[今日の言葉]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/30)【今日の言葉】資源大国ニッポン、国土を狙われないように!
記事一覧 (06/29)【今日の言葉】米国最高裁判決と大統領選挙
記事一覧 (06/28)【今日の言葉】若者に人気のLINE
記事一覧 (06/27)【今日の言葉】行き場所のないマネー
記事一覧 (06/26)【今日の言葉】両雄の戦い、男らしい!
記事一覧 (06/25)【今日の言葉】隠れ熱中症
記事一覧 (06/23)【今日の言葉】貿易赤字・外国人売りと夏枯れ相場
記事一覧 (06/22)【今日の言葉】分裂濃厚で新党名は?
記事一覧 (06/21)【今日の言葉】有言実行の総理ではなかったのか!
記事一覧 (06/20)【今日の言葉】72の法則とスペイン国債利回り
記事一覧 (06/19)【今日の言葉】大飯再稼動でも関電株4ケタ割れ懸念
記事一覧 (06/18)【今日の言葉】ギリシャは緊縮政策受け入れ!
記事一覧 (06/17)【今日の言葉】日本航空再上場と利他の心
記事一覧 (06/16)【今日の言葉】LEDの寿命の長いことこそが怖い!
記事一覧 (06/15)【今日の言葉】NHKでも流れる恐慌の心配
記事一覧 (06/14)【今日の言葉】党を取るか天下国家を思うか!?
記事一覧 (06/13)【今日の言葉】肉関連から魚関連となるか?
記事一覧 (06/12)【今日の言葉】支持率27%に低下、国民との溝は埋まらず!
記事一覧 (06/11)【今日の言葉】株主総会前に株は高くなる?
記事一覧 (06/10)【今日の言葉】梅雨入りと22年間のTOPIX推移
2012年06月30日

【今日の言葉】資源大国ニッポン、国土を狙われないように!

今日の言葉 『資源大国ニッポン、国土を狙われないように』=日本の経済水域にある南鳥島周辺で大量の「レアアース」が見つかったと報道されている。東京大学の研究チームが探り当てた。現在、日本が年間に使用しているレアアースのほぼ220年分という。

 レアアースを中国に独占されているため中国漁船に体当たりされても引っ込むしかなかった日本。先端技術に不可欠のレアアースを自前で持てることはすごい。レアアースの中で、たとえば、「ディスプロジューム」を使うことで、永久磁石が高温になると磁力の低下する欠点を防ぐ役割がある。ハイブリッド車などに不可欠なものとして注目されている。

 日本海周辺には燃料として有望な「メタンハイドレード」も大量に眠っているという。日本は資源大国になり得る。しかも、技術もある。日本復活のチャンスではないか。ただし、国土が狙われないようにしなといけない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:27 | 今日の言葉
2012年06月29日

【今日の言葉】米国最高裁判決と大統領選挙

今日の言葉 『米国最高裁判決と大統領選挙』=アメリカ時間の28日に「医療保険改革法」が、米連邦最高裁判所での判決が出る。オバマ大統領が推進。これに対し、11月の大統領選挙で戦う共和党ロムニー氏が反対の立場だから、秋の大統領選挙に対しても重要な裁判といえる。「自由・競争・自己責任」が基本のアメリカでは、保険への加入を義務化することは個人の自由を侵害するものという考えは強いようだ。

 一方、多くの無保険者対策ということからオバマ政権の大きい成果と評価する向きも多く、国民の世論調査でも拮抗しているようだ。建国精神を忘れず強いアメリカを目指すのか。あるいは、競争を廃し格差是正をなくする国となるのか。アメリカもまた大切なところに来ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 今日の言葉
2012年06月28日

【今日の言葉】若者に人気のLINE

今日の言葉 『若者に人気のLINE』=若者層中心に『LINE』なるものが広まっているという。24時間、音声通話もメールも無料というグループコミニュニケーションアプリということだ。

 メールアドレスを知らなくても電話番号だけでメールが可能という点は「SMS」(ショート・メッセージ・サービス)にも似ているが、無料という大きい違いがある。

 世界230カ国以上で普及、日本での利用者は1300万人ていどともいわれる。すでに、LINEを活用した企業の販促活動も本格化し始めているという。年配者は新しいものに着いて行くのはたいへんだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:15 | 今日の言葉
2012年06月27日

【今日の言葉】行き場所のないマネー

今日の言葉 『行き場所のないマネー』=日銀の26日現在の当座預金残高が43兆4900億円と過去最高額に達しているという。脱デフレのための政府、日銀による金融緩和政策によるものということだ。当座預金口座は民間金融機関が日銀に開設している口座で、いつでも出し入れできる。個人が金融機関に開設する普通預金口座のようなものだろう。

 本来、企業の設備投資等に回るはずの資金が行き場所がなく、低い金利でも仕方なく預けられているという姿のようである。昔なら、株式マーケットにも資金が流入して、「金融相場」の色彩が強まり、「不景気の株高」となったものだ。

 今は、東証の出来高が20億株を下回る日が続き金融緩和の効果はまったく見られない。「東証の株式時価総額は286兆円とGDPの半分程度にすぎない。昔の与党の政策には株高による景気刺激効果策があったものだ」(中堅証券)との声も。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:50 | 今日の言葉
2012年06月26日

【今日の言葉】両雄の戦い、男らしい!

今日の言葉 『両雄の戦い、男らしい!』=21日に予定されていた衆議院での「採決」が今日26日に行われる。言うまでもなく採決は野田総理が政治生命を賭け、小沢元代表が真っ向から反対する「消費税引上げ」。

 将来の日本のためには消費税が必要と強調の総理。一方、民主党を創設した元代表が反対する理由は党と国民との間の引上げないという約束だった。現職党首の総理と、元代表という「両雄」のクビをかけた一騎打ちは男らしくてよいのではないだろうか。男には引くことのできない一線というものはあるはずだ。結果はどうあれ、両雄の激突には拍手を送りたい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 今日の言葉
2012年06月25日

【今日の言葉】隠れ熱中症

今日の言葉 『隠れ熱中症』=今年も暑い夏がやってきた。熱中症が伝えられている。とくに、侮れないのが「隠れ熱中症」という。単なる「夏ばて」くらいに軽く考えると危険という。水分や電解質(水に溶ける塩分など)の不足で消化臓器に血液が不足して食欲不振、吐き気、倦怠感症状が起きる。

 太陽ギラギラ状態なら人は暑いと認識して水分補給など早めの対応をとる。問題は高温多湿の部屋などの場合。幼児や高齢者はとくに「隠れ熱中症」に注意が必要という。手当てが遅れると命の危険もあるという。もちろん元気のよい若い人も早めの水分補給を忘れないようにしたい。電気節約も大切だが、都会の住居は昔ほど風通しはよくない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 今日の言葉
2012年06月23日

【今日の言葉】貿易赤字・外国人売りと夏枯れ相場

今日の言葉 『貿易赤字・外国人売りと夏枯れ相場』=最近、気になるデータの発表が続いている。2012年5月の貿易収支赤字が9072億円と3ヶ月連続の赤字で、5月単月としては過去最高という。1兆円近い金額の大きさは気になる。

 一方、株式マーケットの需給面に直接影響してくる主体別株式保有状況では、2011年度(2012年3月末)の外国人保有比率が26.3%と、3年ぶりに低下したという。問題視されるのは、この2つの数値が足元の今も進行中とみられることだ。

 原発が停まっているためLNGの輸入が依然として増え続けているとみられる。しかも、経済成長は鈍いままで稼ぎが追いついていない。こういう状況だから外国人投資家は4月以降の現在でも日本株を売りたいだろうし、売っている可能性がある。

 実際、東証の出来高は主力銘柄が動けないから20億株割れ状態が続いている。しかも、この先、「夏枯れ」の薄商い状況が待っている。こういう時は、「理屈不要の人気株」が動きやすい。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | 今日の言葉
2012年06月22日

【今日の言葉】分裂濃厚で新党名は?

今日の言葉 『分裂濃厚で新党名は?』=小沢一郎元代表は民主党幹事長との21日(木)の会談で消費税上げに反対と伝えられた。やはり、反対の姿勢は変わらなかったようだ。このため、採決となれば「反対票」を投じるものとみられている。

 その場合、党が厳罰で臨むのか、あるいは分裂を避けるため柔らかいもので終るのか。マーケットでは、分裂→新党結成の見方が強まり、新しい党名があれこれ取り沙汰されている。とはいっても、既に、いろいろな党名があるため新しい名前も思いつかないようだ。

 世界のイチローと一郎氏を重ねてグローバル党といったものや、アジアの時代から日本亜細亜党、正義党、庶民幸福党などなど。元気のない相場ということもあって噂に花が咲いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 今日の言葉
2012年06月21日

【今日の言葉】有言実行の総理ではなかったのか!

今日の言葉 『有言実行の総理ではなかったのか!』=20日夕、民主党の国会対策委員長が野党に対し会期延長を申し入れたと伝えられた。21日(木)に国会会期末を迎える前日のことだ。しかも、9月8日までの79日間もの長期延長ということだ。国民の立場から気になるのは、「会期末までに必ず採決する」と明言されていた総理が会期延長を受け入れられるのかということがある。

 審議時間不足等の理由はあるとしても、6月21日の会期末が昨日今日に急に決まったわけではない。夏休みの終わりが近づいた子供が宿題をやっていなかったことと、どこか似ている。また、似たような話は昨年にもあったことを国民は思い出すだろう。

 菅元総理が退陣と受け取られる表明をされてから、結局、9月頃まで続いた。国民に「今回もまたか」という思いが走ったに違いない。仮に、総理が79日も延長とするようなら「有言実行」の野田総理らしからぬこととなってしまう。「民主党は言うだけの党か」、と国民に受け取られないためにも総理の判断は大切だろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 今日の言葉
2012年06月20日

【今日の言葉】72の法則とスペイン国債利回り

今日の言葉 『72の法則とスペイン国債利回り』=スペインの国債利回りが7.2%へ上昇と伝えられる。当然だが利回りが上昇することは国債価格が下がることだ。今回の欧州信用不安で、まず先に下げた株式マーケットが落ち着きかけたら、今度は国債相場の下げに見舞われてきた。

 もともとリスクのある「株式」は、常に変動の波にさらされているのに対し、「国」の借金ということで安心感があった「国債」が、ここに来て返してもらえないのではないかとの不安感が強まっている。

 「72の法則」(72÷金利%=年数)の計算式に当てはめると、スペインの国債(借金)は7.2%なら10年で借金額は2倍に膨れる計算だ。EUから借り受ける10兆円の資金は10年で20兆円となる。今のスペインに返済するだけの経済力があるか心配は絶えないのもうなずける。欧州信用不安は終ってはいないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 今日の言葉
2012年06月19日

【今日の言葉】大飯再稼動でも関電株4ケタ割れ懸念

今日の言葉 『大飯再稼動でも関電株4ケタ割れ懸念』関西電力<9503>・大飯原発3,4号機の再稼動が決まった。7月中にも本格運転となるようだ。17、18日と夏日の暑さとなっていることから電力不足の心配が強い関西には朗報といえる。ただ、大飯原発が活断層の上に位置していると伝えられていたことに対しては、今のところ続報はみられない。

 今回の再稼動は、「臨時稼動」、「暫定稼動」などと言われるものの、ともかく何も事故の起こらないことを祈るばかりだ。

 一方、原発再稼動で関西電力の株価は見直されるかと思われたものの、18日(月)は35円安の1007円まで下げ1990年以降の最安値に沈み4ケタキープが危うくなっている。会社側は今期(2013年3月期)業績、配当については「未定」としている。

 このほど発売の四季報・夏号では2013年3月期の最終損益は4000億円の赤字(前期2422億5700万円の赤字)、次期(2014年3月期)も1400億円の赤字と予想している。LNGの燃料費が嵩むことが理由という。企業業績には再稼動は牽引力とはならないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 今日の言葉
2012年06月18日

【今日の言葉】ギリシャは緊縮政策受け入れ!

今日の言葉 『ギリシャは緊縮政策受け入れ』=注目されたギリシャ再選挙の結果が日本時間18日朝、明らかとなった。「財政緊縮政策」の継続をギリシャ国民は選んだ。これで、EUなどからの金融支援を受けることが可能となってユーロからの離脱と、ギリシャのユーロ離脱による欧州信用不安拡大の懸念は一応、なくなった。

 すでに、前週末のNYダウは値を上げていた。今朝の日経平均株価も197円高と200円近く上げている。

 今後は緊縮政策支持派が勝利したとは言っても大差ではない。依然、緊縮策への不満はくすぶっている。『言うは易し行い難し』とも言われるように、緊縮政策を続けることは国民にとってたいへんな苦労がつきまとう。中長期的にはギリシャ再建に国民がどこまで耐え、そして再浮上への形を作ることができるかどうかだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 今日の言葉
2012年06月17日

【今日の言葉】日本航空再上場と利他の心

今日の言葉 『日本航空再上場と利他の心』=日本航空が今年9月に再上場の見通し。経営破綻で2010年2月20日に東証、大証、名証から上場廃止となっていた。(1)廃止から再上場まで約2年半と早い、(2)完全民営の企業となる、(3)事業環境が大きく変わっている、などの視点がある。その中で一番の注目は「親方日の丸」的な企業体質の行方だろう。

 支援機構からの借入をすべて返済し民間資金による経営で資本面では完全な民間企業となる。ただ、経営破綻の一因にもなった親方日の丸の「甘え体質」が完全になくなっているかどうか。

 低価格航空会社の出現で機長といえども1人で2、3役をこなさなくてはいけない時代と聞く。もちろん、日本を代表する企業経営者である稲盛氏の感謝の気持ちを大切とした「利他の心」が植え込まれているであろうことに期待したい。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:29 | 今日の言葉
2012年06月16日

【今日の言葉】LEDの寿命の長いことこそが怖い!

今日の言葉 『LEDの寿命の長いことこそが怖い!』=政府は省エネを目的に白熱灯からLED照明への全面切替を打ち出している。フィラメントが赤く熱せられて光を放つ、あの懐かしい裸電球がなくなっていく。白熱灯は流れる電流の内、光になるのは10〜20%ともいわれ効率はよろしくない。そのうえ寿命もあまり長くはない。そのかわり1ケ100〜300円と安いし、光が柔らかく温かみがある。発する熱でハウス栽培に使うところもあるという。

 しかし、これからは、消費電力の少ないLEDが照明の主役の座に着く。価格は白熱電球の10倍はするだろう。しかし、寿命も4年程度といわれ非常に長い。ただ、この寿命の長さを気にする向きもある。「各社が一斉にLEDへ攻勢をかけるものとみられる。そうなるとその後の反動が怖い。寿命が長い分、次の需要まで時間がかかってしまう。エコポイントの反動で苦しんでいる液晶テレビの二の舞が予想されるのではないか」(中堅証券)というのだ。最近の電気株はあまり好評価はされないようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 今日の言葉
2012年06月15日

【今日の言葉】NHKでも流れる恐慌の心配

今日の言葉 『NHKでも流れる恐慌の心配』=15日(金)、朝6時43分のNHKビジネス展望で、経済アナリストの森永卓郎氏が「恐慌」の懸念を披露した。欧州信用不安の深刻化で中国経済などへの影響から、日本への影響も避けられない。とくに、このような経済状況の下で日本が消費税を引き上げることは影響が大きく、1929に起きた「昭和恐慌」の再来懸念があるという。

 足元では、続けられている修正協議で、自民党が民主党に歩み寄ったことで消費税引き上げに向け、また一歩近づいた。とくに、森永氏が指摘する、「増税先行で、経済対策のないことが問題」という点は、若年失業者の多いことを見ればその通りだろう。

 日本より若年失業率の高いギリシャの再選挙が、いよいよ17日(日)に迫っている。この結果が、欧州信用不安の終息に向かうこととなるのか、あるいは、さらに拡大するのか重要な選挙である。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 今日の言葉
2012年06月14日

【今日の言葉】党を取るか天下国家を思うか!?

今日の言葉 『党を取るか天下国家を思うか』=社会保障と税の一体改革の修正協議が大詰めを迎えている。野党・自民党が15日(金)を協議の最終期限としている。

 争点としては、政府、民主党の打ち出している「最低保障年金の創設」に対し、自民党は「現行制度が基本」としている。本当に生活の苦しい高齢者は生活保護を受ける道があるということだ。政府が、自民党案を丸飲みすれば、民主党内が収まらないだろう。

 しかし、要求を飲まないと消費税上げは通らない心配が強い。消費税上げに政治生命を賭ける総理が、党のことより国家のためという大所的見地から野党案を飲むのか、大きな決断のときを迎えている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 今日の言葉
2012年06月13日

【今日の言葉】肉関連から魚関連となるか?

今日の言葉 『肉関連から魚関連となるか』=飲食店での牛レバー提供が7月から禁止される。ユッケなどとして焼肉店では人気のメニューだった。昨年、焼肉店での食中毒死亡事件が起きて問題視されていた。

 牛レバーについている毒性の強い腸管出血性大腸菌「O157」を、熱処理しないで生で口にすることは危険という。今回、法律で提供が禁止されることで焼肉関連には少なからず影響はありそうだ。

 今朝はあみやき亭<2753>が700円安となるなど軟調。肉関連に代わって魚関係に人気が高まることになるのか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 今日の言葉
2012年06月12日

【今日の言葉】支持率27%に低下、国民との溝は埋まらず!

今日の言葉 『支持率27%に低下、国民との溝は埋まらず』=11日(月)の国会では野田総理が答弁で、「それ以上のことは言わないでもお分かりいただけると思う」と発言された。野党側が、「法案が不成立なら国民に真を問うべき」と、質したのに対し答えた。解散総選挙に対し一歩踏み込んだ発言として注目されている。

 同じ日の11日にはNHKの世論調査で内閣支持率が前月比2ポイント下がって27%と発足以来の最低が伝えられた。総理としては消費税増税は国民のためであり、何故、分かってもらえないのかという気持ちだろう。結局、低い支持率からは、国民との溝は最後まで埋まらなかった。
 
 国会会期末21日(木)まで10日ほどとなった。G20出席も考慮すると残り日数は少ない。ムサシ(7521)イムラ封筒(3955)パイプドビッツ(3831)などの選挙関連銘柄に目を向けておくところだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | 今日の言葉
2012年06月11日

【今日の言葉】株主総会前に株は高くなる?

今日の言葉 『株主総会前に株は高くなる?』=3月期決算会社の「株主総会」が6月27日〜29日にピークを迎える。決算日から3ヶ月以内に定時株主総会を開くことが義務づけられている。個人株主においても経営に参加できる大切な場である。

 最近、株主総会を巡って話題が持ち上がっている。某大手企業へ1人の個人株主が会社側に対し、100項目もの株主提案を行い、その中に社名を「野菜ホールディングス」へ変更することを求めたものが含まれているという。現在、その会社が農業関係の事業を手がけているわけではない。不正経理処理などを行ったということでもない。しかし、業績不振で株価が大きく値下がっているため、「長期保有」の個人株主ほど不満は強いようだ。

 一方、不正決算で上場廃止こそ免れたもののオリンパス(7733)の株価が急落した例もある。こちらは、個人株主が当時の役員に13億円強の損害賠償を求める株主代表訴訟を起こしている。さらに、天災だけでなく人災もあったのではないかと疑われている福島原発事故の東京電力(9501)は6月27日に株主総会が予定されている。「例年、株主総会の前はマーケットで株価は高くなる傾向がみられる」(中堅証券)という。果たして、今年はどうか。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 今日の言葉
2012年06月10日

【今日の言葉】梅雨入りと22年間のTOPIX推移

今日の言葉 『梅雨入りと22年間のTOPIX推移』=関東地方も9日(土)に梅雨入りした。豪雨は嫌だが適度な雨は歓迎だ。とくに、今年は電力不足も言われるだけに、もしも「水不足」まで加わったら生活はたいへんだ。一方、梅雨空の下での株式マーケットは「うっとうしい」印象が強い。

 1990年から昨年(2011年)までの22年間、TOPIX(東証株価指数)について調べた。梅雨の期間中と設定して、6月1日と7月末を比較すると、7月末が6月より高かった回数が11回、安かったのも11回と同数だった。ただ、「上昇率」では小さい年で0.2%、大きい年で13.8%だったのに対し、「下落率」では小さい年で1.5%、大きい年で14.0%。11回の平均値では上昇が5.1%、下落が6.5%だった。

 データで見る限り、やはり、「梅雨相場はジメジメ」のようである。世界経済も国内政局もジメジメだから、今年もスカッとした相場を期待すことは難しそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:28 | 今日の言葉