[株式評論家の視点]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/20)【株式評論家の視点】JVCケンウッドは信用買残急減、中期計画見直し相場へスタート
記事一覧 (12/20)【株式評論家の視点】アドバンスクリエイトは自社株買い契機に成長評価の相場へ
記事一覧 (12/20)【株式評論家の視点】パナソニック下放れマド埋め完了、好需給支援し戻りを試す足取り
記事一覧 (12/20)【株式評論家の視点】セイコーエプソンは取組好転顕著、ぶれない足取りの強さを見直す
記事一覧 (12/19)【株式評論家の視点】ニチアスに出番到来感強まる、後半から収益回復ペースに
記事一覧 (12/19)【株式評論家の視点】アールシーコアは利食い売り一巡し新展開へ、藤沢への出店に期待
記事一覧 (12/19)【株式評論家の視点】関東電化工業は歴史的安値からの回復相場、後半は黒字浮上へ
記事一覧 (12/19)【株式評論家の視点】東京電力は典型的な需給相場、売り残急増が鮮明で逆日歩も
記事一覧 (12/19)【株式評論家の視点】シャープは売残増加止まらず、踏み上げ相場の火勢はさらに強力に
記事一覧 (12/18)【株式評論家の視点】住友不動産は環境好転を再評価、需給も上げ本格化の方向性を示す
記事一覧 (12/18)【株式評論家の視点】古河機械金属に潮流変化、遅れてきた復興関連株として訂正高狙う
記事一覧 (12/18)【株式評論家の視点】リンテック、来期は増益転換の公算、弱材料を吸収して評価高まる
記事一覧 (12/18)【株式評論家の視点】昭和真空は商い増加が顕著、1本釣り相場へ発展の態勢固めが進む
記事一覧 (12/18)【株式評論家の視点】大林組は大もみ離れへ躍進、買い残が急減し戻り売りの圧迫は皆無
記事一覧 (12/17)【株式評論家の視点】デジタルハーツは波動転換が強まる、後半の収益アップを見直す
記事一覧 (12/17)【株式評論家の視点】ダイキン工業は中国の影響は軽微、業績減額を織込み上げ足は軽快
記事一覧 (12/17)【株式評論家の視点】ジャックスはアイフル急伸受け見直し人気、収益は増益基調に転換
記事一覧 (12/17)【株式評論家の視点】シンニタッタン中国の景気回復を好感、大幅増額が株価上昇を推進
記事一覧 (12/17)【株式評論家の視点】横河電機は業績も需給も好転、訂正高を突き抜ける相場に発展も
記事一覧 (12/15)【株式評論家の視点】株式評論家・忠田公夫氏に聞く
2012年12月20日

【株式評論家の視点】JVCケンウッドは信用買残急減、中期計画見直し相場へスタート

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 JVCケンウッド<6632>(東1)に出番が回りそう。東京特殊電線<5807>(東1)から医療用画像表示などの情報機器事業を取得、今後の業績向上への戦力化が期待され、見直し人気を誘う要因になっている。

 より中期的にはここへきて明らかになった新中期経営計画が株価の持続的な上昇につながる可能性が強い。カーエレクトロニクス事業ではスマートフォンなどを媒介として自動車と外部情報の接続が強化されるため、商品開発を強化する。また、ヘッドアップディスプレイなど運転支援機器の開発に注力、新興国事業も拡大を加速し、2016年3月期に営業利益200億円(前3月期128億円)を目指している。

 信用買い残は直近12月14日申し込み現在で393万株と7月当時のピーク1151万株から急減している。中期経営計画の見直し相場入りを阻害する要素がなくなってきただけに、長い休養明け相場が繰り広げられる可能性が強い。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:15 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】アドバンスクリエイトは自社株買い契機に成長評価の相場へ

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 アドバンスクリエイト<8798>(JQS)が急ピッチの出直り波動を描いている。きっかけとなったのは自社株買いの発表。11月14日から2013年5月13日の期間に、発行済み株式数の上限1.23%を買い付けるというもの。自社株買いの場合、発表後の人気化一巡を経て株価は調整に入るケースが多いのだが、同社は利食い売りをこなしてさらに上値を試す足取りで、単なる自社株買いにとどまらない、本格出直りを予感させる展開だ。

 前2012年9月期は営業利益10億8700万円と前期比12.1%の減益となったが、今2013年9月期は営業利益13億8000万円と前期比26.9%増が予想されている。医療を含む社会保障制度の将来的不安が高まるとともに、消費者の生活防衛意識を受け保険見直しの動きが強まっている。そうした中で保険流通改革を推し進める同社への成長性が、株価を見る上での最重要ポイントである。

 上がってなお4.6%を確保する利回りはさらなる見直し人気を引きつける要因である。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:14 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】パナソニック下放れマド埋め完了、好需給支援し戻りを試す足取り

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 パナソニック<6752>(東1)の出直りに力強さが加わってきた。今2013年3月期の純利益が従来予想の500億円の黒字から7650億円の赤字に下方修正されるなど、想定外の事態を嫌気し11月初めに下離れを余儀なくされたが、ここへきて500円大台を回復。当時の下離れのマド埋めを完了し、失地回復相場が本物になってきた事を示した。

 また、12月14日申込み現在の取り組みは売り残がその前の週から303万株も増え、1192万株を記録。一方信用買い残は同486万株も急減し2515万株と、取り組みが激変、日証金では散発的に逆日歩が発生するなど、相場上昇への態勢が強化されている。

 会社側は規模を追わずに採算改善に主眼を置く方向性を打ち出し、事業構造計画の進展とあいまって、業績も回復への道筋が見えてきた。ここへきてレーティングの最上位継続、あるいはレーティングの引き上げなどが相次ぎ、ここアナリストの評価も大きく前進してきた。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】セイコーエプソンは取組好転顕著、ぶれない足取りの強さを見直す

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 セイコーエプソン<6724>(東1)の出直り態勢が整った。プリンタをはじめとする主力の情報関連機器事業の苦戦で、今2013年3月期の業績は下方修正され、期末の配当は未定と、前向きな評価は難しい状況。  

 だからこそ信用売り残が増勢をたどり、12月14日申し込み現在の売り残は395万株と、その前の週に比べ80万株も増加した。一方、株価の戻りを見て買い方が返済を進めたため、信用買い残は397万株とその前の週から204万株もの急減となった。需給面では売り方有利から買い方有利へ局面が転換して気配。悪材料をこなしての戻りとあって、株価の足取りにはぶれない強さが感じられる。

 今2013年3月期から中期経営計画をスタートする。その骨子は、プリンタ、プロジェクターの拡販、構造改革推進によるデバイス精密機器事業の収益力回復、新規事業の育成など。そうした点を踏まえアナリスト筋は来期の収益は急回復に向かうとの見方を強めている。今年の高値は3月19日の1241円と、ここからの天井は高い。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:01 | 株式評論家の視点
2012年12月19日

【株式評論家の視点】ニチアスに出番到来感強まる、後半から収益回復ペースに

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 ニチアス<5393>(東1)が人気相場入りの様相を強めてきた。原子力発電所向け保温・保冷工事を手掛けているため、自民党勝利により原発ゼロの方向が転換する可能性が生まれ、見直し人気を誘う材料となっている。値ごろ、同社の仕手的な株価イメージは、今の相場環境ではおあつらえ向きである。18日は437円まで買い進まれ、7月17日の戻り高値452円にあと少しに接近してきた。

 今2013年3月期の9月中間決算は営業利益が当初見込みの50億円を上回る53億5100万円(前年同期53億5800万円)で着地した。通期の見通しについても従来の110億円を115億円(前期111億4000万円)へ引き上げた。

 第3四半期以降も工業製品部門および自動車部品部門は引き続き堅調な推移が予想され、保温保冷工事部門では、一般火力発電所のメンテナンススケジュールが確定したことや積極的な受注活動を行った結果、売上高の増加が見込まれている。後半の営業利益は61億4900万円と前年同期比6%増が見込まれており、これをベースに来期の一段の業績向上に期待がかかるところだ。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:17 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】アールシーコアは利食い売り一巡し新展開へ、藤沢への出店に期待

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 アールシーコア<7837>(JQS)は11月26日の年初来高値789円から調整局面を迎えていたが、目先筋の利食い売りが一巡し再び新展開入りを目指す波動に転換の可能性が強くなってきた。

 今2013年3月期の営業利益が6億7000万円と、前期比1.1%増にとどまる点が上値買い進みへのブレーキ要因となっていた。2009年3月期に500万円に過ぎなかった営業利益が前3月期には6億6200万円に躍進、成長評価の動きが続いていたが、今期の微増益でやや評価を落とした。

 しかし、今期も売上げは前期比13.6%増が見込まれており、BESSブランドのログハウスは順調に伸びている。従って、今期の減益は社内基幹システムの更新による減価償却費増、保証制度充実のための販売費増や、人件費を中心とした事業拡大のための先行費用など、一時的なものである。

 人件費増は東京・代官山の総合展示場に続く2つ目の直販拠点として、神奈川県藤沢市に「BESS藤沢展示場」を2013年1月にオープンすることによるもの。拠点のなかった神奈川地区に出店することで、潜在顧客の掘り起こしが期待でき、人件費増も来期は売上げ増に振り替わることになる。来期業績に視点が移るにつれ、株価も新展開に躍進が想定される。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:15 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】関東電化工業は歴史的安値からの回復相場、後半は黒字浮上へ

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 関東電化工業<4047>(東1)が出直り機運を強めてきた。それも1990年以降では見当たらない、12月10日の112円という歴史的な安値からの出直り相場である。

 半導体や液晶の製造過程で使われる特殊ガスの価格競争が激化して、採算が悪化し今2013年3月期の営業損失は8億円と、前年同期の1億900万円の損失に比べ、業容は悪化している。さらに、今期は無配転落と、考えられる限りの悪材料を吸収して示現したのが12月10日の112円安値である。

 このような状況下、同社は収益構造改革委員会を立ち上げ、その一環として12月3日には、本体社員の約1割に当たる約65人の希望退職募集を発表、コスト削減に本格的に踏み出してきた。今期後半の営業利益は1億4900万円と前年同期の6億2200万円の赤字から黒字に浮上する見通しだ。そうした勢いを踏まえ、アナリスト筋は来期は4期ぶりの黒字計上を想定している。とことん売り込まれた後は、好材料を織り込むだけである。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:10 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】東京電力は典型的な需給相場、売り残急増が鮮明で逆日歩も

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 東京電力<9501>(東1)が大商いのうちに急騰している。自民党政権誕生で原発ゼロの方向性について、回避の可能性が出てきたことが一応の手掛かり材料である。ただ、電気料金の引き上げ幅が申請時よりも圧縮されたほか、柏崎刈羽原発の再稼働も見通し難と、収益力の回復が図れるか不安は拭えず、環境的には五里霧中の状態にあることは変わりない。

 従って今の相場は需給が支配する相場である。直近12月14日申込み現在の信用売り残はその前の週に比べさらに増加し、2467万株に達した。一方、信用買い残は4291万株とその前の週に比べ横ばいに留まっている。3市場ベースでは買い長なのだが、日証金の推移は今週に入り新規売りが急増している。14日売買分で983万株の水準に過ぎなかった売り残は今週に入りまさに急増、18日売買分では2297万株にまで膨れ上がってきた。つれて、1473万株の大幅株不足となり、場合によっては逆日歩の発生も考えられる状況だ。相場の勢いが株価の帰趨を決めることになりそう。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】シャープは売残増加止まらず、踏み上げ相場の火勢はさらに強力に

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 シャープ<6753>(東1)が18日に327円、26円高と急騰した。引けでは前日比8%高だが、ザラ場では372円、同23%高まで買い進まれる場面があり、まさに爆騰状態だ。

 株価は米クアルコムによる出資発表をきっかけに戻り足加速の局面に踏み込んできている。クアルコムからの出資や銀行の追加融資報道を受け、倒産リスクが緩和されたとの見方が強まってきたことが背景。押されまくっていた現在交渉中の台湾・鴻海グループとの資本・業務提携もシャープにとって条件改善の方向に動く可能性が強まっている。

 現在の株高の根源は需給につきる。どんどん積み上がる信用売り残は、12月14日申し込み現在でついに1億339万株という記録的な水準に達した。一方、信用買い残は7323万株にとどまり、取組は大幅売り長状態。日証金では12月4日以降、連日逆日歩が発生している。18日の急伸場面でも売り残の増勢が止まらず、日証金では新規売りが1290万株にも達した。燃え上がっている踏み上げ人気に、さらに新しい薪がくべられている状況だ。需給が最大の拠り所のシャープの急騰相場突入は、他の売り込み株の動向にも多大なる影響を与えることになりそう。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:03 | 株式評論家の視点
2012年12月18日

【株式評論家の視点】住友不動産は環境好転を再評価、需給も上げ本格化の方向性を示す

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 住友不動産<8830>(東1)がここへきて、ぐいとさらに上げ足加速の局面に踏み込んできた。16日の総選挙で自民党が圧勝、安倍総裁が日銀法改正も視野にいれた金融緩和を推し進める方向を明らかにしており、環境好転への期待感がさらに強まってきている。ここへきてレーティング最上位継続、目標値増額の見解が相次いで発表され、市場の先高感がさらに刺激されている。

 マンション販売の増加で今2013年3月期は営業利益1500億円(前期1474億円)と小幅増益が見込まれている。オフィス賃料の上昇が予想される来期は事業環境の改善が顕著になり、中期的にも増収益基調が続く方向にある。同社の場合、不動産賃貸の物件の約9割が東京都区部に集中しており、賃料上昇によるメリットが大きい。

 12月7日申し込み現在の取組は売り193万株、買い99万株と大幅な売り長。日証金でも連日逆日歩が発生しており、需給も上げを誘導する要因になりそう。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:52 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】古河機械金属に潮流変化、遅れてきた復興関連株として訂正高狙う

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 古河機械金属<5715>(東1)が低位株の出遅れとして脚光を浴びてきた。ユニック(車両搭載型クレーン)が東日本大震災の復興需要で業績を牽引しており、復興需要関連として人気の輪の中に入りつつある。出来高も前週から、にわかにボリュームアップに転じてきており、潮流変化の兆しが強まってきている。

 今2013年3月期の9月中間決算は営業利益13億4700万円と、前年同期の2億9800万円から様変わりの改善となった。従来見通しの10億円を大きく上回る上振れ着地だった。しかし、通期の営業利益30億円、前期比39%増の見通しは据え置かれ、これが株価面でのネックになっていた。

 会社側の見通しを前提にすると、後半の営業利益は16億5300万円と前年同期比10%の減益となる。自民党政権誕生で積極的な公共投資の方向が打ち出され、環境はフォローで、会社側の見通しはかなり慎重と言える。PBRは0.7倍と割安が顕著。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:50 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】リンテック、来期は増益転換の公算、弱材料を吸収して評価高まる

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 リンテック<7966>(東1)の戻り足が力強さを増してきた。17日に高値1504円まで買い進まれ8月22日の戻り高値1586円をクリアー、これからチャート妙味を手掛かりに買い人気が高まっていく方向が予想される。

 太陽電池用バックシートや薄型テレビ向け液晶関連粘着製品の需要の低迷で、今2013年3月期の営業利益は57億1400万円と前年同期比35.9%の減益となった。つれて通期の営業利益の見通しも150億円から120億円、前期比14.1%減へ下方修正した。こうした悪材料をことごとく織り込んで今の出直り相場に踏み込んできた。

 しかし、電子・光学関連と洋紙・加工材関連の牽引で後半の営業利益は62億8600万円と前年同期比24.1%の増益が見込まれている。アナリスト筋では来期の増益転換を読む向きが多く、株価の見直しに拍車をかける要因になりそう。悪材料に反応したカラ売りが堆積し、直近12月7日申し込み現在の取組は売り残18万株、買い9万株の売り長状態にある。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:42 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】昭和真空は商い増加が顕著、1本釣り相場へ発展の態勢固めが進む

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 昭和真空<6384>(JQS)に一本釣り人気が回り始めた。値動き的には少しずつの訂正高に留まっているが、ここへきて商いが大きく膨らみつつあり、今後は値動きが活性化の方向が予想される。

 足元の業績は低調。今2013年3月期の9月中間業績は2回にわたり下方修正され、通期の営業利益も従来の1億7300万円から9200万円(前期3億5500万円の損失)へ修正された。比較的採算の良い水晶デバイス装置が伸び悩み、競争が激しく採算性が見劣りする光学装置が伸びたことが響いた。

 こうした中、スマートフォンの好調などにより、水晶デバイス業界の需要が回復感を強めつつあり、水晶デバイスメーカーの設備投資は緩やかに回復に向かう公算が大きくなってきた。そのため、今期は最終的に上振れ着地の可能性が強く、来期については大きな変化率を伴った好転が予想される。株価は足元の低調さを徹底的に織り込んだ後なので、出直り足に弾みを加えていく場面が見られそう。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:35 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】大林組は大もみ離れへ躍進、買い残が急減し戻り売りの圧迫は皆無

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 大林組<1802><東1>が本格出直り相場へ向け、ぐっと踏み出して来た。中央自動車道の笹子トンネルの崩落事故、安倍自民党総裁の復興支援強化の発言などから建設株に追い風が吹いている。これまでは不動テトラ<1813>(東1)に代表される、低位の仕手っぽい銘柄が先行して上げきた。これは全般の地合いが流動的な中では、下値リスクの視点からそうした銘柄に人気が強まるのは通常のパターン。

 しかし、低位建設株のかさ上げを受け、相対的な比較から次はゼネコン株の出番との見方が急速に強くなってきた。ゼネコン株が個人投資家に敬遠されるのは、足取りが重いこと。ただ、同社の場合は直近12月7日申し込み現在では売り残205万株、買い残160万株の売り長状態と、需給が素晴らしくいい。特に信用買い残は5月11日申し込み現在の1199万株が160万株まで減少、売り尽くされた状態にあり、戻り売りの圧迫は皆無だ。

 ゼネコン業界を取り巻く好環境を踏まえ、アナリスト筋は今2013年3月期業績の増額修正との見方で一致している。12月17日には448円まで買い進まれ、2010年10月4日の442円をクリアー。チャ−トはまさに大もみ放れを確認したばかり。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:23 | 株式評論家の視点
2012年12月17日

【株式評論家の視点】デジタルハーツは波動転換が強まる、後半の収益アップを見直す

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 デジタルハーツ<3620>(東1)は出直り波動に転換の兆しが強まってきた。5月2日の年初来高値900円から整理に入っていたことで調整一巡感が台頭、見直し人気の盛り上がりを映す様にここ出来高もアップ傾向を強めている。

 同社はソフトウェア開発会社に対して、ソフトウェアの動作テストを通じて不具合(バグ)を検出・報告する「デバッグサービス」を提供している。新型ゲーム機の普及やソーシャルゲーム市場の拡大を背景に、デバッグの受託案件が増加している。

 今2013年3月期の9月中間決算でも売上げは29億7800万円と前年同期比13.8%増加した。ただ、海外展開に向け積極的な投資を行ったため、営業利益は3億5200万円、同24.2%の減益となった。

 そうした条件下で通期の営業利益について従来の10億3300万円から10億8800万円、前年同期比30.5%増へ増額修正した。株価は波動的には足元の悪いところを吸収し、後半の業績急回復を評価する展開に切り替わったと思われる。十分な整理を経験しているだけに、戻りも軽快さを増していく方向が予想される。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:13 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】ダイキン工業は中国の影響は軽微、業績減額を織込み上げ足は軽快

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 ダイキン工業<6367>(東1)上昇力を強めて来た。株価面で足かせになっていた中国の景気がここ回復傾向を強め、見直し買いのエネルギーが急速に膨らんできた。10月11日の安値1861円から12月14日の2745円まで、かなり駆け上がった感もあるが中勢波動ではまだ底値圏を抜け切っていない。

 業績の下方修正が予想外の大幅な下げにつながった。今2013年3月期の9月中間決算は営業利益が従来予想の550億円を44億円下回る505億円と、前年同期比5%増の着地となった。それを踏まえ、通期についは従来予想の1000億円を130億円下回る870億円と前期比7%増の水準へ引き下げた。中間決算の実績を大きく上回る減額とした。

 空調事業では欧州の需要低迷や中国についても事業環境に不透明感が増していること、および化学事業での半導体関連など需要の急激な減少を織り込んだことが要因。しかし、中国需要の落ち込みは軽微にとどまり、米国空調会社の買収も寄与してくる。環境のシビアな部分を先行して織り込んだ分、株価上昇が軽快なものになりそう。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】ジャックスはアイフル急伸受け見直し人気、収益は増益基調に転換

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 ジャックス<8584>(東1)に出遅れ狙いの買いが回りつつある。新値圏を疾走するアイフル<8515>(東1)などと比べ、動きが鈍い同社に物色の矛先が回りつつあり、訂正高の動きが次第に強まりそうだ。

 同業他社に比べ人気が低かったのには、はっきりした理由がある。カードキャッシングの収益の落ち込みで、今2013年3月期の営業利益が86億円と前年同期比21%の減益見込みにあることが要因。ただ、営業利益の当初見込みは66億円。実質的にはかなりの増額ということになる。

 会社側の見通しを前提にすると、営業利益は前半の52億9400万円から、後半は33億600万円へ急激にダウンすることになる。カードキャッシングこそ低調だが、リボショッピング残高の増加でカードショッピング収益が伸び、太陽光発電システムを中心に一般月販も増収に転じてきている。アナリスト筋の見方も今期増額の方向で一致している。来期以降は収益上昇トレンドがより鮮明化する可能性が強い。PBRも0.5倍と、割安が顕著だ。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:39 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】シンニタッタン中国の景気回復を好感、大幅増額が株価上昇を推進

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 シンニッタン<6319>(東1)に人気化の兆しが強まってきた。10月10日の年初来安値301円から着実に水準を切り上げてきたが、14日に360円までストライドを伸ばし、11月5日の346円の戻り高値を一気にクリアーしてきた。もみ合い上放れ相場に踏み込んできた印象だ。

 建設機械の鍛造品を手掛けていることで、中国関連としてのイメージが株価面に悪い影響を与えていたが、ここ中国の景気回復の方向が鮮明になり、同社株見直しを前進させる材料となっている。

 今2013年3月期の営業利益を中間決算発表時に15億円から12億5000万円と、前年同期比31%減益へ下方修正した。その要因として中国、インドなどの新興国の景気減速が指摘されており、そうした前提が解消されつつある。仮設機材の販売・リースを行う建機事業が復興関連需要などを背景として、売上げが大きく伸びている。アナリスト筋は現状の見通しに対し大幅な増額を想定、前3月期の営業利益18億2300万円を上回り20億円に達するとの見方が強い。値ごろ、株価イメージともに今の地合いでは打って付けの銘柄と言える。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:37 | 株式評論家の視点

【株式評論家の視点】横河電機は業績も需給も好転、訂正高を突き抜ける相場に発展も

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 横河電機<6841>(東1)が戻りに弾みを加え始めた。物色の中心が中低株へ流れる中、今一つ鈍い足取りだったが、円安への為替相場の動きを反映して見直し機運が強まりつつある。

 新興国を中心にエネルギープラントの制御システムの需要が伸び、北米でも化学メーカーやエネルギー企業向けの受注が好調に推移している。そのため、今2013年3月期の営業利益は、第1四半期決算発表時に190億円から200億円(前期166億円)に増額された。中間決算の営業利益は75億円から87億6600万円(前年同期比28%増)へ上振れての着地となったが、その際、通期の見通しは据え置かれ、後半については減額修正という形になってしまった。ただ、アナリスト筋の見方は今期増額の方向で一致している。

 ここへきての戻りで買い方の利食い売りが進展し、信用買い残が減少。一方、売り残は株価の戻りにつれ徐々に積み上がっている。そうした状況を受け、日証金では株不足状態に転じてきた。需給も株価をフォローアップする状況にある。2016年3月期には営業利益400億円(前3月期166億円)を目指す中期計画を推進中で、株価も単なる訂正高を突き抜ける動きに発展しそう。(株式評論家・隆盛)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:03 | 株式評論家の視点
2012年12月15日

【株式評論家の視点】株式評論家・忠田公夫氏に聞く

【株式評論家・忠田公夫氏に聞く】

■マーケットの潮目は変わった、来年6月にも日経平均1万1000円、1ドル・90円に

株式評論家の視点 私は、昭和44年(1969年)から証券界に入り長く相場と向き合ってきました。今はアナリスト業務から離れ証券界の外からマーケットを見ていますが、潮目は明らかに変わったと思います。完全に上昇基調に転じたとみています。

 来年・2013年6〜7月には、為替は1ドル=90円ていど、日経平均で1万1000円ていどがあると思います。その一番の理由が、「脱デフレ政策」であることは言うまでもないでしょう。新政権のもとで今度こそ本物ということです。

 ただ、だからといって、先行き万々歳というわけにはいきません。日本は労働人口が減少に向っていることがありますし、日本を取り巻く環境、とくに中国の国力増大によるアジア情勢が以前より大きく変わっています。また、マーケットの内部要因的にも度重なる不祥事で個人投資家の株式投資離れが起きています。これらは、明らかに、かつての日本とは根本的に大きく異なる点です。

 このため、予想される新政権のもとで、まず、日米関係をより強固なものとしなくてはいけません。産業面では、日本のいろいろの産業や技術などが集約されているともいえる自動車産業中心として活力をつけ貿易収支等の改善が必要です。株式投資面については、保有期間に応じて配当金を見直すなどの中長期観点での投資育成に力をいれるべきです。

 企業業績については2013年3月期は大きくは期待できなくても2014年3月期は20%程度の増益は期待できるでしょう。日経平均ベースの1株利益は足元で692円程度へ今年のピークから100円ていど下がっていますが、この先、650円を大きく割り込むことにはならないと思います。とくに、円安効果が大きいとみています。次期企業業績の20%増益を評価して来年は強い相場っが期待できそうです(談=株式評論家・忠田公夫)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:51 | 株式評論家の視点