[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/19)スプリックスは底値圏、19年9月期増収基調
記事一覧 (09/19)アセンテックは上値試す、20年1月期2桁増益予想、9月20日付で東証1部
記事一覧 (09/19)ピックルスコーポレーションは今期第2四半期・通期連結業績予想を上方修正
記事一覧 (09/18)フリークアウトHDは子会社上場が好感されて戻り高値に進む
記事一覧 (09/18)共栄セキュリティサービスは調整一巡、20年3月期2桁増収増益予想
記事一覧 (09/18)【編集長の視点】JSSは連続増配の中間配当の権利取りに東京五輪関連人気が相乗して小反発
記事一覧 (09/17)大手不動産株が連日高い、世界的な金利低下や空室率の低さなど材料視
記事一覧 (09/17)極東産機は底値圏、20年9月期収益改善期待
記事一覧 (09/17)アサンテは反発の動き、20年3月期2桁増益予想
記事一覧 (09/17)昭栄薬品は急反発
記事一覧 (09/13)セルシードは台湾での合弁会社設立契約を4者間で締結、概要が決定
記事一覧 (09/13)【銘柄フラッシュ】クラスターテクノなど急伸しベネフィットジャパンはスマホ「2年縛り」撤廃など好感されて活況高
記事一覧 (09/13)プロレド・パートナーズは上値試す、19年10月期上方修正して大幅増収増益予想
記事一覧 (09/13)自律制御システム研究所は売り一巡、ドローン自律制御技術に強み
記事一覧 (09/13)アルテリア・ネットワークスは上値試す、20年3月期2桁増益予想
記事一覧 (09/12)アイリックコーポレーションが後場一段高、今週末に3店舗を連日オープン
記事一覧 (09/12)コンヴァノは下値切り上げ、20年3月期大幅増益予想
記事一覧 (09/12)ユニプレスは反発の動き
記事一覧 (09/11)地銀株が軒並み続伸、SBIグループどのような新風を吹き込むかなど注視
記事一覧 (09/11)コーア商事ホールディングスは下値固め完了、20年6月期営業増益予想
2019年09月19日

スプリックスは底値圏、19年9月期増収基調

 スプリックス<7030>(東1)は日本最大規模の個別指導塾「森塾」運営を主力としている。19年9月期は人件費増加などで利益横ばい予想だが、新規開校などで増収基調である。株価は安値を更新する展開だが、高値から半値割れ水準でほぼ底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:26 | 株式投資ニュース

アセンテックは上値試す、20年1月期2桁増益予想、9月20日付で東証1部

 アセンテック<3565>(東マ)は、セキュリティソリューションとして仮想デスクトップビジネスを展開している。20年1月期2桁増益予想で第2四半期は順調だった。通期も収益拡大を期待したい。なお9月20日付で東証マザーズから東証1部に市場変更する。株価は戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:25 | 株式投資ニュース

ピックルスコーポレーションは今期第2四半期・通期連結業績予想を上方修正

■野菜の仕入れ価格が安定していたことと佐賀工場の製造効率が改善したが要因

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は18日引け後、今期第2四半期・通期連結業績予想を上方修正した。

 上方修正の要因としては、売上はほぼ当初予想の見込みで推移しているが、利益面においては野菜の仕入れ価格が安定していたことと佐賀工場が稼働から1年経過し製造効率が改善したことで当初予想を上回る見込みとなったことを挙げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:16 | 株式投資ニュース
2019年09月18日

フリークアウトHDは子会社上場が好感されて戻り高値に進む

■インティメート・マージャー、東証マザーズに10月24日上場承認

 フリークアウト・ホールディングス(フリークアウトHD)<6094>(東マ)は9月18日、一段と出直りを強め、後場14時を回っては8%高の1590円(125円高)前後で推移し、戻り高値に進んでいる。17日の取引終了後、子会社インティメート・マージャーの東証マザーズ上場承認を発表し、好感されている。

 子会社インティメート・マージャーは、データマネジメントプラットフォームの提供、データ活用コンサルディングなどを行い、銘形コード番号は7072の予定。上場日は10月24日の予定。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 株式投資ニュース

共栄セキュリティサービスは調整一巡、20年3月期2桁増収増益予想

 共栄セキュリティサービス<7058>(JQ)は、施設巡回警備を中心とする警備会社である。20年3月期2桁増収増益予想である。株価は8月の高値から反落した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、調整一巡して上値を試す可能性がありそうだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:26 | 株式投資ニュース

【編集長の視点】JSSは連続増配の中間配当の権利取りに東京五輪関連人気が相乗して小反発

 ジェイエスエス<JSS、6074>(JQS)は、前日17日に1円高の589円と小反発して引け、全般相場の急落にツレ安して8月6日につけた直近安値537円から出直る動きを強めた。9月相場も中盤となり、6期連続の増配を見直し中間配当の権利を取る買い物が再燃しており、合わせて今2020年3月期業績が増益転換と予想されていることも割り負け修正要因として意識されている。また、同社所属の水泳の瀬戸大也選手が、世界選手権で2種目に優勝し、金持義和選手が、「世界ろう者水泳選手権」の7種目でメダルを獲得したことも、「2020年東京オリンピック・パラリンピック」関連株人気の高まりが期待されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:59 | 株式投資ニュース
2019年09月17日

大手不動産株が連日高い、世界的な金利低下や空室率の低さなど材料視

■米国、日本にも金融緩和期待あり不動産利回りの相対的な魅力向上に期待

 三井不動産<8801>(東1)は9月17日、2日続けて大きく出直り、取引開始後に3%高の2660.0円(73.5円高)をつけて戻り高値を更新した。三菱地所<8802>(東1)は3日続伸基調となって2115.5円(29.5円高)まで上げ、取引時間中としては6月21日以来、約3ヵ月ぶりに2100円台を回復。不動産株の上げが目立っている。

 世界的な金利低下ムードが再燃しており、不動産利回りの相対的な魅力向上に注目する様子がある。ECB(欧州中央銀行)が9月12日に3年半ぶりの利下げを発表し、米国金利についても同17〜18日に予定される米FOMCで7月に続く連続利下げの可能性が取り沙汰されているほか、日本の金融政策についても日銀の金融政策決定会合(同18〜19日の予定)が注目されている。また、東京都区部などでオフィス空室率が低位で推移していることを受け、ビル賃借需要の根強さなどに注目する様子もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

極東産機は底値圏、20年9月期収益改善期待

 極東産機<6233>(JQ)は、インテリア内装施工機器・工具・副資材や畳製造装置などを展開している。19年9月期減益予想で下振れに注意が必要だが、20年9月期の収益改善を期待したい。株価は軟調展開だが、高値から3分の1水準でほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:16 | 株式投資ニュース

アサンテは反発の動き、20年3月期2桁増益予想

 アサンテ<6073>(東1)は、木造家屋向けシロアリ防除やホテル・オフィスビル・飲食店向け害虫対策などを展開している。20年3月期2桁増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は8月の年初来安値圏から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:15 | 株式投資ニュース

昭栄薬品は急反発

 昭栄薬品<3537>(JQ)は、オレオケミカルや界面活性剤などを主力とする専門商社である。20年3月期利益横ばい予想である。第1四半期が大幅減益で、通期下振れに注意が必要だが、下期の挽回を期待したい。株価は年初来安値圏から急反発の動きだ。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | 株式投資ニュース
2019年09月13日

セルシードは台湾での合弁会社設立契約を4者間で締結、概要が決定

■合弁会社に新たに2人が資本参加

 セルシード<7776>(JQG)は、8月14日付「合弁会社設立に関する基本合意書締結のお知らせ」で、三顧股份有限公司(メタテック社)(台湾 新北市)と台湾での合弁契約の設立について合意した旨を公表していたが、本日、メタテック社に加え、新たに 陳宗基氏(Chen,Tsung−Chi)及び杜元坤氏(Dr.TU)を契約当事者(出資者)とする、合弁契約を4者間で締結したと発表した。また、設立する合弁会社における未定であった概要が決定した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:20 | 株式投資ニュース

【銘柄フラッシュ】クラスターテクノなど急伸しベネフィットジャパンはスマホ「2年縛り」撤廃など好感されて活況高

 9月13日は、ミサワ<3169>(東1)がストップ高の80円高(18.2%高の520円)となり、東証1部の値上がり率トップ。12日発表の7月第2四半期決算の大幅増益や今期の見通しなど好感。

 三井ハイテック<6966>(東1)は16.6%高となり、12日発表の7月第2四半期連結決算は前年同期比で各利益とも赤字転落となったが期初の予想を上回ったとされて高値を更新。

 ベネフィットジャパン<3934>(東1)は再び出直り13.7%高。MVNO(仮想移動体通信事業者)事業も行い、ソフトバンクに続いてauもスマートフォンの「2年縛り」契約を破棄と伝えられ商機拡大への期待が強まる。

 JMACS<5817>(東2)はストップ高の80円高(20.0%高の481円)となり、電線、電柱関連機器などを手掛けるため、千葉・房総の台風災害を受け特需の期待とされて2日連続ストップ高。サンテック<1960>(東2)は電力工事などを手掛けるため特需の期待とされて10.0%高。黒田精工<7726>(東2)は10.0%高となり、12、13日に相次いで「富津工場」「かずさ工場」の創業再開を発表したため安堵感。

 イノベーション<3970>(東マ)は16.9%高となり、8月初旬の第1四半期決算発表を境に上げ相場が強まり、チャート妙味などが言われて再び上値を追い高値を更新。SKIYAKI<3995>(東マ)はストップ高の100円高(15.4%高の750円)となり、12日発表の第2四半期決算が注目されて急激な出直り相場に。

 クラスターテクノロジー<4240>(JQS)はストップ高の80円高(24.9%高の401円)となり、「バイオ3Dプリンター」用に耐薬品性が高く様々な液体を吐出することが可能な樹脂製の単ノズルインクジェットヘッドに注目とされて急伸。ラ・アトレ<8885>(JQG)は10.2%高となり、今12月期の利益・配当見通しの増額修正が好感されて活況高となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | 株式投資ニュース

プロレド・パートナーズは上値試す、19年10月期上方修正して大幅増収増益予想

 プロレド・パートナーズ<7034>(東マ)は、完全成果報酬型のコンサルティングを展開する経営コンサルティングファームである。19年10月期第3四半期累計は大幅増収増益だった。通期は上方修正して大幅増収増益予想である。株価は7月の上場来高値から反落したが、好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。なお9月25日〜27日に立会外分売を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:45 | 株式投資ニュース

自律制御システム研究所は売り一巡、ドローン自律制御技術に強み

 自律制御システム研究所<6232>(東マ)は商業用ドローンの製造販売、および自律制御技術を活用したインダストリアル向け無人化・IoT化に係るソリューションを提供している。20年3月期黒字予想である。株価は一本調子に水準を切り下げて安値圏に回帰したが、ほぼ底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:44 | 株式投資ニュース

アルテリア・ネットワークスは上値試す、20年3月期2桁増益予想

 アルテリア・ネットワークス<4423>(東1)は、通信・インターネットサービスを法人向けおよびマンション向けに展開している。20年3月期2桁増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は9月3日の上場来高値から一旦反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:41 | 株式投資ニュース
2019年09月12日

アイリックコーポレーションが後場一段高、今週末に3店舗を連日オープン

■「保険クリニック」の全国店舗数は203店舗に

 アイリックコーポレーション<7325>(東マ)は9月12日の後場寄り後に一段と強含み、9%高の1455円(115円高)をつけて東証マザーズ市場の値上がり率3位に進む場面があった。総合保険ショップ「保険クリニック」の多店舗展開や、生命保険の現状把握・検索提案システム「ASシステム」などのITソリューション開発などを行い、直近は、9月13、14、15日(金、土、日)に「保険クリニック」3店舗を連日オープンすることなどが材料視されている。

 9月13、14、15日にオープンする店舗は、「バロー正家店」(岐阜県恵那市、取扱募集代理店・株式会社ゲイン、移転)、「イオン藤井寺SC店」(大阪府藤井寺市、取扱募集代理店・アイリックコーポレーション)、「ベルクスモール足立花畑店」(東京都足立区、取扱募集代理店・有限会社カトリコーポレーション)。

 これにより、「保険クリニック」の全国店舗数は203店舗(2019年9月15日時点)となる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:52 | 株式投資ニュース

コンヴァノは下値切り上げ、20年3月期大幅増益予想

 コンヴァノ<6574>(東マ)はネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開している。20年3月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は6月安値から下値を切り上げている。底打ちして出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:32 | 株式投資ニュース

ユニプレスは反発の動き

 ユニプレス<5949>(東1)は自動車用プレス加工部品を展開している。20年3月期減収減益予想である。第1四半期の利益進捗率が低水準であり、通期下振れに注意が必要だが、第2四半期以降の挽回に期待したい。株価は8月の年初来安値圏から反発の動きを強めている。下振れ懸念の織り込み完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:31 | 株式投資ニュース
2019年09月11日

地銀株が軒並み続伸、SBIグループどのような新風を吹き込むかなど注視

■値上がり率上位30銘柄の中に地銀株が7〜8銘柄入る(東証1部)

 9月11日の東京株式市場では、地銀株も軒並み続伸基調となり、引き続き、SBIホールディングス<8473>(東1)による島根銀行<7150>(東1)への出資発表(9月6日付)を契機に、地銀業界にどのような新風を吹き込むかなどが材料視されている。

 10時30分現在の東証1部値上がり率上位30銘柄の中には、地銀株が7〜8銘柄が顔を出している。ふくおかフィナンシャルグループ<8354>(東1)は7%高の2104円(140円高)、富山第一銀行<7184>(東1)は6%高の305円(17円高)、山陰合同銀行<8381>(東1)も6%高に迫る649円(35円高)、横浜銀行、東日本銀行のコンコルディア・フィナンシャルグループ<7186>(東1)は5%高の416円(21円高)。七十七銀行<8341>(東1)も5%高に迫る1526円(70円高)、京都銀行<8369>(東1)も5%高に迫る1094円(50円高)。ランキング外だが、みちのく銀行<8350>(東1)も2%高に迫る1617円(24円高)となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

コーア商事ホールディングスは下値固め完了、20年6月期営業増益予想

 コーア商事ホールディングス<9273>(東2)はジェネリック医薬品原薬の輸入販売を主力として、注射剤を中心とする医療用医薬品の製造販売も展開している。20年6月期営業増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は反発力が鈍く安値圏だが、下値固め完了して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:40 | 株式投資ニュース