スマートフォン解析
[話題]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/21)【話題】インバウンド消費は高額品から観光にシフトが鮮明
記事一覧 (07/14)【話題】夏の夜の夢、『九州沖縄オーシャンロード』
記事一覧 (07/05)【話題】株の街と住宅街は静かな選挙戦、若い人の支持あればNISA効果とも
記事一覧 (07/05)【話題】「マザーズ先物」7月19日開始、「高時価総額銘柄」に資金流入拡大の期待
記事一覧 (06/28)【話題】ストリームグループのエックスワンがインバウンド需要に向けて「日本の美」を象徴した新スキンケアシリーズ「ORIGAMI」発表
記事一覧 (06/15)【話題】中堅建設と道路株に新安値が目立つ、資材、労務費高で収益軒並み悪化
記事一覧 (06/14)【話題】トランプ円高がマーケットに吹き荒れる、ジャパン・パッシングの95年には1ドル=79円台
記事一覧 (06/08)【話題】日経平均の振幅が一段と縮小、早くも夏枯れの様相、水不足関連などに注目か
記事一覧 (06/07)【話題】クリナップ:レスリング部、明治杯全国大会で大活躍
記事一覧 (05/31)【話題】首相の解散は直前までウソをついても許される?!消費増税の延期を巡り選挙関連株に注目する動き
記事一覧 (05/26)【話題】G7出席のオバマ大統領に投資家のプレゼント、夏相場にも期待か
記事一覧 (03/31)【話題】2015年度末日経平均は前年度末を約2450円下回る、アベノミクス息切れ感響く
記事一覧 (03/30)【話題】サン電子は「出尽し予想」外れ一度利食った投資家も再び飛び乗る
記事一覧 (03/25)【話題】藤田菜七子騎手「ホリプロ入り決定」影響か?東京都競馬は伸びきれず
記事一覧 (03/24)【話題】東京都競馬が注目の女性騎手出場など念頭に持ち直す
記事一覧 (03/11)【話題】人工知能が囲碁で連勝しロゼッタなど「AI」関連株が活況高
記事一覧 (03/09)【話題株】ラクーンが急伸し国際越境ECサービスへの「ペイパル」導入など好感
記事一覧 (03/08)【話題】個人投資家が買い越し基調に転じる、マイナス金利が動かす、「高利回り銘柄」が主役に
記事一覧 (02/29)【話題株】スペースシャワーネットワークが秋葉原のメイドカフェを買収
記事一覧 (02/26)【話題】フジテレビが米国の位置情報ゲーム大手に出資しモバイルファクトリーが高い
2016年07月21日

【話題】インバウンド消費は高額品から観光にシフトが鮮明

inba1.jpg

■6月の百貨店売上高は3.5%減少

 日本百貨店協会が20日発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後(既存店ベース)で前年同月比3.5%減少となった。5月の同5.1%減少に比べて減少率は1.6ポイント改善したが4ヶ月連続の前年割れだった。国内購買客(シェア97.2%)が低調なことに加えて、訪日外国人(シェア2.8%)は購買客数が同14%増加(41ヶ月連続前年比プラス)したものの、購買単価が同30.2%下落し、売上高は同20.4%減少して3ヶ月連続の前年割れとなった。

 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した6月の全国コンビニエンスストア売上高が既存店ベースで前年同月比0.8%増加(2ヶ月ぶりの前年比プラス)したのと対照的であり、訪日外国人による高額品消費の落ち込みが鮮明だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:25 | 話題
2016年07月14日

【話題】夏の夜の夢、『九州沖縄オーシャンロード』

okinawa1.jpg

■直線600キロ、実現なら日本列島改造総仕上げに

 夏の夜、蒸し暑さの中で夢を見ていた。鹿児島県指宿から高速道路に乗り、屋久島、奄美大島、沖縄本島を結ぶ、『九州沖縄オーシャンロード』を、潮風と絶景に囲まれて車を走らせていた。今月末に政府が公共投資中心に景気対策を予定していることが、雄大な夢を見させてくれたようだ。

 北海道、九州、四国は鉄道と道路で固く結ばれている。空路、航路以外の鉄道・道路で結ばれていないのは沖縄である。鹿児島から直線距離にして600キロメートルていどだろうか、これだけの距離に橋を作ることは常識ではナンセンスだろう。しかし、地図を眺めると、鹿児島から沖縄に至る海域には大小の島がけっこう点在している。しかも、島々が連なるように並んでいることからみれば周辺はそれほど水深は深くないように思える。

 本四連絡橋を走行すると実に爽快である。仮に、九州沖縄オーシャンロードと名付ければ、本四橋とは比べものとならない爽快にして絶景だろう。政府の公共投資とはいっても、今の日本列島には大きい投資先はなく、せいぜいメンテナンスが中心だろう。長らく、沖縄に軍事基地等で厄介をかけてきたことに対しせめての国民からの贈り物としてプレゼントしたいものである。

 スピードを出しすぎて、自動運転装置が、ピーと警告音を発したところで夏の夜の夢から覚めた。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:50 | 話題
2016年07月05日

【話題】株の街と住宅街は静かな選挙戦、若い人の支持あればNISA効果とも

senkyo1.jpg

 参議院選挙を今週末に控えているが、兜町はいつもの選挙と違って選挙カーの街宣が非常に少なく大変静かである。シルーバー民主主義といわれるが、投資家民主義もありそうだ。株の街はほとんどが自民党支持で、とくに、今回から18歳からの投票権が認められたことから安定票の地域より若い人の多い繁華街、学生の街がターゲットになっているのだろう。

 今回、衆議院とのダブル選挙が消えたことでムサシ<7521>など選挙関連株はほとんど人気になっていない。その代わりに、日経平均が6日続伸となるなどマーケット全体で自民・公明の勝利を先取りする展開となっている。仮に、「若い人が自公に投票するようなら、アベノミクスで進めてきたNISAなどの効果も含まれているだろう」との見方もされている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:17 | 話題

【話題】「マザーズ先物」7月19日開始、「高時価総額銘柄」に資金流入拡大の期待

mm1.jpg

 「東証マザーズ指数先物」が2016年7月19日に取引開始となる。新たな先物は、「日本の新興市場のみを対象とする、初の上場先物商品」(東証HPより)。この先物取引が始まれば、マザーズ指数と連動するように運用する投資信託などが組成しやすくなり、機関投資家などのまとまった資金もマザーズ銘柄に流入しやすくなると期待されている。

 注目点は、どのような銘柄に資金が流入しやすくなるか、だが、先物のベースになる東証マザーズ指数が「マザーズ市場に上場する全銘柄を対象として算出される時価総額加重平均型の指数」(同)のため、単純に見て時価総額の大きい銘柄ほど有利になるとされる。指数連動投信などを組成する際には、端的には、時価総額の大きい銘柄から順に組み入れる形になるとされている。

 東証マザーズ銘柄の中で時価総額の大きい銘柄は、日々の値段によって変動があるものの、
ミクシィ<2121>(東マ)CYBERDYNE(サイバーダイン)<7779>(東マ)サンバイオ<4592>(東マ)ヘリオス<4593>(東マ)そーせいグループ<4565>(東マ)、などが挙げられている。

 最近上場した銘柄で、このところ日々の売買代金上位に顔を出すのはキャリア<6198>(東マ)農業総合研究所<3541>(東マ)グリーンペプタイド<4594>(東マ)など。

 2ヵ月ほど前までは、アキュセラ・インク<4589>(東マ)ブランジスタ<6176>(東マ)JIG−SAW(ジグソー)<3914>(東マ)なども上位銘柄だったが、
直近はやや順位が後退した。

 なお、同じ時価総額型指数の先物でも、2014年11月に取引開始となった「JPX日経インデックス400先物」の場合は、ベースになるJPX日経インデックス400指数の構成銘柄に「ウェイト制限」があり、個々の銘柄の時価総額での組み入れ上限が指数全体の1.5%までになっている。それでも時価総額の大きい銘柄によって構成される点に大きな変わりはない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:03 | 話題
2016年06月28日

【話題】ストリームグループのエックスワンがインバウンド需要に向けて「日本の美」を象徴した新スキンケアシリーズ「ORIGAMI」発表

o11.jpg

■イメージキャラクターには中華圏で人気絶大な酒井法子さん

 ネット通販などを行うストリーム<3071>(東マ・売買単位100株)の子会社で化粧品・健康食品の開発や製造販売を行うエックスワン(東京都港区、齊藤勝久社長:上の写真・右)は6月28日、昨今の多様化するインバウンド需要などを踏まえ、ジャパンクオリティ(日本の高品質)を低価格帯で手軽に体感できる新スキンケアシリーズ「ORIGAMI」(おりがみ)を発表。最初の製品として、米麹エキスなどにより、うるおいと透明感のある日本美人肌をイメージするフェイシャルローションなど5商品を発売するとした。

o12.jpg

 この新スキンケアブランドは、日本を代表するビューティープロデューサー「王子」こと及川尚輔氏(写真・左)がプロデュースし、イメージキャラクターには、大和撫子(なでしこ)の代名詞として中国はじめ中華圏で人気絶大な酒井法子さん(上の写真・中央ほか)に就任してもらった。

 ブランド名の「ORIGAMI」は、代表的な日本文化のひとつとして、いまや世界共通語であり、美しく繊細な造型を作り上げる「技」と、ひと折ごとに真心を込めた「おもてなし」を象徴する意味で命名したという。

 エックスワンは2017年に創業30周年を迎え、最近では、最先端の再生医療技術を応用したヒト幹細胞コスメ「XLUXES」(エクスリュークス)が一昨年の発売以来、評判になっている。

origa1.jpg
新スキンケアシリーズ「ORIGAMI」

 新スキンケアシリーズ「ORIGAMI」のスタート5商品のうち、たとえば「ORIGAMIコラーゲン原液」は、九州産のとらふぐから抽出した「とらふぐコラーゲン」を使用し、油脂が少なく水に溶けやすく、肌の保湿力という点では、7日間使用後の水分量が一般的なコラーゲンよりアップするという。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:15 | 話題
2016年06月15日

【話題】中堅建設と道路株に新安値が目立つ、資材、労務費高で収益軒並み悪化

 6月15日のマーケットでは中堅建設株と道路株が年初来安値に沈んでいるのが目を引く。銭高組<1811>、ナカノフドー建設<1827>戸田建設<1860>北野建設<1866>、植木組<1867>などがそろって年初来新安値となっているほか道路株の東亜道路<1882>、日本道路<1884>大林道路<1896>が安値を更新している。

 これらの銘柄には4ケタを超える銘柄はなく、このため買われすぎ人気の反動による下げではなく年初から上値と下値を共に切り下げる人気離散型の中での安値更新といえる。

 四季報を開くと、減益の程度には違いがあるものの、各社とも軒並み減益見通し。資材高と労務費高が利益を圧迫している姿である。日本列島強靭化、地方創生、オリンピック、東北復興、九州復旧など環境は好いように思われるが、実際は厳しいようである。このあたりにもアベノミクスの腰折れ感が現れているようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:48 | 話題
2016年06月14日

【話題】トランプ円高がマーケットに吹き荒れる、ジャパン・パッシングの95年には1ドル=79円台

tora1.jpg

 『トランプ円高』がマーケットに強烈なプレッシャーとなっている。6月21日号のエコノミスト誌(毎日新聞)が特集で報道しているもので、円高の具体的水準には触れられていないが、同誌では、ジャパン・パッシング政策を採ったビル・クリントン元大統領のときを引き合いに出している。クリントン大統領在任中の1995年4月、為替市場で史上初めて1ドル=80円割れして79円75銭まで円高が進んだ、ということだ。

 アメリカ・ファースト(米国第一主義)を唱えるトランプ候補は、「米キャタピラーはコマツと競争するには円安で難しい」、「中国や日本は為替操作の名人」などと、大統領就任後は為替操作国を制裁するとしている。駐留米軍経費は全額を日本側が負担すべきとも発言、日本にとっては安全保障問題と同時に財政悪化問題にもつながってくるだけに非常に大きい問題。大統領選挙まで5カ月となっただけに中長期投資家にとっては今のこの時期はとても株を買える雰囲気ではないようだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:14 | 話題
2016年06月08日

【話題】日経平均の振幅が一段と縮小、早くも夏枯れの様相、水不足関連などに注目か

■高値と安値の値幅が6月1日は273円、7日は165円・・・・

 日経平均の値動きが6月になって小幅になっている。当日の高値と安値の値幅が、6月1日=273円、2日=293円、3日=162円、6日=259円、7日=165円、そして8日は途中ではあるが202円という状況で、「短期売買投資家でさえ手が出し難い、短期投資家泣かせの相場」(市場関係者)となっている。

 3月期決算が終わり、消費税延期が決まったことで景気対策も期待できないことから手掛かり材料難だ。7月10日の参議院選挙が終われば、さらに、材料空白となり、「夏枯れ相場」が予想される。

 今年も昨年を上回る猛暑が予想されており、関東の水瓶は貯水率53%ていどと伝えられ、水不足が予想されている。エアコン、天然水、ヒエピタ、氷菓などサマーストックの出番となりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 話題
2016年06月07日

【話題】クリナップ:レスリング部、明治杯全国大会で大活躍

■鈴木博恵選手・女子75s級優勝、田野倉翔太選手・グレコ59s級準優勝

 明治杯全日本選抜選手権大会(東京・代々木第2体育館・5月27日から3日間開催)で、クリナップ<7955>(東1)のレスリング部から出場した、鈴木博恵選手(女子75s級)が優勝、田野倉翔太選手(グレコローマン59s級)が準優勝する好成績を記録するなど大活躍した。

yuu1.jpg

→明治杯を手にする鈴木選手(左)と、声援をおくる同社応援団(右)

 鈴木選手は全試合、無失点で見事優勝した。昨年夏に膝の手術をし、今年3月までレスリングから遠ざかっており、約1年ぶりの公式戦復帰となった。

 今回の優勝で大会5連覇を達成し、最優秀選手に与えられる明治杯を受賞、同社レスリング部創部以来、初の快挙となった。

 また、田野倉選手は圧巻の強さで勝ち進み、決勝も積極的に攻め続けたが結果は準優勝に止まった。

■今後も日本のレスリング発展に貢献したい〜同社

 同社は、CSRの一環として1992年にレスリング部を創部して以来、企業スポーツとして運営し、これまで天皇杯全日本選手権大会で5連覇を達成した長島和幸選手、シドニーオリンピック出場選手の宮田和幸選手など、優秀な選手を輩出している。

 また、生産拠点である福島県いわき市で、キッズレスリングを支援しており、今後も日本のレスリング発展に貢献したいと話している。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:01 | 話題
2016年05月31日

【話題】首相の解散は直前までウソをついても許される?!消費増税の延期を巡り選挙関連株に注目する動き

s11.jpg

 消費税の増税延期の観測を巡り、衆参同時選挙の可能性が取り沙汰されている。30日は、安倍首相が午後に公明党の山口代表に2年半の延期を正式に伝えたと報道された。

 これに対し、麻生財務相や自民党の谷垣幹事長、稲田政調会長は前回選挙との整合性から再度、衆議院選を行って国民に信を問うべきとの意見と伝えられている。また、30日夕方には、野党4党首が内閣不信任案を31日に提出することで合意と伝えられた。

 株式市場には、「首相の解散と日銀総裁の金融政策は直前までウソをついても許される」との見方があるようで、衆議院の解散による突然の選挙も株価材料。政界の動向をにらみながら、7月の参議院選挙に衆議院選挙が重なるケースを想定して選挙関連株に注目する動きがある。東京都知事選も100%ないとは言いきれないとの見方もある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:20 | 話題
2016年05月26日

【話題】G7出席のオバマ大統領に投資家のプレゼント、夏相場にも期待か

obama3.jpg

 5月25日(水)のNYダウが145ドル高と、前日の214ドル高に続いて大きく上昇し注目となっている。住宅販売の好調など景気の堅調なことが評価されていることがあるが、実は、違った背景がチラついているようだ。(1)先に行くほど大統領選挙が控えているため動き難くなることから今のうちにひと相場、(2)6月に追加利上げが行われたとしても次は12月まで利上げ問題から解放される、(3)アメリカの景気を拡大に結びつけたオバマ大統領に今回が最後となるG7出席に対しウオール街がNYダウ高のプレゼントをした、といったことのがあるようだ

 G7は、企業でいえばパーティのようなもの。業績と株価堅調の社長は胸を張れる。ましてや、世界が注目する先進国首脳会議となれば、経済でひとり勝ちのアメリカは存在感を大いに発揮できる。当然、アメリカ株式会社であるオバマ社長に対し、ウオール街からの「株高プレゼント」が用意されたとしても不思議ではないだろう。

 もっとも、G7のあとは要注意である。早速、6月には利上げの可能性が待っている。かなり、織り込んでいるとはいっても景気にとってはプレッシャーとなるだけに調整安の可能性はあるだろう。しかも、G7後にはG7各国がどのような景気対策を採ってくるか未知数だし、多くは期待できないということもある。

 米大統領選挙まで5カ月。新大統領後の経済、外交政策など不透明なことが多いだけに先に行くほど相場は手掛け難くなる。今年の夏は、利上げを乗り越えてオバマ政権総仕上げを飾るサマーラリー相場にもっていくのかどうか大いに注目される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:24 | 話題
2016年03月31日

【話題】2015年度末日経平均は前年度末を約2450円下回る、アベノミクス息切れ感響く

 2015年度末(16年3月末)の日経平均は1万6758円と2014年度末(15年3月末)の1万9206円に比べ約2450円(約12.7%)低い株価となった。

 昨年はアベノミクス最盛期でコーポレートガバナンスコード方針に伴う高ROEと増配を背景に6月に2万0952円をつけにいく過程にあった。現在はアベノミクスに息切れ感が台頭していることが昨年度末に比べ大きく値を下げるところとなっている。4月新年度入りで政府・日銀の景気対策が実現するかどうかがポイントだろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:16 | 話題
2016年03月30日

【話題】サン電子は「出尽し予想」外れ一度利食った投資家も再び飛び乗る

■米FBIの「アイフォーン」ロック解除にイスラエル子会社の技術 

 サン電子<6736>(JQS・売買単位100株)は30日、今年の高値を更新し、一時22%高の1270円(232円高)まで上げたあとも15%高前後で大幅続伸となっている。米国でFBI(米連邦捜査局)がアップル社のスマートフォン「iPhone」(アイフォーン)のロック解除に成功し、解除に使われた技術がサン電子のイスラエル子会社、セレブライト社の技術だったと米メディア経由で伝えられ、注目が高揚した。

 もっとも、これに関連する報道は24日などに「セレブライト社(イスラエル)の技術が有効」(ロイター通信)などと伝えられたことがあり、サン電子の株価は24、25日に連続ストップ高となった。3月14日付では、今3月期末に創立45周年の記念配当を発表した。れらの段階で出動した投資家の中には、「ロック解除に成功と伝わった段階で期待材料は出尽したとみて利食った向きも少なくなかった」(市場関係者)とされるが、材料出尽し感どころか一段高のため、再び飛び乗る動きがあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 話題
2016年03月25日

【話題】藤田菜七子騎手「ホリプロ入り決定」影響か?東京都競馬は伸びきれず

■16年ぶりの女性騎手24日は2度1着の大活躍だが競馬ゲーム株も軟調

 東京都競馬<9672>(東1・売買単位千株)は25日の前場、222円(5円高)を上値に伸びきれず、前引けは221円(4円高)だった。競馬の世界で16年ぶりに登場した女性騎手・藤田菜七子騎手(18、美浦・根本康広厩舎)が24日、浦和競馬場(埼玉県浦和市)で7回レースに出て2回1着と伝えられ、競馬人気の回復に期待があったが、朝、「ホリプロ入り決定!4月から正式所属」(スポーツ報知3月25日5時0分配信)と伝わり、ハシゴを外された気分になる投資家もあったようだ。

 競走馬育成ゲーム「ダービーインパクト」を配信するエイチーム<3662>(東1・売買単位100株)の前引けは反落の2.4%安。同じく「ダービーロード みんなのKEIBA」のオルトプラス<3672>(東1・売買単位100株)も反落の1.0%安。

 ただ、スポーツ報知の報道によると、「ホリプロには現役のアスリートが多数所属する」とし、「プロ野球・西武の菊池雄星(24)やJリーグ・浦和の槙野智章(28)ら第一線で活躍するプロ選手が顔をそろえる。シーズンオフのテレビやイベント、CM出演などのマネジメントをホリプロが手掛け、その手腕はアスリート間でも定評があった」という。

 東京都競馬の大井競馬場では、夏にナイター競馬「トゥインクルレース」を開催。中央競馬と地方競馬の違いはあっても藤田騎手が出場する可能性はもちろんあるそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:42 | 話題
2016年03月24日

【話題】東京都競馬が注目の女性騎手出場など念頭に持ち直す

■デビュー戦でいきなり2着の藤田菜七子騎手が24日浦和競馬に出場

 東京都競馬<9672>(東1・売買単位千株)は24日の前場、219円(2円高)で始まった後4円安まで軟化したが、前引けにかけては前日比変わらずまで回復。出来高は半日でほぼ今週の一日平均に並び売買活発となった。

 競馬の世界で今年3月、16年ぶりに登場した女性騎手・藤田菜七子騎手(18、美浦・根本康広厩舎)が24日、浦和競馬場(埼玉県浦和市)で第7レースに出場すると伝えられ、競馬人気の回復などに期待する様子がある。

 藤田菜七子騎手は、デビュー戦となった3月5日の中山競馬場2レースで、並みいる男性騎手を抑えていきなり2着に入った。24日の関東地方は朝から小雨模様で肌寒く、レースは荒れ模様との予想があるものの、成績しだいでは再び脚光を集めそうだ。

 東京都競馬によると、藤田菜七子騎手は「中央競馬」の所属になり、東京都競馬が管理する大井競馬場(東京都)は「地方競馬」。しかし、両方の騎手や競走馬は「交流戦」で対戦しており、藤田騎手が24日に出場する浦和競馬場も地方競馬になる。大井競馬場では、夏場にナイター競馬「トゥインクルレース」を開催することで知られ、藤田騎手が出場する可能性はもちろんあるそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:34 | 話題
2016年03月11日

【話題】人工知能が囲碁で連勝しロゼッタなど「AI」関連株が活況高

■世界的な囲碁棋士イ・セドル九段と「AlphaGo」の対局12日にも決着か

 11日午前の東京株式市場では、全体相場が再び大きく下げたこともあり、材料株や次世代の産業テーマに乗る銘柄の値動きが活発化し、「AI」(人工知能)関連株の逆行高が目立っている。

 たとえば、自動翻訳システムのロゼッタ<6182>(東マ・売買単位100株)は昨日の15%高に続いて本日11時にかけては10%高の1845円(166円高)と戻り高値を更新し、電子データ解析などのUBIC<2158>(東マ・売買単位100株)は朝方の3%安から切り返して1.4%高と堅調相場に転換。テクノスジャパン<3666>(東1)も堅調転換して強い。

 この一因として、市場関係者の中には、米グーグルグループの英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能システム「AlphaGo」(アルファ碁)と世界的な囲碁のトップ棋士イ・セドル九段(李九段・韓国)との対局が3月9日、10日にソウルで行われ、人工知能の「アルファ碁」が2連勝と伝えられたことを挙げて注目し直す姿勢がある。

 この対局は9日から10、12、13、15日の日程で5回対戦と伝えられており、最終決着はまだ分からない。報道を総合すると、李九段は日本の井山裕太碁聖に勝利した世界的な実力者だ。

 ただ、2回戦終了後には「アルファ碁が完璧で終始リードできなかった」と語ったとされ、勝ち星の数で行けば最短で12日に勝敗がつく可能性はある。人工知能が勝った場合、株式市場では週明けに「AI」関連株が一段と人気化するとの見方も出ている。

 ほかに主な「AI」関連銘柄としては、SJI(2315)、DeNA(2432)、UKCホールディングス(3156)、テクノスジャパン(3666)、インタートレード(3747)、システムズ・デザイン(3766)、ユニリタ(3800)、フィスコ(3807)、RVH(6786)などが挙げられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:00 | 話題
2016年03月09日

【話題株】ラクーンが急伸し国際越境ECサービスへの「ペイパル」導入など好感

■スーパーデリバリー「SDexport」の利便性が一段と向上

 企業間の卸/仕入れサイト運営などを行うラクーン<3031>(東1・売買単位100株)は9日の前場、急伸相場となり、8%高の589円(44円高)まで上げて大きく出直る展開になった。

 同日付で、主要サイト「スーパーデリバリー」の国際越境ECサービス「SD export」が、このほど203の国と地域で1億7900万人が利用するネット決済のグローバルスタンダード「PayPal」(ペイパル:PayPal Pte. Ltd.本社:シンガポール)への対応を開始したと発表。期待が高揚した。

 同社の国際越境ECサービス「SD export」は、国内のメーカーと海外の小売店が取引できる卸・仕入れサイトで、メーカーは日本国内にあるスーパーデリバリー倉庫に商品を発送するだけで、世界134ヵ国の小売店や企業と手軽で安全に取引することができる。ペイパルに事前にクレジットカード情報を登録しておけば、カード情報を購入先に伝える必要はなく、IDとパスワードを入力するだけで決済が完了するという。

 株価は2015年12月から16年1月にかけて400円前後から879円まで急伸を演じたばかりで、このときは幅広い意味での「フィンテック」(金融IT)関連銘柄として期待が強まった。3月6日で1月の高値から3カ月を過ぎたため、日柄調整に一巡感が広がる頃合いになり、再び動きやすくなるとの見方がある。業績は連続最高益を更新する見込みのため買い安心感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:39 | 話題
2016年03月08日

【話題】個人投資家が買い越し基調に転じる、マイナス金利が動かす、「高利回り銘柄」が主役に

■買い越しに転じた個人投資家

 昨年暮れまで売り越しだった個人投資家が年明けから買い越しに転じている。昨年10月、11月、12月は3カ月連続で売り越し、3カ月合計で約1兆9300円に達していた。年が変わった1月から一転して買い越しに転じ1月、2月と連続買い越し、合計で約4300億円となっている。直前3カ月の売り越し額に対しては約22%にとどまっており買い越しの規模としては心もとないが、多くの金融資産を保有する個人が前向きになってきたことは心強いことである。

 背景には、日経平均が昨年来高値2万0952円(15年6月)から今年2月の1万4865円まで日柄で1年3カ月、下落率で約3割の下げとなるなるなど相場に対する値ごろ感がある。しかも、アベノミクスに陰りはみられるものの、安倍内閣に対する支持率は高く、アベノミクスに対する期待は続いていることがある。

 とくに、「不透明感を増す世界景気情勢の中で牽引役だったアメリカに代わって日本が景気の押し上げ役として期待され注目されている」(中堅証券)という背景もある。

 しかも、1月末に発表されたマイナス金利政策が個人の心理に響き始めたようである。既に、MMFファンドは募集を中止している。個人の預金はマイナスにはならないとしても利息は、あってないに等しいていど。株式マーケットには利回り3%程度の銘柄は数多くあり、個人の目が向き始めたといえるようだ。

 3月期、4月期、5月期決算銘柄に月が変わるごとに高利回り銘柄の配当取りの買いが続くものとみられる。このため、超低金利が続く異常、マーケットの主役は、「好業績・高利回り銘柄」となることが予想され、材料株の「夢追い銘柄」は脇役という展開だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:20 | 話題
2016年02月29日

【話題株】スペースシャワーネットワークが秋葉原のメイドカフェを買収

■アイドル・アニメなども事業開発、今3月期末から株主優待を開始

 衛星テレビの音楽番組制作などのスペースシャワーネットワーク<4838>(JQS・売買単位100株)は29日、2月8日以来3週間ぶりに400円(30円高)台を回復する始まりとなり、値上がり率は7%前後でJASDAQ銘柄の値上がり率5位前後に入る場面があった。

 26日の夕方、秋葉原でメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」を展開するインフィニア株式会社(東京都千代田区外神田)の連結子会社化と株主優待制度の導入を発表。これまで同社グループが扱ってこなかった領域を開拓すべく、アイドル、アニメ、コンセプトカフェといった分野で事業開発を進めているとしたため、いわゆる「サブカルチャー」ビジネスを上場会社がどのように発展させるか興味が強いようだ。

■「@ほぉ〜むカフェ」世界最大級のクチコミ旅行サイトで海外観光客にも認知

 発表によると、インフィニアは、秋葉原でメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」を5店舗展開する5店舗展開している。同店は、今世紀初頭のメイドカフェブームを経て現在もなお幅広い客層に愛されている秋葉原を代表するメイドカフェで、また、「@ほぉ〜むカフェ」は、昨年、世界最大級の口コミ旅行サイト「トリップアドバイザー」で「2015年エクセレンス認証」を獲得するなど、日本のみならず海外の観光客にも広く認知されているという。株式譲渡実行日は平成28年2月29日の予定で、100%子会社化する。

 また、株主優待は、毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された、同社株式1単元(100株)以上を保有する株主を対象にクオカード500円分を贈呈。平成28年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された、同社株式1単元(100株)以上を保有する株主を対象に開始する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 話題
2016年02月26日

【話題】フジテレビが米国の位置情報ゲーム大手に出資しモバイルファクトリーが高い

■世界的なGPS位置情報ゲーム「イングレス」のナイアンティック社に出資

 フジ・メディア・ホールディングス<4676>(東1・売買単位100株)のフジテレビは26日、米・グーグル社発のベンチャー企業で世界的な人気スマートフォンゲーム「イングレス」を運営するNiantic,Inc.(ナイアンティック社、カリフォルニア州)に出資し資本参加したと発表した。

 ナイアンティック社は、グーグルマップの責任者だったジョン・ハンケ氏によってグーグル社の社内ベンチャーとして創業され、昨年10月グーグル社が持ち株会社に移行したのに伴い独立。ナイアンティック社が開発・運営している「イングレス」は世界で1400万ダウンロードされている人気ゲームで、スマートフォンに搭載された全地球測位システム(GPS)などの位置情報を使い、実際の場所を訪れながら、自分の陣地を広げてゆく陣取りゲームです。専用アプリは200を超える国と地域でダウンロードされている。

 2015年10月には、任天堂<7974>(東1)、ポケモン(東京都港区)が米グーグルと共同でナイアンティック社に出資したと伝えられた。

 これを受け、26日の東京株式市場では、同じく全地球測位システム(GPS)などの位置情報を駆使するオンラインゲーム位置情報連動型ゲーム「駅奪取」などを提供するモバイルファクトリー<3912>(東マ・売買単位100株)が午後は2030円(34円高)まで上げ、位置情報ゲーム関連株が動意づく展開となっている。

 モバイルファクトリーは東京メトロ(東京地下鉄株式会社)の各駅にに実証実験用として設置したビーコンを使用するO2O(オンライントゥーオフライン:ネット上の店舗と実店舗の架け橋)イベントを、位置情報連動型ゲーム「駅奪取」にて開催するなど多くの実績がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:20 | 話題