2012年07月20日

【今日の言葉】今年は武蔵がキーワード!

今日の言葉 『今年は武蔵がキーワード』=暑く、閑散な株式市場が原因なのだろうか。今、マーケットで、「今年は武蔵関連がよい」といったナゾナゾ的な話が囁かれている。

 今年竣工した東京スカイツリーが、「武蔵の地」に絡んで高さが634メートルだったことから、同じような発想で、「武蔵の地」で創業したムサシ<7521>(JQS)も狙い目というのだ。言うまでもなくムサシは選挙資材の総合最大手。衆議院の解散総選挙の気配が漂い始めていることから注目というわけだ。

 株価を見ると、年初から高値圏の1200円前後でピタリと貼りついたまま。仮に、「解散」の2文字が見出しに踊った途端、スカイツリー並みの高さに急伸しそうなチャートではある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 今日の言葉
2012年07月19日

【今日の言葉】世界人口70億人、携帯電話60億台

今日の言葉 『世界人口70億人、携帯電話60億台』=全世界における携帯電話の契約件数が60億件に達したという。世界の人口リアル時計によると、足元での人口は70億人超というから計算上は85%程度の人が持っていることになる。

 1人で複数台保有している人もいるだろうから額面通りに受け取ることはできないものの、すごい数字ではある。個人レベルで世界にこれだけ普及しているものはないのではなかろうか。

 これから世界の人口が増え、新興国も発展すれば100億台時代も来るだろう。サムスン、ノキア、アップルなどが大手携帯メーカー、残念ながら日本企業の名前はあまり出てこない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 今日の言葉
2012年07月18日

【今日の言葉】東京電力株に諦め、上場来安値

今日の言葉 『東京電力株に諦め、上場来安値』東京電力<9501>(東1)の株価が18日(水)朝方9時01分に120円と1951年上場以来の最安値をつけた。

 2011年3月に発生した東日本大震災から3ヵ月後の6月に148円と下げていた。その後は一時643円と戻していたものの、ここに来て下げ圧力が加速してきた。モノの価格・値段は当然、「売り・買い」によって決まる。今は東京電力を買いたい投資家より売りたい投資家が多いから下げる。

 17日に経産省の「電力システム改革専門委員会」が、電力小売全面自由化や発電と送電の分離などについて基本方針をまとめ発表した。これにより、供給(売り)が増え電力料金という価格も値下りし経営にとってマイナスということを嫌気している。「僅かな配当でもあれば、株価下支えとなるのに無配では」(中堅証券)と、マーケットは諦め顔。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:19 | 今日の言葉
2012年07月17日

【今日の言葉】猛暑襲来!しかし夏銘柄動かず、早々と夏バテ?

今日の言葉 『猛暑襲来!しかし夏銘柄動かず、早々と夏バテ?』=日本列島を集中豪雨と猛暑が襲っている。北九州の記録的な豪雨。雨が上がると35〜37度もの暑さ。そしてまた豪雨。いったい日本列島はどうなっているのか。

 本来なら株式マーケットでは、土木、建機などの災害復旧関連銘柄や、猛暑ならエアコン、ビールなど飲料、冷菓といったサマー関連が活躍してもよさそうなのにほとんど動く気配がない。どうやら、マーケットのほうは早々と、「夏バテ」の症状を呈しているようだ。強壮剤のドリンク関連銘柄あたりが注目されるのかもしれない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 今日の言葉
2012年07月16日

【今日の言葉】新パイプラインでタンカー市況は?

今日の言葉 『新パイプラインでタンカー市況は?』=UAE(アラブ首長国連邦)の新しい原油積み出しパイプラインが完成し、まもなく運用を始めるという。西部にある油田地帯から東部インド洋側までの約400キロメートルという。東京から名古屋を過ぎ米原近くまで行くことのできる距離ではないか。

 この新パイプラインによって日量180万バレルの原油が積み出される。1バレルは約159リットルだから約2億8620万リットル。仮に、ガソリンに換算すると1台当り満タンで約60リットルの乗用車なら477万台分ということになる。

 UAEの建設目的はイランによるホルムズ海峡封鎖のリスク回避。当然、日本にとっても原油輸入大手先の安定は利益にかなう。パイプライン外径が1メートル超の鋼管は住友商事が受注したといわれる。新パイプライン完成で今後、タンカー市況にどのような影響が出るかも注目だろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:39 | 今日の言葉
2012年07月15日

【今日の言葉】まもなくエコカー補助金終了

今日の言葉 『まもなくエコカー補助金終了』=2011年12月20日から開始の「エコカー補助金」が、まもなく予算枠を使い切る見通しという。

 補助金はエコカー新車・1台当り10万円、総額で3000億円。それが、今年8月頃に全て消化の見通し。開始から1年経たずしての消化。「東日本大震災の影響等で抑えられていた需要が一気に表面化したようだ。しかし、補助金終了後の反動減が心配」(中堅証券)。

 補助金を好感する形で、自動車最大手のトヨタ自動車(7203)の補助金開始当時の昨年末株価2565円は今年4月に3640円まで上昇した。しかし、足元では3000円前後へ調整、早くも補助金終了後を懸念した展開となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:17 | 今日の言葉
2012年07月14日

【今日の言葉】中国の経済成長鈍化と尖閣問題

今日の言葉 『中国の経済成長鈍化と尖閣問題』=中国の今年4〜6月・GDP(国内総生産)は7.6%増と、1〜3月の8.1%増に比べ伸び率がダウンし3年ぶりに8%台を割った。

 世界各国の低成長状態からみれば、なお羨ましい数字ながら、かつての高成長の印象は薄らぎ、むしろ変調をきたしているのではないかとさえ思われる。経済減速の直接的原因はユーロ不安によるヨーロッパ向け輸出の減少だろう。そればかりではない。オリンピック、万博を相次いで開催するなど国際社会への仲間入りを急いだあまり国内のいろいろなところに疲労感もみられるようだ。

 欧州不安は金融から実体経済へステージが変わり、欧州経済は長期停滞に入る心配がある。当然、中国の欧州向け輸出には多くは期待できないだろう。そうなると気になるのは豊かさを味わった国民に不満の高まる心配のあることだ。とくに、中国との間では尖閣諸島問題を抱えている。

 中国は国内の不満を尖閣にすり替えてくることも否定できない。日本から中国に投資された資金は一説では10兆円規模ともいわれる。このあたりで立ち止まって、中国との付き合いを見直してみるのもよい時期ではないか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:24 | 今日の言葉
2012年07月13日

【今日の言葉】ひったくり日本一の大阪と相場勘

今日の言葉 『ひったくり日本一の大阪と相場勘』=今年1〜6月の都道府県別「ひったくり」状況では、大阪府が850件と断トツという。

 「ひったくり」は、文字通りバッグなどを通行人等から無理やり奪い取る。女性の被害者が圧倒的に多いという。女性の場合、貴重品をバッグなどに入れるため狙われやすい。「ひったくりが大阪に多いといことは分からないでもない。

 たとえば、振り込め詐欺は東京に多く、関西で少ないようだが、関西では面倒なことより、手っ取り早いもののほうが向いているのだろう」(中堅証券)。

 そういえば、相場の直感に優れているのも関西かもしれない。そろそろ、夏枯れ相場で関西発の人気相場も予想されそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:33 | 今日の言葉
2012年07月12日

【今日の言葉】新党とパンダの赤チャン

今日の言葉 『新党とパンダの赤チャン』=11日(水)夕、民主党を離党した小沢一郎氏率いる新しい政党が決まった。党名は『国民の生活が第一』。子供たちにも覚えやすい、なんとも分かりやすい名前ではある。49人での船出である。

 産業界などからは、必ずしも歓迎の声ばかりではないようで、期待度ということでは低い位置からの飛び出しだろう。新党が掲げるのは、今、国民の生活にとって優先すべきは、反増税と反原発、ということである。

 「言うはやすし、行い難しである。小さく生んで大きく育てるのは理想だが、小さく生まれたパンダの赤チャンのようにならぬように」(中堅証券)との厳しい声も聞かれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 今日の言葉
2012年07月11日

【今日の言葉】レアアースの比ではない!

今日の言葉 『レアアースの比ではない』=アメリカで大豆とトウモロコシの価格が大きく値上りし、過去最高値水準にあるという。産地の中西部が摂氏40度を超す猛烈な暑さに見舞われ不作が懸念され投機資金も流入しているようだ。

 1988年以来24年ぶりの大干ばつになりそうだというから今後、世界の穀物相場への影響が心配される。「人は食べなくては生きていけない。レアアース(希少金属)以上に悩ましく厳しい問題」との声も聞かれる。

 日本では、これから冷奴のシーズンを迎えるだけに豆腐も高くなりそうで気になる。さらに、家畜のエサとなるトウモロコシ価格の高騰で鶏肉なども高くなりそうだ。飼料関連銘柄あたりが注目されるのではないか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 今日の言葉
2012年07月10日

【今日の言葉】このままだと国民全員が沈没する!

今日の言葉 『このままだと国民全員が沈没する』=日本の5月の経常収支は、速報値で前年比大幅減少となり、9日(月)の日経平均株価が123円安となる一因ともなった。「貿易収支」が8482億円の赤字、「経常収支」では2151億円でなんとか黒字をキープした。

 企業で言えば、「営業利益」に匹敵するのが貿易収支、「経常利益」に当たるのが経常収支。本業の儲けを示す営業利益(営業収支)がLNGなど原料高で赤字という姿である。それを配当などの所得収入等で稼いで経常利益(経常収支)は黒字ということである。

 しかし、その経常収支の黒字額が前年比62.6%の大幅減少だから日本にとって油断のならぬ事態だ。これまで、貿易収支が赤字でも、日本はイギリスのように配当など金融収入で稼げばよいではないかということだった。

 このまま行くと、経常収支も赤字の心配が否定できない。「稼ぐことを忘れ、格差是正・福祉重視政策に走りすぎると、国民全員が沈没しかねない」(中堅証券)との声も聞かれる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 今日の言葉
2012年07月09日

【今日の言葉】飲み代にも二極化傾向

今日の言葉 『飲み代にも二極化傾向』=「2012年の20歳代〜50歳代男性サラリーマンのお小遣い調査」を新生銀行が行っている。昼食代が前年比20円アップの510円、1回の飲み代は680円ダウンして2860円という。あくまで平均像ながら、同じサラリーマンとして実感に近い。

 「東日本震災をきっかけに二極化の傾向が強まっているのではないか。お洒落なレストランはそれなりに繁盛している。居酒屋に行く回数を減らして、その分、自分好みの店に親しい人と行くようになっているのではないだろうか。昨年の東日本震災が、サラリーマンの付き合い方に変化をもたらしているのかもしれない」(中堅証券)。外食関連銘柄について選別が求められそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 今日の言葉
2012年07月08日

【今日の言葉】政府の毅然とした態度に評価

今日の言葉 『政府の毅然とした態度に評価』=野田総理が7日、尖閣諸島を民間所有者から国が購入する意思を明らかにした。唐突であるとして疑問の声も聞かれるし、石原東京都知事は、先ず、都が購入するほうがスムーズという主旨の発言をしている。

 いずれにしても、国が領土問題に毅然とした態度を示したことは、これまでと違って大いに評価できる。北方領土にロシア首脳が足を踏み入れてきた。日本も政府首脳レベルへ対応を引上げるべきである。目には目である。

 放置しておくと、当然、中ロは領土問題で一致しているだろうから、次は尖閣諸島に中国幹部が視察と称して足を踏み入れる可能性は否定できない。欧州経済の不振でロシア、中国とも経済的影響は大きい。日本は経済力優位の武器を大いに使うべきだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:14 | 今日の言葉
2012年07月07日

【今日の言葉】金利下げの意味するところ

今日の言葉 『金利下げの意味するところ』=欧州中央銀行が政策金利を0.25%引き下げて0.75%とすることを決めた。1%台の金利は「ユーロ」導入以来、初めてという。

 しかし、株式マーケット、為替マーケットとも好反応とはなっていない。「今、世界各国は財政悪化で財政面からの景気テコ入れは難しい。結局、欧州も低金利に頼らざるを得ない。

 しかし、日本、アメリカを見ても分かるように低金利でも景気は良くなっていない。今回の金利下げが、却って、欧州の先行き景気に懸念が強まったのではないか」(中堅証券)。

 欧州と経済関係の深い中国も金利を下げた。こちらも経済成長が危うくなっているわけだ。目標の「経済8%成長」は黄色信号点滅らしい。もちろん、8%成長でも凄いことながら、2ケタ台の高速成長を前提に中国関連銘柄を買っていただけに上値は買い難くなった。本当は日本が復活するよいチャンスなのだが。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:09 | 今日の言葉
2012年07月06日

【今日の言葉】日本の技術はやはりすばらしい!

今日の言葉 『日本の技術はやはりすばらしい』=イギリスの物理学者ピーター・ヒッグス博士の名前から付けられた「ヒッグス粒子」なるものが発見された。難しくて明快な説明は手に負えない。素人のエイヤー式で言うなら、光速で飛び回る電子の粒子にこのヒッグス粒子がくっつくことによって重さが生れるということらしい。

 電子の粒子と粒子をくっつける糊のような働きをすると言うものだろうか。ヒッグス粒子がなかったら電子が互いに光の速さで飛び回るだけで惑星のような物体をつくることはなかったという。山の手線ほどの長さの加速装置の中で陽子と陽子を飛ばしぶつけてヒッグス粒子の存在を見つけたという。

 株式マーケットでは装置等に参加した日本企業が注目されている。「素子飛跡」計測の浜松ホトニクス(6965)が人気を集め、古河電気工業(5801)ジェイ エフ イー ホールディングス(5411)なども関連銘柄として注目されている。日本の技術はやはりすばらしい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 今日の言葉
2012年07月05日

【今日の言葉】ガタつく政治に北と南から圧力

今日の言葉 『ガタつく政治に北と南から圧力』=ロシアのメドージェフ首相が3日、日本の北方領土に足を踏み入れた。南の尖閣諸島でも、今度は台湾船までが日本の領海を走り回っている。北と南からまた圧力がかかっている。案の定、日本政府からはハンコで押したような「遺憾である」というお決まりのコメント。

 正確かどうかは分からないものの、日本の政局がガタつくと、外からのプレッシャーが強まる印象だ。しかも、それだけではなさそうだ。大量のメタンハイドレードやレアアースが日本の周辺海底に眠っていると相次いで報道されていることも無関係ではないだろう。

 資源豊かな海域は魅力十分、隙(すき)あらばといったところだろう。日本に、強い政府ができるまでにできるだけ圧力をかけておくという魂胆なら、日本は1日も早く解散して強い政府をつくらなくてはいけない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 今日の言葉
2012年07月04日

【今日の言葉】動物にも生きる権利

今日の言葉 『動物にも生きる権利』=7月からアメリカ・カリフォルニア州が、「フォアグラ」の提供等を禁止したという。鴨(カモ)、ガチョウなどの肝臓で珍味として知られ、ワインと相性のよいことからフランスで多く食されるという。

 禁止の理由は、無理にエサを与え脂肪肝とすることが動物虐待にあたるという。日本でも牛の生レバーの提供が禁止された。日本の場合はO157による食中毒。アメリカは動物虐待という違いがある。

 食通はキャビア(チョウザメの卵)まで禁止されることはないだろうかと気にしているが果たしてどうか。アメリカと言えば、規制の少ない自由・平等の国の印象。最近は規制も目に着くようになっているとの指摘に対し、動物にも人と同じように自由・平等に生きる権利があるという意見も。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | 今日の言葉
2012年07月03日

【今日の言葉】起業メンバー去る

今日の言葉 『起業メンバー去る』=民主党の小沢一郎元代表が2日、民主党からの離党届を提出した。6月27日の衆議院での消費税引上げに反対票を投じたのだから当然だろう。企業的に言えば、起業した有力なメンバーが去るわけだ。それによって、「企業価値」がさらに向上するのか、反対に衰退に向かうのか。

 仮に、20年後くらいに、振り返ってみることができれば、民主党はいったいどういう存在だったのか、国民にどのような潤いと勇気を与えてくれたか。消費税は果たして良かったのか悪かったのか。などなど、われわれ凡人にも見えてくるだろう。しかし、人は20年後などの将来も大切だが、今を生きていかなくてはいけない現実がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:01 | 今日の言葉
2012年07月02日

【今日の言葉】今年2度目の2日新甫

今日の言葉 『今年2度目の2日新甫』=今日から7月相場。月初の立会いが2日・月曜日から始まる、「2日新甫」。昔から「2日新甫」は荒れるといわれる。しかも、「2日新甫」は今年4月に続いて2度目。

 4月は月初から一貫して下げ、結局、6月の8238円まで19%超の下落率に達した。4月に比べると今回は欧州信用不安にやや安堵感はみられる。

 しかし、意外と夏場に海外で何かが起きていることも否定できない。日経平均株価は4月のときは1万円を回復して期待が膨らんだものの、裏目に出てしまった。今回も久々に9000円台を回復し4月と同じように期待は高まっている。荒れない相場であって欲しいものの、大事なお金である。慎重さを忘れないでほしい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 今日の言葉
2012年07月01日

【今日の言葉】伊丹と関空が統合

今日の言葉 『伊丹と関空が統合』=大阪の伊丹空港と関西国際空港が30日、統合された。既に、4月に設立されていた「新関空会社」が経営にあたる。

 昭和14年(1939年)開港の伊丹空港(大阪国際空港)は、市街地に立地し常に騒音問題が付きまとい、1994年に開港した関西国際空港の影響もあって、影の薄い存在となっていた。一時は廃港説も浮上した。

 結局、大阪市内から至近距離にある便利の良さなどから存続が決まり、関空と一緒になって関西経済浮上に貢献することとなった。

 24時間運用の関空はアジアなど国際線、伊丹は国内線中心として経営合理化を目指すものとみられる。ただ、伊丹から近い兵庫県に神戸空港があり、今後の動向も注目されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:09 | 今日の言葉