[今日の言葉]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/16)【今日の言葉】『事業の磨き直し』=企業の決算発表で聞かれるようになった言葉
記事一覧 (11/15)【今日の言葉】『7〜9月のGDP好調』=プラスは4期ぶり
記事一覧 (11/14)【今日の言葉】『ローマは1日にして成らず、今は・・・』
記事一覧 (11/13)【今日の言葉】『次はVIPへ』=ベトナム、インドネシア、フィリピン
記事一覧 (11/12)【今日の言葉】『イタリア国債の高利回り』=7.4%
記事一覧 (11/11)【今日の言葉】『上昇に転じたPER』=「株価」÷「1株利益」
記事一覧 (11/10)【今日の言葉】『オリンパスの飛ばし』損失を移し変える手法で隠し続けてきた
記事一覧 (11/09)【今日の言葉】『囁かれる解散』=第3次補正予算の成立後に衆議院の解散?
記事一覧 (11/08)【今日の言葉】『プロ野球日本シリーズ』=今年のプロ野球の日本一を決める「日本シリーズ」がナゴヤドームで開催
記事一覧 (11/07)【今日の言葉】『道路橋の老朽化』=通行止などの規制がとられている自動車道路
記事一覧 (11/06)【今日の言葉】『昨年1年を上回る振り込め詐欺』=被害額は5220件106億円
記事一覧 (11/05)【今日の言葉】『11月に夏日』=西日本中心に日中の気温が摂氏25度以上
記事一覧 (11/04)【今日の言葉】『東京電力に対し株主代表訴訟』=株主約30人が取締役を相手取り
記事一覧 (11/03)【今日の言葉】『ギリシャの国民投票』=突如、「国民投票」にかけると発言
記事一覧 (11/02)【今日の言葉】『ボーイング787定期便就航』=全日本空輸が導入した新型機
記事一覧 (11/01)【今日の言葉】『世界人口70億人』=世界の人口は10月31日で推計70億人
記事一覧 (10/31)【今日の言葉】『自転車の総合対策』=警察庁は自転車交通に対する総合対策を発表
記事一覧 (10/30)【今日の言葉】『国論を二分する』=TPP交渉参加で賛成、反対がぶつかり合い
記事一覧 (10/29)【今日の言葉】『大王製紙元会長への貸付問題』
記事一覧 (10/28)【今日の言葉】『NYダウ1万2000ドル台回復』
2011年11月16日

【今日の言葉】『事業の磨き直し』=企業の決算発表で聞かれるようになった言葉

今日の言葉 『事業の磨き直し』=最近、企業の決算発表で聞かれるようになった言葉。少子高齢化、高失業率などで、社会に「浮かれた気分」がなくなり、消費者が新しい商品に飛びつかなくなっている。このため、企業は新製品開発に多額の資金を投じてマーケットへ送り出しても、「思うように売れない」という悩みを抱えるようになっている。

 従来、企業は売上が伸び悩んだりすると、すぐに新製品を投入して売上の伸長をはかる経営策を採ってきた。しかし、新製品投入の効果が期待したほど見込めなくなったことから、コストをかけて新製品を開発するより、「既存商品」の改良や販売方法などに力を入れる、いわゆる、「既存事業の磨き直し」に力を入れるようになっている。マーケットでも、古くから、強い「ブランド力」をもっている銘柄を見直す動きが強まることが予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:10 | 今日の言葉
2011年11月15日

【今日の言葉】『7〜9月のGDP好調』=プラスは4期ぶり

今日の言葉 『7〜9月のGDP好調』=14日(月)、内閣府が発表した今年(2011年)7〜9月期の実質GDP(国内総生産)は、4〜6月期に比べ1.5%の増加。年率換算で6.0%増と好調だった。プラスとなったのは4期ぶり。

 震災で被害を受けた生産及び供給網が回復、個人消費にも「自粛ムード」がやや薄らぎ、住宅等の復興需要も出ているようだ。ただ、株式マーケットでは、震災発生直後の3月下旬から4月上旬に、復興関連銘柄を買い上げ、既に、今回のGDP回復を先取りしていた。

 通常、GDPが2期間続けてプラスとなれば、「景気回復」と判断される。今後、10〜12月期がプラスとなるかどうかが最大のポイント。しかし、タイ洪水の影響も予想されるし、とくに、10、11月にはオリンパス<7733>(東1)株など名門株が大きく下げるなど株安は消費にとってはマイナスとなっていることも予想される。14日(月)の日経平均はGDPを好感したものの100円超の値上りにとどまり、反発力に力強さは感じられない。東証の時価総額もGDP額を大きく下回っている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:26 | 今日の言葉
2011年11月14日

【今日の言葉】『ローマは1日にして成らず、今は・・・』

今日の言葉 『ローマは1日にして成らず、今は・・・』=「すべての道はローマに通じる」といわれたほど繁栄したローマ帝国。帝国を築くには数百年かかったといわれる。このため、何事にも1日・1日のたゆまぬ努力の積み重ねが大切である、という教えとして使われてきた。そのイタリアが今、多額の借金で苦しんでいる。イタリア国債の利回りは危険水域7%を超えている。「すべての道はローマに通じる」どころか、資金は、「1日も早くローマから逃げ出そう」という凋落ぶり。

 日本では、「驕(おご)る平家久しからず」といわれる。イタリアに驕りがあったのかどうかは分からない。ただ、借金が膨らんだ事実からみれば、「1日1日の努力」をどこかに置き忘れてしまったのだろう。人口約6000万人。南北に長い国土は、日本にも通じるところがある。もちろん、日本の借金も膨大。かつて、日本も世界で、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」といわれた時代があった。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:29 | 今日の言葉
2011年11月13日

【今日の言葉】『次はVIPへ』=ベトナム、インドネシア、フィリピン

今日の言葉 『次はVIPへ』=「特別待遇の人」、という意味のビップではない。「ベトナム」、「インドネシア」、「フィリピン」の東南アジア3ヵ国の頭文字。

 これまで、世界経済の牽引役として注目されてきた、「BRICS」(ブラジル、ロシア、インド、中国)に陰りが見えてきたことから、次なる有望な成長市場としてクローズアップされてきた。

 人口はベトナム約8700万人、インドネシア約2億4000万人、フィリピン約9400万人。合わせれば4億人超となって、日本のほぼ4倍規模。3カ国とも親日的で日本製品が受け入れられやすい。すでに、日本からの進出企業も多く、洪水被害に見舞われたタイに代わる製造拠点としても注目されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:26 | 今日の言葉
2011年11月12日

【今日の言葉】『イタリア国債の高利回り』=7.4%

今日の言葉 『イタリア国債の高利回り』=去る、9日、イタリア国債の利回りが7%を超え7.4%と伝えられた。

 やはりというか、地方の知人から、「いまどき7%を越える金利物はない。買っていいか」と。かつて、日本の郵便局の定額貯金が7%ていどで、10年預けていれば倍になっていたことが忘れられないということのようだ。それでは、「金利3割出すから私に1億円貸してくれるかい?」と、尋ねる。当然、返事は「無理だよ。だって、貸したカネが帰って来なくなる」。その通りである。

 しかし、これまで、個人に貸すことは危険でも国家に貸すことは安全という思い込みがあった。日本でも、外国債を組み入れた投信がよく売れていた。今、ギリシャを始めイタリアも、そして日本も借金がいっぱいで、借りたカネ(国債)が返せなくなりつつある。国債が紙くずになれば金利の高いことは何の意味もない。もちろん、知人も分かっているが、まさか国債が紙くずになるとまでは思っていない。

 イタリアの政府債務残高は1兆6000億ユーロ以上ともいわれギリシャよりかなり多い。だから、イタリアを潰すわけにいかないという背景はあるが。イタリアはEU中央銀行等に泣きついたり、開き直ったりして、借りた者の強さを出しているようでもある。果たして、どこまでそれが通用するか。世の中には、『うまい話には裏がある』ように、『高金利の裏には元金が返られなくなる危険がある』。日本も国債の利回りが上がりだしたら危険信号である。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:01 | 今日の言葉
2011年11月11日

【今日の言葉】『上昇に転じたPER』=「株価」÷「1株利益」

今日の言葉 『上昇に転じたPER』=PERとは株価収益率のことで、「株価」÷「1株利益」で求める。単位は「倍」。主に個別銘柄で用いる。東洋経済新報社の発行している「会社四季報」が、過去数期間と先行き2期間の1株利益を載せている。これを基に株価と照らし合わせることでPERを求め、たとえば、同業など類似銘柄とのPERを比較して割安、割高、適正などと判断する。

 また、日本経済新聞社が、毎日、日経平均(採用銘柄数は225社)の予想PERを発表している。このPERが、今年夏場には13倍前後だった。それが、直近では15倍台へ上昇している。株価(日経平均)は、夏場頃とほぼ同水準だから、その中でPERが上昇していることは、「1株利益」が下がっていることを意味する。

 欧州の金融不安、円高、タイ洪水、東日本震災復興の遅れなどが重なり、「企業業績」が悪化し始めたとの懸念が強まっている。今後、さらに、企業業績への不安が強まるようだと株価(日経平均)は下げ圧力が強まることとなる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:28 | 今日の言葉
2011年11月10日

【今日の言葉】『オリンパスの飛ばし』損失を移し変える手法で隠し続けてきた

今日の言葉 『オリンパスの飛ばし』=株式投資等に関心のない人なら、『飛ばし』と聞けば、若い主婦なら、子供に「痛いの痛いの飛んでいけ」とやさしく話しかける言葉と思うでしょうし、ゴルフ好きの人なら「飛ばしや石川遼プロ」を思い描くことでしょう。その「飛ばし」なるものをオリンパス<7733>(東1)がやっていたということで10月13日の株価2526円が11月9日には584円まで1ヶ月も経たない間に約8割もの大暴落。

 これまで、20年もの間、会社(オリンパス)が株式投資で失敗した損失を別の会社等に損失を移し変える手法(損失の飛ばし)で隠し続けてきた。簡単に言えば、ウソの決算書が株主や投資家に示されてきた。それを信じ、たとえば2008年3月期に1株利益が214.4円と優秀ということで、当時5320円の高値(2007年10月)で買った投資家はたまったものではない。

 当時の数字がウソだったわけだから裁判に持ち込んで返して欲しいという人も出るのではないか。個人の自己責任は企業の公表される決算書が正しいという前提に立っている。かつて、「飛ばし」の問題で山一證券が破綻したほど大きい問題なのである。外国では、日本の歴史ある企業には似たところが他にもあるのではないかと疑いの目で見始めている。外国人投資家の日本株買いはしばらく期待できそうにない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:20 | 今日の言葉
2011年11月09日

【今日の言葉】『囁かれる解散』=第3次補正予算の成立後に衆議院の解散?

今日の言葉 『囁かれる解散』=今、霞ヶ関では、「TPP」と「来年度予算」を巡って第3次補正予算の成立後に衆議院の解散が囁かれている。各派閥がこのところ勉強会を活発化させていることも「解散近し」を思わせているようだ。

 霞ヶ関の本紙特約記者によると、「なにかあれば3党協議といわれるように、すでに政治は民主、自民、公明の3党で動いている。連立政権のようなもの。今、解散すれば、どこも単独で政権を取ることは難しい。民主、自民、公明の連立政権となろう。ただ、みんなの党が50議席程度を取るようだと様子は変わってくる」という見立て。TPP問題では民主党内の分裂が避けられない雰囲気。

 12年度予算についてもいまだ税収見積もりができていない状態。マーケットは解散後の新内閣の姿、政策を織り込み始めたようである。日本もギリシャに負けぬほど国の借金は多い。借金が多いと国家でも企業でも家庭でも内輪もめが起こるものである。ただ、日本の場合は、外国に対し借金のないのが救いではあるが。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:05 | 今日の言葉
2011年11月08日

【今日の言葉】『プロ野球日本シリーズ』=今年のプロ野球の日本一を決める「日本シリーズ」がナゴヤドームで開催

今日の言葉 『プロ野球日本シリーズ』=12日(土)、今年のプロ野球の日本一を決める「日本シリーズ」がナゴヤドームで第一戦が行われる。セ・リーグは「中日」、パ・リーグは「ソフトバンク」。年間144試合で共にトップのチーム勝率を挙げリーグ優勝した。しかも、クライマックスシリーズを勝ち上がってきたヤクルト、西武をそれぞれ押しのけての日本シリーズである。

 中日の本拠地は名古屋、ソフトバンクは福岡。中部地区と西日本地区の対戦であり、両地域への経済効果は大きいことだろう。関東チーム以外同士が戦う日本シリーズは1999年の中日―ダイエー以来だが、1980年代は1984年の広島―阪急、1980年の広島―近鉄などがあった。振り返ってみると、当時は東京中心に日本経済に勢いがあり、それが地方にも波及して「地方が元気」だった印象がある。現在は、放射能等で東京に元気がない状態で、今度は逆に地方が元気となって東京に元気をつけてくれるのかもしれない。名古屋銘柄、博多銘柄に研究の余地がありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:34 | 今日の言葉
2011年11月07日

【今日の言葉】『道路橋の老朽化』=通行止などの規制がとられている自動車道路

今日の言葉 『道路橋の老朽化』=現在、通行止などの規制がとられている自動車道路等の「橋」は1130以上になっているという。3年前に比べ1.6倍ということだ。2007年8月に起きたアメリカ・ミネソタ州での、建設後40年の高速道路橋が崩落したことで、日本でも古い橋に対する見直しが高まっている。

 日本では長さ15メートル以上の橋が15万ていどあり、そのうち建設後50年経過した割合は8%。これが、10年後には26%、20年後には53%に達するという。今回のマグニチュード9の大地震でヒビ割れなどが目立っているようだ。今後、老朽化対策で「橋」の架け替えなどが増えるものとみられる。橋梁関連銘柄はけっこう多い。

 ショーボンドホールディングス<1414>(東1)ハザマ<1719>(東1)ビーアールホールディングス<1726>(東2)コーアツ工業<1743>(大2)富士ピー・エス<1848>(大2)ピーエス三菱<1871>(東1)エスイー<3423>(JQS)宮地エンジニアリンググループ<3431>(東1)川田テクノロジーズ<3443>(東1)構造計画研究所<4748>(JQS)ヤマウ<5284>(JQS)日本鋳造<5609>(東2)川金ホールディングス<5614>(東2)神鋼鋼線工業<5660>(東2)横河ブリッジホールディングス<5911>(東1)日本橋梁<5912>(東1)駒井ハルテック<5915>(東1)サクラダ<5917>(東1)瀧上工業<5918>(東2)高田機工<5923>(東1)東京製綱<5981>(東1)郷鉄工所<6397>(大2)名村造船所<7014>(大1)福山コンサルタント<9608>(東1)大日本コンサルタント<9797>(東2)ジェコス<9991>(東1)など。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:30 | 今日の言葉
2011年11月06日

【今日の言葉】『昨年1年を上回る振り込め詐欺』=被害額は5220件106億円

今日の言葉 『昨年1年を上回る振り込め詐欺』=今年1〜10月の「ふりこめ詐欺による被害額」は5220件、106億円に達し、昨年(1〜12月)の100億8000万円を上回ったと伝えられた。ATMでの振込金額が制限されたため、親族や役所の人を名乗り、電話をかけたうえで被害者の自宅に出向いて直接、カネを手にする手口が増えているという。このため、1件当たりの金額が大きくなっているという。

 振り込め詐欺が増える背景には若年層の失業率が7%程度(日本全体のほぼ2倍)と高いことがあるようだ。しかも、被害者は関西より関東の年配者が圧倒的に多い印象だ。実際に聞いた話では、関西の年配者は、騙されたフリを装って100円だけ振り込んだという上手(うわて)。やはり、東西での金銭に対する日頃からの感覚の違いがあるのだろう。「年配者は仕事のない若い人に政府に代わって援助してあげているようなもの。」と、太っ腹な意見もないわけではないが。時間と知恵と演じ方の上手な若い人たちの失業が減り、社会で本来の力が発揮できるようにするのが民主党の責任でもある。増税をやったのでは、社会は、もっと悪くなるのではないか。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 今日の言葉
2011年11月05日

【今日の言葉】『11月に夏日』=西日本中心に日中の気温が摂氏25度以上

今日の言葉 『11月に夏日』=11月になって、西日本中心に、日中の気温が摂氏25度以上(30度未満)の「夏日」が続いている。東京でも、明らかに例年と違う気温となっている。夏の高気圧が居座っていることが原因ということで、タイに洪水をもたらした大雨も一因という。「まだ、しばらく暖かい日が続き、12月は昨年、山陰に大雪をもたらしたような寒波がくるとみている」(気象予報士・村山貢司氏)という。冬物衣料などにとっては、11月の気温がポイントなるだけに冬の出足が暖かいことは厳しい。4日には、冬場に期待されたファーストリテイリング<9983>(東1)が大きく下げた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 今日の言葉
2011年11月04日

【今日の言葉】『東京電力に対し株主代表訴訟』=株主約30人が取締役を相手取り

今日の言葉 『東京電力に対し株主代表訴訟』=東京電力の株主が東京電力の取締役を相手取り「株主代表訴訟」を起こす見通しと、3日(木)、報じられた。報道によると、東京電力の株主約30人が、これまでの20年間において、東京電力の取締役を務めた60人を相手取り、今回の福島原発事故で会社に損害を与えたとして金額1兆1000億円の訴訟を起こすという。経営陣が原発に対する安全対策を怠ってきたというのが提訴の理由。認められると取締役は会社へ支払うこととなる。ただ、その場合でも株主個人に支払われるわけではなく、会社側への支払となり、会社の財務面にプラスとなる。取締役は社員よりも社会的名誉と報酬を得るため経営に対する責任も重い。4日(金)の東京電力<9501>(東1)の株価は11円高の313円と前日(2日・水)の8円安から反発している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:01 | 今日の言葉
2011年11月03日

【今日の言葉】『ギリシャの国民投票』=突如、「国民投票」にかけると発言

今日の言葉 『ギリシャの国民投票』=EU(欧州連合・27ヵ国)首脳が、10月26日に、ギリシャ財政問題に対し決めた「包括戦略」(ギリシャ債務の50%棒引き、EU銀行の資本増強、欧州安定基金の資本増強)について、1日、ギリシャが突如、受け入れるかどうかを「国民投票」にかけると発言。再び、金融不安が持ち上がったことから世界の株価が急落した。

 「包括戦略」の裏には、当然、ギリシャの財政再建に対し厳しい注文がつけられていたものとみられる。既に、国内で激しいデモの続くギリシャの政府は、国民にいっそうの緊縮を求めるだけの自信がなかったものとみられる。2日に持たれたフランス、ドイツ首脳とギリシャ首脳の会議でも国民投票の考えに変わりのないことが伝えられている。このまま行けば12日4日頃の国民投票となる見通し。

 国民投票にかければ、ギリシャ国民が包括戦略の受け入れ拒否をする可能性はある。そうなれば、EUのギリシャ支援は難しくなり、ギリシャは「ユーロ」(17カ国)からの離脱、さらに、ユーロ自体の崩壊につながる可能性を含んでいる。

 ただ、『借りた人の強み』ということもある。ユーロ崩壊の危険を見抜いた上で、ギリシャが開き直って、国民投票に打って出た可能性もある。12月4日まで時間がある。ユーロ体制を守ろうとすれば、EU側のギリシャに対する財政再建への注文は緩やかなものになることも考えられる。ギリシャ債務棒引き50%に対しても、ギリシャは80%ていどへ幅を広げるように注文するかもしれない。「貸した者」と、「借りた者」の駆け引きは、どこの国でも同じようである。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:57 | 今日の言葉
2011年11月02日

【今日の言葉】『ボーイング787定期便就航』=全日本空輸が導入した新型機

今日の言葉 『ボーイング787定期便就航』全日本空輸(ANA)<9202>(東1)が、新たに導入した新型機「ボーイング787」が、1日(火)、羽田―岡山、羽田―広島間で定期便として就航した。

 ボーイングの組合ストもあって2003年の発表以降、実用化までに時間がかかった。B787は、座席数210〜250席、後続距離1万4000〜1万5200キロメートル(日本とロスまでが大体6100キロメートル)、最大の特徴は燃費を20%程度向上させたことという。

 日本の企業も開発に参加。エンジン等で三菱重工業<7011>(東1)、機体軽量化で炭素繊維の東レ<3402>(東1)がマーケットでも関連銘柄として注目されている。今後、B787が世界の航空機で主役になるとみられている。2日(水)の株価は、ANAが233円(年初来高値は2月の313円)、三菱重工は315円(年初来高値6月3日の399円)、東レは536円(年初来高値は3月の643円)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:10 | 今日の言葉
2011年11月01日

【今日の言葉】『世界人口70億人』=世界の人口は10月31日で推計70億人

今日の言葉 『世界人口70億人』=国連によると世界の人口は10月31日で推計70億人に達したという。60億人に達したのが1999年というから、それから12年で10億人増えた。現在は中国の13億人台、インドの12億人台などアジア地域が70億人中で半分以上を占め、もっとも人口の多い地域となっている。

 今後は、中国は一人っ子政策で遠からず人口は頭打ちから減少に転じ、アジアではインドがトップとなるという。さらに、今世紀末には世界人口100億人突破が予想されている。その人口増加の中心となるのはアフリカということだ。現在の8億人台が約20億人と見込まれている。

身近な問題として、先行き食糧問題、水問題等がよりいっそう深刻となるだろう。マーケットでは日本の農業機械、肥料、水処理などの関連銘柄、さらに、低い避妊率を改善し人口増加を抑えるためオカモト<5122>(東1)などの避妊用品なども注目されそうだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:15 | 今日の言葉
2011年10月31日

【今日の言葉】『自転車の総合対策』=警察庁は自転車交通に対する総合対策を発表

■10月31日

今日の言葉 『自転車の総合対策』=警察庁は去る25日、自転車交通に対する総合対策を発表。これまで、「幅2メートル以上の歩道」で認められていた自転車の歩道走行を、原則、「幅3メートル以上」とする。多発する自転車事故、しかも死亡事故につながることが多いことに対応。とくに高齢化社会を迎え、高齢者が安心して歩けるようにする。自転車の一方通行も検討されているようだ。雨の日の傘を片手の走行、あるいは、携帯電話片手やヘッドホンで音楽を聴きながら、かなりのスピードで走る姿が目立つことは確かだ。もともと自転車は道路交通法では軽車両としての扱いという。駅前の放置自転車も歩行の妨げになっている。取り締まりも厳しくなる。信号に関係なく車道を平気で横切る無謀運転は別としても自転車に対する社会の目は厳しくなりそうだ。ちなみに自転車関連銘柄は、

 あさひ<3333>(東1)=自転車販売、ダイケン<5900>(JQS)=自転車置き場装置、モリタホールディングス<6455>(東1)=傘下に自転車のミヤタ、新家工業<7305>(東1)=自転車リム大手、ツノダ<7308>(名2)=自転車老舗、シマノ<7309>(大1)=自転車部品で世界的、東邦レマック<7422>(JQS)=自転車通販、ダイヤ通商<7462>(JQS)=自転車販売、グラファイトデザイン<7847>(JQS)=自転車フレーム製造販売、ゼット<8135>(大2)=自転車販売、オリンピック<8289>(東1)=自転車販売、大宝運輸<9040>(名2)=輸入自転車管理、セキチュー<9976>(JQS)=自転車販売、など。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40 | 今日の言葉
2011年10月30日

【今日の言葉】『国論を二分する』=TPP交渉参加で賛成、反対がぶつかり合い

■10月30日

今日の言葉 『国論を二分する』=昨日(29日・土)、今日(30日・日)のテレビの政治関連番組では、「TPP交渉参加」に対する取り上げが目立った。TPPは環太平洋経済連携協定。賛成、反対がぶつかり合い、世論二分という柔らかいものではなく、「国論を二分する」といった激しい内容を含んでいる。協定に参加すれば、原則、関税がなくなり安い海外の農水産物だけでなく医療制度などにも影響が及ぶという。既に、低価格の海外産木材によって日本の林業が廃れているように日本の農業、漁業なども消えてしまうという。一方、内需不足に悩む日本は、成長著しいアジア市場を取り込むしか生き延びることはできないという。どちらも言い分はある。「農耕民族のDNAを持つ日本」、「鎖国では食べていくことができない日本」。まさに、かつての黒船来襲の「開国前夜」の雰囲気だ。11月中旬にTPP参加会議が予定されている。もつれると、国民に審判を仰ぐ「解散総選挙」もなしとはいえない。そうなれば、また、政治空白から相場にはマイナスも予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:12 | 今日の言葉
2011年10月29日

【今日の言葉】『大王製紙元会長への貸付問題』

■10月29日

今日の言葉 『大王製紙元会長への貸付問題』=同社元会長井川意高氏が子会社から巨額の借り入れを行ったとされる問題。28日(金)特別調査委員会が27ページ(他に添付資料6項目)からなる報告書を発表した。平成22年5月12日から平成23年9月6日までの間に計26回、総額106億8000万円という。しかも、取締役会の決議を得ていなかったという。

 大王製紙<3880>(東1)は、元会長の祖父井川勢吉氏が昭和3年(1928年)三島で製紙原料商を始め、昭和18年(1943年)に会社設立。四国の老舗であり井川一族の同属企業として知られる。新聞用紙、板紙等のほかティシュペーパーの「エリエール」で有名。過去に会社更生法で上場廃止となった経歴を持つ。

 同社では元会長からの資金回収に努めるというが、回収不可能となった場合は業績への影響が予想される。と同時に同属的経営に対する批判も強まりそうだ。28日(金)の終値は前日比11円安の1285円。週明けの株価への影響が注目される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:58 | 今日の言葉
2011年10月28日

【今日の言葉】『NYダウ1万2000ドル台回復』

■10月28日

今日の言葉 『NYダウ1万2000ドル台回復』=27日(木)のNYダウは終値で339ドル高の1万2208ドルと今年8月2日以来の1万2000ドル台を回復した。高値は415ドル高の1万2284ドルまであった。

 EU会議において「包括戦略」(ギリシャ債務の銀行50%棒引き、民間銀行の資本増強、欧州金融安定化基金の拡大)がまとまったことで「ヨーロパ発の金融不安」がひとまず後退したことを好感した。しかし、これで、欧州の景気が再び好調を取り戻すことができるかどうかは疑問である。

 日本でも、バブル崩壊後の金融不安による縮みの影響が、いまだに尾を引いて国内経済の活動は低迷している。当然、新興国から欧州向け輸出は減退が予想され、アメリカ景気にとっても影響は避けられない。世界景気は「低速」が長期化する可能性がある。

 NYダウは、場中値で、今年7月7日の1万2753ドルと、7月21日の1万2751ドルで「ダブル天井」を形成している。この水準を抜くかどうかは、今後のアメリカ景気と世界景気に、「元気が出るかどうか」にかかっているといえる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:45 | 今日の言葉