[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/06)セイヒョーが後場急伸しストップ高、「新潟県内はフェーン現象で37度予想」など材料視の見方
記事一覧 (09/06)エービーシー・マートは上期の全店売上高13.4%増など好感され大きく出直って始まる
記事一覧 (09/05)日経平均は83円安で始まる、NY株はダウ337ドル安と反落、NASDAQは6日続落
記事一覧 (08/31)第一生命HDが堅調、「コロナ入院給付金の見直し検討」など材料視される
記事一覧 (08/26)フライトシステムコンサルティングの子会社フライトシステムコンサルティングはSBペイメントサービスと包括代理加盟店契約を締結
記事一覧 (08/26)ミロク情報サービスは新税務システム『MJS 税務 DX』を9月から販売開始、グループ通算制度、事業所税に対応
記事一覧 (08/25)綿半ホールディングスは株主優待制度の拡充を発表
記事一覧 (08/24)いすゞ自動車が約2ヵ月ぶりに年初来高値を更新、引き続き日野自の代替需要に期待
記事一覧 (08/16)キャンバスが後場急伸しストップ高、「CBP501臨床第2相試験ステージ1被験者登録完了」に期待集中
記事一覧 (08/15)【注目銘柄】リョービが連日高値、電動化・軽量化部品が将来的な収益の柱に
記事一覧 (08/08)レーザーテックが一段と出直る、6月決算の連続最高更新と今期の一段拡大予想を好感
記事一覧 (08/06)【チャートでみる株価】アドテック プラズマ テクノロジーはミニ・ゴールデンクロス(GC)を示現、上昇トレンド転換を示唆
記事一覧 (07/13)東京電力HDはきょう株主代表訴訟の判決が予定され様子見、小浮動
記事一覧 (07/09)【注目銘柄】タンゴヤは期末接近で業績上方修正を見直し売られ過ぎ修正期待を強めて反発
記事一覧 (07/01)And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが中南信用金庫(湘南・大磯)とリバースモーゲージローン保証などで提携
記事一覧 (06/03)グンゼは背中にNASAのために開発された調温素材を使用した睡眠専用Tシャツ「寝るT」を発売
記事一覧 (05/31)31日上場のトリプルアイズは買い気配のまま公開価格の35%高(午前10時過ぎ)
記事一覧 (05/24)【株式市場】日経平均は朝寄りを上値に軟調で138円安、資源関連株や防衛関連株など高い
記事一覧 (05/19)Jトラストは22年12月期利益予想を上方修正(訂正版)
記事一覧 (05/13)ジーニーは22年3月期大幅増益、23年3月期も大幅増益予想
2022年09月06日

セイヒョーが後場急伸しストップ高、「新潟県内はフェーン現象で37度予想」など材料視の見方

■新潟・北陸を地盤に「ご当地アイス!」を展開

 セイヒョー<2872>(東証スタンダード)は9月6日の後場、急伸商状となり、取引開始後にストップ高の9200円(1500円高)をつけ、5日までの4日続落から急反発となっている。新潟・北陸を地盤に「ご当地アイス!」の「もも太郎」などを製造販売し、台風11号によるフェーン現象のため「新潟県内はフェーン現象で37度予想も、熱中症に警戒必要」(TBSNWES9月6日12:04)などと伝えられたことが買い材料視されたとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:59 | 株式投資ニュース

エービーシー・マートは上期の全店売上高13.4%増など好感され大きく出直って始まる

■8月の月次動向は既存店は16%増、全店が18%増

 エービーシー・マート<2670>(東証プライム)は9月6日、大きく出直って始まり、取引開始後は4%高の5960円(220円高)まで上げ、取引時間中としては8月18日以来の5900円台に進んでいる。5日の15時過ぎに発表した月次動向「8月度概況」の売上高が既存店で前年同月比16.0%増加など好調で、注目再燃となっている。

 8月までで上期(3〜8月)分が出そろい、上期の既存店の売上高は前年同期比8.1%の増加となった。また、全店売上高は8月が18.1%増加し、上期は13.4%増加した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース
2022年09月05日

日経平均は83円安で始まる、NY株はダウ337ドル安と反落、NASDAQは6日続落

 9月5日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が83円55銭安(2万7567円29銭)で始まった。

 前週末のNY株式は3指数とも下げ、ダウは337.98ドル安(3万1318.44ドル)と反落しS&P500種も反落、NASDAQ総合指数は6日続落。ダウは午前中に370.48ドル高(3万2026.90ドル)まで上げたが保てなかった。

 CME(シカゴマーカンタイル取引所)の日経平均先物は2万7515円となり、東京市場2日の現物(日経平均)終値を46円近く円下回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 株式投資ニュース
2022年08月31日

第一生命HDが堅調、「コロナ入院給付金の見直し検討」など材料視される

■支払い「7月までで去年の4.6倍」「7割前後減る見通し」

 第一生命ホールディングス(第一生命HD)<8750>(東証プライム)は8月31日、朝安の後切り返し、2396.5円(27.0円高)まで上げて反発相場となっている。「生保業界、コロナ感染者の入院給付金支払い対象を大幅縮小へ」(読売新聞オンライン8月30日夜)、「大手生保、コロナ入院給付金の見直し検討」(日本経済新聞8月31日付朝刊)などと伝えられ、「支出」緩和の要因として好感されている。報道によると、「入院給付金を受け取れる対象者はこれまでより7割前後減る見通し」(日本経済新聞)になるようだ。株価は、新型コロナ「第7波」が言われだした6月下旬からジリ安基調に転じていた。

 報道によると、「入院給付金を受け取れる対象者はこれまでより7割前後減る見通し」(日本経済新聞)。「生命保険協会によると、今年の生保各社の入院給付金支払総額は7月末までに約2686億円に達した。昨年1年間の支払額の4・6倍にあたる規模で、このうち9割超が無症状者も含めたみなし入院感染者からの請求だったという」(読売新聞オンライン)。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース
2022年08月26日

フライトシステムコンサルティングの子会社フライトシステムコンサルティングはSBペイメントサービスと包括代理加盟店契約を締結

■電子決済事業において製品販売に加え決済代行事業を推進

 フライトホールディングス<3753>(東証スタンダード)の子会社フライトシステムコンサルティングは8月25日、SBペイメントサービス(SBPS)とVisa、Mastercardに関する対面でのクレジットカード決済における包括代理加盟店契約を締結したことを発表した。

furai1.jpg

■フライトシステム電子決済ソリューション

 フライトシステムは、国内のスマートフォン決済先駆者として、2010年9月から国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にする大企業向けソリューション「ペイメント・マイスター」を販売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:37 | 株式投資ニュース

ミロク情報サービスは新税務システム『MJS 税務 DX』を9月から販売開始、グループ通算制度、事業所税に対応

■申告書作成から電子申告までトータルサポート

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス<9928>(東証プライム)は8月26日、新たに「グループ通算制度」や「事業所税」に対応した、申告書の作成や国税・地方税の電子申告をサポートする新税務システム『MJS 税務 DX』を開発し、2022年9月12日から販売を開始すると発表した。

miroku1.jpg

 MJS税務シリーズは、販売開始以来、多くの顧客に利用され各種法改正や要望に合わせ、さまざまな機能追加や機能改良を行ってきた。シリーズ4代目となる『MJS 税務 DX』は、法人税や消費税の申告書、法定調書などの作成から電子申告までをトータルでサポ−トし、煩雑で手間のかかる税務関連業務の効率化を支援する実務に沿った操作性の高いシステムとなっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース
2022年08月25日

綿半ホールディングスは株主優待制度の拡充を発表

■選べる優待品を13点から14点へ

 綿半ホールディングス<3199>(東証プライム)は、同社グループの商品・サービスの理解をさらに高めることを目的として、株主優待制度の拡充を発表した。

wata1.jpg

 拡充内容は綿半グループシェフ監修のパスタソースやドレッシング等を詰合せた「シェフズセット」を追加。選べる優待品を13点から14点へとした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:41 | 株式投資ニュース
2022年08月24日

いすゞ自動車が約2ヵ月ぶりに年初来高値を更新、引き続き日野自の代替需要に期待

■日野自が高シェアを持つ小型トラックでも「漁夫の利」の期待が

 いすゞ自動車<7202>(東証プライム)は8月24日、一段高で始まり、取引開始後は1685円(38円高)まで上げ、約2ヵ月ぶりに年初来高値を更新している。引き続き、同業の日野自動車<7205>(東証プライム)の性能評価不正による出荷停止を受け、代替需要への期待が高まっている。

 日野自動車の実質出荷停止は、22日に小型トラックでも実施と伝えられ、それまでの中大型トラックに加えて「国内向けトラックのほぼ全量が出荷できなくなる」(日本経済新聞8月23日付朝刊)こととなった。とりわけ、2トントラックは日野自が時期によって国内シェア5割近くを持つとされ、これに代わっていすゞ自の「エルフ」の需要が増える可能性が言われている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース
2022年08月16日

キャンバスが後場急伸しストップ高、「CBP501臨床第2相試験ステージ1被験者登録完了」に期待集中

■まだ治療薬のない膵臓がん3次治療における新薬への期待が

 キャンバス<4575>(東証グロース)が8月16日の後場、急伸商状となり、13時にストップ高の706円(100円高)まで上げて今年8月2日以来の700円台を回復している。午後、「CBP501臨床第2相試験ステージ1 被験者登録完了のおしらせ」を発表し、期待集中となった。

 発表によると、CBP501は、まだ治療薬のない膵臓がん3次治療における新薬への期待がある。かねてから『5⽉中旬までに組⼊れられた被験者のデータが出揃う8〜9⽉にはさらに詳細なご報告ができる』とお知らせしているスケジュールに変更はなく、9⽉下旬までに、今後の臨床試験計画に関する意思決定が可能になる程度にはステージ1の趨勢が判明することも考えられる、などとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース
2022年08月15日

【注目銘柄】リョービが連日高値、電動化・軽量化部品が将来的な収益の柱に

 リョービ<5851>(東証プライム)は16日、1339円の39円高と8連騰し、連日の年初来高値更新と上値を伸ばしている。4日午後立会中に今2022年12月期業績予想の上方修正を発表したことを好感した買いが続いている。

■今12月期営業黒字幅を広げる見通し

 今2022年12月期第2四半期業績は、売上高1136億0600万円(前年同期比18.9%増)、営業損益20億4800万円の黒字(同6億2100万円の赤字)、経常利益30億9100万円(同1億0100万円)、純利益18億0700万円(同2億2500万円)に着地。

 今22年12月期第2四半期業績は、世界的な半導体不足や中国上海のロックダウンによる自動車生産への影響で生産量が減少し、売上高は従来計画を若干下回るものの、印刷機器事業における増収と原価低減が奏功したうえ、円安が進んだことで為替差益が発生したことなどが寄与した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:20 | 株式投資ニュース
2022年08月08日

レーザーテックが一段と出直る、6月決算の連続最高更新と今期の一段拡大予想を好感

■前6月期は売上高29%増加し今期は55%の増加を見込む

 レーザーテック<6920>(東証プライム)は8月8日一段と出直って始まり、取引開始後は4万9640円(780円高)まで上げ、このところの出直り相場の高値に進んでいる。5日16時に発表した2022年6月期の連結決算が前期比で売上高28.7%増加、営業利益24.6%増加し、連続で最高を更新。今期の予想も売上高を54.9%増加、営業利益を29.3%増加の見込みとし、買い先行となっている。

 今期・23年6月期の連結業績予想は、親会社株主に帰属する当期純利益も32.8%増の見込みとした。地政学リスク、資源価格の高騰などの影響が引き続き懸念されるものの、最先端半導体並びにパワー半導体に対する旺盛な需要を背景として、積極的な設備投資が継続されると予想される、などとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース
2022年08月06日

【チャートでみる株価】アドテック プラズマ テクノロジーはミニ・ゴールデンクロス(GC)を示現、上昇トレンド転換を示唆

■業績再上方修正・増配を見直す

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668>(東証スタンダード)は、前日4日に21円高の1827円と3営業日ぶりに反発して引け、7月13日につけた年初来安値1647円からの底上げを再始動させた。同社株は、今年7月13日に4月13日に続いて今2022年8月期業績の2回目の上方修正と増配を発表しており、前回4月の上方修正と異なって上方修正業績が、市場コンセンサスを上回っており、これを見直して割安修正買いが再燃した。テクニカル的にも5日移動平均線が、25日移動平均線を上抜くミニ・ゴールデンクロス(GC)を示現して上昇トレンド転換を示唆しており、サポート材料となっている。

■内外の生産能力増強効果に円安も加わり最高純益更新幅を拡大

 同社の今2022年8月期業績は、4月の上方修正値よりも売り上げを4億円、営業利益を5億円、経常利益を6億円、純利益を4億円それぞれ引き上げ、売り上げ121億円(前期比51.2%増)、営業利益28億円(同2.54倍)、経常利益30億円(同2.5倍)、純利益21億円(同2.39倍)と大幅続伸を見込み、純利益は、2018年8月期の過去最高(13億円)更新の更新幅を拡大させる。半導体メーカーの設備投資が活発化するなか、高周波プラズマ電源装置の最大手として内外の生産体制整備を進めて生産能力を増強し、一時発生した部材調達の遅れも部材メーカーとの直接交渉で確保し、為替相場も円安・ドル高となったことなどが要因となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース
2022年07月13日

東京電力HDはきょう株主代表訴訟の判決が予定され様子見、小浮動

■賠償額が想定内なら「懸念出尽し」になることが多いとの見方

 東京電力ホールディングス(東京電力HD)<9501>(東証プライム)は7月13日、小浮動で始まり、取引開始後は612円(4円高)を上値に弱もみ合いとなっている。株主が旧経営陣に22兆円規模の損害賠償を求めた株主代表訴訟の判決が東京地裁で同日に行われる運びで、様子見に陥ったと見られている。こうした案件の場合、株価材料としては、賠償額が想定内なら「懸念出尽し」になることが多いとみられている。

 このところは、電力不足を受けて原発再稼働への期待が継続し、この7月5日に2019年以来の高値664円をつけた。この判決によって、株主代表訴訟の件が「懸念出尽し」「織り込み済み」になれば、再び動意を強めるとの期待がある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース
2022年07月09日

【注目銘柄】タンゴヤは期末接近で業績上方修正を見直し売られ過ぎ修正期待を強めて反発

 タンゴヤ<7126>(東証スタンダード)は、前日7日に12円高の2330円と5営業日ぶりに反発して引けた。同社株は、今年6月13日に今2022年7月期業績の上方修正と自己株式取得を発表したが、この直前の6月7日に昨年8月の新規株式公開(IPO)以来の上場来高値3005円まで買われており、織り込み済みとして2250円安値まで売られ、2300円台固めを続けてきた。この下値では、株価水準がPER10倍台は割安として買い物が再燃した。7月期期末接近とともに未定としている配当の増配を催促するとともに、導入した株主優待制度の権利取りも交錯している。

■4店舗を新規出店しオーダーニットなど新商品ラインアップも

 同社の今2022年7月期業績は、売り上げを期初予想の据え置きとしたが、営業利益を期初予想より9900万円、経常利益を同9000万円、純利益を同3900万円それぞれ引き上げ、売り上げ91億6400万円(前期比10.1%増)、営業利益5億1000万円(同65.0%増)、経常利益5億2000万円(同62.5%増)、純利益3億2000万円(同31.1%増)と連続の2ケタ増益を見込んでいる。スーツをオーダーメードするSPA(製造小売り)として期中に4店舗を新規出店して店舗数を30店舗に拡大させ、コーディネート商品のオーダーニット、レディスオーダーコートなどを新商品ラインアップに加えたことから売り上げが2ケタ増収と伸び、利益は、効率的な生産体制を構築したことから上ぶれた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース
2022年07月01日

And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが中南信用金庫(湘南・大磯)とリバースモーゲージローン保証などで提携

■「ちゅうなんリバースモーゲージローン」7月1日提供開始

 「ハウスドゥ」ブランドで不動産事業を全国展開するAnd Doホールディングス<3457>(東証プライム)の連結子会社である株式会社フィナンシャルドゥ(大阪府大阪市)は、中南信用金庫(本店:神奈川県中郡大磯町、以下:同金庫)と提携し、2022年7月1日より同金庫が提供を開始する、ちゅうなんリバースモーゲージローンに対する不動産担保評価および債務保証を行う。

 現在、シニア層の老後資金需要が拡大し、全国的にリバースモーゲージが改めて注目されている。その中でも、And Doホールディングスグループが提供するリバースモーゲージ保証事業は資金使途の制限が少なく、持ち家のリフォーム資金だけでなく生活資金にも対応しており、より幅広いお客さまにご利用いただくことが可能となっている。

 同金庫は、経営理念「地域共創〜私たちは、心のこもった金融サービスを通じ、地域の繁栄と創造に貢献します〜」に基づき、「地域密着型金融」を推進することにより、この経営理念を実践している。また、地域・顧客ニーズや社会環境変化を的確に見極め、顧客価値創造力の強化を図り、商品・サービスの提供への取組拡充を図っており、神奈川県内のリバースモーゲージ需要の高まりから、高齢者をサポートできる商品開発を検討していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:10 | 株式投資ニュース
2022年06月03日

グンゼは背中にNASAのために開発された調温素材を使用した睡眠専用Tシャツ「寝るT」を発売

 グンゼ<3002>(東証プライム)は6月3日、背中に調温素材を使用した睡眠専用Tシャツ「寝るT」を発売したと発表。

gunze1.jpg

 「寝るT」は、汗をかきやすい後ろ身頃にアメリカ航空宇宙局(NASA)のために開発された調温素材「アウトラスト(R)」をメッシュにしたアウトラストメッシュを使用。前身頃も吸汗速乾機能のある綿100%素材にすることで、軽くて吸湿性、通気性に優れた暑い季節に適したTシャツに仕上げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース
2022年05月31日

31日上場のトリプルアイズは買い気配のまま公開価格の35%高(午前10時過ぎ)

■AIプラットフォームの提供など行い「囲碁」のAIで大きな実績

 5月31日新規上場となったトリプルアイズ<5026>(東証グロース)は買い気配で始まり、取引開始から1時間を経過した午前10時10分現在は1188円(公開価格880円の35%高)で買い気配となっている。まだ初値はついていない。

 システムインテグレーションおよびAIプラットフォームの提供を行い、LAMP技術・OSS技術を駆使したシステム開発受託サービスの提供、独自開発のAIエンジンによる画像認識プラットフォーム「AIZE(アイズ)」を活用する「AIソリューション事業」、全国の様々な企業へ人材育成のためのセミナー研修業務を提供する「研修事業」、将棋道場の運営を行う「その他事業」を展開している。設立は2008年9月。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:12 | 株式投資ニュース
2022年05月24日

【株式市場】日経平均は朝寄りを上値に軟調で138円安、資源関連株や防衛関連株など高い

◆日経平均は2万6863円33銭(138円19銭安)、TOPIXは1885.47ポイント(9.10ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は5億5290万株

 5月24日(火)前場の東京株式市場は、ロンドン金属相場などを受けて非鉄金属株が出直り、大手商社も復調。海運株は運賃市況の再騰観測や株主還元など好感されて続伸基調となり、不動産株もマンション市況などを受けて高い。一方、半導体株や電子部品株、自動車株などはNY株大幅高の割に上値が重く、日経平均は始値の3円91銭高(2万7005円43銭)を上値に下落し、午前10時過ぎに191円57銭安(2万6809円95銭)まで下押して軟調なまま前引けとなった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:13 | 株式投資ニュース
2022年05月19日

Jトラストは22年12月期利益予想を上方修正(訂正版)

※前回の記事(5月19日朝配信)の内容に誤りがあったため訂正して再掲載します。

(決算速報)
 Jトラスト<8508>(東証スタンダード)は5月13日に22年12月期第1四半期連結業績を発表した。前年のシンガポールでの勝訴判決に伴う履行金受領の反動で営業減益だが、東南アジア金融事業の黒字化、エイチ・エス証券に係る負ののれん発生益計上、Nexus Bankに係る投資有価証券評価益計上などで計画を上回って着地し、通期の利益予想を上方修正した。通期の営業利益は従来の減益予想から一転して増益予想となり、親会社の所有者に帰属する当期利益が大幅増益予想とした。更なる上振れ余地がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化も影響して年初来安値を更新する展開だったが、上方修正を好感して急反発している。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース
2022年05月13日

ジーニーは22年3月期大幅増益、23年3月期も大幅増益予想

(決算速報)
 ジーニー<6562>(東証グロース)は5月12日の取引時間中に22年3月期連結業績を発表した。広告プラットフォーム事業、マーケティングSaaS事業、海外事業とも伸長して大幅増益だった。そして23年3月期(IFRS任意適用のため前期比増減率は非記載)も実質大幅増益予想としている。先行投資が完了し、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化の影響で戻り高値圏から反落して上値を切り下げただが、好業績を評価して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース