に向かう人にとっては、暴飲暴食を避け、適度の運動など健康増進に心がけることが増すものとみられる。もっとも手軽な健康法のウォーキングということでウォーキングシューズ関連銘柄などはいっそう注目されそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:12 | 今日の言葉
2013年10月14日

【今日の言葉】政府の賃上げ要求に2つの印象

今日の言葉『政府の賃上げ要求に2つの印象』=政府の強い意向を受けて、前週、経団連が企業に対し賃上げを求め始めている。これに対し、多くの人は次のような印象を抱いたのではなかろうか。@『賃上げは組合が要求するものではなかったのか。いつから逆転したのか。これからもこういう状態が続くのだろうか』、A『政府の要求が強まると企業側は萎縮し慎重になるのではなかろうか』――と。とくに、マーケットでは、これから9月中間決算の発表が本格化するだけに、経営者が慎重となって今3月期通期見通しを控えめに出すのではないかと警戒感を強めている。エネルギー問題や高齢化で国内消費構造が大きく変わっていることから賃金を少し上げたくらいでは消費は増えない心配がる。結果、毎年、大きい要求となる可能性があり、経営者にとっては賃上げのコストアップのリスクに備えなくてはいけなくなり、楽観的な予想数字は出し難くなるということだ。マーケットは政府発の賃上げ要求を織り込みかねているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 今日の言葉
2013年10月11日

【今日の言葉】SONYとユニクロの売上

今日の言葉 『SONYとユニクロの売上』=『ユニクロ』を展開するファーストリテイリング(証券コード9983)が10日発表した2013年8月期決算で売上が1兆1430億円と『売上1兆円期企業』となった。

 振り返って、売上が5000億円台に乗せたのが2007年8月期だったから6年で倍増である。「本当は2010年頃に達成したかったようだが、体格が大きくなっているにもかかわらず走りはそうとう速いといえる。立派なもの」(中堅証券)という評価だ。

 2007年に比べ営業利益率は12.3%から11.6%に若干低下しているものの、1株利益及び配当とも大幅に増加し株主に応えている。2006年にニューヨークと上海に相次いで大型旗艦店をオープンしグローバル展開が本格化、前期末で海外店舗は446店舗に達している。『ユニクロ』が日本発の世界ブランドに育ったといえる。

 次は売上5兆円ということのようだが、世界ブランド『SONY』の売上6兆円台を意識しているのかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:44 | 今日の言葉
2013年10月10日

【今日の言葉】成人力の前に大人力

今日の言葉 『成人力の前に大人力』=中国政府は中国人の外国観光に際し、マナー重視の『行動指針』まとめたという。ホテルの備品を持ち帰るなど中国人観光客のマナーの悪さを指摘する声は日本だけでなく世界からも上がっていたようだ。

 指針は、「プールで用を足すな」など64ページになるという。『旅の恥はかき捨て』という言葉があったように、かつての日本も他人のことを批判できなかったほどマナーの悪さがあったことも事実。今は、「おもてなしの心」を身につけ経済力けでなく立ち振る舞いも先進国の仲間入りをした。

 今年8月の来日外国人は90万人を超え、減少していた中国人観光客も回復傾向にあるという。今、世界で『成人力』が関心となっているが、中国に対しては成人力の前にまず、『大人力』を身につけることを期待したいものである。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:38 | 今日の言葉
2013年10月09日

【今日の言葉】10〜20年先とみられていたことが現実に

今日の言葉 『10〜20年先とみられていたことが現実に』=インドネシアで開かれていた『TPP首脳会合』が閉幕した。

 『首脳』と名のつく最高級会議だったことから、『大筋合意』が予想されていたがならなかった。国内問題でオバマ大統領が急遽、欠席したためだ。

 案の定というか、並みいる首脳の前面に出たのが中国の周主席だったようだ。報道写真を見ても中央にドンと構えている。アジア重視を打ち出すアメリカに対し、アジアを牛耳るのは中国である、言わんばかりの印象を持った人は多いだろう。

 心配なことは、アメリカの存在感がどこまで低下するのか、そして、中国がどこまで力を拡げて来るかである。10〜20年先だろうとみられていた米中の主導権争いがずいぶん早まったようである。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:15 | 今日の言葉
2013年10月08日

【今日の言葉】信用買いの6ヶ月期日

今日の言葉 『信用買いの6ヶ月期日』=信用取引の期日到来がマーケットの圧迫要因となっており、8日(火)の日経平均は4営業日続落となっている。

 信用取引は、顧客が証券会社から『お金』、『株券』を借りて株式の売り買いを行う行為で、前者を『信用買い』、後者を一般に『空売り』という。現在、信用買いに対する返済期限が迫っていることで処分売りが出始めている。

 信用買いは、たとえば1000万円相当の銘柄を買いたい場合、1000万円の手持資金がなくても3割ていどの保証金を差し入れることで1000万円相当の銘柄が買える。住宅ローンなどにも似ている。

 ただ、住宅ローンのように20〜30年という返済期間とは違って、株買いでは6ヶ月まで(制度信用)となっている。当然、借りたお金には利息がかかる。言うまでもなく、少ない資金で投資できることから株価が上がれば儲けは大きいが、逆に値下がりした場合の損は大きくなる。

 しかも、返済期日が来ると処分を迫られる。日経平均が今年5月23日に高値1万5942円(場中値)をつけた前後に1日当り60〜70億株の大商いとなっており、この時、信用買いの取引もそうとう多かったものとみられている。

 高値から6ヶ月目が11月に迫っている。当然、この処分売りを安く仕込もうとする動きもあるわけで、これから1ヶ月ていど厳しい駆け引きが続きそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:28 | 今日の言葉
2013年10月07日

【今日の言葉】オリンピックまでにジェット機燃料はミドリムシで

今日の言葉 『オリンピックまでにジェット機燃料はミドリムシで』=『ユーグレナ』が脚光を浴び始めている。聞きなれない言葉だが、日本名で『ミドリムシ』という。「ムシ」と名がついているが、キャベツなどにつく青虫ではない。体長は髪の毛より小さい0.05ミリという、まさに小さな微生物で淡水で育つという。しかも、植物と動物の両方の性質を持っているという変わり者。植物としては、ワカメ、昆布と同じ仲間でCO2を吸収して光合成によって体内に豊富な栄養素や油分を蓄え、動物としては細胞を変形させて移動できるという。豊富な栄養から食糧資源として、さらにヤシの実の15倍という軽質の油分が採れることからバイオ燃料として注目されている。

 (株)ユーグレナの社長はNHKラジオで2020年の東京オリンピックまでにジェット機燃料として実用化すると語っていた。微生物のため、他の生物に食べられることから、これまで大量生産ができなかったが、ユーグレナが大量培養に成功している。「地球を救う銘柄」として株式マーケットにおいてユーグレナの株価は高人気となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:30 | 今日の言葉
2013年10月04日

【今日の言葉】問われる大きい政府か小さい政府か

今日の言葉 『問われる大きい政府か小さい政府か』=オバマケアと呼ばれる医療保険制度改革をめぐって与野党対立が尾を引き、3日のNYダウは9月6日以来の1万5000ドルを割った。

 アメリカでは日本のような全国民が公的健康保険に加入しているわけではなく、各自の自由裁量で民間の保険に加入する仕組みということだ。未加入者が増加し社会的に問題だとしてオバマ大統領が政権公約に掲げ2010年に日本型の制度導入が決まり2014年に実施の予定だった。

 しかし、共和党が実施1年延長を強く打ち出し今の議会混乱となっている。今度の医療保険のほかにも銃規制も打ち出しておりオバマ政権がいろいろな分野で政府関与を強めている印象はあるだろう。

 一方の共和党は大きい政府に反対し自由で小さい政府を掲げ、アメリカ建国の精神を貫こうとしている。まさに、今の混乱はアメリカの基本的な考え方が問われているようでもある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:10 | 今日の言葉
2013年10月03日

【今日の言葉】1ヶ月弱でNYダウ700ドル安

今日の言葉 『1ヶ月弱でNYダウ700ドル安』=NYダウが下げている。9月18日に史上最高値(1万5709ドル=場中値)をつけてから1ヶ月も経たないのに700ドルも下げている。

 来年秋の大統領選挙を控え与野党の攻防が激化、10月からの予算のメドが立っていないことがある。ほぼ18年ぶりとなる観光分野中心に政府機関の一部閉鎖となっている。結果、NYダウのほかドルが売られ円高となって日本の株式マーケットも下げている。

 さらに、心配なことは2週間後の17日で債務上限枠を引き上げないと米国債の元利払いができなくなる、いわゆるデフォルトの危険が迫っている。もし、そうなれば世界の金融市場は大混乱する。債務上限引上は与野党で歩みよるものとみられるが、予算問題は長引くことも予想されている。根底にあるのは、やはり『借金』である。

 日本も消費税を上げたくらいでは解消できないほどの膨大な政府借金を抱えている。『国家』、『企業』、『個人』の中で今、もっとも借金負担の軽いのは企業ではなかろうか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:49 | 今日の言葉
2013年10月02日

【今日の言葉】消費税負担と成長戦略の綱引き

今日の言葉 『消費税負担と成長戦略の綱引き』=1日夕刻、消費税引上が正式に決まった。来年4月1日から現行5%から8%となる。

 今朝のマーケットは日経平均で87円高と好感はしているものの、心理的フシの100円高には届かず、諸手を挙げるまでの好感とはなっていない。それでも、一応、好感となっているのは消費税によって年間5兆円ていどの税収が見込めることから財政面にプラスとなるためだ。

 一方、消費税は『消費』という名の通り、『消費者』に負担となる。指摘されている通り、個人の収入が増えない中で負担が増えれば景気に悪影響となることが心配されている。もちろん、総理が熟慮の末、決断されたことであり、国民は頑張るしかない。

 失業者255万人、高齢者の増加、エネルギーでの制約、グローバル化で企業の海外進出など、日本は以前とは違った環境に置かれていることも事実。これらをアベノミクス成長戦略が乗り越えていくことができるかをマーケットは注視しているようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:34 | 今日の言葉
2013年10月01日

【今日の言葉】93年前の人口5596万人

今日の言葉 『93年前の人口5596万人』=今から93年前の10月1日に初めての『国勢調査』が行われたという。1920年、大正9年ということだ。

 現在の人口約1億2639万人を大正9年当時の約5596万人に置き換えて空想するとどういう社会になるのだろう。新幹線、高速道路、超高層ビルなど社会資本整備の進んだ中で人口は今より半分程度になるのだから、1人当りの社会資本使用率は高まり、たとえば新幹線は待たずに座れ、安売り料金の飛行機はなくなっているかもしれない。当然、高齢者の割合も低下し人口構成図はピラミッド型の理想的なものとなり医療費など社会保障費負担も軽くなるだろう。

 一方、強力な移民受入政策をとらないかぎり人口減少によるGDP減少は避けられない。カバーするには1人当り生産性を高める、つまり、高付加価値製品・サービスを強化しなくてはいけない。iPS、ロボット、リニア、そして「おもてなし」など日本の得意とするものがますます注目されることになりそうだ。すでに、人口減少は始まっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:41 | 今日の言葉
2013年09月30日

【今日の言葉】最後に荒れた2日新甫

今日の言葉 『最後に荒れた2日新甫』=9月は荒れる『2日新甫』といわれながら堅調だったが、最後になって荒れ模様となっている。日経平均は300円を超える急落となっている。

 月の初めが2日の月曜日で始まる『2日新甫は荒れる』と古くから言われ、9月がその2日新甫に当っていた。今回は外れたようだとみられたが、9月30日の最後の1日でジンクス通りとなった。もっとも、9月の始値は1万3438円だったから9月の月足が陽線となることは間違いない。この点では、明日からの10月相場には大いに期待ができるところである。

 いよいよ明日は消費税引上の有無がはっきりする。これでマーケットがどう動くか。それによって、アベノミクス相場の今後を占うことができるのではなかろうか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22 | 今日の言葉