[チャートでみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/23)【月足チャート診断】川崎近海汽船はここから中期で6割高狙える、近海、内航とも好環境で利益増額と増配
記事一覧 (01/22)【月足チャート診断】短期、中長期とも有望うかい、日本を代表する『おもてなし銘柄』、上場来高値更新へ
記事一覧 (01/21)【月足チャート診断】ネットワークバリューコンポネンツ、今12月期回復予想で急伸の可能性強い
記事一覧 (01/20)【月足チャート診断】エストラストは消費税反動の懸念なし、すでに次期業績に目処、月足チャート本格上昇へ
記事一覧 (01/15)【月足チャート診断】ティー・ワイ・オーの月足チャートに魅力、営業利益はピークの9.5合目に対し株価はわずか2合目で超割安
記事一覧 (01/13)【月足チャート診断】スターティアはここから1500円高も見込める、業績飛躍的に向上、電子ブック関連
記事一覧 (01/12)【月足チャート診断】トシン・グループの出番近い、『東京大規模再開発』を追い風に株価急騰も
記事一覧 (01/11)【月足チャート診断】大幸薬品株価に勢い、3000円乗せ早そう、『クレベリン』に需要とマーケット人気に拍車
記事一覧 (01/10)【月足チャート診断】日本マニュファクチャリングサービスの360円前後固まり出直り態勢整う、中国影響解消で業績急回復期待
記事一覧 (01/09)【月足チャート診断】キムラユニティーは調整十分、最高益更新で再度4ケタ乗せから上値期待できる
記事一覧 (01/08)【月足チャート診断】アーバネットコーポレーションの月足チャート抜群、3点底形成で飛び出せる体制整う
記事一覧 (01/07)【月足チャート診断】ラクーン月足は底放れ急伸後の調整良好、出直り近い、次は2000円も
記事一覧 (01/06)【月足チャート診断】電算システムは10月高値からまもなく3ヶ月調整、乖離率も縮小し狙い場、次は2000円へ
記事一覧 (01/05)【月足チャート診断】エフティコミュニケーションズは月足は調整完了、今年は株価倍増の5000円台も期待できる
記事一覧 (01/03)【月足チャート診断】上場来高値の寿スピリッツは1〜3月に2200円台も、好調業績に健康食品も加わる
記事一覧 (01/03)【月足チャート診断】高値から100円下の京写に仕込み妙味、16年3月期の1株益50円も
記事一覧 (01/02)【月足チャート診断】ゼリア新薬工業の株価に勢い、一気に3000円も、3年で利益4倍を評価
記事一覧 (01/02)【月足チャート診断】フライトホールディングスは月足チャートで今年の有望銘柄、新製品寄与から業績様変わり
記事一覧 (01/01)【月足チャート診断】インフォマートは当面、高値圏でのモミ合いを想定、2月中旬の決算発表で急伸も
記事一覧 (01/01)【月足チャート診断】アライドテレシスはいつでも飛び出せる月足チャート、今期利益倍増も
2014年01月23日

【月足チャート診断】川崎近海汽船はここから中期で6割高狙える、近海、内航とも好環境で利益増額と増配

チャート診断 川崎近海汽船<9179>(東2・売買単位1000株)の月足チャートが有望である。派手さはないが、中期投資なら320円前後から6割高が十分に見込めるだろう。

 特に、今3月期を増額修正するなど業績好調で配当利回り、PERなどからの割安が顕著である。今期の営業利益を17億5000万円から18億5000万円へ、1株利益も34.0円を39.1円へ、それぞれ増額修正した。配当も1円増配して年9円とする予定である。

 22日の終値321円は利回り2.8%、PERで8.2倍にすぎない。では、なぜ割安に放置されているのか。それは、海運株全般が欧州経済停滞等の影響から冴えない相場となっているためといえる。

 しかし、同社の場合、増額修正に進むほど事業環境はよい。元気の良いアジアと日本を結び「近海部門」と、東日本復興に関連したセメント、材木関連等の「内航部門」を持ち、共に好調なためである。しかも、今後とも繁忙が予想される。

 月足チャートでは、中国のオリンピック及び上海万博ブームのときの2007年7月に1017円の高値をつけている。今回、そこまでのブームではないとしても東南アジア地域での経済活発と、これから国内で建設投資増加を見込めば事業環境は明るいといえる。長期に亘る250円を挟んだモミ合いをまもなく上放れることが期待されるチャートだけに好利回りから3月の配当取り狙いでの中期投資がよいだろう。決算発表の5月頃には500円相場へ居所を変えているものとみられる。

>>川崎近海汽船のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:41 | チャートでみる株価
2014年01月22日

【月足チャート診断】短期、中長期とも有望うかい、日本を代表する『おもてなし銘柄』、上場来高値更新へ

チャート診断 うかい<7621>(JQS・売買単位100株)は、6年ぶりに2000円台に乗せ月足チャートがいっそう有望となっている。『おもてなし銘柄』の代表格として上場来高値3520円(1999年)更新を目指すものとみられる。

 東京八王子の高尾に「うかい鳥山」を開業して50年。八王子市内に4店舗、東京23区内に4店舗、神奈川県に3店舗の高級和洋食レストランを展開する。すべての店舗は、「選び抜かれた素材」、「物語の主人公になり切れる空間」、「洗練されたおもてなし」が特徴。2度、3度と足を運ぶリピータがほとんどで、とくに外国人客に「日本の文化を満喫できる」として高人気である。

 台湾に出店するほか、4月1日から東京銀座に新店舗をオープンする。銀座店は初年度売上2億5000万円を見込む期待の店舗である。

 2014年3月期は売上前期比2.4%増の119億6400万円、営業利益23.5%増の4億6900万円、1株利益67.6円、配当年12円の見通し。

 過去、リーマンショックにおける消費不振でも赤字はなく、2011年3月期の営業利益1億5900万円がボトムである。結果、今3月期は2011年3月期との3年比較で営業利益は2.9倍と約3倍の伸長である。

 今後、観光強化の国策と2020年のオリンピックに向け外国人観光客の増加が見込まれ事業環境は明るいといえる。また、国内では景気好転に加え、とくに株高による資産効果も期待できる。

 PERは31倍とマーケット平均を上回っているものの、事業環境の明るいことと同社への成長期待の現われといえるだろう。先ず、3000円が目標となるだろうが、5月の3月期決算発表において次期(2015年3月期)見通しが好調となれば上場来高値3520円を更新してくるもの期待される。

 日本を代表する『おもてなし銘柄』として短期的にも中長期的にも有望銘柄といえるだろう。

>>うかいのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | チャートでみる株価
2014年01月21日

【月足チャート診断】ネットワークバリューコンポネンツ、今12月期回復予想で急伸の可能性強い

チャート診断 ネットワークバリューコンポネンツ<3394>(東マ・売買単位100株)は1600円台で下値を固める展開となっている。昨年12月26日に株式100分割の権利を落として以降、1670〜1860円のモミ合いとなっているものだ。

 権利修正の月足チャートに置き換えてみれば、時折、急伸する場面はあるものの、2006年頃から概ね2000円を挟んだモミ合いとなっている。とくに、注目されるのは2012年6月に24ヶ月線を抜いて以降は24ヶ月線を一度も割り込むことなく同線に沿ってジリ高となっていることである。まもなく、上放れの見込めそうな形となっており、モミ合い放れとなれば、先ずは2010年4月に上ヒゲ足でつけた3925円を目指すものとみられる。

 同社はネットワーク通信分野において海外の先端技術を開拓して国内の先進企業へ最適なソリューションとして提供することに強みを持っている。先端技術はアメリカ、カナダ、イスラエル、フランス、香港、台湾、中国など広範囲。しかも、ほとんど外れることがないという目利きの優秀な点が注目されている。

 前期(2013年12月期)は無線LAN関連の大型案件出荷のほか監視サービスなどが堅調だったものの、子会社で予定していた大型案件が取れなかったことで営業利益は4500万円にとどまったもよう。しかし、今12月期は好採算の保守サービスの増加やカナダのソフト会社との提携による新しい製品の提供などから急回復となる見通し。

 しばらくは下値水準でのモミ合いが予想されても12月期決算が発表となる2月中旬には今期の利益回復を好感して上放れるものとみられる。下値水準は仕込んで待つところだろう。

>>ネットワークバリューコンポネンツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | チャートでみる株価
2014年01月20日

【月足チャート診断】エストラストは消費税反動の懸念なし、すでに次期業績に目処、月足チャート本格上昇へ

チャート診断 エストラスト<3280>(東マ・売買単位100株)は、2012年11月の株式上場後、昨年6月に株式3分割を実施している。分割権利修正の月足チャートでは本格上昇の見込める形である。

 上場時838円(権利修正値)でスタート、2013年5月に1417円と買われ、その後、調整入りしている。6月の635円をボトムに8月655円、11月701円と下値を切上げ今年に入って10日には919円と出直り色を鮮明としている。

 とくに、今期(2014年2月期)予想1株利益108.1円に対し、前週末株価872円はPER8.0倍と割安が目立つ。PERの低い背景には、@本社が山口県下関市ということで知名度及び馴染みに乏しい、A消費税引上げ後の反動が心配されている〜などがあるだろう。

 馴染みということはやむを得ないとしても、消費税後の反動懸念はないとみていい。なぜなら、今2月期の引渡戸数374戸を既に第3四半期(3〜11月)で100%達成し、さらに、次期(2015年2月期)の予定引渡戸数430戸に対しても69%を達成しているからである。

 これは、同社本体でマンション&戸建の分譲事業、そして、子会社で不動産管理・賃貸事業を展開し、地盤の山口地域でシエアを拡大し、九州地域を強化しているためである。とくに、2012年の株式上場効果が大きく寄与しているようだ。たとえば、2010年には山口・九州地区でのマンション販売ランキングでは第5位だったが、2012年には第2位に躍進している。近い将来、トップが予想される。

 同時に不動産管理部門も次期には管理45棟(2013年2月期30棟)、管理戸数2139戸(同1335戸)が確実な見通しで、ストック型ビジネスが厚みを増すことで収益も安定性が加わる。また、注力中の分譲戸建については、山口での強化に加え九州エリアに参入し年間100戸の供給を目指している。

 足元では飯塚市で同社としては始めてとなる中心市街地再開発事業に参画している。これによって、同社の住宅ビジネスの『フルライン化』が構築され、近い将来、マザーズから2部、1部上場を目指すはずである。 
 今2月期の営業利益は11.8%増の10億1000万円、次期2015年2月期は12億円(18.8%増)の見通し。1株利益は今期108.1円は次期には120円台が見込めるだろう。配当も年6円に対し余裕の加わることから増配の可能性が強いとみられる。

 次期の期待1株利益120円ならPERは7倍とさらに割安である。消費税後の反動懸念もなく次期見通しがよいことからも早晩、割安是正相場となるだろう。先ず、4ケタに乗せ、その後、小幅の調整となったあとに一気に上場来高値1417円(権利修正)に挑戦から1500円相場も期待できるだろう。割安水準の880円台は仕込み場とみていいだろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:13 | チャートでみる株価
2014年01月15日

【月足チャート診断】ティー・ワイ・オーの月足チャートに魅力、営業利益はピークの9.5合目に対し株価はわずか2合目で超割安

チャート診断 ティー・ワイ・オー<4358>(東2・売買単位100株)の月足チャートは、長い底練りを経て本格上昇期を迎えている。業績が力強く上向いていることから中期的観点では2006年4月につけた785円を意識した上昇相場の展開が予想されそうだ。足元の170円台の株価には中期妙味がある。

 その背景には、営業利益が2008年7月期の最高益18億0500万円に対し今7月期は17億円見通しとほぼ肩を並べるまでになり、次期(2015年7月期)には更新が見込めそうだからだ。営業利益においては、既に、9.5合目まで達しているのに株価は当時の高値に対し現在はわずか2合目水準ということは明らかに割安といえる。

 割安となっている背景には、一時、最終損益で赤字を出したことが響いているものとみられる。40数社に膨らんでいた子会社を整理したことによる特損で2009〜2010年の2期間、最終損益おいて赤字を出した。しかし、過去、本業の営業利益では一度も赤字はなく、むしろ前述の通り過去最高に迫っている。得意のTV−CMに特化した効果である。

 とくに、最終損益においても2011年7月期から黒字に転じ、今期純益は8億9000万円の見通しである。予想1株利益は14.9円、配当は記念(ジャスダックから2部上場)で3円増配して年6円とする。

 とくに、テレビCM制作では大手の一角の地位にあり、これからの景気にいっそう明るさが加わってくることや東京オリンピックを控えていることなどからTV−CM事業の環境はたいへん明るいといえる。このため、次期の配当については記念配当を普通配当に切り換え6円を継続するものと期待される。

 株価は昨年5月に5年ぶりに200円台に乗せ208円まで買われている。6月に全般安から瞬間118円まで下げたものの、月足・終値足でみれば140円台で下値を固め、ここに来て170円台に出直っている。昨年5月に24カ月線に対し100%前後まで拡大していた乖離率は50%台まで縮小し乖離率の面でも本格上昇相場が見込める状況となっている。

 昨年来高値を抜けば250円前後と300円前後が上値のフシとなっているが、さらに、300円のフシを抜けば400円まではほぼ真空地帯となっている。

 景気回復とオリンピック関連のテーマ性を備えているだけに中期スタンスの向き、とくに、個人投資家のNISA対象としてはピッタリといえるだろう。

>>ティー・ワイ・オーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:27 | チャートでみる株価
2014年01月13日

【月足チャート診断】スターティアはここから1500円高も見込める、業績飛躍的に向上、電子ブック関連

チャート診断 スターティア<3393>(東マ・売買単位100株)の月足チャートは1000円前後を下値として出直り歩調となっている。2010年に株式200分割を行っており、権利修正チャートでは2010年以降、現在までほぼ1000〜2000円のモミ合いであり、足元ではモミ合いの下値水準からの出直りである。

 株式上場は2005年12月。データの取れる2007年3月期と今3月期を比較すると売上及び利益とも大きく伸長している。売上は32億7600万円から今期81億6000万円、営業利益は3400万円から今期8億円の見通し。7年間で売上において約2.5倍、営業利益では実に約24倍である。さらに、詳細に見れば2011年3月期あたりから業績拡大のピッチが大きくなっている。

 2010年当時、日本では「電子ブック元年」と言われ、同社では早くから力を入れていた、『電子ブック作成ソフト』が導入社数において2011年3月期では1033社と、1000社を突破するなど電子ブック分野への展開が大きく寄与した。

 一方、上場来の高値は2005年12月の3950円(権利修正)で、現在の1500円台は上場来高値に対し4合目水準だ。今期の22.9%増収、営業利益21.9%増益見通しと比べても今の水準は割安といえるだろう。

 今期予想配当は年7.98円(前期年7.86円)、1株利益79.8。利回りは1%以下で割安感はないが、PERは19倍強と業績の伸びに比べると割安といえる。今後も「目先の利益だけに囚われない中長期に亘る継続的収益基盤構築の方針のもと事業ごとの収益性や成長性を重視し経営資源を集中するストック型ビジネスに取組んで行く」ことから、業績に期待ができる。

 とくに、足元での電子ブック関連人気を考慮すれば上場来高値3950円に対し8合目に当る3160円程度はあってよいだろう。出直ってきた今の水準は好狙い場とみられる。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:49 | チャートでみる株価
2014年01月12日

【月足チャート診断】トシン・グループの出番近い、『東京大規模再開発』を追い風に株価急騰も

チャート診断 トシン・グループ<2761>(JQS・売買単位100株)は、2012年9月に24ヶ月線を抜いて以降は一度も同線を下回ることなく下値を切上げる展開である。

 また、現在の株価水準は、2003年3月の上場以来の安値750円(2003年)と高値4700円(2006年1月)に対する「中間値」(2725円)に近い位置にあり、長期観点での需給関係は好転しつつあるといえる。

 一方、業績は株式上場当時2004年5月期の売上は392億5000万円、経常利益32億6200万円だった。これが、今期(2014年5月期)は、売上450億円、経常利益35億1000万円の見通しとなっている。経常利益の伸びは物足りないものの、しかし、この間の1株利益は137.3円から202.0円、配当も年25.0円から年52.0円見通しと投資価値は大きく向上している。とくに、1株純資産が2004年5月期の1734円から足元では3394円(2013年11月中間期末)とほぼ倍増している。自己資本比率は80%程度あり、このことからは堅実経営と株主に優しい経営姿勢といえる。

 同社の関わる電気設備資材卸業界は、長い間、公共投資抑制の影響を受けてきた。政権交代後、公共投資に明るさが見られ、新設住宅着工にも明るさが見られるようになっている。この事業環境の中で、首都圏に100ヶ所を超える営業拠点網を持つ強みを発揮し2万社を超える工事業者へ照明器具、電線・配管材、配分電盤、エアコン、住宅設備機器、太陽光発電システムなどを卸販売する。

 これまでの最高売上は2008年5月期の531億2700万円、経常利益も同決算期の48億7000万円となっている。これを今後、早い時期に更新することが見込めそうだ。なぜなら、これから『東京の大規模再開発』が2002〜2007年当時のブームを上回る規模が見込まれているからだ。とくに、2020年の東京オリンピックに向けて首都圏での建設のツチ音は一気に高まることは確実である。

 足元の株価2300円ていどは配当利回り2.2%、PER11倍ていどと指標はかなりの割安である。これから公共投資及びオリンピック関連の追い風を受けて遠くない時期に一気に見直しされるものとみられる。

 とくに、清水建設などオリンピック関連の建設株が先行していることからも次は内装関連銘柄の出番といえるだろう。時間をかければ上場来高値4600円も十分に期待できるだろう。中期問うしの向きには絶好の問うし対象といえるだろう。

>>トシン・グループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:59 | チャートでみる株価
2014年01月11日

【月足チャート診断】大幸薬品株価に勢い、3000円乗せ早そう、『クレベリン』に需要とマーケット人気に拍車

チャート診断 大幸薬品<4574>(東1・売買単位100株)が本格出直りとなっている。2009年3月に上場し現在まで株式4分割と3分割を行っている。

 権利修正の月足チャートに置き直して見れば、707円で上場スタートし2009年8月に4830円と大きく買われた。その後、2012年5月には582円まで下げ、上場時始値を下回ったが、ここに来て4年ぶりに2500円台に乗せ本格出直りといえる展開である。

 とくに、月足チャートでは長期間におよぶほぼ600〜1000円の大きいモミ合いを上放れた足となって基調的には上場来高値4830円(権利修正)を目指した展開とみてよいだろう。ただ、足元では、24ヶ月線との乖離率が100%を超えているため、小幅の調整を交えながらの上値追いということになりそうだ。

 テーマ性は十分である。ウイルスや菌を99%除去する、『クレベリン』のヒットがある。とくに、ここに来て、風邪ウイルスの特効薬とされてきたタミフルが効かない新型インフルエンザが報道されていることも、いっそう、需要増と共にマーケットでの人気に拍車を掛けている。クレベリンをデスクの上などに置いておくだけで空中殺菌効果が期待できるからだ。

 今3月期の0.8%増収、営業利益2.7%増益、1株利益70.9円の見通しは、上振れる可能性は極めて高いものとみられる。

 足元での2560円台はPERが約36倍とマーケット平均の16倍前後を2倍強上回っている。とくに、割安感が目立つ水準ということではない。

 しかし、風邪のシーズンと関連ヒット商品の好調、業績の上振れ期待を考えると上げ足に勢いが増していることから一気に3000円台へ乗せる可能性は強いだろう。強気で臨んでよい銘柄といえる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:10 | チャートでみる株価
2014年01月10日

【月足チャート診断】日本マニュファクチャリングサービスの360円前後固まり出直り態勢整う、中国影響解消で業績急回復期待

チャート診断 日本マニュファクチャリングサービス<2162>(JQS・売買単位100株)は、月足チャートの形がよくなり出直りの見込める状況となっている。

 2011年に株式5分割、昨年12月に100分割を行っている。これらを権利修正したチャートでは、2011年6月の安値304円に対し、その後、320〜330円を幾度もつけ、足元では350〜360円でのモミ合いとなっている。いわゆる、月足チャートでのダブル底形成となっている。

 昨年11月には今3月期業績を減額修正している。営業損益は5億円の赤字となる。中国でのビジネスが尖閣問題の影響を受けた。このため、グループ組織再編、ビジネス構造再構築を柱とした「新中期経営計画」の作成に着手し業績の急回復を目指している。なお、子会社TKRの株式を追加取得したことに伴う負のノレンが10億円程度発生し特別利益として計上するため今3月期の最終利益は5億5000万円(前期2億3500万円)の見通しで配当は年3円の予定。

 現時点では次期見通しは不明だが、中国の影響は消える。さらに、単なる人材ビジネスを国内で展開するだけでなく、志摩電子工業、TKRといったEMS(電子機器の製造や設計を担う)領域を強化することで他の製造派遣・製造請負企業が持ち得ない付加価値の高いサービスを提供している強みから構造強化による効果で今期を底に回復が予想される。

 直ちに株価が急伸することは期待し難いとしても、3月期決算が発表となり次期見通しの出る5月中旬頃には見直されるものとみられる。中期投資スタンスの向きには仕込んで待つところだろう。もともと、かなりの人気銘柄であり、権利修正では2011年2月に1260円の上場来高値がある。次期の業績回復次第では大きい値幅が期待できそうである。

>>日本マニュファクチャリングサービスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:10 | チャートでみる株価
2014年01月09日

【月足チャート診断】キムラユニティーは調整十分、最高益更新で再度4ケタ乗せから上値期待できる

チャート診断 キムラユニティー<9368>(東1・売買単位100株)の月足チャートは1000円台に乗せたあと900円台で値を固める展開となっている。

 2008年から2012年11月頃まで長期にわたる750円を挟んだモミ合いを上放れ、昨年4月にほぼ6年ぶりに4ケタへ乗せている。以来、約9ヶ月の調整と、とくに、この間、12ヶ月線を一度も下回ることなく下値を十分に固めている。

 また、一時、60%近くまで拡大していた24ヶ月線との乖離率も20%割れ水準まで低下し過熱感はなくなっている。

 主力の物流事業において北米子会社での受注回復や国内・国外とも格納器具の受注が大きく増加している。とくに、収益改善活動に対する積極的な取組み効果によって、利益面の好調が目を引いている。

 今3月期は前期比4.8%増収に対し、営業利益は13.9%の2ケタ伸長で最高益を更新する。1株利益は82.8円、配当は年22円の予定。

 トヨタグループとの取引が多く、トヨタ式の高収益経営が特徴である。株価に派手さはないものの、業績に堅実性と安定性があり、1株利益については100円台乗せが近いものとみられる。

 足元の970円台は利回り2.2%台、PERは11倍台にすぎず割安が目立つ水準である。トヨタ関連としての評価から、再度、1000円乗せから2008年の1500円台を目指すものとみられる。下値固め十分の970円どころは仕込み場とみられる。

>>キムラユニティーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:30 | チャートでみる株価
2014年01月08日

【月足チャート診断】アーバネットコーポレーションの月足チャート抜群、3点底形成で飛び出せる体制整う

チャート診断 アーバネットコーポレーション<3242>(JQS・売買単位100株)は、月足チャートの形がよくなっている。遠くない時期に飛び出しそうだ。

 2012年7月に株式2分割、2013年7月に株式200分割を実施しており権利修正でみれば、長期にわたるモミ合いを上放れて昨年5月に560円と急伸した。これは、2007年3月の761円(権利修正)以来の水準である。

 ただ、昨年5月高値時点での24ヶ月線乖離率が200%を突破し210%ていどとなったことで過熱感から調整入りしている。現在、250〜300円で下値を固める展開だが、乖離率は50%ていどまで縮小し過熱感はなくなったとみてよいだろう。高値からの調整日柄もほぼ8ヶ月に達し、業績好調から見直し場面は近そうである。

 ワンルームマンションの開発・1棟販売事業にファミリーマンションの一般分譲及び再販事業を加え、都市開発事業を手がける。今期(2014年6月期)は、前期比41.0%増収、営業利益36.6%増益、1株利益37.7円の見通し。配当は年7.5円の予定。

 金融緩和の効果や2020年東京オリンピック開催に伴う都市開発で事業環境は良好で、次期業績の好調も予想される。四季報では次期・2015年6月期の1株利益を43.6円、配当は年8円へ増配を見通している。

 足元の株価290円台は配当利回り2.5%ていど、PERはわずか7.6倍にすぎず割安といえる水準。下値が259円(2013年8月)、259円(同11月)、260円(同12月)と、月足での「トリプル底」形成となっており下値不安はないとみていい。むしろ、トリプル底形成で形がよくなっているため急伸に転じる可能性が非常に高いといえるだろう。

 先ずは、昨年5月の高値560円を奪回し、次の段階で上場来高値761円(権利修正)をうかがうものとみられる。下値水準近辺は狙い場といえる。

>>アーバネットコーポレーションのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:37 | チャートでみる株価
2014年01月07日

【月足チャート診断】ラクーン月足は底放れ急伸後の調整良好、出直り近い、次は2000円も

チャート診断 ラクーン<3031>(東マ・売買単位100株)の月足チャートは底放れの展開となっており中期有望とみるこができる好チャートだ。

 2011年5月に株式2分割、2013年5月期に株式100分割を実施、これらを修正した月足チャートでは2010年頃から2012年12月頃まで160〜220円の底値モミ合いの展開だった。昨年1月に上放れ11月には993円と大きく上値を伸ばした。かつて、2006年4月に6000円台(権利修正)の高値があり上値余地は非常に大きく有望である。足元で570円台に調整となっている水準は中期スタンスでの好買い場とみられる。

 今4月期の中間期業績は前年同期比4.1%増収、営業利益30.0%増益と好調だった。今4月期通期では前期比5.2〜8.3%増収、営業利益21.5〜27.1%増益、1株利益は22.9〜24.7円の見通し。

 EC事業と売掛債権保証事業の拡大に力を入れている。とくに、EC事業において主力事業である『スーパーデリバリー』において、質の高い会員小売店及び出展企業を獲得し、客単価や稼働率の向上に努めていることが寄与している。

 同社は衣料・雑貨を中心に日本全国のメーカーと小売店の「流通の効率化を実現する」ことに挑戦するECビジネスのパイオニア的存在である。中間期時点での会員小売店数8448店舗、出展企業数941社、商材掲載数は41万6268点である。

 一時、24ヶ月線との乖離率は150%強にまで拡大し過熱感が目立っていた。その後の調整で乖離率は80%ていどまで縮小し出直りの体制は整いつつある。

 とくに、このところのマーケット人気が新興系の小型銘柄にも目が向いていることから高値に対し4割強調整となっている570円台は狙い場とみていいだろう。とくに、昨年11月には4ケタ達成がならなかっただけに出直れば4ケタ乗せから2000円を目指す展開が予想されそうだ。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:30 | チャートでみる株価
2014年01月06日

【月足チャート診断】電算システムは10月高値からまもなく3ヶ月調整、乖離率も縮小し狙い場、次は2000円へ

チャート診断 電算システム<3630>(東1・売買単位100株)は昨年7月に株式2分割を実施、2013年末株価は1483円と権利修正では前年末比891円の大幅な上昇だった。

 相場の強さの基調となる24ヶ月線との関連では、2011年5月頃から株価が同線を上回った展開が続いている(権利修正チャートで)。ただ、昨年10月の大陽線で24ヶ月線との乖離率は同社株としては過去最大の100%突破となっていた。このため、10月15日の1540円を高値に足元では1400円前後へ調整となっている。

 その乖離率は80%程度まで縮小し過熱感はそうとう薄らいでいる。また、高値からの調整日柄はまもなく3ヶ月となり、業績の良い銘柄の場合、3ヶ月の調整で出直るとされるだけに、調整一巡から本格上昇が予想されそうである。

 ネット通販向け収納代行や郵便局の情報処理事業等の好調で、2013年12月期は前期比8.3%増収、営業利益11.8%増益の見通し。株式分割後1株利益は63.3円、配当は中間期(分割前)20円、期末10円。

 同社の強みはコンビニチェーン17社及びゆうちょ銀行と契約し全国7万以上の窓口で収納代行サービスを提供していることである。派手さはないが、ストック型の着実な成長が期待できる。今後は国際送金での展開が寄与してくる。

 12月期決算は1月末頃に発表の見通し(昨年は1月30日)で、2014年12月期も増収増益は間違いないとみられることから決算発表を好感して株価上伸となることが予想される。とくに、四季報では2014年12月期の配当について5円増配の年25円を予想している。

 昨年10月の1540円は権利修正では上場来最高値であり、次に出直ってくれば2000円相場を目指す展開だろう。高値から日柄調整3ヶ月目の1400円前後は狙い場とみていいだろう。

>>電算システムのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:20 | チャートでみる株価
2014年01月05日

【月足チャート診断】エフティコミュニケーションズは月足は調整完了、今年は株価倍増の5000円台も期待できる

チャート診断 エフティコミュニケーションズ<2763>(JQS・売買単位100株)の2013年末株価は2100円だった。昨年10月に株式100分割を実施しており、権利修正では前年末に比べ1229円高である。

 月足チャート(権利修正)では、2008年1月から続いた400〜580円の大きいモミ合いを2012年秋に上放れ、昨年5月には2700円まで急伸し2006年の水準に買われた。

 とくに、昨年5月頃には24ヶ月に対する乖離率が300%近くまで拡大し過熱感が目についていた。その乖離率は昨年秋には50%ていどまで縮小し過熱感は完全になくなったとみてよいだろう。業績が好調だけに再上昇相場が見込めそうである。

 『オフィスと生活に新たな満足を・・・』をキャッチフレーズに掲げ、法人顧客のみならず、一般消費者も含めた幅広い客層をターゲットに展開している。消費電力を最大88%カットした『ハロゲン電球型LED』のレンタル販売も開始している。

 今期(2014年3月期)はマーキングサプライ事業を売却し、ハイブリット・サービス他4社を連結対象外としたため売上は前期比30.3%減少するが、利益率向上で営業利益は4.2%増の32億4000万円の見通し。1株利益159.0円の見通し。中間配当は2000円、株式分割後の期末では20円の予定である。

 とくに、営業利益は3年前の2011年3月期は4億5300万円だったから、3年前比較で今期営業利益は7.1倍の大幅な増加である。営業利益率も今期8.7%と3年前の1.0%から大きく向上し、『高収益体質への転換に成功』と評価できる。

 予想PERは13.2倍で、利益の伸びの大きいことに比べると割安といえるだろう。今後も『ストック型商材の拡大』、『グループ経営の効率化・安定化』で、好調な業績が期待される。

 チャートでは、再び2500円台に乗せてくれば、月足チャートでの2段上げの展開となり、2004年の8690円は一気には無理としても2005年7月の5850円は十分に期待できるだろう。再騰開始前の2100円前後は仕込み場といえるだろう。

>>エフティコミュニケーションズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:48 | チャートでみる株価
2014年01月03日

【月足チャート診断】上場来高値の寿スピリッツは1〜3月に2200円台も、好調業績に健康食品も加わる

チャート診断 寿スピリッツ<2222>(東2・売買単位100株)の2013年末株価は、前年末比796円高の1795円だった。とくに、昨年高値は1921円(12月)と権利修正で上場来最高値を更新している。

 業績も好調である。今3月期は前期比5.3%増収、営業利益12.2%増益の見通しで最高益を更新する。昨年春に株式2分割を実施しているが今期1株利益は112.7円、配当は年30円の予定。

 地域限定の菓子を有人店舗販売と通販で展開、『熱狂的ファンつくり』で定評がある。とくに、北海道小樽の洋菓子『ルタオ』が全国的な人気となっている。昨年、東京表参道にスイーツ&カフェをオープン、台湾にも進出している。マーケットでは菓子業界勝組銘柄としての評価となっている。

 月足チャートでは、昨年12月が大きい陽線となったことで24ヶ月線との乖離率は60%ていどまで拡大し、高値追いに対する警戒感もある。ただ、過去には乖離率120%ていどまで拡大した実績はある。しかも、その時期が、いずれも1〜3月に集まっていることを考慮すると今回も1〜3月中に一段高の可能性は大きいといえるだろう。

 PERでは16倍前後と割安水準である。業績及び新たに展開を始めた健康食品分野での伸びを期待すればPER20倍の2250円ていどは期待できるだろう。小安い場面があれば積極的に仕込むとろだろう。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:03 | チャートでみる株価

【月足チャート診断】高値から100円下の京写に仕込み妙味、16年3月期の1株益50円も

チャート診断 京写<6837>(JQS)の2013年末株価は、前年末比104円高の315円と買われた。とくに、昨年は5月に415円まで上伸、権利修正では2005年12月以来の水準に躍進した。

 片面プリント配線板を月間で東京ドーム約10個分を製造する世界ナンバーワンの力が評価されているといえる。業績は海外工場での省力化効果から今3月期の営業利益は35.5%増益見通しで1株利益は36.9円に向上する。

 さらに、中期経営計画では2016年3月期には営業利益率6.0%(前期3.7%)を掲げていることから、これをもとに1株利益を推定すれば50円以上が見込まれる。

 一方、昨年の安値は170円(4月)で、足元の株価は高値と安値の「中間値」(292円)を大きく上回っており買方の回転が利いている。年5円配当に対する利回りは1.5%ていどだが業績向上に伴い、近い将来、増配は期待できるだろう。今期予想1株利益でのPERは8.5倍、さらに2016年3月期の期待値でのPERなら6倍台にすぎない。割安有望銘柄といえる。

 24ヶ月線との関係では、現在の乖離率は約50%ていど。決して低い数値ではないが、過去、2010年頃には乖離率100%の実績もある。マーケットの人気が1部市場から新興市場に移れば持ち前の足の軽さを発揮することになるだろう。

 恐らく、1〜3月中には昨年の高値415円を抜いて500円へ挑戦することが予想される。高値からちょうど100円下げの315円前後は好仕込み場といえるだろう。

>>京写のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:56 | チャートでみる株価
2014年01月02日

【月足チャート診断】ゼリア新薬工業の株価に勢い、一気に3000円も、3年で利益4倍を評価

チャート診断 ゼリア新薬工業<4559>(東1・売買単位100株)の2013年末株価は2565円と権利修正で前年末比1265円高と大きく上伸した。

 月足チャート(権利修正)では、昨年9月に2000円台を突破し、長期間にわたる1000円を挟んだモミ合いを上放れた。『ヘパリーゼ』の大ヒットによる業績好調が大きく評価されているといえる。

 『ヘパリーゼ』はウコンエキス配合の滋養強壮ドリンクで、最近はコンビニでの売上がすこぶる好調。また、潰瘍性大腸炎薬も引続き好調となっている。このため、3年前、2010年3月期営業利益15億8400万円は、今期(2014年3月期)では64億円見通しと3年で4.0倍の急増である。1株利益も株式分割を吸収して今期103.3円(3年前22.0円)に大きく飛躍する。

 PERは24倍台、マーケット平均は上回っているものの、利益の大幅伸長で見れば、むしろ割安だろう。

 ただ、24ヶ月線との乖離率(権利修正)が80%近くまで拡大し過去最大となって上値に対する警戒感もある。しかし、株価に勢いがついているため、乖離率100%まで拡大する可能性はありそうだ。現在、24ヶ月線は1500円どころにあるため、乖離率100%とみれば株価3000円の可能性がある。

 株価の動きがよいため少しでも調整安があれば積極的に買うところだろう。

>>ゼリア新薬工業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:07 | チャートでみる株価

【月足チャート診断】フライトホールディングスは月足チャートで今年の有望銘柄、新製品寄与から業績様変わり

チャート診断 フライトホールディングス<3753>(東マ・売買単位100株)の2013年末株価は1582円と権利修正で2012年末の136円から大きく上昇した。新製品ヒットで業績の急向上が評価されている。

 月足チャート(権利修正)では、2011年秋頃から150〜200円のモミ合いだったが、昨年夏に500円台に乗せ上放れ、さらに昨年11月には一気に3920円まで駆け上がった。モミ合いを上放れ新たな相場形成局面に入ったといえる。

 大規模な基幹系システム開発やスマートフォン向けなどのシステム構築を得意とする。ここから生まれたのが『インクレディスト』。スマートデバイスと一緒に使うことでクレジットカード、デビットカード、電子マネー、バーコードなど複数の決済が1台で可能というこれまでにないもの。

 昨年4月に発売を始め、9月中間期では6ヶ月間で同事業部門の売上は7億8200万円と前年同期の2000万円から急増した。部品などの供給体制を強化し今年は、昨年までの月産数1000台を数万台にもっていく。

 今3月期の営業利益は1億1500〜1億6500万円の見通しで、これまでの赤字から黒字に転換する。新製品が月産数万台になった時の利益はそうとう大きい数字が予想され、株価はこれからも強い展開が予想される。

 ただ、足元では24ヶ月線との乖離率が500%と非常に高いため、乖離率が200〜250%ていどまで縮小するまでは、1500円どころでしばらく休養とみられる。24ヶ月線自体が上昇するのを待ってからの再騰相場になるものとみられる。

 とくに、5月とみられる3月期決算発表頃までモミ合うなら、その後の相場はそうとう大きい展開が予想される。権利修正での高値である2006年1月の7980円も十分に期待できるだろう。

 中期投資での大幅高狙いの向きには1500円前後は絶好の買い場とみられる。今年の新興系における有望銘柄の有力候補とみられる。

>>フライトホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:55 | チャートでみる株価
2014年01月01日

【月足チャート診断】インフォマートは当面、高値圏でのモミ合いを想定、2月中旬の決算発表で急伸も

チャート診断 インフォマート<2492>(東マ・売買単位100株)の2013年末株価は、権利修正で前年末比689円高の1874円と上場来高値を更新した。

 昨年は年初1205円で始まり、1月の1128円を安値にほぼ一本調子の上昇で12月の1905円が年間での高値っとなっている(いずれも権利修正)。業績絶好調が株価好調の背景となっている。

 外食などフード業界向けBtoBのネットを活用した受発注システムが会員数と扱い商品数の伸びで、2013年12月期は16.0%増収、営業利益22.3%増益となったもよう。分割後1株利益は40.2円、配当は年31.69円の見通し。とくに、営業利益は9億9700万円と10億円台目前で、しかも3年前の2010年12月期に比べ64.7%の増益と優秀である。

 さらに、中期経営計画で2014年12月期に営業利益20億2600万円を掲げていることから今期見通しの好調と同時に前12月期についても予想を上回る可能性は極めて高いとみられる。2月14日に12月期決算の発表を予定している。

 ただ、足元では24ヶ月線との乖離率が200%超に達し、かなり大きいものとなっている。このため、決算発表の2月中旬まで高値圏でモミ合うことが予想される。むしろ、先行きにとってはモミ合うほうが大きい相場に育つ可能性があるといえる。。

 現在の中期経営計画が終了すれば新しい中期経営計画作成が予想されるだろう。とくに、これまで予想数字を一度も下回ったことのない信頼感があり、この点が好調な株価に繋がっているといえる。決算発表を控えた1800円台は仕込んで待つところだろう。

>>インフォマートのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:02 | チャートでみる株価

【月足チャート診断】アライドテレシスはいつでも飛び出せる月足チャート、今期利益倍増も

チャート診断 アライドテレシスホールディングス<6835>(東2・売買単位100株)の2013年末株価は前年末比16円高の90円だった。昨年の動きは年初82円で始まり5月に103円と2010年7月以来2年ぶりに100円台に乗せた。

 一方、昨年の安値は74円(1月)で、現在は高値と安値の「中間値」(88円)を上回る位置にある。24ヶ月線に対しては3月に上抜いて以降、同線の上での推移となっている。よって、月足チャートはいつでも飛び出せる形となっている。

 日本、アメリカ、欧州でネットワーク機器を開発し販売展開するグローバル企業で、欧州は低調ながらアメリカ及び日本が好調である。2013年12月期は16.7%増収、営業利益78.6%増益となったもようで1株利益は2.1円、配当は年3円の予定。

 続く2014年12月期も続伸が見込まれ、たとえば四季報・新春号では営業利益2倍、1株利益3.6円と予想している。

 5月に高値をつけたあとは、小浮動ながら90円台を固めている。24ヶ月線との乖離率拡大もなくタイミングさえ合えばいつでも上放れが見込まれる。

 昨年末の日経平均高値更新で1〜3月はマーケット全体に買い人気の高まることが予想される。3月上旬前後とみられる12月期決算発表で2014年12月期が好調ということになれば一気に5月高値を抜いて月足での上値のフシである165円(2010年4月)に挑戦とみられる。下値の固まっている90円台は仕込み場とみられる。

>>アライドテレシスホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:01 | チャートでみる株価