[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/21)神戸天然物化学は底打ち、21年3月期収益改善期待
記事一覧 (01/20)アーバネットコーポレーションは販売用不動産の売却を決定
記事一覧 (01/20)TOAは反発の動き、20年3月期営業増益予想
記事一覧 (01/20)グッドコムアセットは上値試す、20年10月期大幅増益予想
記事一覧 (01/20)フィードフォースは上値試す
記事一覧 (01/20)ツクルバは上値試す、20年7月期売上総利益40%成長目指す
記事一覧 (01/17)ミロク情報サービスは「第18回新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン」に協賛
記事一覧 (01/17)NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増収増益予想
記事一覧 (01/17)共栄セキュリティサービスは上値試す、20年3月期2桁増収増益予想
記事一覧 (01/17)CRGホールディングスは上値試す、20年9月期大幅増益予想
記事一覧 (01/17)キュービーネットホールディングスは上値試す、20年6月期2桁増益予想
記事一覧 (01/16)ミロク情報サービスは「【関西】クラウド業務改革 EXPO」に出展
記事一覧 (01/16)サニーサイドアップは「ゴーン会見を助けた一部上場カリスマ女性社長」などで注目され後場次第高
記事一覧 (01/16)ジェイックは底値圏、20年1月期大幅増収増益予想
記事一覧 (01/16)サイバー・バズは上値試す、20年9月期大幅増収増益予想
記事一覧 (01/16)新日本製薬は底値圏、20年9月期2桁増益予想
記事一覧 (01/16)カオナビは上値試す、人材マネジメントシステムを展開
記事一覧 (01/15)大丸エナウィンは上値試す、20年3月期増収増益予想
記事一覧 (01/15)ダブルエーは底打ちの可能性
記事一覧 (01/15)川本産業は急伸
2020年01月21日

神戸天然物化学は底打ち、21年3月期収益改善期待

 神戸天然物化学<6568>(東マ)は有機化学品の研究・開発・生産ソリューション事業を展開している。20年3月期は大幅減益予想だが、21年3月期の収益改善を期待したい。株価は徐々に下値を切り上げて底打ち感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:26 | 株式投資ニュース
2020年01月20日

アーバネットコーポレーションは販売用不動産の売却を決定

■売却価格は2019年6月期の売上高総額の10%を超える額

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)は20日、販売用不動産の売却を決定した。

 売却物件は、投資用ワンルームマンション(所在地:東京都墨田区亀沢)の64戸(延床面積2611.25平方メートル)。契約締結は20年6月下旬を予定している。引渡は、20年12月下旬。

 売却先及び売却価格については、売買契約における守秘義務条項に基づき、公表を控えているが、売却価格は2019年6月期の売上高総額の10%を超える額に相当。ちなみに、19年6月期の売上高は、200億86百万円であった。

販売用不動産の売却については、2021年6月期の業績予想数値に含まれているが、開示すべき事項が生じた場合には速やかに開示するとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:10 | 株式投資ニュース

TOAは反発の動き、20年3月期営業増益予想

 TOA<6809>(東1)は音響機器事業とセキュリティ機器事業を展開している。20年3月期営業増益予想である。株価は直近安値圏から反発の動きを強めている。調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:24 | 株式投資ニュース

グッドコムアセットは上値試す、20年10月期大幅増益予想

 グッドコムアセット<3475>(東1)は、東京23区中心に新築マンション企画・開発・販売を展開している。20年10月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は水準を切り上げて戻り高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:23 | 株式投資ニュース

フィードフォースは上値試す

 フィードフォース<7068>(東マ)はデータフィードを活用して、企業のデジタルマーケティングを支援する事業を展開している。20年5月期は第3四半期から連結決算に移行するが、連結子会社が業績に与える影響を精査中(個別業績はサービス利用案件が増加して大幅増収増益予想)としている。収益拡大を期待したい。株価は急伸してIPO時の上場来高値に接近している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:21 | 株式投資ニュース

ツクルバは上値試す、20年7月期売上総利益40%成長目指す

 ツクルバ<2978>(東マ)は中古住宅流通プラットフォームcowcamoを展開している。20年7月期は利益予想非開示だが、売上高と売上総利益で40%以上の成長を目指すとしている。収益拡大を期待したい。株価は10月の安値で底打ちして戻り歩調だ。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:19 | 株式投資ニュース
2020年01月17日

ミロク情報サービスは「第18回新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン」に協賛

◇幼児から小・中学生、大人まで幅広い世代が参加

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は、1月26日に開催される「第18回新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン」に協賛する。

 「新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン」は、ハーフマラソン、10km、健康マラソン(3km・2km、 ファミリーラン他)の種目に分かれている。明治神宮外苑をスタートし、ゴールとなる明治神宮野球場を目指し、新宿の緑や都市景観を楽しみながら走ることができる。参加者は、幼児から小・中学生、大人まで幅広い世代が参加できる。そのため、全国から例年1万人以上の多くのランナーが参加する。 また、ハーフマラソンおよび10kmの部では、特定非営利活動法人日本知的障がい者陸上競 技連盟が主催する「第5回日本IDハーフマラソン選手権大会」を同時開催する。

 同社グループからは、毎年社員とその家族が参加しており、本年も約60名が大会にエントリーしている。

 ミロク情報サービスは、企業理念に基づき、文化活動や環境・社会貢献活動などのCSR活動に積極的に取り組んでいます。その一環として、本社所在地である新宿区で開催される「新宿シティハーフマラソ ン・区民健康マラソン」への協賛・サポートを行い、地域のスポーツ振興を推進している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | 株式投資ニュース

NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増収増益予想

 NATTY SWANKY<7674>(東マ)は、餃子を軸にした居酒屋「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」をチェーン展開している。20年6月期大幅増収増益予想である。12月の既存店売上は2ヶ月連続の前年比プラスと堅調だった。収益拡大を期待したい。株価は戻り歩調だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:20 | 株式投資ニュース

共栄セキュリティサービスは上値試す、20年3月期2桁増収増益予想

 共栄セキュリティサービス<7058>(JQ)は施設巡回警備を中心とする警備会社である。20年3月期2桁増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は急伸して上場来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:18 | 株式投資ニュース

CRGホールディングスは上値試す、20年9月期大幅増益予想

 CRGホールディングス<7041>(東マ)は、人材派遣・紹介と製造請負の人材サービス関連事業を主力として、業務効率化支援関連も展開している。20年9月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は戻り歩調だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:16 | 株式投資ニュース

キュービーネットホールディングスは上値試す、20年6月期2桁増益予想

 キュービーネットホールディングス<6571>(東1)は、低価格・短時間ヘアカット専門店QB HOUSEをチェーン展開している。20年6月期2桁増益予想である。既存店売上は順調に推移している。収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏から反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:14 | 株式投資ニュース
2020年01月16日

ミロク情報サービスは「【関西】クラウド業務改革 EXPO」に出展

◇コスト削減・運用効率化に資するクラウド製品を展示

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は、2020年1月29日(水)〜31日 (金)の3日間、インテックス大阪で開催される「【関西】クラウド業務改革 EXPO」に出展する。

 展示会は、毎年東京で開催される「クラウドコンピューティング EXPO」の関西版で、昨年別々に開催された「クラウドコンピューティング EXPO」と「モバイル活用展」を統合した大規模展示会。関西エリアの企業・官公庁・団体の情報システム、経営企画、総務・人事・経理部門を対象に、クラウドプラットフォーム、ERP、働き方改革ソリューション、グループウェアなど、コスト削減・運用効率化に資するクラウド製品を展示する。

 同社の主な展示ソリューションは、業務効率化を推進する従業員向けクラウドサービス『Edge Tracker』、中堅企業向け ERP システム『Galileopt NX−Plus』、中小企業向け ERP システム『MJSLINK NX−Plus』、小規模事業者向け会計・給与サービス『かんたんクラウド』、申告書作成から電子申告までをフルサポート『MJS 税務 NX−Plus』、マイナンバー管理システム『MJS マイナンバーCloud』、情報漏えい対策アプライアンス『SOXBOX NX−Plus』等である。

(申し込み方法)
https://form.reedexpo.co.jp/ITK/?lg=jp&tp=inv&ec=CLD

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:34 | 株式投資ニュース

サニーサイドアップは「ゴーン会見を助けた一部上場カリスマ女性社長」などで注目され後場次第高

■週刊文春、週刊新潮の記事で話題になり最高益など改めて注目される

 サニーサイドアップ<2180>(東1)は1月16日の後場、取引開始から次第高となり、12時40分過ぎには1125円(24円高)の現在高(本日この時間までの高値)に進んだ。週刊誌の記事で話題になり、最高益基調の好業績が改めて注目されたとの見方が出ている。

 市場関係者の間で、日本を脱出したカルロス・ゴーン氏を巡り、この日発売の週刊新潮に載った「逃亡劇に浮上した大手芸能プロ、中田英寿PR会社」と題する記事のPR会社は同社だとされている。また、やはり同日発売の週刊文春「ゴーン会見を助けた一部上場カリスマ女性社長」は同社の次原悦子社長だとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | 株式投資ニュース

ジェイックは底値圏、20年1月期大幅増収増益予想

 ジェイック<7073>(東マ)は、就職ポテンシャル層を対象とする教育融合型人材紹介サービスを主力としている。20年1月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は反発力が鈍く安値圏でモミ合う形だ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、ほぼ底値圏だろう。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:25 | 株式投資ニュース

サイバー・バズは上値試す、20年9月期大幅増収増益予想

 サイバー・バズ<7069>(東マ)は、インフルエンサーサービスを主力としてソーシャルメディアマーケティング事業を展開している。20年9月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は高値圏だ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:23 | 株式投資ニュース

新日本製薬は底値圏、20年9月期2桁増益予想

 新日本製薬<4931>(東マ)は、シンプルスキンケアブランド「パーフェクトワン」化粧品を主力としている。20年9月期2桁増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は急落してモミ合う形だが底値圏だろう。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:21 | 株式投資ニュース

カオナビは上値試す、人材マネジメントシステムを展開

 カオナビ<4435>(東マ)はクラウド型の人材マネジメントシステムを展開している。20年3月期は積極的な投資を継続するため営業赤字拡大見込みだが、売上高50%以上の成長、売上総利益率70%以上の収益性を目指すとしている。株価は戻り高値圏から反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:19 | 株式投資ニュース
2020年01月15日

大丸エナウィンは上値試す、20年3月期増収増益予想

 大丸エナウィン<9818>(東2)は、LPガスや住宅設備機器販売のリビング事業を主力としている。20年3月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は高値圏モミ合いから上放れの動きを強めている。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:59 | 株式投資ニュース

ダブルエーは底打ちの可能性

 ダブルエー<7683>(東マ)は、婦人靴の販売を国内および海外で展開している。20年1月期は下方修正したが増収増益予想である。株価は急落した12月の安値から反発の動きを強めている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、底打ちした可能性もありそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:58 | 株式投資ニュース

川本産業は急伸

 川本産業<3604>(東2)はガーゼなど医療用衛生材料の大手である。20年3月期大幅増益予想である。収益改善を期待したい。株価は中国での新型ウイルス肺炎発生を材料視する形で急伸している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:56 | 株式投資ニュース