[編集長の視点]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/02)【編集長の視点】データセクションは急反落も類似IPO接近に材料株人気が加わって下げ渋る
記事一覧 (02/02)【編集長の視点】「錯覚よくない、よく見るよろし」の升田流で電炉株の先行きをマーケットと読み比べに一考余地=浅妻昭治
記事一覧 (01/30)【編集長の視点】フォスターは一気に高値更新、業績再上方修正で市場コンセンサスを上回り再増配もオン
記事一覧 (01/29)【編集長の視点】シードは連日の2部上場後高値、新工場稼働開始を先取りし中期計画を買い直す
記事一覧 (01/28)【編集長の視点】アライドアーキは上場来安値水準で下げ渋り決算発表を先取りして業績期待を高める
記事一覧 (01/27)【編集長の視点】GMO−APは配当落ち後安値水準から3連騰、業績下方修正を織り込み決算発表に期待し下げ過ぎ訂正
記事一覧 (01/26)【編集長の視点】2月相場のビッグ・イベントの「春節」を先取りしインバウンド消費関連株が再脚光=浅妻昭治
記事一覧 (01/26)【編集長の視点】竹本容器は最高値水準でもみ合い、初決算発表を先取りして下値に割安直近IPO株買い
記事一覧 (01/23)【編集長の視点】アドヴァンは3Q決算発表一番乗りでは後塵も株価パフォーマンスでは巻き返して反発
記事一覧 (01/22)【編集長の視点】きちりは4連騰、長野県との連携協定締結で急騰再現思惑が増幅
記事一覧 (01/21)【編集長の視点】東京製鐵は高値から急反落、業績再々上方修正に増配が上乗せも材料出尽くし売り
記事一覧 (01/20)【編集長の視点】シグマ光機は業績下方修正も通期業績の連続増益を再評価して続伸
記事一覧 (01/19)【編集長の視点】セレスは株式分割権利落ち後安値から急反発、今期業績開示を先取りして下げ過ぎ訂正
記事一覧 (01/19)【編集長の視点】「戎天井」気配の波乱含み相場下では新幹線開業を先取りして北陸ローカル株に全国区人気の高まりを期待=浅妻昭治
記事一覧 (01/16)【編集長の視点】積水ハウスは反落も期末の好配当利回り買い再燃を期待して逆張りも一考余地
記事一覧 (01/15)【編集長の視点】東洋電機は2Q業績が上ぶれ着地も通期営業利益の下方修正を嫌って急反落
記事一覧 (01/14)【編集長の視点】東宝は過去最高の3Q業績に自己株式取得・増配がオンして急続伸
記事一覧 (01/13)【編集長の視点】SHIFTはストップ高買い気配、業績上方修正と株式分割の同時発表で直近IPO株人気が増勢
記事一覧 (01/13)アベノミクスの「地方創生」の対極に位置する東京都関連株は「未辛抱相場」のサブテーマ株に浮上も=浅妻昭治
記事一覧 (01/09)【編集長の視点】神戸物産は続落も株式分割の権利取りをテコに急騰再現思惑が底流
2015年02月02日

【編集長の視点】データセクションは急反落も類似IPO接近に材料株人気が加わって下げ渋る

編集長の視点 データセクション<3905>(東マ)は、48円安の988円と急反落して始まったが、安値後は1015円と引き戻し下げ渋る動きをみせている。きょう2日の日経平均株価が、前週末30日の米国株価の大幅安の影響で前週末比183円安と反落してスタートしていることから同社株にも目先の利益を確保する売り物が先行した。ただ下値では、昨年12月26日以来、休止していたIPO(新規株式公開)市場が、2月12日に新規上場のKeePer技研<6036>(東マ)から再開され、2月19日には同社と同業態のビッグデータの総合管理・分析事業を展開するALBERT<3906>(東マ)がIPOされることを先取りした直近IPO買いや、同社が、今年1月27日に発表した口コミ検知ツール「Insight Checker for Foods&Restaurants」を見直した材料株買いが入っており、逆行高思惑が続いている。

■SNS上の異物混入などのつぶやきをリアルタイムに分析しアラームを発信

 「Insight Checker for Foods&Restaurants」は、昨年12月以来、食品業界で異物混入や自主回収が頻発、従来の保健所などへの通報よりもソーシャルメディア(SNS)上のつぶやきとして拡散することが先行してツイッターが炎上するケースが増え大きな社会問題化しており、このSNS上のつぶやきから早急に対応が必要な言葉を抽出し、同社独自のアルゴリズムにより一定量の閾値を超えた段階でターゲット企業の食品メーカーや外食チェーンの担当者にアラームを発信、月額8万円で提供する。株価は、この新サービス提供とともにストップ高を演じた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:36 | 編集長の視点

【編集長の視点】「錯覚よくない、よく見るよろし」の升田流で電炉株の先行きをマーケットと読み比べに一考余地=浅妻昭治

<マーケットセンサー>

編集長の視点 思わず「錯覚よくない、よく見るよろし」とつぶやいてしまった。このつぶやきは、将棋ファンには「ヒゲの名人」としてお馴染みの升田幸三八段(当時)が、第7期名人戦挑戦者決定戦三番勝負の第3局で、勝勢の将棋を最終盤で手拍子の大悪手を指して頓死し、弟弟子の大山康晴七段(同)に敗れたときに漏らしたものだ。今回、筆者が、懼れ多くも升田幸三実力制第4代名人に倣って同様のつぶやきを漏らしたのは、今年1月28日前場寄り付き直後のことである。

 このとき日経平均株価は、前日27日の米国のニューヨーク(NY)・ダウ平均株価が、291ドル安と急反落したにもかかわらず、一時、82円高まで逆行高していた。この逆行高に関して、マーケット・コメンテイターからは、日本株の米国株離れとの強気発言が相次いでいたのである。確かに今年に入ってのNYダウは、原油先物価格安とドル高進行による企業業績の先行き不透明化などから、急騰の大陽足(白)と急落の大陰線(黒)が交互に繰り返される白黒の鯨幕相場の展開となっていた。これに対して、通常は米国市場の写真相場を余儀なくされるはずの東京市場は、この原油価格安は、むしろ日本経済にとって総体的にプラスに働き、ドル高は逆に円安として日本企業の業績を押し上げ、さらに日銀のETF(上場型投資信託)買いや年金基金買いなどもあって米国株安には相当に打たれ強くはなってはいた。

 しかし、景気動向ではワールドワイドに一人勝ちを鮮明化している米国を差し置いて、日本株の米国株離れを声高にコメントする強気発言が聞こえてくると、どうしたってつい「錯覚よくない、よく見るよろし」とつぶやいてしまうのである。前週末1月30日のNYダウも、またまた251ドル安と急反落して帰ってきており、週明けの月初めの日経平均株価が、どう反応するか、またつぶやくことになるのかならないのか心配にはなる。かつてバブル経済の最盛期には、日本株の米国株離れが極まって、日本の大手不動産会社が、米国経済のシンボルのエンパイヤーステイトビルを高値で買収し、結局は、高い授業料を払って損切りさせられたような悲劇が、また繰り返されないことを祈るばかりである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 編集長の視点
2015年01月30日

【編集長の視点】フォスターは一気に高値更新、業績再上方修正で市場コンセンサスを上回り再増配もオン

編集長の視点 フォスター電機<6794>(東1)は、寄り付きから買い気配値を切り上げて320円高の2327円とまで買い上げられ5営業日続伸、昨年12月4日につけた昨年来高値2256円を一気に更新している。一時、東証第1部値上がりランキングのトップに躍り出た。前日29日大引け後に今3月期第3四半期(3Q)決算とともに、3月通期業績の昨年10月に続く再上方修正と再増配を発表、通期利益が市場コンセンサスを上回ることから割安修正買いが増勢となっている。引き続き1月28日に発表した米アップル社の2014年10〜12月期業績が、四半期として過去最高となったこともフォローの材料となっている。

■携帯電話向けヘッドセットが好調に推移し円安進行も寄与

 同社の3月通期業績は、昨年10月の上方修正値より売り上げを130億円、経常利益を28億円、純利益を12億円それぞれ引き上げ、経常利益は、98億円(前期比54.9%増)と続伸し、純利益は、48億円(同2.06倍)とV字回復を鮮明化、利益は、市場コンセンサスを11億円〜9億円オーバーする。想定為替レートは、10月の1ユーロ=140円は据え置いたものの、1ドル=105円から117円へと見直し、この円安寄与に加えて、引き続きスマートフォンや車載向けが好調に推移、音響部品ではモバイルオーディオ向けスピーカ、自動車用部品では車載用スピーカ・システム、情報・通信機器用部品では携帯電話用ヘッドセットなどの生産、出荷がそれぞれも好調に推移したことが要因となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22 | 編集長の視点
2015年01月29日

【編集長の視点】シードは連日の2部上場後高値、新工場稼働開始を先取りし中期計画を買い直す

編集長の視点 シード<7743>(東2)は、17円高の1622円と5営業日続伸して始まり連日、昨年3月12日の東証第2部上場以来の高値を更新している。今年4月に鴻巣研究所の新棟(2号棟)が、稼働を開始することを先取りして現在推進中の業界シェアをアップさせる積極的な中期経営計画を買い直す動きが続いている。昨年8月の今3月期業績の下方修正も、今年2月10日に予定している今3月期第3四半期(3Q)決算の発表で織り込み済みとなるとの期待も強めている。

■約46億円を投資した月産500万枚能力の2号棟稼働で市場シェアもアップ

 鴻巣研究所第2号棟は、約46億円を投資して昨年8月に竣工し、第1次としてコンタクトレンズの月間生産規模500万枚の設備を導入して今年4月に稼働を開始する予定で、総生産規模は、月産2500万枚規模に拡大する。同社は、中期経営計画で2013年の市場シェアを、10.1%の1日使い捨てタイプを2015年に14〜15%に向上させるとともに、コンタクトレンズ全市場でも同じく7.3%から10%に高めることを推進しており、新棟はこの中核生産拠点となる。また同社は、同計画でグローバル展開の強化も進めており、コンタクトレンズ市場が約300億円となっている台湾での営業活動を昨年12月から開始している。中期経営計画では、最終年度の2016年3月期の売り上げを235億円、営業利益を20億円、純利益を9億円とする目標を設定しており、製販両面での積極策からこの実現が現実となれば、業績のV字回復も期待されることになる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 編集長の視点
2015年01月28日

【編集長の視点】アライドアーキは上場来安値水準で下げ渋り決算発表を先取りして業績期待を高める

編集長の視点 アライドアーキテクツ<6081>(東マ)は、3円安の889円と反落して始まったが、今年1月16日につけた上場来安値888円を前に下げ渋る動きも強めている。同社株は目下、前2014年12月期決算を集計中で2月13日に発表を予定しており、前期業績は、昨年11月14日に下方修正したものの、今2015年12月期業績が増益転換が予想されるとして業績期待を高めており、下値に底値打診買いも根強く入っている。昨年12月に新規サービスの連携強化などを材料にストップ高を演じた急騰習性の再現思惑も続いている。

■新規サービス強化の成長戦略推進で今期業績は増益転換観測

 同社の前期業績は、昨年11月に米Facebook(FB)社が、プラットフォームサービスに関して、ユーザーに何らかのインセンティブ(報酬)を提供することを禁止する政策変更を実施したことから、同社のキャンペーン支援プラットフォーム「モニプラfor Facebook(モニプラFB)」が影響を受け、売り上げ成長率が期初予想に届かないとして下方修正された。売り上げは、21億400万円(前々期比23.6%増)と連続の2ケタ増収を維持したものの、経常利益は、1億8400万円(同39.7%減)、純利益は、1億600万円(同45.2%減)とそれぞれ減益転換、純利益は、前々期の過去最高から落ち込むことになった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:21 | 編集長の視点
2015年01月27日

【編集長の視点】GMO−APは配当落ち後安値水準から3連騰、業績下方修正を織り込み決算発表に期待し下げ過ぎ訂正

編集長の視点 GMOアドパートナーズ(GMO−AP)<4784>(JQS)は、2円高の501円と3営業日続伸して始まり、昨年12月26日につけた配当権利落ち後安値487円に並ぶ安値水準から底上げしている。同社株は、昨年12月15日に前2014年12月期業績の下方修正と、未定とした期末配当の増配を発表し強弱感が拮抗したが、業績下方修正は織り込み済みとして2月に発表予定の今2015年12月期業績への期待を高めて下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。

■プライベートDMPの提供開始など今期業績の増益転換期待を支援

 目下集計中の同社の前期業績は、エージェント事業とソリューション事業が順調に推移して売り上げは期初予想より5億円引き上げられ235億円(前々期比24.1%増)と連続の2ケタ増収となったが、メディアレシップ事業の減収、売上総利益の減少をエージェンシー事業とソリューション事業で埋め切れなかったとして経常利益を3億7000万円引き下げ6億3000万円(同3.5%減)と連続減益となった。ただし純利益は、グループ内組織再編成に伴う持分法変動益や有価証券売却益の寄与などで期初予想を据え置き、4億円(同2.22倍)とV字回復し、2012年12月期の過去最高(3億5700万円)を上回った。このため未定としていた期末配当は、配当性向の目標を35%とする配当政策に従って8.5円(前々期実績4.3円)へ大幅増配した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:52 | 編集長の視点
2015年01月26日

【編集長の視点】2月相場のビッグ・イベントの「春節」を先取りしインバウンド消費関連株が再脚光=浅妻昭治

<マーケットセンサー>

編集長の視点 ビッグ・イベントが目白押しである。日米両市場では主力企業の決算発表がスタートし、1月22日には欧州中央銀行(ECB)の理事会が開催され、25日のギリシャの総選挙、26日のわが日本の通常国会召集、30日の米連邦準備制度理事会の公開市場委員会(FOMC)開催などと続く。こうしたイベントに対するマーケットの反応は通常、通過前には期待を高めて買い上がり、通過後は、織り込み済み、材料出尽くしとして反落する「理想買い、現実売り」の相場展開となる傾向がある。

 今回の決算発表も、序盤はまさにこの傾向を示していた。日米両市場とも、決算発表を受けて業績相場の発進が期待されたが、米国市場では、原油価格安とドル高の影響もあって個別企業の業績の好不調、株高・株安はマダラ模様にとどまっている。東京市場でも、東京製鐵<5423>(東1)日本電産<6594>(東1)安川電機<6506>(東1)NOK<7240>(東1)の主力4銘柄が、今3月期業績の上方修正や増配、自己株式取得までを発表したが、直後の株価反応は、安川電機の株価のみが好感高する「1勝3敗」の負け越しで、その後、前週末までに残り3銘柄も、安値水準から持ち直す動きとなったものの、これからラッシュとなる3月期決算会社の第3四半期(4〜12月期、3Q)業績の発表が、すでに織り込み済みとして売られるのか、それともそれを上回るサプライズが飛び出して業績相場発進をサポートするのか決めかねる一筋縄では行かない難しさを垣間みせた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:08 | 編集長の視点

【編集長の視点】竹本容器は最高値水準でもみ合い、初決算発表を先取りして下値に割安直近IPO株買い

編集長の視点 竹本容器<4248>(東2)は、2円高の1001円と7営業日続伸して始まったあと、32円安と下ぶれるなど前週末23日ザラ場につけた上場来高値1008円に並ぶ高値水準でもみ合いを続けている。きょう26日に日経平均株価が、ギリシャの総選挙結果を受けた円高・ユーロ安を嫌って226円安と急反落してスタートした影響で、同社株にも目先の利益を確定する売り物が出ている。ただ下値には、昨年12月17日の東証第2部への新規株式公開(IPO)後の初決算となる同社の前2014年12月期業績の発表を2月13日に控え、前期業績の上ぶれ着地、今2015年12月期の業績続伸予想などを先取りして直近IPO株買いが続いており、一段の割安修正が期待されている。とくに前期純利益は、税負担増加で減益となると推定されるが、今期純利益は、税負担の平準化で増益転換との観測が強まっている。

■前期業績は上ぶれ着地、今期は大幅続伸の期待高まる

 同社は、化粧品や食品向けのプラスチック容器メーカーで、販売地域は、国内のほか中国、米国などグローバルに広がり、販売先は、グループで4716社にのぼっている。販売先は、差別化のために独自のデザインを施す容器を求め、このための金型製作に時間と費用が不可欠となるが、同社は、昨年9月末現在で2657型の金型を保有し、スタンダードボトルとして製作し顧客の負担軽減を実現、短納期での納入や小ロットでの容器提供を可能として国内外の顧客の高い支持を得ている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:43 | 編集長の視点
2015年01月23日

【編集長の視点】アドヴァンは3Q決算発表一番乗りでは後塵も株価パフォーマンスでは巻き返して反発

編集長の視点 アドヴァン<7463>(東1)は、10円高の1351円と反発して始まり、今年1月21日につけた昨年来高値1362円を意識する動きを強めている。3月期決算会社の主力株の第3四半期(3Q)業績の発表が、前日22日の日本電産<6594>(東1)、安川電機<6506>(東1)などから本格スタートしているが、アドヴァンは、すでに1月6日に3Q決算を発表、常に決算開示の一番乗りを競っているあみやき亭<2753>(東1)からは約1日半遅れと後塵を拝したが、開示後の株価パフォーマンスではあみやき亭を上回り巻き返している。今年1月13日に発表した自己株式取得もフォローの材料視されている。

■デリバティブ評価益の計上で3Q利益は3月通期業績を上ぶれ着地

 同社とあみやき亭は、決算期締め切りの翌日に早期業績開示をする一番乗りを競うデッドヒートを演じ、株価面でも早期開示プレミアムを享受してきたが、前3月期通期業績の開示とともに今期も、第1四半期、第2四半期(2Q)、さらに今回の3Qとあみやき亭から1日半遅れる発表となった。このため株価パフォーマンスは、昨年10月の2Q累計業績発表時も、あみやき亭は、2Q累計業績が期初予想を上ぶれて着地したことを評価して昨年来高値4135円まで買い進まれたものの、アドヴァンは、なお業績面に消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減、住宅着工件数の減少懸念などが残るとして反応は限定的で、1200円台を出没する小幅往来相場にとどまった。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:14 | 編集長の視点
2015年01月22日

【編集長の視点】きちりは4連騰、長野県との連携協定締結で急騰再現思惑が増幅

編集長の視点 きちり<3082>(東1)は、8円高の700円と4日続伸して始まっている。前日21日大引け後に長野県との戦略的連携協定の締結を発表、体脂肪計メーカーのタニタなどとの提携による新業態店の出店をテコにしたかつての株価急騰劇の再現思惑を強めて買い増勢となっている。昨年9月に取締役会決議した自己株式取得による市場買い付けが続いていることや、今年2月6日に今6月期第2四半期(2Q)累計業績の発表を予定していることも株価の押し上げ期待を高めている。

■今年3月に“長野の長寿食”を提供する新業態店をオープン

 長野県との連携協定は、県民の平均寿命が男女とも全国1位となり、高齢者の就業率、医療費などでも全国トップレベルにある健康長寿県として注目されている長野県と、食を通じた健康長寿発信をすることを目的にしており、JR長野駅に直結した駅ビル「MIDORI長野」内に“長野の長寿食”と銘打った料理を提供する「長野県長寿食堂」を今年3月7日にオープンさせる。店舗コンセプトの詳細は、1月23日に予定している協定締結式で発表する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:38 | 編集長の視点
2015年01月21日

【編集長の視点】東京製鐵は高値から急反落、業績再々上方修正に増配が上乗せも材料出尽くし売り

編集長の視点 東京製鐵<5423>(東1)は、62円安の771円で始まり、前日ザラ場につけた昨年来高値864円から急反落している。前日20日大引け後に今3月期第3四半期(3Q)決算の開示とともに3月通期業績の再々上方修正と期末配当の増配を発表、3月通期業績が、市場コンセンサスをクリアしたが、昨年年末以来の株価上昇で織り込み済みとして利益確定売りが先行している。ただ寄り付き安後の下値では、信用売り残・買い残が積み上がって拮抗しており、売り方の買い戻しも交錯しもみ合っている。

■鉄スクラップ価格が低位安定し国内鋼材市況も堅調に推移

 3Q業績は、売り上げが前年同期比26.8%増と増収転換し、経常利益が同4.95倍、純利益が同4.05倍純益増益とそれぞれ大幅に伸び、3月通期業績対比の利益進捗率は、経常利益が96%と目安の75%を大きく上回り、純利益が57%に止まった。主原料の鉄スクラップ価格が、期初想定を大幅に下回って推移し、国内製品出荷価格は、国内景気の緩やかな回復のなか円安の影響でわずかな値上がりとなったが、引き続き全社を挙げてコスト低減に取り組んだことなどが寄与した。純利益の利益進捗率が目安を下回ったのは、鋼板類の競争力強化のため熱延コイルの生産を田原工場に推移、岡山工場の生産設備の一部に減損損失49億1000万円を計上したことが要因となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:54 | 編集長の視点
2015年01月20日

【編集長の視点】シグマ光機は業績下方修正も通期業績の連続増益を再評価して続伸

編集長の視点 シグマ光機<7713>(JQS)は20日、10円高の947円まで上げている。同社株は、昨年12月25日に今5月期第2四半期(2Q)累計業績と5月通期業績の下方修正を発表、株価は下ぶれたが、5月通期業績は、前期比では連続増益を維持し、年間配当も30円と高配当をキープすることから織り込み済みとして下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。

■3Q以降の受注環境は回復基調で新規開発製品も売り上げ寄与

 業績の下方修正は、円安進行による原材料価格の高騰や消費税増税の駆け込み需要の反動減などで国内の設備投資が、減少・遅延し同社の光学要素部品、光学システム製品とも売り上げが期初予想より減少していることが要因となった。このうち5月通期業績は、期初予想より売り上げを8億2000万円、経常利益を2億5000万円、純利益を1億5000万円それぞれ引き下げたが、売り上げ68億5000万円(前期比1.9%増)、経常利益5億4000万円(同10.3%増)、純利益3億500万円(同3.5%増)と前期比では増収増益の維持を見込んでいる。第3四半期(3Q)以降の国内の受注環境が、回復基調にあり、新規開発製品が売り上げに寄与し、さらに生産効率化や経費削減の利益改善にさら取り組むことなどが要因となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:17 | 編集長の視点
2015年01月19日

【編集長の視点】セレスは株式分割権利落ち後安値から急反発、今期業績開示を先取りして下げ過ぎ訂正

編集長の視点 セレス<3696>(東マ)は、29円高の985円と6営業日ぶりに急反発して始まり、前週末16日ザラ場につけた株式分割の権利落ち後安値944円から底上げしている。同社株は目下、前2014年12月期決算を集計中で、2月中旬にも発表予定にあるが、続く今2015年12月期業績についても大幅続伸・連続の過去最高純利益更新の観測が強く、下げ過ぎとして直近IPO(新規株式公開)株人気を再燃させている。株価水準そのものが、株式分割を勘案して昨年10月のIPO時の公開価格1860円にほぼ横並びとなっていることも、底値確認のフォローの材料視されている。

■ポイントサイトの会員数が急増し求人サイトの広告掲載件数も拡大

 同社の前12月期業績は、昨年10月のIPO時に売り上げ23億9900万円(前々期比2.04倍)、営業利益3億円(同91.2%増)、経常利益2億7800万円(同80.7%増)、純利益2億5700万円(同2.85倍)と大幅続伸するとともに、純利益は、前々期の過去最高を大きく更新すると予想された。この通期予想に対してIPO後の初決算となった昨年11月に開示された前期第3四半期(3Q)業績の進捗率は、売り上げが目安の75%をクリアし、営業利益が83.9%、経常利益が86.4%と大きく伸びた。主力のポイントサイト「モッピー」の会員数が、プロモーション手法の改善やスマートフォン版の会員数の拡大で、IPO時の154万人から169万人に増加し、採用課金型のアルバイト求人サイト「モッピージョブ」の広告掲載件数が、1.9倍の約2万9000件と大幅増となったことなどが寄与した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:38 | 編集長の視点

【編集長の視点】「戎天井」気配の波乱含み相場下では新幹線開業を先取りして北陸ローカル株に全国区人気の高まりを期待=浅妻昭治

<マーケットセンサー>

編集長の視点 「節分天井」ではなく「戎天井」のようである。昨年と同様に、年初から株価が崩れる相場パターンが警戒されている。震源地は、またしてもEU(欧州連合)だ。ギリシャが、EUから離脱するかどうか1月25日に実施される同国の総選挙まで不透明感が続き、欧州中央銀行(ECB)が、デフレ経済阻止へ向け1月22日開催の理事会で量的緩和策に踏み切るか注目されていたのに、ここにきて突如、スイスフランの急騰・ユーロの急落の追い討ちがあっって、急速な円高も進行したからだ。

 スイスフランの急騰は、スイス中央銀行が、為替介入の上限を撤廃し、スイスフラン買いを終了したことが引き金になっており、この問題自体は、スイスフランの為替市場での取引ウエートの小ささから、ECBの量的緩和策と綱引きして一過性の影響にとどまるとの観測が一般的だ。しかし、本当にそうなのか?スイスフラン急騰とともにEUの大手銀行の損失発生が伝えられ、英国の為替ブローカーが経営破たんし、これが、米国市場では、外国為替証拠金(FX)取引業者の取引停止にまで飛び火した。かつて日本のバブル経済の淵源となったスイスフラン債の発行ラッシュ、財テク・ブームを仕掛け、結果的に日本を「失われた20年」の奈落に突き落としたあの「チューリッヒの小鬼たち」が、またまたウラで暗躍しているのではないかと、当時のトラウマが疼きどうしたって身構えざるを得ない。

 となると、新年相場早々にあまり目出度くないが、「春はいつ来る?」と自問自答してみたくなる。「梅の花が咲くころ」か「桜の花が咲くころか」かと、相場期待はドンドン先ズレする。「戎天井」がほぼ間違いないとして、「節分底」となるのか、それとも昨年と同様に「彼岸底」となるかという問題である。もちろん主力の輸出関連株より、海外市場の影響が薄い内需株の方が、春の訪れが早いことはいうまでもない。そこで当コラムは今回、この内需株のなかでも今年3月14日に延伸開業する北陸新幹線に乗って春が早期到来することを期待して北陸ローカル株に注目したい。スケールの大きな「チューリッヒの小鬼たち」の話から、知名度の低い地方株への言及とスケールは小さくなって恐縮だが、まさにアベノミクスの「地方創生」であり、開業に向けて関係自治体のキャンペーンも積極化し、テレビの旅行番組でも特集が続いていることなどから、北陸関連銘柄に全国区人気の高まりを先取りする余地は十分にあるはずだ。(本紙編集長・浅妻昭治)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:49 | 編集長の視点
2015年01月16日

【編集長の視点】積水ハウスは反落も期末の好配当利回り買い再燃を期待して逆張りも一考余地

編集長の視点 積水ハウス<1928>(東1)は、31円安の1520円と急反落して始まっている。きょう16日の日経平均株価が、米国ニューヨークダウ平均株価の5営業日続落や急速な円高進行の影響で、374円安と急反落してスタートしたことから、昨年12月4日につけた昨年来高値1646.5円を意識している同社株にも目先の利益を確定する売り物が先行している。ただ同社株には、1月期期末の1月27日の権利付き最終日を前に連続増配を見直し好配当利回り買いが再燃するとの期待も根強く、下値は逆張りも一考余地がある。今1月期純利益が、昨年11月に上方修正され連続の過去最高更新の更新幅を拡大することも、割安内需株人気につながりそうだ。

■自社不動産投信向けに保有不動産を売却し純利益は大幅続伸

 同社の1月期配当は、50円(前期実績43円)と連続増配が予定されている。中期的な平均配当性向として最低40%を確保することを基本的な配当政策としており、今期の配当性向は、前期の36.2%が約38%に高まる。同社は、この連続増配のほかにも株主への利益還元策に積極的で、昨年11月に上限を1000万株(発行済み株式総数の1.44%)、取得総額を170億円とする自己株式取得を取締役会決議し、12月11日にこれを買い付け価格1524.5円で立会外買付取引で取得、取得総額は152億4500万円二達し取得を終了した。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:31 | 編集長の視点
2015年01月15日

【編集長の視点】東洋電機は2Q業績が上ぶれ着地も通期営業利益の下方修正を嫌って急反落

編集長の視点 東洋電機製造<6505>(東1)は、13円安の403円と3日ぶりに急反落して始まっている。前日14日大引け後に今5月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、今年1月10日の観測報道通りに経常利益が、期初予想を上ぶれ前年同期比3.2倍と大きく続伸して着地したが、5月通期営業利益を下方修正したことを嫌って利益確定売りが先行している。下値では、通期の経常利益、純利益を期初予想の据え置きとしたことで強弱感が交錯している。

■交通事業の受注高が内外で好調に推移し売り上げは32%増

 2Q累計業績は、売り上げが期初予想を5億6500万円上ぶれ前年同期比20.5%増となり、営業利益は逆に1500万円下ぶれ2.7倍増益となったが、経常利益は2億7300円上回って3.2倍増益、純利益も1億6500万円アップさせて9.0倍増益と大きく続伸した。交通事業の受注高が、国内・海外とも増加して前年同期比18.2%増、売り上げも32.2%増と伸びて、産業事業の自動車開発用試験機向けや情報機器事業の駅務機器向け、遠隔監視機器向けなどの受注減少をカバー、営業外収益に為替差益を2億5000万円を計上したことなどが上ぶれ着地要因となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 編集長の視点
2015年01月14日

【編集長の視点】東宝は過去最高の3Q業績に自己株式取得・増配がオンして急続伸

編集長の視点 東宝<9602>(東1)は、76円高の2736円と急続伸して始まり、昨年12月25日につけた昨年来高値2839円を射程圏に捉えている。前日13日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)決算とともに、自己株式取得、期末配当の増配を同時に発表、3Q業績が、3Qとして過去最高となり昨年10月に上方修正した2月通期業績に対して高利益進捗率を示したことも評価して内需株買いが増勢となっている。昨年10月の業績上方修正などでは、昨年来高値まで400円高しており、再現思惑を強めている。

■「GODZILLA」、「アナと雪の女王」などのメガヒットが寄与

 3Q業績は、前年同期比5.1%増収、25.3%経常増益、54.6%純益増益と増収増益転換し、2月通期業績対比の利益進捗率は、82〜86%と目安の75%を大きく上回った。映画事業の映画営業部門では、公開から60周年を迎えた「ゴジラ」が、ハリウッド版の「GODZILLA」が世界的にヒットし、映画興行事業ではアニメ作品「アナと雪の女王」などのメガヒットが続き、演劇事業でも、相次ぎ全席完売となる話題作を提供、道路関連の子会社の業績も好調に推移したことなどが要因となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:14 | 編集長の視点
2015年01月13日

【編集長の視点】SHIFTはストップ高買い気配、業績上方修正と株式分割の同時発表で直近IPO株人気が増勢

編集長の視点 SHIFT<3697>(東マ)は、寄り付きから買い気配値をアップさせ1000円高の6150円買い気配のストップ高と続急伸、昨年12月25日につけた上場来安値4475円からの底上げを鮮明化している。連休前の9日大引け後に、新規株式公開(IPO)後の初決算となる今8月期第1四半期(1Q)業績の開示に合わせて、今期第2四半期(2Q)累計・通期業績の上方修正と株式分割を同時に発表、直近IPO株人気を高め買い物を集めている。日経平均株価が、前日12日の米国株の続落や円高進行が響いて324円安と急反落してスタートしていることも、逆行高思惑を増幅させている。

■受注環境好調で売り上げが上ぶれ人員育成効果で1Q営業利益は過去最高

 今期業績の上方修正は、1Q業績が、好調な受注環境下で売り上げが堅調に推移し、前期採用の人員の育成効果で効率的なサービスの提供が可能となり、営業利益が、8500万円と過去最高となって予想を上回り、上場関連費用も当初予定より減少したことなどが要因となった。2Q業績は、昨年11月13日のIPO時予想より売り上げを7400万円、営業利益を3400万円、経常利益を4500万円、純利益を3600万円それぞれ引き上げた。8月通期業績は、今期下期に採用活動をさらに加速させ、組織活性化への投資活動も優先実施するための費用増を想定し、上方修正幅は、2Q累計業績より縮小する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 編集長の視点

アベノミクスの「地方創生」の対極に位置する東京都関連株は「未辛抱相場」のサブテーマ株に浮上も=浅妻昭治

<マーケットセンサー>

編集長の視点 新年相場は早くも1週間、期待通りの新春相場、ご祝儀相場、お年玉相場を展開したかといえばやや想定外であった。日経平均株価は、急落したあと急反発したものの、連休前の9日終値現在では、昨年大納会の大引け値を下回ったままだ。世界的にアップ・サイドかダウン・サイドかどちらの方向性が優勢なのか、日替わりの波乱含みが続き、まだはっきりとしたトレンドが発生したとはいえない。まさに今年の干支の相場格言通りに「未(ひつじ)辛抱」の相場推移となっていて、強気か弱気か決めかね、はやる気持ちを抑えての「忍の一字」の辛抱となっている。

 この「辛抱」がいつまで続くかは、外部環境の好転待ちで歯痒いことこの上ない。欧州中央銀行(ECB)の追加の量的金融緩和策は、1月22日の理事会で決定されるのか、ギリシャのユーロ圏離脱不安は、25日の同国の総選挙で織り込み済みとして決着をみるのか、前週末9日に1バーレル=47.16ドルまで落ち込んだ原油先物(WTI)価格は下げ止まるのかなどまったく予断を許さず、さらに前週末に発生した新聞社を襲撃したフランスのテロ事件は、昨年10月に世界的に景気や株価に冷や水を浴びせたエボラ出血熱の感染拡大と同様のネガティブ材料とならないかとまで懸念される。

 「辛抱相場」では、1月末からスタートする決算発表を先取り、業績相場を期待して主力株に一方的に買いを傾けるより、市場の内部資金主導で動意付く材料株、いわゆるモメンタム株で幕間をつなぐのが投資セオリーである。現に、新年相場では直近IPO(新規株式公開)株の一部が、短期筋の資金を集めて軽快足を発揮し、直近の東証1部昇格銘柄が、需給好転思惑を強めて高値を追った。1月26日に召集される通常国会を先取り、補正予算・新年度予算関連人気を高めている「地方創生」関連株もその一角に位置する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | 編集長の視点
2015年01月09日

【編集長の視点】神戸物産は続落も株式分割の権利取りをテコに急騰再現思惑が底流

編集長の視点 神戸物産<3038>(東1)は、480円安の8990円まで下げて続落している。同社株は、昨年12月15日に10月期決算などとともに、株式分割、自己株式取得・消却などを同時発表して株価が49%高、上場来高値1万1360円をつけ、東証第1部の年間上昇率ランキングのトップに躍り出て、調整中である。ただ、この株式分割は、今年1月31日を基準日に実施する予定となっており、権利取りをテコにする急騰相場再現思惑も底流しており、1月27日の権利付き最終日に向け下値は要注目で、逆張りも一考余地がありそうだ。

■今期業績も連続の過去最高売り上げ・営業利益と好調で実質連続増配

 同社は、グループ発展のための資金を確保しつつ、経営成績に応じた株主への利益還元を基本方針としており、株式分割についても、投資単位の水準を引き下げることが株主数を増加させることに有効で、株主価値の向上につながるとして実施するもので、1株を2株に分割する。同社は、この基本方針に基づき株式分割と同時に自己株式の取得と消却をも発表している。自己株式取得は、上限を60万株、30億円としていたが、昨年12月29日に30万3800万株、29億9994万円を取得して終了し、自己株式消却は、今年2月2日に25万株、株式分割権利付きでは50万株を対象に実施する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:42 | 編集長の視点