[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/24)竹田印刷は黒字化やイベント人数制限の撤廃など好感されストップ高
記事一覧 (11/19)【株式市場】日経平均は147円21銭高、後場一段ジリ高となり反発
記事一覧 (11/19)デサントから大谷翔平選手の今シーズンの活躍を記念した大谷翔平選手モデルの「水沢ダウン」を46着限定生産決定
記事一覧 (11/07)【注目銘柄】NEW ARTは2Q決算発表を先取りし業績期待が高まる
記事一覧 (10/24)四国電力、安藤ハザマ、東京ガス、イーレックスなど6社は香川県坂出市において木質バイオマス発電事業を共同で実施
記事一覧 (10/16)「クリナップ福井ショールーム」が本日10月16日(土)に移転オープン
記事一覧 (10/14)東映アニメが出直り強める、韓国の総合エンタメ大手との戦略提携など好感される
記事一覧 (10/11)Sansanは12%高、11月末の株式4分割など好感され四半期決算も順調
記事一覧 (10/04)日経平均は6日ぶり反発基調の273円高で始まる、NY株はダウ482ドル高、岸田氏の経済対策などに期待も
記事一覧 (09/29)岸田氏が当選、自民党の総裁選、決選投票で岸田氏257票、河野氏170票
記事一覧 (09/28)【どう見るこの株】バルテスは下値固め完了、22年3月期大幅増収増益予想
記事一覧 (09/27)エスケイジャパンが年初来の高値、『鬼滅の刃』テレビ視聴率21%と伝えられ関連グッズに期待再燃
記事一覧 (09/24)グローバルインフォメーションは2ヵ月ぶりに1800円台復帰、業績動向など再認識される
記事一覧 (09/15)10月10日・11日は『2021年デジタルの日』、デジタル庁と産学官民で人に優しいデジタル社会目指す
記事一覧 (09/14)アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」上野駅東京で上野動物園ジャイアントパンダ双子の赤ちゃん誕生記念オリジナルグッズを販売
記事一覧 (09/10)加賀電子は4日続伸し一段高、SBI証券が目標株価4800円に引き上げる
記事一覧 (09/07)日経平均3銘柄を採用、任天堂、キーエンス、村田製、定時入れ替え
記事一覧 (08/25)ピックルスコーポレーションの子会社は「豆腐の和風あんかけの素」を9月1日に発売
記事一覧 (08/24)タカショーは3日続伸し大幅に値を上げる、業績上方修正と増配を好感
記事一覧 (08/24)プラコーは中期事業計画と自社株買いを好感して一時ストップ高
2021年11月24日

竹田印刷は黒字化やイベント人数制限の撤廃など好感されストップ高

■半導体関連マスク事業は引き続き好調に推移

 竹田印刷<7875>(東2)は11月24日、3日続伸の一段高となり、ストップ高の731円(100円高)で売買されながら今年3月以来の700円台に進んでいる。9月時点では「企業イベント中止でBPO回復力鈍い」(会社四季報・秋号)とされていたが、11月19日、「飲食・イベント人数制限を撤廃、政府、19日中に決定へ」(11月19日の日経電子版)と伝えられ、この日から連騰となって動意を強めている。

 第2四半期連結決算(2012年4〜9月・累計)は前年同期比で各利益とも黒字化し、3月通期の見通しを営業利益は従来予想比25%増に引き上げた。半導体関連マスク事業が引き続き好調に推移していること、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の解除により社会経済活動が回復に向かっていること、などを要因に挙げた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース
2021年11月19日

【株式市場】日経平均は147円21銭高、後場一段ジリ高となり反発

◆日経平均は2万9745円87銭(147円21銭高)、TOPIXは2044.53ポイント(9.01ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億9635万株

 11月19日(金)後場の東京株式市場は、日本製鉄<5401>(東1)が一段高で始まり、19日に取りまとめられる予定の経済対策に期待の見方。トヨタ自<7203>(東1)も値を戻して始まり、13時には完全にプラス圏に浮上した。日経平均は前引けを上回って始まり、小動きだが上値をセリ上げ、大引けにかけて169円88銭高(2万9768円54銭)まで上げ、前日比で大きく反発した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | 株式投資ニュース

デサントから大谷翔平選手の今シーズンの活躍を記念した大谷翔平選手モデルの「水沢ダウン」を46着限定生産決定

 デサント<8114>(東1)グループのデサントジャパンは11月19日、『デサント』ブランドがアドバイザリー契約を結んでいる大谷翔平選手の2021年シーズンにおける活躍を記念し、『デサント』ブランドが誇る職人の手から生まれる高機能ダウンジャケットである「水沢ダウン」の大谷選手モデル「MIZUSAWA DOWN FOR SHOHEI OHTANI」を、大谷選手が今シーズンに放った46本のホームランにちなみ、46着限定で生産すると発表。

desa1.jpg

 同社は、大谷選手が高校時代に所属していた野球部のユニフォームを『デサント』ブランドが手掛けていたこともあり、2014年から大谷選手とアドバイザリー契約を結んでいる。大谷選手の意見をもとに開発し、試合や練習時に大谷選手も着用している野球用アンダーシャツ「RELAXFIT SHIRT(リラックスフィットシャツ)」をはじめ、『デサント』が強みとする「モノをつくる力」で大谷選手のパフォーマンスをサポートし続けていく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース
2021年11月07日

【注目銘柄】NEW ARTは2Q決算発表を先取りし業績期待が高まる

 NEW ART HOLDINGS<7638>(JQS)は、25日移動平均線水準での三角保ち合いに煮詰まり感を強めている。同社株は、今年11月10日に今2022年3月期第2四半期(2021年4月〜9月期、2Q)累計決算の発表を予定しており、これを先取り期初予想通り2Q累計業績が2ケタ増収増益転換して着地し、3月期通期純利益も2期ぶりに過去最高を更新するのを期待して割安修正買いが再燃した。今年7月に連結子会社化したオークション会社とともに第2回目のオークションを11月18日に開催を予定していることも、業績期待を高めている。

■ジュエリー店舗の新規出店を積極継続し来店客が増加

 同社の今3月期2Q累計業績は、売り上げ96億円(前年同期比12.0%増)、営業利益11億2000万円(同31.3%増)、経常利益10億3000万円(同15.6%増)、純利益6億4000万円(同34.5%増)と大幅増収増益転換が見込まれ、3月期通期業績も同様に売り上げ227億3000万円(前期比20.0%増)、営業利益30億7000万円(同36.3%増)、経常利益29億3000万円(同20.1%増)、純利益16億6000万円(同47.4%増)と予想され、純利益は、2020年3月期の過去最高(15億2900万円)を更新する。新型コロナウイルス感染症予防の緊急事態宣言下で休業を余儀なくされた商業施設内のジュエリー店舗の営業が正常化し、新規店舗も前期の9店舗に続いて積極拡大して来店客が増加し、エステサロンでも大型店舗オープンで新規顧客を開拓、今年7月に子会社化したエスト・ウェストオークションズ社とは2回の美術品オークションの開催を予定していることなどが要因となる。配当は、年間70円(前期実績50円)と連続増配を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:18 | 株式投資ニュース
2021年10月24日

四国電力、安藤ハザマ、東京ガス、イーレックスなど6社は香川県坂出市において木質バイオマス発電事業を共同で実施

■国内最大級となるバイオマス発電所を建設

 四国電力<9507>(東1)安藤ハザマ<1719>(東1)東京ガス<9531>(東1)イーレックス<9517>(東1)、新光電装、坂出郵船組の6社は10月22日、香川県坂出市において木質バイオマス発電事業を共同で実施すると発表。

shikoku1.jpg

 同事業は、香川県坂出市林田町の港湾地区約4.4万平方メートルの敷地に、国内最大級となる出力約7万5千kWのバイオマス発電所を建設し、海外から輸入する木質ペレットを燃料として発電するもので、これまでイーレックスと新光電装が主体となって開発を進めてきた。同事業に、四国電力、安藤ハザマ、東京ガス100%出資子会社のプロミネットパワー、坂出郵船組の4社が参画するもの。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース
2021年10月16日

「クリナップ福井ショールーム」が本日10月16日(土)に移転オープン

■新しい暮らしの創造に向けイメージが膨らむショールームに刷新

 クリナップ<7955>(東1)は、顧客接点強化の一環として、交通利便性の向上と生活価値提案の充実を目的に、福井ショールーム(福井県福井市)を移転し、10月16日(土)午前10時からグランドオープンする。移転は26年ぶり。

kurina1.jpg

 新ショールームは福井北インターからほど近い県道268号線に面し、郊外からの顧客も、車で来場しやすい立地。嶺北北部は、商業施設やレジャーなどで県下でも注目のエリア。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:54 | 株式投資ニュース
2021年10月14日

東映アニメが出直り強める、韓国の総合エンタメ大手との戦略提携など好感される

■グローバル市場向けコンテンツの共同企画・製作など2023年から開始

 東映アニメーション<4816>(JQS)は10月14日、次第に強含む相場となり、午前10時過ぎには5%高の2万1200円(970円高)まで上げて出直りを強めている。10月12日に韓国企業との戦略提携を発表し、13日には、「江戸×アイドル」がテーマのパイロットフィルム『洒落どる(しゃれどる)』を10/25(月)にYouTubeで公開!、と発表し、期待が強まった。

 12日、韓国の総合エンターテインメント企業・株式会社CJ ENM(ソウル)と、グローバル市場向けコンテンツの共同企画・製作に関する戦略的な業務提携協定を10月8日付で締結と発表した。「新規作品」をはじめ、両社のヒット作の「アニメーション化」と「実写化」を含め、合計3ラインで共同企画・開発・製作・投資を行い、2023年から順次展開することを目指すという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース
2021年10月11日

Sansanは12%高、11月末の株式4分割など好感され四半期決算も順調

■第1四半期は売上高25%増加し経常利益は7.4倍に

 Sansan<4443>(東1)は10月11日、急伸商状となり、12%高の1万1630円(1250円高)まで上げて大きく出直っている。8日15時に第1四半期決算と株式4分割を発表し、買い材料視されている。

 第1四半期の連結決算(2021年6〜8月)は売上高が前年同期比25%増加し、営業利益は赤字だったが経常利益は同7.4倍に急回復した。また、2021年11月30日(火)を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式1株につき4株の割合をもって分割するとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース
2021年10月04日

日経平均は6日ぶり反発基調の273円高で始まる、NY株はダウ482ドル高、岸田氏の経済対策などに期待も

 10月4日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が273円40銭高(2万9044円47銭)で始まり、前週末までの5日続落から6日ぶりの反発基調となっている。自民党の岸田新総裁は、きょう午後、衆参両院本会議で首相指名に臨む。

 前週末のNY株式は3指数とも反発し、ダウは482.54ドル高(3万4326.46ドル)。一時646.64ドル高の3万4490.56ドルまで上げた。9月ISM製造業景気指数などが好感された。NASDAQ総合指数は6日ぶりに反発。

 シカゴの日経平均先物は2万9050円となり、東京市場1日の現物(日経平均)の終値を340円ほど上回った。(HC)


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース
2021年09月29日

岸田氏が当選、自民党の総裁選、決選投票で岸田氏257票、河野氏170票

 自民党総裁選は上位2人による決選投票で岸田文雄前政調会長が当選と伝えられた。15時過ぎに判明した。岸田氏257票、河野氏170票。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | 株式投資ニュース
2021年09月28日

【どう見るこの株】バルテスは下値固め完了、22年3月期大幅増収増益予想

 バルテス<4442>(東マ)はソフトウェアテストサービス事業を主力としている。22年3月期予想は採用増に伴う人件費増加などを吸収して大幅増収増益予想としている。中期的にもソフトウェアテストをアウトソーシングする流れが加速する見込みであり、良好な事業環境も背景として収益拡大を期待したい。株価は安値圏で軟調だが下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。

■ソフトウェアテストサービス事業が主力

 経営方針に「品質向上のトータルサポート企業」を掲げ、ソフトウェアテストサービス事業を主力として事業展開している。また連結子会社において、Web/モバイルアプリ開発サービス事業やオフショアサービス事業も展開している。

 ソフトウェアテスト専門会社として年間2100件以上のプロジェクト実績を誇っている。独自の研修カリキュラムによる高スキルエンジニアの早期育成・戦力化を強みとしている。

 中期経営目標として24年3月期売上高100億円を掲げている。Web/モバイルアプリ開発サービス事業では22年3月期中に、脆弱性診断×WAF(Web Application Firewall)でセキュリティ対策を徹底サポートする新サービスの開始を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:29 | 株式投資ニュース
2021年09月27日

エスケイジャパンが年初来の高値、『鬼滅の刃』テレビ視聴率21%と伝えられ関連グッズに期待再燃

■「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」テレビ初放送で視聴率21.4%と

 エスケイジャパン<7608>(東1)は9月27日、再び上値を追い、午前11時にかけて9%高の545円(51円高)まで上げて今年7月以来の540円台に進み、年初来の高値を更新した。「キャラクター・ファンシー事業」で大ヒットアニメ『鬼滅の刃』の関連グッズを取り扱っており、9月25日夜にテレビで初放送された『鬼滅の刃』の視聴率が21.4%に達したと伝えられ、人気の波及など期待が強まっている。

 大ヒットアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が25日、フジテレビ系の「土曜プレミアム」(後9・00)でテレビ初放送され、平均世帯視聴率は21・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった(スポニチAnnex9月27日9:02配信)などと伝えられた。エスケイジャパンの第1四半期連結決算(2021年4〜6月)は、売上高が前年同期比18.0%増加し、営業利益は5.2倍の急回復となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:26 | 株式投資ニュース
2021年09月24日

グローバルインフォメーションは2ヵ月ぶりに1800円台復帰、業績動向など再認識される

■上期の動向など盛り込んだ「ビジネスレポート」を開示し注目再燃

 グローバルインフォメーション<4171>(JQS)は9月24日、後場も次第高となり、14時過ぎに9%高の1828円(146円高)まで上げて7月30日以来の1800円台復帰となっている。国内外で市場調査レポート事業などを行い、9月22日付でホームページの「IR情報」に「ビジネスレポート2021.1〜21.6」をアップし、あらためて注目されたと見られている。

 今期・2021年12月期の業績予想は、この期から連結決算となり、前期までとの単純比較では売上高と経常利益が2期ぶりに増加し、営業利益と純利益は連続増加する見込みになる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース
2021年09月15日

10月10日・11日は『2021年デジタルの日』、デジタル庁と産学官民で人に優しいデジタル社会目指す

■「#デジタルを贈ろう」をテーマにオンラインイベント開催

d1.jpg

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、2021年9月1日に発足したデジタル庁をはじめ、産学官民の企業・団体と共に10月10日と11日を「デジタルの日」として、人に優しいデジタル社会の実現を目指し、各種取り組みを実施する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース
2021年09月14日

アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」上野駅東京で上野動物園ジャイアントパンダ双子の赤ちゃん誕生記念オリジナルグッズを販売

■ピンバッジ「Twin Pandas Pin」/ Tシャツ「Panda T−shirt」

 WDI<3068>(JQS)は、様々な音楽を聴きながら料理が楽しめるアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」の上野駅東京店のレストランに併設するオリジナルグッズを販売するロックショップで、上野動物園で誕生したジャイアントパンダの双子の赤ちゃんの生誕を記念し、パンダのイラストをデザインしたグッズ各種を9月18日(土)から数量限定で店頭販売を、また、ハードロックカフェ オフィシャルオンラインショップでは、9月17日(金)から先行販売を開始すると発表。

cafe1.jpg

 販売されるのは、ギターに抱きつく双子のパンダのイラストと誕生日をデザインし、ゴールド(オンラインショップ限定販売)、シルバーの2色で展開するオリジナルピンバッジ2種類と、仲睦まじいきょうだいのパンダをデザインしたオリジナルTシャツ1種類。いずれもハードロックカフェのロゴマークを配し、キュートな中にオリジナリティを光らせたデザインに仕上げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース
2021年09月10日

加賀電子は4日続伸し一段高、SBI証券が目標株価4800円に引き上げる

■8月のいちよし経研に続き投資判断の引き上げ相次ぐ

 加賀電子<8154>(東1)は9月10日、一段高となり、3175円(75円高)まで上げて4日続伸基調となっている。最高益更新見込みの好業績を背景に、このところ証券会社から投資評価の引き上げが相次いでおり、8月中旬のいちよし経研に続き、9日にはSBI証券が加賀電子株式の目標株価の引き上げを発表、3900円から一気に4800円まで引き上げるリポートを発表し、注目されている。

 SBI証券のリポートでは、「電子部品とEMSが好調で、SBI証券予想を大きく上回った22/3期1Q決算」に基づき、「半導体商社とEMS(受託製造)事業のコラボレーションで2022年3月期以降も好業績が継続する見方に変更はない」とし、投資判断を「買い」、目標株価を4800円(それまでは3900円)に変更した。

 なお、いちよし経済研究所は8月10日付で加賀電子株式への評価を引き上げ、フェアバリュー(適正株価)を5000円(従来比500円高)に見直した。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:50 | 株式投資ニュース
2021年09月07日

日経平均3銘柄を採用、任天堂、キーエンス、村田製、定時入れ替え

■10月1日から、除外は日清紡HD、東洋製缶GHD、スカパーJSATHD

 日経平均株価を算出する日本経済新聞社は6日夕方、代表的な日経平均(225銘柄)の構成銘柄について3銘柄を入れ替えると発表した。毎年10月の定期見直しにともない、「市場流動性の点からキーエンス、村田製作所、任天堂を採用する。業種セクター間の銘柄数の過不足調整により日清紡ホールディングス、東洋製缶グループホールディングス、スカパーJSATホールディングスを除外する。10月1日の算出から入れ替える」(日本経済新聞9月7日付朝刊)。

 キーエンス<6861>(東1)村田製作所<6981>(東1)任天堂<7974>(東1)とも高く始まっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2021年08月25日

ピックルスコーポレーションの子会社は「豆腐の和風あんかけの素」を9月1日に発売

■豆腐一丁でおかず一品があっという間に完成!

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)の連結子会社であるフードレーベルは、「豆腐の和風あんかけの素」を2021年9月1日に発売する。

toufu1.jpg

 かつおや昆布、しいたけの旨味が効いた、たけのこ・しいたけ・にんじんの具材入り和風あん。豆腐一丁と本品だけで食卓の一品が完成する。冷たい豆腐にそのままかける、豆腐と一緒にレンジで温めるといったように、冷・温どちらの食べ方でも使える。パッケージ裏面のQRコードからアクセスしたサイトに、アレンジレシピも掲載している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:11 | 株式投資ニュース
2021年08月24日

タカショーは3日続伸し大幅に値を上げる、業績上方修正と増配を好感

 タカショー<7590>(東1)は24日、97円高(9.3%高)の1140円まで上げて3日続伸し、大幅に値を上げて年初来高値を更新している。前日(23日)発表の22年1月期の連結業績予想について、売上高を196億8000万円から203億5000万円(前期比10.1%増)、営業利益を11億9500万円から15億600万円(同30.3%増)、純利益を9億円から11億円(同15.5%増)へ上方修正した。また期末一括配当を23円(前期20円)に引き上げた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:51 | 株式投資ニュース

プラコーは中期事業計画と自社株買いを好感して一時ストップ高

 プラコー<6347>(JQ)は24日、一時80円高(16.3%高)の570円とストップ高している。昨日(23日)発表の中期事業計画で、26年3月期に売上高100億円(22年3月期計画は33億円)、営業利益10億円(同3億円)を目指すとした。また同時に、発行済み株式数(自社株を除く)の11.66%にあたる100万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施するとしたことなどを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース