[話題]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/22)【話題】日本アビオニクスは新光商事の決算説明資料で「商談進行中」などとされ後場一段高
記事一覧 (04/06)7日にも「緊急事態宣言」と伝えられる、8割強が支持とするアンケートの報道も
記事一覧 (03/25)ケイアイスター不動産が内定取り消しを受けた学生を追加で新卒募集
記事一覧 (03/19)NY証券取引所が「立会場」当面閉鎖と伝えられる
記事一覧 (03/18)東証が上場廃止基準など一部緩和、新型コロナウイルスの影響を踏まえる
記事一覧 (03/12)トランプ大統領が演説へ、経済対策か、日本時間12日午前と伝わる
記事一覧 (02/21)フェローテックHDは中国拠点で万全の防疫体制、操業許可を取得し段階的に通常操業めざす
記事一覧 (02/19)【話題】インテリジェントウェイブの「変化日」は2月21日の見方
記事一覧 (01/06)【2020ニューイヤーセレモニー】野村HDが「東京2020オリンピック競技大会まであと200日!」イベントを開催!
記事一覧 (12/16)クリーク・アンド・リバー社はドローン開発会社サイトテックと大型ドローンによる物資の運搬や投下の目視外操作演習に協力
記事一覧 (12/16)JPホールディングスのグループ企業の日本保育サービスが運営するアスク上目黒保育園を乳幼児向け番組「シナぷしゅ」の制作陣が訪問
記事一覧 (12/11)ファンケルの創業者・池森会長が名誉相談役に
記事一覧 (12/05)ノーリツがシステムキッチンなどからの撤退を発表しクリナップに注目集まる
記事一覧 (12/04)JPホールディングスが令和元年度の「東京都スポーツ推進企業」に認定される
記事一覧 (11/28)ケイアイスター不動産と損害保険ジャパン日本興亜の女性社員が異業種交流会を開催
記事一覧 (11/21)ケイアイスター不動産グループが台風被害の千葉市に義援金を贈呈
記事一覧 (10/31)ホンダ系自部品3銘柄が連日急伸、「火のないところに煙だった・・・」と悔しがる声も
記事一覧 (10/23)東京モーターショーで500機のドローンが夜空を乱舞するスペクタクルショー
記事一覧 (10/07)ハブ、「ラグビーキャンペーン」効果で9月の既存店の売上高22%増加
記事一覧 (10/04)ZOZOやめた前澤友作氏が新会社スタートトゥデイを設立
2020年05月22日

【話題】日本アビオニクスは新光商事の決算説明資料で「商談進行中」などとされ後場一段高

■発熱者などの体表温を測る赤外線装置「多数の見積りを実施中」と

 日本アビオニクス<6946>(東2)は5月22日の後場一段高となり、12時40分過ぎに一時ストップ高の2880円(500円高)まで急伸した。

 発熱者などの体表温を測る赤外線装置の大手で、これまでも新型コロナウイルスの流行拡大とともに材料視されてきたが、この日は、新光商事<8141>(東1)が同日付で自社ホームページにアップした「2020年3月期・決算説明資料」の「海外ビジネス・感染症対策ソリューション構築(赤外線カメラ)」(29ページ)に、「日本アビオニク(株)製赤外線カメラの受注獲得・商談進行中」などとあることが材料視されたとの見方が出ている。

 同資料には、「お客様:欧米・アジア・アフリカの各国公館、病院他」「現在、既多数の見積りを実施中」などとあり、今後、アビオニクスへの発注が増加しそうな印象ではある。なお、アビオニクスの20年3月期決算は各利益とも黒字転換し、今期も収益が拡大する予想とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 話題
2020年04月06日

7日にも「緊急事態宣言」と伝えられる、8割強が支持とするアンケートの報道も

■ソフトバンクG孫氏のツイッターでは約24万人のうち82%が支持と

 新型コロナウイルス流行にともなう政府の「緊急事態宣言」について、「首相は宣言を出す方針を6日にも表明し、早ければ7日に宣言する」(読売新聞オンライン2020年4月6日朝)との見通しが伝えられた。

■発令を織り込み懸念出尽し高になるとの予想が

 また、ロイター通信が4月5日午前に配信したニュースは、ソフトバンクグループ(ソフトバンクG)<9984>(東1)の孫正義会長兼社長がツイッターで行った「緊急事態宣言」に関するアンケートで、回答した約24万人のうち82%が行動制限の強化などを伴う緊急事態宣言を受け入れるとしたと伝えた。

 こうした報道を受け、市場関係者の間には、「日経平均が今日安かったり、煮え切らない展開になる場合は、緊急事態宣言を織り込む動きが前倒し的に出てきたとみることができる。宣言発表後はひとまず心配事が出尽す形になり上げ相場が発生する可能性がある」との予想が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 話題
2020年03月25日

ケイアイスター不動産が内定取り消しを受けた学生を追加で新卒募集

■新型コロナにより就職活動の再開を余儀なくされた方も対象

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は3月25日、新型コロナウイルス(SARS−CoV2)の感染拡大により内定取り消しを受けた2020年度卒業予定の学生を対象に、追加で新卒社員を募集すると発表した。

■「働きがいのある会社」や女性活躍の「なでしこ銘柄」に選定

 同社は、埼玉県本庄市を発祥として、首都圏、中京圏、北九州地区ほかで戸建て住宅事業などを展開。この2月には、米国に拠点を置く国際的な「働きがい」調査機関「Great Place to Work」の「2020年版・日本における『働きがいのある会社』ランキング」のベストカンパニーに選出された。

 また、女性の活躍が光る会社として東京証券取引所の「なでしこ銘柄」にも選定されている。(募集対象・連絡先などは次ページに)
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 話題
2020年03月19日

NY証券取引所が「立会場」当面閉鎖と伝えられる

■来週から電子取引で、新型コロナ対策第2弾法案も成立へ

 ブルームバーグニュースによると、「ニューヨーク証券取引所は株とオプションの立会場を当面閉鎖し、週明け23日から完全電子取引に移行すると発表した」(2020年3月19日7:43更新より)。

 また、米上院は18日、新型コロナウイルス対策の第2弾となる法案を可決したと伝えられた。下院は既に可決済みで、トランプ大統領の署名を経て成立するという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 話題
2020年03月18日

東証が上場廃止基準など一部緩和、新型コロナウイルスの影響を踏まえる

■新市場区分への移行手続きも順延

 日本取引所グループ<8697>(東1)の東京証券取引所(東証)は3月18日午前、「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた対応方針について」を発表し、上場廃止基準における改善期間の延長や、2022年4月の新市場区分への移行に向けた手続きの開始の延期などを発表した。

 発表によると、上場廃止基準に関連する部分では、「新型コロナウイルス感染症の影響により債務超過となった場合を想定し、上場廃止基準における改善期間を延長(1年→2年)」、「指定替え基準においても、1年間の改善期間を設定」などの措置を取る。

 また、2022年4月の新市場区分への移行に向け、「本年3月より、現行制度の一部改正の手続を進めていく予定としていたが、今般の新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた対応を優先するため、これらの手続の開始は延期」するとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 話題
2020年03月12日

トランプ大統領が演説へ、経済対策か、日本時間12日午前と伝わる

 3月12日朝、米トランプ大統領が「日本時間の12日午前、国民向けの演説を行うことになりました」(NHKニュースWEB2020年3月12日7時54分)と伝えられた。「景気を下支えするための経済対策や各国への渡航制限などについて言及するとみられ」るという。

 米国11日の株式市場では、NYダウが1464.94ドル安(2万3553.22ドル)となり、前日の1167ドル高から一転反落。このところの下げ相場での安値を更新した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 話題
2020年02月21日

フェローテックHDは中国拠点で万全の防疫体制、操業許可を取得し段階的に通常操業めざす

■新型コロナウイルス流行に関するグループの対応状況を発表

 フェローテックホールディングス(フェローテックHD)<6890>(JQS)は2月20日、新型コロナウイルス(COVID‐19)の流行に関する同社グループの対応状況を発表した。
 
■中国各子会社は社員の安全を第一に衛生管理など万全の防疫体制

 さる1月21日、代表取締役・賀賢漢副社長を統括責任者とする対策本部を立ち上げ、中国子会社と連携を密に取りながら、現地の情報収集、社員の安全確保や感染拡大防止へ、全社を挙げて対応している。

 現時点で「COVID19」の罹患者は1人も出ていないとしたが、中国の各子会社では、社員の安全を第一に、検温やマスクの着用、衛生管理、隔離措置など万全の防疫体制を整えた上で、6千名を超える現地社員全員の安全確保と健康状態の確認を日々行っている。

守衛室での検温の様子
111.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | 話題
2020年02月19日

【話題】インテリジェントウェイブの「変化日」は2月21日の見方

■映画「スマホを落としただけなのに2」一斉公開の日に何かが起こる?

 インテリジェント ウェイブ<4847>(東1)は2月19日の後場寄り後に一段と強含み749円(19円高)まで上げる場面を見せて反発幅を広げている。

 業績が好調な上、市場関係者によると、2月21日に一斉公開の映画「スマホを落としただけなのに2『囚われの殺人鬼』」(製作:映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会、配給:東宝)に、最新のITシステムや近未来のセキュリティシステムなどに関する助言・監修を行ったとのこと。もし評判になれば株価材料としても注目できるようだ。

 第2四半期決算(2019年7月〜12月・累計)は、クラウドサービスが大きく寄与するなどで、営業利益が期初計画を8%強上回る3.68億円(前年同期比37.1%の増加)となり、純利益も2.37億円(同15.8%の増加)と2ケタの伸び率を確保した。前期の大型受注の反動減が出ている割には好調との受け止め方が出ている。

 このところの株価は、全体相場の調整に押されるように2月5日前後から調整基調に転じてきたが、19日は4日ぶりに反発基調となっている。市場関係者の中には、経験則的にな見地から、「こうした話題材料に絡む日が『変化日』になることが往々にして見受けられる」として底打ち反騰に注目する様子がある。

 6月通期の連結業績見通しは従来予想を継続し、営業利益は10.0億円(同8.5%の増加)、純利益は7.2億円(同5.3%の増加)、予想1株利益は27円37銭とした。業績動向は下期型だ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:02 | 話題
2020年01月06日

【2020ニューイヤーセレモニー】野村HDが「東京2020オリンピック競技大会まであと200日!」イベントを開催!

nomura11.jpg

■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!

 東京2020大会のゴールド証券パートナー野村ホールディングス<8604>(東1)は1月6日(月)、「東京2020オリンピック競技大会まであと200日!」イベントを東京証券取引所で開催した。証券業界の仕事始めである大発会の行われる本日は開会式までちょうど200日となるタイミング。

 イベントは、永井浩二氏(野村ホールディングス株式会社 代表執行役社長 グループCEO)と、武藤敏郎氏(東京2020組織委員会 事務総長)があいさつ。オリンピックで活躍したアスリートの澤穂希さん(サッカー 銀メダリスト:ロンドン2012大会)、吉田沙保里さん(レスリング 金メダリスト:アテネ2004大会、北京2008大会、ロンドン2012大会)、畠山愛理さん(新体操 日本代表:ロンドン2012大会)や、東京2020マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」がゲストとして登壇。56年ぶりに東京で開催するオリンピック、パラリンピックを世界中の人々が楽しむ姿のアピールに華を添えた。

nomura12.jpg

yoshida11.jpg

hatake11.jpg


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:52 | 話題
2019年12月16日

クリーク・アンド・リバー社はドローン開発会社サイトテックと大型ドローンによる物資の運搬や投下の目視外操作演習に協力

◇20kg以上の物資を目視外自律飛行で物資を指定したポイントに降ろす

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は、ドローン開発会社サイトテック(本社:山梨県南巨摩郡)と協業し、陸上自衛隊が11月に熊本県の大矢野原演習場で行った、大型ドローンによる物資の運搬や投下の目視外操作演習に協力した。

k1.jpg

 国産の大型ドローンによって、20kg以上の物資を目視外自律飛行で物資を指定したポイントに降ろし、そのまま自律飛行で往復2kmの距離を戻した実験に成功した。なお、このような実験は、同社の調査によると国内初という。

 演習期間は、11月10日(火)〜15日(金)で、大矢野原演習場(熊本県上益城郡山都町)で行った。演習内容は、20kg以上の物資運搬や投下などを目視外操作で可能とする大型UAV(無人航空機)の操作教育や、整備・運用に関する技術支援。20kg以上ある物品を1km先に自律飛行で運び、指定したポイントに降ろし、そのまま自律飛行で戻す操作と300m先への有線ケーブル引き 、100m上空からのビラ配り、高度と距離を変えての通信接続試験などを行った。

 同社は、ドローンに関わる技術開発者を営業・販促面、資金面でサポートするほか、フライト代行、人材育成とエージェン シー(派遣・紹介)を行っている。

 今回は、サイトテックの技術を最大限に活かす営業支援を行い、演習の共同プロジェクトを実施した。

 近年、地震や台風などの災害が増加している中、救援物資の運搬手段として機動性が高く、重量物の運搬が可能な大型ドローン活用への期待は年々高まっている。また、土木建設や農林業においても、資材や収穫物の運搬用途として導入され始めていることから、大型ドローンのニーズはますます高くなるものと予想される。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:54 | 話題

JPホールディングスのグループ企業の日本保育サービスが運営するアスク上目黒保育園を乳幼児向け番組「シナぷしゅ」の制作陣が訪問

◇1歳〜3歳の園児たち約20名に絵本の読み聞かせを行い、ダンスを一緒に踊る

 JPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業の日本保育サービスが運営するアスク上目黒保育園を、12月3日にテレビ東京の乳幼児向け番組「シナぷしゅ」の制作陣が訪れた。

jp1.jpg

 「シナぷしゅ」は12月16日〜20日の朝、テレビ東京系列で放送される主に0〜2歳の乳幼児を対象にした番組。今回は番組のプロデューサーでもあり出演者でもある松丸友紀アナウンサーが、アスク上目黒保育園の1歳〜3歳の園児たち約20名に絵本の読み聞かせを行い、ダンスを一緒に踊った。

 読み聞かせの後は、松丸アナが考案した番組オリジナル「シナぷしゅダンス」を一緒に踊り、元気に手をたたいたり、ジャンプしたり楽しんだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:34 | 話題
2019年12月11日

ファンケルの創業者・池森会長が名誉相談役に

■「次の人生のステージに移ることにワクワク」と日経「私の履歴書」で結ぶ

 ファンケル<4921>(東1)は12月11日、創業者で代表取締役会長執行役員・ファウンダーの池森賢二氏が2020年1月1日付(異動予定日)で名誉相談役・ファウンダーに就く人事を発表した。

 池森氏は、11月1日から30日まで日本経済新聞・朝刊「私の履歴書」に登場したばかり。最終回で、「これからはファンケルを今の社員とキリンホールディングスに完全に委ねる。今は82歳。(中略)少しはさみしくなるのかと思ったが、今は次の人生のステージに移ることにワクワクしている」と結んでいだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:14 | 話題
2019年12月05日

ノーリツがシステムキッチンなどからの撤退を発表しクリナップに注目集まる

■システムキッチン業界の再編を念頭に思惑を巡らせる動きも

 クリナップ<7955>(東1)は12月5日の前場、715円(9円高)で昼休みに入り、12月2日につけた年初来の高値717円に迫った。

 10月下旬に業績予想の増額修正を発表するなど、業績回復が目立つ銘柄のひとつ。加えて直近は、「ノーリツ風呂釜」のノーリツ<5943>(東1)が事業の集中と選択を目的に「住設システム分野から撤退し、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台の開発・生産・販売を2020年6月末に終了」(11月27日発表)などと発表したため、システムキッチンの大手としてクリナップに注目する動きが出ている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:18 | 話題
2019年12月04日

JPホールディングスが令和元年度の「東京都スポーツ推進企業」に認定される

■3年連続、スポーツを通じた子育て支援、アスリートの雇用と支援など評価

 JPホールディングス<2749>(東1)の東京本部が「令和元年度・東京都スポーツ推進企業」に11月下旬、認定されていたことが12月3日、分かった。

 同社は、保育園・学童クラブ・児童館など297の子育て支援施設を展開する子育て支援事業の最大手。「東京都スポーツ推進企業」は、東京都オリンピック・パラリンピック準備局が選定する「東京都スポーツ推進企業認定制度」において認定されるもので、社員のスポーツ活動を推進する取り組みや、スポーツ分野における社会貢献活動を実施している企業などを認定する。2015年度から実施しており、同社が認定されるのは、2017年から連続して3度目になる。今年度は、同社を含む374社が認定された。

■グループで元アテネ五輪陸上代表の中田有紀選手、パラリンピック卓球の鈴木伸幸選手、アルペンスキーの新井真季子選手を雇用

 同社グループ企業の(株)日本保育サービスでは、元アテネ五輪陸上7種競技代表の中田有紀選手、パラリンピック卓球の鈴木伸幸選手、アルペンスキーヤーの新井真季子選手を雇用し、アスリート活動を支援している。また、こども向けイベントへ所属選手を派遣してスポーツを通じた子育て支援活動を行っている。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:42 | 話題
2019年11月28日

ケイアイスター不動産と損害保険ジャパン日本興亜の女性社員が異業種交流会を開催

■女性社員の活躍推進やダイバーシティ推進の一環として「私らしい働き方」を考える

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は11月15日、女性社員の活躍推進やダイバーシティ推進の一環として、損害保険ジャパン日本興亜株式会社と女性社員異業種交流会を開催した。

 当日は、ケイアイスター不動産の地元である埼玉県本庄市の本庄早稲田リサーチパークに、両社から35名の女性社員が出席。相互の女性社員が、業種の壁を越え、結婚、出産、育児などのライフイベントを経験した時の気持ちの変化や働き方の変化について率直な意見交換をすることで、自分や周りの環境に合った「私らしい働き方」を考える場を設けた。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 話題
2019年11月21日

ケイアイスター不動産グループが台風被害の千葉市に義援金を贈呈

■「金額は些少ですが」住宅施工販売のグループ会社を中心に募金を募る

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)が台風被害の大きかった千葉の方々に義援金を贈呈していたことが、11月21日わかった。

 同社のグループ会社には、千葉市内を拠点に住宅施工販売を行う株式会社Fresco(フレスコ、本社千葉市、阿久津文和代表取締役)がある。フレスコが拠点とする千葉市周辺の被害もまた甚大であることを確認し、「日頃よりご支援をいただいている地域の皆様に、少しでも恩返しができないかとの思いより」、ケイアイスター不動産とフレスコの社内従業員、および、協力業者から募金を募った。

 義援金は532,558円。「金額は些少ですが、11月15日付けで千葉市社会福祉協議会宛てに義援金を贈呈しました」(執行役員・堀内本部長)。CSR活動の一環として注目に値する話になりそうだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:28 | 話題
2019年10月31日

ホンダ系自部品3銘柄が連日急伸、「火のないところに煙だった・・・」と悔しがる声も

■ケーヒン、ショーワ、日信工業、日立オートモティブSと統合発表

 日立製作所<6501>(東1)グループとホンダ<7267>(東1)グループが10月31日、各々の自動車部品会社の経営統合を発表したことを受け、株式を上場するホンダ系の自動車部品3銘柄が大幅続伸となっている。

■ケーヒンは9連騰、ショーワは8連騰…「何かがくすぶっていた」

 10時30分にかけて、ケーヒン<7251>(東1)は13%高の2607円(309円高)前後で推移し、30日のストップ高に続いて大幅続伸。同じくショーワ<7274>(東1)も4%高の2301円(95円高)前後で推移し、2日連続大幅続伸。同じく日信工業<7230>(東1)も2%高の2240円(48円高)前後で推移。一方、日立製とホンダは軟調。

 この3社と日立オートモティブシステムズ(非上場)の「再編」に関する観測報道が30日の早朝、「日立・ホンダ 車部品 再編へ加速…生産効率化へ規模拡大」(読売新聞オンライン10月30日05:00)などと伝えられ、この日は3銘柄とも一時ストップ高となった。

 なお、ケーヒンの株価は10月18日から31日までで9日続伸になり、ショーワは10月21日から同じく8日続伸、日信工業は10月23日から同じく7日続伸になる。市場関係者の中には、「火のないところに煙は立たずというが、今回は何かがくすぶっていたのだろう、株価は先見性がある」と嘆息する様子がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 話題
2019年10月23日

東京モーターショーで500機のドローンが夜空を乱舞するスペクタクルショー

m1.jpg

■初の試み、インテルの最先端テクノロジーにより音や光とシンクロして飛行

 一般社団法人・日本自動車工業会(豊田章男会長)は、このほど、「第46回東京モーターショー2019」(東京ビッグサイト、一般公開日:2019年10月25日(木)から11月4日)で、東京モーターショーとしては初の試みとして、500機の小型ドローンが最先端テクノロジーとシンクロして上空を乱舞する夜空のスペクタクルショーを開催する。ショーの開催は10月24日から27日までの4日間限定。

■「未来のモビリティ・エンターテインメント」提案のひとつ

 未来のモビリティ社会の主要なインフラの1つとなるドローンを活用した「未来のモビリティ・エンターテインメント」の提案として、インテルの「ShootingStar(シューティングスター)ドローン」が、3Dサウンド、レーザー、ライティングなどとシンクロする。全く新しい体験型のナイトショーになるという。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:03 | 話題
2019年10月07日

ハブ、「ラグビーキャンペーン」効果で9月の既存店の売上高22%増加

【9月の月次速報】全店ベースの売上高は26.6%も増加

 英国風パブを展開するハブ<3030>(東1)は10月7日の取引終了後、9月の月次速報を発表し、既存店の売上高は前年同月比21.8%増加した。全店ベースの売上高は同26.6%も増加した。

 8月までの上期(3〜8月)は、既存店の売上高が前年同期比2.5%減、全店は同0.2%減だったため、9月に入り急増する形になった。

 コメントによると、9月20日から開催のラグビーイベントを目的に来日する外国人に対し、前年度から継続的に実施している販売促進施策及びPR活動に加え、年初からの国内ラグビーファン拡大の取り組み等が奏功し、全店実績の対前年比は客数も121.3%となった。また、既存店の客数も同116.8%と高い水準になった。

 9月1日から9月30日の1ヵ月間、「HUB(ハブ)」・「82(エイティトゥ)」両ブランド全店(HUB浅草店を除く)で「ラグビーキャンペーン」を実施し、ました。「外国人顧客にわかりやすいメニュー表の提供」を目的に訪日外国人顧客の嗜好に合わせたメニューをピックアップ、英語表記をメインとしたメニュー表を作成し、ストレスなくオーダーしていただくことができるよう全社的に取り組んだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:25 | 話題
2019年10月04日

ZOZOやめた前澤友作氏が新会社スタートトゥデイを設立

■「まだ一人も社員はいませんがゼロから新事業を起こしていく予定」

 ZOZO<3092>(東1)の創業者で9月に社長を辞任した前澤友作氏が10月3日夜配信した自身のTwitter(ツイッター)で、辞任した直後に新会社スタートトゥデイ」を設立したことを明らかにした。

 10月3日19時35分の同氏のTwitterは、「【ご報告】ということで、私・前澤友作は、9月12日にZOZO社を辞任し、その直後に新会社「株式会社スタートトゥデイ」を設立し代表取締役社長に就任しました。まだ一人も社員はいませんが、今後このスタートトゥデイ社を通し、またゼロから新事業を起こしていく予定です。どうぞよろしくお願いします」とツイートした。

 ZOZOの株価(10月4日前引け)は2510円(17円高)となり、前日比で2日続伸含みとなっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:29 | 話題