[株式評論家の視点]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/14)【株式評論家の視点】フライトHD好買い場のチャンス、15年3月期増収、増益
記事一覧 (12/14)【株式評論家の視点】アスカネットの日本初「ギフトネットコム」に注目、米国では10兆円市場
記事一覧 (12/13)【株式評論家の視点】メディアフラッグは今12月期の消費税影響を織込み水準訂正高へ
記事一覧 (12/12)【株式評論家の視点】松田産業は3事業が異種混成型で補充し合い好成長、今3月期は2.8%増収、営業利益4.4%増益
記事一覧 (12/10)【株式評論家の視点】神鋼商事は特定株比率の高い低位株物色の流れに沿う、2ケタ増益
記事一覧 (12/07)【株式評論家の視点】AMBITIONは15年6月期21.7%増収、営業利益37.2%増益、上場3カ月経過
記事一覧 (12/03)【株式評論家の視点】ダイキアクシスは19日から1部市場へ昇格、増配
記事一覧 (11/29)【株式評論家の視点】OATアグリオはIPO人気波及で見直しへ、6月上場から6ヶ月
記事一覧 (11/27)【株式評論家の視点】メドピアは医師向けネットサービスを提供、医師会員7万人超、株価日柄調整待ち
記事一覧 (11/22)【株式評論家の視点】日本ビューホテルは観光客増で浅草ビューホテル好調
記事一覧 (11/19)【株式評論家・海老原紀雄氏に聞く】選挙結果まではモミ合いの展開、今の相場には3つの流れ
記事一覧 (11/06)【株式評論家の視点】イグニスは上方修正した9月期業績を13日に発表、15年9月期に期待
記事一覧 (11/03)【株式評論家の視点】セレスは上場1カ月経過で底打ち、今期大幅増益を見直す
記事一覧 (10/30)【株式評論家の視点】リボミックは9月25日上場から1ヶ月経過、ダブル底形成し本格出直りへ
記事一覧 (10/21)【株式評論家の視点】海老原紀雄氏に相場展望を聞く
記事一覧 (10/09)【株式評論家の視点】エスクロー・エージェントジャパンは金銭消費貸借契約等の契約締結事務(クロージング業務)の受託件数が大幅に増加
記事一覧 (10/07)【株式評論家の視点】シグマ光機は6日発表の第1四半期が大幅増益、通期営業利益9割増益
記事一覧 (10/03)【株式評論家の視点】マルサンアイは14年9月期の減益は織込む、15年9月期回復で押し目買い
記事一覧 (10/01)【株式評論家の視点】物語コーポレーションは今期29店舗の出店を計画、7・8月の月間売上好調
記事一覧 (09/29)【株式評論家の視点】デリカフーズは外食・中食向けの青果物事業好調、営業利益47%増益、PER12倍台
2014年12月14日

【株式評論家の視点】フライトHD好買い場のチャンス、15年3月期増収、増益

株式評論家の視点 フライトホールディングス(3753・東マ・売買単位100株)に千載一遇の投資チャンスが巡ってきた。株価は2014年1月に2780円の年初来高値をつけた後、下落基調をたどってきたが、それも底打ちから本格反転の兆しが出てきた。売りも一巡してきた様相を呈し、逆に小口の買いで値を噴き上げることも予想されるだけに、ここは果敢に攻めるべきであろう。

 そもそも、2014年1月に急騰したのは2014年3月期の業績が大口案件の発生により、大幅増収、黒字転換が見込めることを材料に買い上がったことによる。これに続く2015年3月期の業績は売上高21億円(前期比9.9%増)、営業利益2億円(同11.6%増)、経常利益1億8000万円(同8.6%増)、当期純利益1億6400万円(同7.8%増)と、いずれもひとケタ台の伸びにとどまる見通しで、このため市場では材料出尽くしとともに失望感が一気に広がり、売り先行の展開となり12月、618円まで売り叩かれてしまったのだ。

 しかし、同社の将来性は明るい。この点を冷静に評価すべきではなかろうか。というのも、同社の取り巻く事業環境はすこぶる良好だからだ。同社の業績に影響を与える、モバイル決済の市場規模は全世界で2013年約41兆円(2010年25兆円)から2014年72兆円に増加し、さらに2017年は約200兆円に拡大すると予想されている。ということは、他社の追随を許さない同社の決済アプリ「ペイント・マスター」や「Incredist」(インクレディスト)が、事業拡大の局面にあるということだ。具体的には生損保の外交員やイベント・催事会場、小売業などで広く使用されるだろう。とくに「ペイント・マスター」はiPhone、iPadだけではなく現在注目のWindows8タブレットにも対応可能となったこともあり、大いに期待される。

 さらに同社のもうひとつの収益源であるコンサルティング&ソリューション事業も社会保障・税番号(マイナンバー制)導入に伴って事業拡大のチャンスを迎えている。

 確かに2015年3月期の業績見通しだけを評価するなら、株価はなかなか積極的には買えないが、その先の事業展開を勘案するなら、投資妙味がある銘柄といえよう。(志木克己)

>>フライトホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:17 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】アスカネットの日本初「ギフトネットコム」に注目、米国では10兆円市場

株式評論家の視点 アスカネット<2438>(東マ・売買単位100株)は、金額が不記載の「オンデマンド・オリジナルカード」を商品交換券として使用する「選べるギフト」に特化したECプラットホーム「ギフトネットコム」を12月1日よりスタートさせた。

 サービス開始と同時にFacebookやLINEなどのSNSやメールで、選べる権利付きの「ギフトカード」を贈る方式もはじめた。このカードを利用することで「特にほしくない物」を贈ったり受け取ったりする「ギフトの違和感」が解消される。米国ではギフト市場は約10兆円を超えているが、日本の場合、ギフトカードに金額表示があるために、あまり普及していない。もちろん、金額の入っていないカタログギフトが日本では一般的だが、商品の選択肢が少なく、受取も1品に限定される。

 これはショッピングモールで食品からアパレルまで様々な商品を簡単に選択できるほか、ギフト以外のゴルフなどの景品、記念品、株主優待、お中元やお歳暮、結婚式のお返しなどにも最適だ。サイト上は金額表示のない受け取り可能な商品のみがその都度表示される。

 2015年4月期はこうした新サービス開始の宣伝広告の費用増加により、利益が圧縮される。売上高は49億8400万円(前期比4.6%増)、経常利益6億7600万円(同6.9%減)、当期純利益4億3400万円(同2.5%減)と微増収経常減益となる見込みだ。予想一株当たり利益は25円92銭、一株当たり純資産は223円16銭である。

 この減益は先行投資によるもので、この負担が軽くなり、「ギフトネットコム」の利用者が増加してくれば、業績が様変わりによくなることも考えられる。今期の一株当たり利益で弾いたPERは97倍前後と高く、決して割安とはいえない。しかし、前述したように同社の将来性は明るい。株価はそれを先取りした動きが本格的する可能性がある。

 現在、信用買い残高は136万株強と決してすくなくはない。これが上値のカベとして当面、立ちはだかっているのは事実だ。これがほぐれるには、まだ時間が必要だろう。来期以降の業績見通しがハッキリしてくると買いたい投資家が増加するものと予想される。新サービスの展開などで増益を期待していいのではないかと思う。目先は一進一退の展開となろうが、中期長期投資のスタンスで臨めば、投資家としての醍醐味を味わうことが出来よう。(志木克己)

>>アスカネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:04 | 株式評論家の視点
2014年12月13日

【株式評論家の視点】メディアフラッグは今12月期の消費税影響を織込み水準訂正高へ

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 メディアフラッグ(6067・東マ・売買単位100株)は悪材料出尽くしで、水準訂正高へ進む可能性が強い。

 主力事業の営業支援事業(売上高構成比47%)はショップサポートの新規案件の増加と、小型電子POS開発・販売のシアーズが7月から連結子会社となったことから売上高は強烈に増加。また流通支援事業(売上高構成比12%)も地方銀行や高速道路のサービスエリアなどでの店舗調査の件数が増加しているため、好調だ。この反面、消費増税の買い控えが響き、ストア事業(同12%)が振るわない。さらに和菓子製造販売事業(同29%)も沖縄での新規ブランド立ち上げに伴う出店費用の負担増加と台風などの悪天候が加わって、減益要因となっている。

 このため、2014年12月期は前期比92.1%の大幅な増収にも拘らず、営業利益は同1.1%の微増益にとどまり、経常利益は10.7%、当期純利益も18.4%のそれぞれ減益を余儀なくされる見込みである。

 この減益予想が悪材料となり、2014年4月684円の高値から8月には473円まで下げた。ただこの下げで、目先筋の投げ売りはほぼ底を付いたとみられる。下落率は約30%となり値幅調整は完了した。しかも、こうした判断から下値には小口ながら買い物が入り始めた。

 問題は、これから株価はさらに回復基調をたどるか否かである。それを決定するのはやはり、2015年12月期の業績見通しだ。これまで、利益の足を引っ張ってきた和菓子製造販売事業は新規ブランド絡みの費用は一巡し、主力事業の営業支援事業も増加傾向を崩さないだろう。とするなら、増益に復帰する可能性が強いと予想できる。

 8月に入ってから株価は400円台での底値圏で推移してきたが、ここにきて500円台に水準訂正を戻している。チャート的に判断すると600円前後が上値のカベとなっている。しかし、来期業績に対して強気な見方が広がれば、このカベを突破して700円接近もあり得るだろう。(志木克己)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:13 | 株式評論家の視点
2014年12月12日

【株式評論家の視点】松田産業は3事業が異種混成型で補充し合い好成長、今3月期は2.8%増収、営業利益4.4%増益

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 松田産業<7456>(東1)は、12月11日(木)4円安(0.31%)の1282円と小反落している。

 同社は、地球資源を「活かす」貴金属関連事業、地球環境を「守る」環境関連事業、食資源を地球規模で「提供する」食品関連事業、3つの事業のそれぞれが、独立採算を追求しているうえに異種混成型の事業形態がお互いに補充し合うことで、安定性と成長性のある企業づくりを実現している。

 足元の業績は、2015年3月期第2四半期売上高が876億2300万円(前年同期比4.5%増)、営業利益が20億1000万円(同16.6%減)、経常利益が23億1600万円(同13.1%減)、純利益が15億6000万円(同10.1%減)に着地。

 純利益は計画を若干上回り順調に推移している。貴金属関連事業は、貴金属部門で、主力顧客である半導体・電子部品業界の生産状況の回復が続き、貴金属製品の販売量は前年同期を上回ったが、電子材料等の販売量が前年同期を下回り、一部貴金属相場の下落もあり全体としての売上高は前年同期に比べ減少。

 環境部門では、対象業界の生産活動が緩やかな回復基調にあり、同社グループの取扱量も増加で推移したが、写真感材回収の銀価格の下落もあり、売上高は前年同期に比べ減少した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:55 | 株式評論家の視点
2014年12月10日

【株式評論家の視点】神鋼商事は特定株比率の高い低位株物色の流れに沿う、2ケタ増益

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 神鋼商事<8075>(東1)は、9日(火)5円高(1.88%)の271円と4営業日ぶりに反発している。市場では特定株比率の高い低位銘柄を物色する流れがある。神戸製鋼系として見直し余地が広がることから注目したい。

 同社は、神戸製鋼グループの中核商社として、鉄鋼(線材・条鋼、厚板、薄板、鉄粉、チタン、鋳鍛)、鉄鋼原料(石炭、コークス、銑鉄・鉄スクラップ、チタンスポンジ、化成品、コークブリーズ、スラグ)、非鉄金属(アルミ板、リードフレーム、複写ドラム、アルミ缶、各種高性能類型電熱管、電子材料用銅板条)、機械・情報(環境・エネルギー関連機器、化学・食品機械、鉄鋼・非鉄金属関連機器、電子・情報関連機器)、溶材(溶接材料、溶接ロボットシステム、生産材料)を取り扱っている。

 足元の業績は、2015年3月期第2四半期売上高が4264億5800万円(前年同期比3.5%増)、営業利益が30億4500万円(同22.1%増)、経常利益が29億9700万円(同35.3%増)、純利益が19億8500万円(同97.3%増)に着地。円安の進行に伴う輸出環境の好転や復興需要などを背景に、主要需要家である自動車、造船、建設機械向けなどが堅調で、利益段階では当初の計画を上回り順調に推移している。

 通期業績予想は、売上高が9400億円(前期比11.8%増)、営業利益が70億円(同22.0%増)、経常利益が64億円(同20.3%増)、純利益が40億円(同26.6%増)と2ケタ増収増益を見込む。年間配当は6円(中間3円 期末3円)を予定している。国内では取引先である非鉄卸売事業会社を株式取得により子会社化するなどの活動を通じて、販売体制の強化を進めているほか、海外では、メキシコにおける日系自動車部品メーカーの素材調達需要に対応するため、冷間圧造用鋼線の製造および販売を行う合弁会社を設立するなど、グローバルビジネス展開の基盤拡充を図っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:20 | 株式評論家の視点
2014年12月07日

【株式評論家の視点】AMBITIONは15年6月期21.7%増収、営業利益37.2%増益、上場3カ月経過

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 AMBITION<3300>(東マ)は、直近IPOとして押し目買い優位に上値を伸ばすと期待されることから注目してみたい。

 同社は、プロパティマネジメント事業、賃貸仲介事業、インベスト事業を運営している。プロパティマネジメント事業では顧客(不動産所有者)から家賃保証付きで借上げた物件を一般消費者に賃貸する事業(サブリース)、不動産物件保有者の入居者募集代理業務や入退室時の原状回復業務等を行っている。賃貸仲介力を生かし、高入居率を維持することで、より高い保証家賃の設定を実現するとともに、独立系の「サブリース業者」として、自社で賃貸仲介事業部を保有していない「投資用不動産販売会社」に対して営業活動を行っている。賃貸仲介事業では、首都圏に13店舗の営業店舗を展開し、自社物件に加え、他社が管理する物件を紹介し、賃貸物件の仲介・斡旋および付随する引っ越し業者の斡旋を行っている。インベスト事業では、「築年数が古い」「入居者がいない」などの理由で不動産価値が適正に評価されていない住居用不動産を取得し、適正な評価価値へ戻すための「バリューアップ(内装工事や賃貸付け)」を行った上で、適正価格にて販売する事業を行っている。

 足元の業績は、2015年6月期第1四半期売上高が15億2535万円、営業利益が400万円、経常損益が400万円の赤字、最終損益はトントンに着地。計画を上回り順調に推移。プロパティマネジメント事業及びインベスト事業において計画比を上回る一方、賃貸仲介事業が計画比を下回った。プロパティマネジメント事業では、管理戸数は4,140戸(計画は3,978件)。物件管理戸数及び計画入居戸数を上回って推移。賃貸仲介事業では、成約率が計画を下回ったほか接客数も下回ったが、自社成約率は63%台を維持。インベスト事業では、7件の物件売却を行い、10件の物件を購入した。

 通期業績予想は、売上高64億3600万円(前期比21.7%増)、営業利益2億5000万円(同37.2%増)、経常利益2億4100万円(同31.1%増)、純利益1億3700万円(同24.1%増)を見込む。年間配当は期末一括20円(同1円増)を予定している。同社が扱う物件は、東京23区で広さが約25平方メートルのワンルームタイプが中心で敷金や礼金を不要とする賃料プランによる集客手法に強みがあり、9割を超える入居率を確保。マンション所有者からの物件調達も増やして成長につなげるとしている。

 株価は、本年9月19日にマザーズ市場に新規上場。同日高値1955円と買われた後、10月17日に上場来の安値1063円まで調整を挟んで11月26日に上場来の高値2850円と上昇。東証と日証金が同社株について同28日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施すると発表。委託保証金率の引き上げを嫌気され短期的に12月4日安値1804円まで下げて切り返す動き。25日移動平均線がサポートラインとして強く意識された感があり、押し目買い優位に上値を伸ばすと期待されよう。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:48 | 株式評論家の視点
2014年12月03日

【株式評論家の視点】ダイキアクシスは19日から1部市場へ昇格、増配

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 ダイキアクシス<4245>(東2)は、12月1日(火)2円安(0.16%)の1225円と反落しているが、同社は2日大引け後に東京証券取引所の承認を受け、12月19日に第二部市場から第一部の銘柄に指定されることになったと発表。併せて配当予想の増額と記念株主優待を実施すると発表しており、市場の関心を集めると期待される。

 同社は、各種排水処理装置の設計・施工・維持管理。合成樹脂等による製品の製造販売および設計・施工、各種建設材料・住宅設備機器の販売・施工。植物系廃食用油を原料とするバイオディーゼル燃料の精製・販売および精製プラントの販売。飲料水の製造・販売を行っている。2014年12月期第3四半期決算は、売上高が231億2000万円(前年同期比9.1%増)、営業利益が7億2000万円(同76.6%増)、経常利益が8億円(同48.3%増)、純利益が4億1200万円(同22.5%増)に着地。環境機器関連事業で、主力の浄化槽・排水処理システムが堅調に推移。新型浄化槽XE型が、公益財団法人日本環境協会が主催する「エコマークアワード2013」において、「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことで、市場での知名度向上に寄与。住宅機器関連事業では消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減は限定的で、建設関連業者等に対する売上が好調に推移するとともに、ホームセンターリテール商材も堅調に推移。

 通期業績予想は、売上高319億円(前期比3.7%増)、営業利益8億円(同51.2%増)、経常利益9億円(同30.7%増)、純利益5億3000万円(同31.4%増)を見込む。東京証券取引所第一部への指定を記念し、期末配当について3円の記念配当を実施することから、年間配当は従来予想の22円から25円(普通配当22円、記念配当3円)に増額。12月31日現在の同社株主名簿に記載または記録された同社株式1単元株(100株)以上を保有している株主を対象に記念株主優待を実施する。

 株価は、10月24日につけた年初来の高値1280円と買われた後、11月12日安値979円まで調整を挟んで12月1日高値1238円と上昇。26週移動平均線をサポートラインに上昇トレンドを堅持している。次世代燃料『バイオディーゼル燃料』事業の拡大や上水(地下水飲料化)事業やボトルウォーター宅配事業への参入など、新たな事業へ意欲的に取り組んでいることが注目される。東証一部指定の形式要件を充足するため100,000株の立会外分売を12月17日から同18日に実施する予定だが、流動性の向上に対する期待のほか、東証株価指数(TOPIX)算入に伴う指数連動型投資信託への組み入れ期待が加わり、高値奪回から一段高へ向かうか注目されよう。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:05 | 株式評論家の視点
2014年11月29日

【株式評論家の視点】OATアグリオはIPO人気波及で見直しへ、6月上場から6ヶ月

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 OATアグリオ<4979>(東2)は、12月に新規上場が28社と伝わっており、直近IPOとして見直される可能性があり注目したい。

 同社は、防除技術、施肥灌水技術、バイオスティミュラントをコアコンピタンスとして世界の食糧増産に貢献できる製品の開発販売を行っている。2014年12月期第3四半期決算は、売上高が97億9200万円、営業利益が13億円、経常利益が12億7700万円、純利益が8億0700万円に着地。防除技術分野で、国内市場において主力製品である殺虫剤が国内でほぼ横ばいだったものの、海外市場では、引き続き各国での登録取得の推進で販売地域が拡大し売上高が拡大。施肥灌水技術分野では、消費税率引き上げ前の駆け込み需要とその反動による落ち込みの影響も一段落し、売上高は堅調に推移。バイオスティミュラント分野においては、欧州、東南アジアを中心に「アトニック」の販売が好調に推移した。

 通期業績予想は、売上高112億3800万円(前期比3.5%増)、営業利益6億6000万円(同7.0%減)、経常利益6億3700万円(同14.3%減)、純利益3億3400万円(同28.2%減)を見込む。年間配当は期末一括55円を予定している。農業登録制度における短期暴露評価制度の導入で一部農業製品について、現在の登録内容の維持が困難と予想されるため、同社が提供している農薬製品「オンコル粒剤5」、「オンダイアエース粒剤」などに関して登録の一部変更を申請する予定。登録変更の要請により、一部作物へ私用できなくなることが想定されるため減益となる見通し。

 株価は、上場翌日の6月26日に上場の高値4625円と買われた後、10月17日に上場来の安値1966円と約57%の調整を挟んで11月25日高値2419円と上昇。その後、小幅モミ合いとなっている。この12月は新規上場が28社と伝わっており、直近IPOとして見直し余地はある。主力製品である殺虫剤が海外市場での販売拡大が続く見通しのほか、農家の労力軽減、環境負荷の低減、作物の品質や収獲量向上などの目的で養液土耕栽培システムの販売を行っていることが注目される。トマト、いちご、ピーマン、キュウリ、カーネーション、ぶどうなど多岐に渡っており、汎用性の高いシステムとあって今後の展開に期待が持てる。15年12月期業績は増益に転じる可能性が高い。配当利回り2.3%と利回り妙味がソコソコあり、期間利回り妙味から14年12月期末を控え底堅い動きとなっている。ここからの押し目は注目されそうだ。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:40 | 株式評論家の視点
2014年11月27日

【株式評論家の視点】メドピアは医師向けネットサービスを提供、医師会員7万人超、株価日柄調整待ち

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 メドピア<6095>(東マ)は、医師集合知サービス ・医師向けコミュニティサイトの運営、医師会員へのネットリサーチサービス、医師求人情報サービス ・医師人材紹介会社一括登録サービスの運営を行っている。医師同士の双方向コミュニケーションによって「集合知」を形成。「集合知」を共有することによって臨床における疑問や悩みの相談、情報収集が可能。医師会員は無料で利用できるとともに、サイト内でのアクションに対してポイントを付与。製薬企業等からの広告料が主な収益源となっている。

 前2014年9月期決算は、売上高が9億5800万円(前の期比66.7%増)、営業利益が2億6400万円(同3.0倍)、経常利益が2億4000万円(同2.8倍)、純利益が1億5000万円(同32.6%増)に着地。売上高、各段階損益すべての項目において計画を達成。医師会員数は約71,1000名(医師の約4人に1人)と堅調に推移。投稿数は30万件を突破している。

 今15年9月期業績予想は、売上高14億5000万円(前期比51.3%増)、営業利益3億円(同13.3%増)、経常利益3億円(同22.4%増)、純利益1億6700万円(同11.4%増)を見込む。既存サービスにおける売上規模の拡大(医師集合知サービスにおける、製薬企業毎の広告掲載薬剤数の増加。会員数の増加に伴った単価の向上。医療機器評価掲示板の本格展開。製薬企業向け新規ソリューション開発)を図る。中長期的な視点に基づいた先行投資(採用活動の積極化。Webマーケティング等を活用した新規会員獲得やサイト活性化施策。新規事業開発など)を実施する。

 株価は、9月16日に分割前の高値2820円と買われた後、10月31日に上場来の安値1300円と約54%の調整を挟んで11月13日高値1974円と上昇。その後、5日移動平均線を上値にモミ合いとなっているが、綜合臨床ホールディングスとの業務提携や医療機器の口コミサイト「医療機器評価掲示板」の運営など今後の展開に対する期待感がある。日柄調整が進めば反転する可能性があり、ここからの押し目は注目されそうだ。(信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:20 | 株式評論家の視点
2014年11月22日

【株式評論家の視点】日本ビューホテルは観光客増で浅草ビューホテル好調

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 日本ビューホテル<6097>(東2)は、11月21日(金)15円高(+0.84%)の1569円と反発している。日本政府観光局(JNTO)がまとめた10月の訪日外国人客数は前年同月比37%増の127万1700人で単月として過去最高を更新と伝わっており、足元で同社が経営する浅草ビューホテルなどの売上が伸びていると予想される。12月9日に予定される今4月期第2四半期決算の発表に対する期待感が高まることから、注目したい。

 同社は同社および連結子会社である那須興業(株)において、ホテル事業として、同社グループが有する経験およびノウハウを最大限に発揮すべく「VIEW HOTEL」ブランドによる直営(一部のホテルについては、土地・建物の賃借による直営)でのホテル経営を行っている。現在運営しているホテルの形態にはシティホテル型とリゾートホテル型があり、各ホテルには立地や規模に応じて、客室の他、レストラン・バー等の料飲施設、結婚式場、宴会場、会議室等を設置し、宿泊、料飲、宴会・婚礼の各部門の営業を行っているほか、ホテルによってはスパや温泉などを設け、顧客が快適に過ごせるよう施設の充実を図っている。

 今4月期第1四半期決算は、売上高が43億4800万円、営業利益が6800万円、経常利益が7000万円、純利益が100万円に着地。ホテル事業においては、秋田ビューホテルの12階レストランフロアを全面改装し、本年5月にスカイグリルブッフェレストラン「空桜〜SORA〜」としてオープン。また、浅草ビューホテルのブライダルスペースの改装工事、成田ビューホテルの客室69室の改装、高崎ビューホテルのチャペルの改装工事などを実施し、顧客満足度の向上を図っている。施設運営事業においては、ぎょうけい館やホテルプラザ菜の花の宿泊プランの充実などにより営業力を強化。また、本年6月に東京都青梅市にある「おくたま路」(総客室数18室)を取得し、館内改装の後、同7月にリニューアルオープンしたため開業費用を計上。遊園地運営事業においては、那須りんどう湖 LAKE VIEWでは、本年4月にオープンした新アトラクション「目指せ!征服王」の宣伝告知や各種イベントの充実により集客力の向上に注力している。

 通期業績予想は、売上高191億2900万円(前期比8.4%増)、営業利益10億5000万円(同76.8%増)、経常利益9億3300万円(同20.6%増)、純利益5億0700万円(同21.2%増)を見込む。年間配当は期末一括16円を予定している。同社グループは、中期経営計画において、同社グループの基本的な経営戦略を1)サービスの向上、2)「食のView」・「味のView」の地位確立、3)施設の改装の3つとして定め、同社グループの堅固な成長基盤の構築を目指し経営に取り組んでいる。

 株価は、7月28日に上場来の高値2222円と買われた後、10月17日に上場来の安値1267円と約43%の調整を挟んで11月12日高値1619円と上昇。その後、小幅モミ合いとなっているが、週足では13週移動平均線を上抜いており、出直る動きを強めつつある。特に注目は、浅草ビューホテルで2020年東京オリンピック開催決定に伴い訪日外国人旅行者が増加していることや、東京スカイツリー人気が続き国内需要が順調に推移しており引き続き売上に貢献する見通しのほか、来年度に婚礼施設・宴会場の内装リニューアルや結婚式場・結婚式のスケジュールなどを相談するブース増設を予定しており、今後の展開に十分期待がかかる。ここから押し目買い妙味が膨らもう。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | 株式評論家の視点
2014年11月19日

【株式評論家・海老原紀雄氏に聞く】選挙結果まではモミ合いの展開、今の相場には3つの流れ

<Q>上げ下げの荒い相場ですが。

<A>営業日数20日間でほぼ3000円上げ、年初来高値をつけたわけですからスピード調整は当然です。しかも、7−9月のGDPがプラス予想からマイナスとなったのですから、びっくりした相場です。年内は高値圏での持ち合いでしょう。

<Q>解散、選挙も決まりました。

<A>自公で過半数近く取ればアベノミクスを思い切って進めることができます。とくに、外国人投資家は安倍政権が強固なものになるとして、とくに短期のヘッジファンドでなく長期のペンションファンドが買ってくるものとみられます。自公で290議席以上取れるかを見守る展開とみています。

<Q>選挙までの相場の柱はいかがですか。

<A>今の相場は、「ミドリムシのような夢を買う」、「安定配当の高利回り実力株を買う」、「株価だけを買う」という3つの流れがあります。これらの銘柄が、循環的に買われる展開だろうと思います。足元では「円安」メリット銘柄でしょう。とくに、トヨタ自動車は円安の本命でありアベノミクスを象徴する銘柄でもありますから年内相場の中心となる可能性があります。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:53 | 株式評論家の視点
2014年11月06日

【株式評論家の視点】イグニスは上方修正した9月期業績を13日に発表、15年9月期に期待

株式評論家の視点 イグニス<3689>(東マ)は、今年7月15日にマザーズに上場。アプリ事業(スマートフォンアプリの企画・制作・運営)、ゲーム事業(スマートフォン向けソーシャルゲームの企画・制作・運営)を展開している。

 「次のあたりまえを創る、何度でも」をビジョンに掲げており、ツール、エンタメ、カジュアルゲーム、ネイティブソーシャルゲーム、全巻無料ハイブリッド型アプリなど、さまざまなジャンルのアプリを企画、開発し、本年8月には累計6,000万ダウンロードを達成している。

 10月9日に2014年9月期業績予想の上方修正を発表済みで、売上高は8月7日の公表予想値20億1000万円から20億2000万円(前期比2.3倍)、営業利益は同4億9000万円から5億4300万円(同76.3%増)、経常利益は同4億9000万円から5億2700万円(同71.7%増)、純利益は同2億9400万円から2億9800万円(同49.0%増)と増益幅を拡げる見通し。

 事業の中で、もっとも利益率の高い無料ネイティブアプリのジャンルの売上が好調に推移し、当初予定していた売上構成比における無料ネイティブアプリ事業の割合が高まったほか、本年9月30日付で「神姫覚醒!!メルティメイデン」を株式会社マイネットに売却など複数アプリの販売が寄与している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式評論家の視点
2014年11月03日

【株式評論家の視点】セレスは上場1カ月経過で底打ち、今期大幅増益を見直す

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 スマートフォンメディア事業を展開している、セレス<3696>(東マ)は10月22日にマザーズに上場。成功報酬型のスマートフォンメディア事業を展開している。ポイントメディア事業では、ポイントサイト「モッピー」及び「モバトク通帳」を運営。広告の閲覧、スマホアプリのDL、提携サイトでのショッピング、アンケートなどのアクションに応じてポイントを付与する無料会員サービスで、会員はポイントを現金や電子マネーに自由に交換することが可能。広告主から受け取る広告料の一部をポイント原資としてポイントを付与する。HPメディア事業では、採用課金型アルバイト求人サイト「モッピージョブ」を運営。広告主が無料で求⼈広告を掲載可能で、求職者がモッピージョブを通じて採用された時点で広告料が発生。求職者には採用お祝いとしてポイントを付与する。広告主にとって採用コストの低減が可能であり、求職者にとって多くの求人広告の選択が可能となる。

 足元の業績は、今2014年12月期第2四半期業績は、売上高が11億9400万円、営業利益が1億8000万円、経常利益が1億7600万円、純利益が9800万円に着地。ポイントメディア事業において、プロモーション手法の改善によりスマートフォン版の会員数が大幅に増加したことに加え、広告主のニーズに合わせて広告商品を設計するタイアップ広告への注力やクラウドソーシングといった新たな取り組みの実行が寄与したほか、HPメディア事業において、営業活動の強化により昨年末に比べ求人広告の掲載件数が1.6倍の約2万4000件と大幅に増加したこと等によりサイトへの流入数が増加したことが寄与した。

 通期業績予想は、売上高が23億9900万円(前期比2.0倍)、営業利益が3億円(同91.2%増)、経常利益が2億7800万円(同80.7%増)、純利益が2億5700万円(同2.9倍)と大幅増収増益を見込んでいる。携帯電話市場における、スマ総契約台数に占めるスマートフォンの割合が44.5%(昨年12月末)から47.0%(本年3月末)と継続的に上昇。求人広告市場においては、本年4月末の有効求人倍率が1.08倍と継続的に上昇していることを背景に、運営するサービスのスマートフォン版に注力し、ユーザー数の拡大や掲載広告数の増加に向けた積極的な営業活動を展開しており、通期計画は達成できる見通し。

 株価は、10月22日の上場初値は公開価格の1860円を1030円(55.3%)上回る2890円。同日3390円と買われた後、同27日安値2125円と下げて同30日高値2830円と上昇。再度下値を試す動きとなっている。主力のポイントメディア事業の「モッピー」「モバトク通帳」の会員数は154万人で、スマホ向けポイントサイトでは国内最大級。スマートフォンの普及と共に急速にスマートフォン会員を伸ばしており、今後も成長が見込まれる。ここから突っ込み買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:23 | 株式評論家の視点
2014年10月30日

【株式評論家の視点】リボミックは9月25日上場から1ヶ月経過、ダブル底形成し本格出直りへ

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 リボミック<4591>(東マ)は、アプタマーを利用したiPS再生医療技術の開発など注目材料を発表しており、バイオ関連の有望銘柄として見直される可能性が高くリバウンド相場が見込まれそうだ。

 同社は、9月25日にマザーズに上場。創薬技術「RiboARTシステム」を活用して、疾患や標的タンパク質に限定されない様々な新薬を創製する創薬事業を展開している。新薬の研究開発は、10数年の長い年月と場合により数百億円もの多額の資金を要するが、「RiboARTシステム」は、GLP試験開始までのステージに約3〜4年で到達可能で、創薬プロセスの短縮化を図ることができる。この創薬事業は、自社創薬及び他の製薬企業との共同研究という二つから構成され、同社は、早期ライセンス・アウトを前提とした自社創薬と、製薬企業との共同研究の二つをバランス良く組み合わせて実行することを、事業展開の基本方針としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:35 | 株式評論家の視点
2014年10月21日

【株式評論家の視点】海老原紀雄氏に相場展望を聞く

■年末まで日経平均1万5000〜6000円のモミ合い、業績良ければ1万7000円も

株式評論家・海老原紀雄氏に聞く 前日の600円近い上げは大きすぎたと思われる。今日の調整は当然だが、引けには戻すとみている。

 年末に向けての相場を展望すれば、日経平均は1万5000〜1万6000円のモミ合いではないかとみている。ただ、これから発表となる9月中間決算発表で日経平均の予想1株利益が1100円(現在1040円前後)ということになれば1万7000円はあると思う。

 相場に向かう基本的スタンスは、大きく期待はできないが、悲観をする必要もない。GOPIFが株式比率を25%程度まで拡大が検討されているため実現すれば約10兆円の買いという計算で需給面から相場の下値を支える。

 一方、今回の女性閣僚の問題で内閣支持率の低下が予想され、消費税10%、沖縄の選挙、再稼動目前となっている原発などに黄信号が点滅する可能性が出てきた。

 北朝鮮へ特使派遣で支持率低下を食い止めようとしているようにみえる。うまく行けばよいが、逆に出た場合は内閣不人気に拍車をかける心配がある。

 もっとも、安倍内閣の人気に陰りが出たとしても野党に政権を奪取できる力はないので支持率低下があったとしても決定的な売り材料には成らないだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | 株式評論家の視点
2014年10月09日

【株式評論家の視点】エスクロー・エージェントジャパンは金銭消費貸借契約等の契約締結事務(クロージング業務)の受託件数が大幅に増加

<銘柄の見所>

■不動産、金融業務の取引支援に強い

株式評論家の視点 エスクロー・エージェントジャパン<6093>(JQS)は、不動産及び金融業務における取引支援のノウハウを生かし、不動産及び金融業務において、関係者の業務を一貫して支援できるトータルなワンストップ専門サービスを目指している。金融機関、司法書士及び不動産・建設業者といった金融取引・不動産取引に関わる関係者に対して、事務の合理化・効率化や事務の信頼性を向上させるため、エスクローサービス事業(不動産取引に係る関係者に対してASP形態での各種システムの提供及び保守・管理サービスの提供、建物完成・引渡しサポートサービス、エスクロー口座の提供)、BPO事業(金融機関の事務の合理化・効率化を図るための金融機関内での各種事務処理の代行や業務受託を中心として物件調査や、金銭消費貸借契約書の締結事務の支援、その他人材の派遣等の各種サービス)を提供している。

 2015年2月期第1四半期売上高は3億1800万円、営業利益は6700万円、経常利益は5800万円、純利益は3200万円に着地。エスクローサービス事業では、消費税増税前の駆込み需要が見られたものの4月以降の反動により一般消費者における不動産投資マインドが減退し、同社サービス利用者における従量課金システムの利用頻度が予想を下回ったほか、更に昨年まで実施していたエスクロー保証サービスが昨年6月に終了したことから、減収となったが、BPO事業では、前事業年度から受託している金融機関の融資関連業務を継続受注したこと及び、受託範囲の拡大に成功したことから増収。また、金銭消費貸借契約等の契約締結事務(クロージング業務)の受託件数が大幅に増加したことも増収に貢献した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:37 | 株式評論家の視点
2014年10月07日

【株式評論家の視点】シグマ光機は6日発表の第1四半期が大幅増益、通期営業利益9割増益

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 研究開発用レーザ光学機器の最大手企業のシグマ光機<7713>(JQS)は、10月6日(月)32円高(+3.13%)の1055円と続伸し、7月9日につけた年初来高値1120円を視野に入れている。6日大引け後に発表した今5月期第1四半期業績は大幅増益着地しており、モミ合いを上放れする可能性が高まりそうだ。

 同社は、光学基本機器製品(約2,000種)、光学素子・薄膜製品(約10,000種)、自動応用製品(約200種)、レーザシステム製品、バイオ関連製品、光学システム製品の開発、生産、販売を行っている。中核技術である光学研磨・薄膜技術の高度化、高付加価値レンズユニットの開発・市場投入、ユニット製品化による容易なシステムアップ提案、適正な品質・価格・納期による顧客満足度の向上に注力。また、引き続き生産の効率化、購買機能の強化等による生産コストの削減や全般的な経費削減に取り組んでいる。

 2015年5月期第1四半期売上高は15億2000万円(前年同期比2.7%減)、営業利益は6300万円(同2.5倍)、経常利益は8000万円(同38.1%増)、純利益は4000万円(同88.0%増)に着地。主力の要素部品事業全体では売上は横ばいだが、本年4月に現地子会社を設立した欧州地域の研究開発分野及び産業分野向けの手動位置決め製品と光学素子製品については、売上が堅調に推移。システム製品事業では、大学・独立行政法人向け生物・医療研究用バイオ関連製品の売上は堅調に推移したが、国内産業分野における研究開発投資・新規設備投資に慎重な動きが見られ売上は低調だった。全体としては生産の効率化、生産コストの削減などが奏功し、大幅増益となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:33 | 株式評論家の視点
2014年10月03日

【株式評論家の視点】マルサンアイは14年9月期の減益は織込む、15年9月期回復で押し目買い

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 みそと豆乳が主力の大豆利用の食品加工会社、マルサンアイ<2551>(名2)は、10月2日(木)前日と変わらずの516円と小動きとなっている。2015年9月期を見据え押し目は注目したい。

 同社は、食料品の製造販売(各種みそ、豆乳、飲料水、健康食品など)を行っている。足元の業績は、2014年9月期売上高は221億2000万円(前の期比0.7%増)、営業利益は2億4700万円(同41.6%減)、経常利益は3億2700万円(同40.5%減)、純利益は1億7900万円(同45.5%減)を見込んでいる。年間配当は期末一括6円(同5円減)を予定している。また、株主優待制度を実施している。毎年3月20日現在及び9月20日現在の同社株主名簿に記載または記録された1000株以上5000株未満の株式を保有している株主を対象に市価3,500円相当の自社製品。同5000株以上株式を保有している株主を対象に市価4,500円相当の自社製品を贈呈している。

 同社は、6月にタイのサハグループの1社サハチョールとの間で、豆乳の製造技術指導契約及び同社商標の使用に関するライセンス契約を締結し、サハチョールがタイ国内において当社ブランドの豆乳を製造、販売している。世界有数の豆乳の消費国であるタイにおいて同社のブランドを使用した豆乳が製造、販売されることで、アジア地区をはじめとする世界各国において、同社ブランドが認知拡大され、事業展開の推進及び企業価値の向上につながると期待される。

 株価は、520円を軸にモミ合いが続いている。原材料コストの上昇、燃料等変動費の上昇、販売費及び一般管理費に含まれる販売促進費等の増加で14年9月期は減益見通しだが、即席みそが特定企業向けに好調なほか、豆乳の海外輸出はタイ向けが加わり増勢、アーモンド飲料も堅調に推移しており、15年9月期業績回復が見込まれる。9月決算期越えに伴う処分売りも軽微にとどまっており、待ち伏せ感覚で押し目買い妙味が膨らもう。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:39 | 株式評論家の視点
2014年10月01日

【株式評論家の視点】物語コーポレーションは今期29店舗の出店を計画、7・8月の月間売上好調

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 中部地盤で焼肉店を主力に外食事業を展開する、物語コーポレーション<3097>(東1)は、3400円割れの下値圏に接近しており、連続最高益更新の好業績銘柄として押し目買い妙味が膨らもう。

 同社は、外食事業(焼肉、ラーメン及びお好み焼レストランチェーン、専門店)の直営による経営とフランチャイズチェーン展開を行っている。今6月期は直営部門で焼肉部門14店舗、ラーメン部門1店舗、お好み焼部門2店舗、専門店部門12店舗、計29店舗の新規出店を計画。同フランチャイズ部門では「焼肉きんぐ」、「丸源ラーメン」及び「寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵」を中心に20店舗の新規出店を計画している。


 直近の売上高(同社直営店+FC店)は、7月の全店売上高が前年同月比19.0%増、既存店売上高が同2.6%増。8月の全店売上高が前年同月比24.7%増、既存店売上高が同6.8%増と好調。中でも焼肉部門はこの2ヶ月全店売上高、既存店売上高、客数とも前年同月を上回り好調。また、ラーメン部門、お好み焼き部門、専門店部門は全店売上高、既存店売上高、客数とも尻上りで総じて堅調に推移している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:42 | 株式評論家の視点
2014年09月29日

【株式評論家の視点】デリカフーズは外食・中食向けの青果物事業好調、営業利益47%増益、PER12倍台

株式評論家の視点 デリカフーズ<3392>(東2)は、好業績予想で割安感があり、ここからの押し目は買い妙味が膨らみそうだ。

 同社は外食・中食向けの青果物事業を行っている。取り扱い商品はカット野菜・ホール野菜、日配品(卵・豆腐等)。足元の業績は、今3月期第1四半期売上高が68億0300万円(前年同期期比8.8%増)、営業利益が1億5800万円(同23.6%減)、経常利益が1億7100万円(同17.3%減)、純利益が1億0100万円(同15.7%減)に着地。同社グループが長年取り組んでいる青果物の機能性研究を活かした付加価値の高いメニュー提案を積極的に推し進めたほか、顧客の「食の安全・安心」への関心が一層強くなったことに伴い、同社グループ内において継続的に整備・運用しております食品安全確保・品質保証の体制並びに危機管理などリスク管理の体制を高く評価を得たことで、大手外食チェーン等の新規顧客の獲得及び既存取引の深耕が計画以上に進展し売上は増加したが、6月の長雨の影響により野菜の品質が悪化したことによる作業効率の低下及びロスの増加、人手不足に伴う人件費の上昇及び電気料金の値上げ等によるコスト増加の影響し減益となった。

 通期業績予想は、売上高が270億円(前期比1.4%増)、営業利益が7億3900万円(同47.2%増)、経常利益が7億5000万円(同48.9%増)、純利益が4億5700万円(同65.6%増)と2期ぶり最高益更新を見込んでいる。年間配当は期末一括15円(同1円増)を予定している。2017年3月期で売上高350億円、経常利益10億5000万円目標の達成の中期経営計画を掲げ、国内エリアの拡大、海外事業展開、新規事業・新規マーケットへの参入に取り組んでおり、今後の展開に期待は持てる。

 株価は、長期保有優遇株主優待の実施を手がかりに、9月8日に年初来の高値980円と買われた後、同26日は権利落ちに伴う処分売りが膨らみ下押したが、一時900円割れの下値圏に届き下げ渋った感がある。優待権利発生時期は毎年9月30日現在の株主を対象としているが、保有継続期間3年以上の確認は、毎年3月31日および9月30日の同社株主名簿に同一株主番号で記載または記録された株主となっており、この日は下押す場面を拾う動きが見られた。顧客の「食の安全・安心」指向は一段と高まると見られることから、同社にとって商機が広がる。今期予想PER12倍台と割安感があり、中長期狙いでここからの押し目は注目されそうだ。(株式評論家・信濃川)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:09 | 株式評論家の視点