[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/21)ソフトバンクは出資先のアリババ・グループの株式公開観測で高い
記事一覧 (05/21)ミクシィは高い!フェイスブックの話題が上場でヤマ越え競合懸念も陳腐化
記事一覧 (05/21)日本橋梁が値上がり率3位など「橋」老朽化と伝えられ橋梁株が高い
記事一覧 (05/21)ファーストリテイリングは中国での本格展開を好感し反発
記事一覧 (05/21)大王製紙は純利益の黒字転換予想など好感し反発
記事一覧 (05/21)プリマハムは中国での合弁展開に期待続き堅調反発
記事一覧 (05/21)ユニバーサルソリューションシステムズは再建へスピードをアップ
記事一覧 (05/21)サンリオは自社株買いを好感し、5日ぶりの急反発
記事一覧 (05/21)グリーは消費者庁の「コンプリートガチャ」見解を受けて安値更新
記事一覧 (05/21)クックパッドは米フェイスブック上場し目先の期待一巡感
記事一覧 (05/19)【話題株】ケンコーコムはミネラルウオーター特需の思惑
記事一覧 (05/19)【話題株】フェイスブック上場に「期待外れ」「伸び悩みで失望」など手厳しい評価
記事一覧 (05/19)【話題株】ネクソン「コンプリートガチャ」停止を正式発表し反騰の期待
記事一覧 (05/19)フェイスブックの新上場は一時45ドルと好調だがNYダウは6日続落
記事一覧 (05/19)【銘柄診断】イエローハットは収益の伸び率減が響く、出光との提携に期待
記事一覧 (05/18)輸入外車のファミリーはユーロ安の懸念が強い中で円高期待あり堅調
記事一覧 (05/18)葵プロモーションは業績好調で東証1部の86%が安いなか堅調
記事一覧 (05/18)NKSJホールディングスは大引け間際の決算発表を好感し持ち直す
記事一覧 (05/18)キリンホールディングス900円に接近、天候不順も響く、利回り3%で割安感
記事一覧 (05/18)日経平均288円安となり8600円を割る
2012年05月21日

ソフトバンクは出資先のアリババ・グループの株式公開観測で高い

 ソフトバンク<9984>(東1)は21日の後場一段高となり、2355円(56円高)をつけたあとも2340円(41円高)前後で堅調。一部で、中国の電子商取引の大手アリババ・グループのIPO(株式公開)観測が伝えられており、ソフトバンクは、米ヤフーとともにアリババ・グループの株主のため、期待が広がった。一説では、アリババ・グループは米ヤフーに対し持ち株の買い取りを打診し合意したとも伝えられた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 株式投資ニュース

ミクシィは高い!フェイスブックの話題が上場でヤマ越え競合懸念も陳腐化

 ミクシィ<2121>(東マ)は21日の後場、一段高となり、16万7800円(7600円高)まで上げた後も16万6000円前後で堅調。米国で18日に株式を上場したフェイスブックの競合銘柄と位置づけられ、このところ下げ基調だったものの、フェイスブックの話題が上場によってヤマを越えたとの見方で競合懸念も陳腐化し、反動高を狙う買いが入っている。交流ゲームで問題視されている「コンプリートガチャ」にも関連するものの、これも、消費者庁が18日に景品表示法違反に当たるとの見解を示したと伝えられ、ひとまず出尽くし感があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | 株式投資ニュース

日本橋梁が値上がり率3位など「橋」老朽化と伝えられ橋梁株が高い

 日本橋梁<5912>(東1)は21日の後場寄り後に一段上値を追い261円(26円高)。仕手株のイメージが強く、今朝の日本経済新聞で橋などの老朽化が伝えられ、「通行止めの橋が3年間で1.5倍に急増」とされたことを思惑材料に、急反発となっている。13時現在10.6%高で東証1部の。橋梁株は、駒井ハルテック<5915>(東1)宮地エンジニアリンググループ<3431>(東1)などが軒並み高となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは中国での本格展開を好感し反発

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は21日、急反発となり、1万7130円(460円高)まで上げた後も1万7000円台で堅調。17日付けで、「ユニクロ」事業の国際展開の一環として中国に子会社を設立と発表したことが好感されている。発表の翌日、18日は全体相場の下落に押されて30円安の1万6670円だったものの、本日は、日経平均の反発とともに上値を追う相場になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

大王製紙は純利益の黒字転換予想など好感し反発

 大王製紙<3880>(東1)は21日、反発となり、401円(2円高)で寄ったあと430円(31円高)と出直りを拡大する相場になった。18日に2012年3月期の決算を発表し、今期・13年3月期の予想を連結営業利益は28.8%増の135億円とするなど、全面増益に転換する見込みとしたことが好感されている。前期は創業者系の前会長の巨額借り入れ問題の影響があったものの、今期は純利益が黒字転換の見込み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

プリマハムは中国での合弁展開に期待続き堅調反発

 プリマハム<2281>(東1)は21日、反発の始まりとなり、寄りあとに128円(5円高)をつけた後も125円前後で堅調。売買日ベースで一昨日の17日、中国の食品大手・頂新グループと合弁でハム・ソーセージ事業を開始と発表したことが引き続き期待を集めている。今期・2013年3月期の業績は減収減益を見込むものの、予想1株利益は18円32銭とし、PERは6倍台。東証1部銘柄の平均PER11.8倍との比較では割安感が際立つ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

ユニバーサルソリューションシステムズは再建へスピードをアップ

 ユニバーサルソリューションシステムズ<3390>(JQS)は21日、140円高の4250円と反発しいる。4月17日に5100円の高値を示現した後は整理局面にあるが、押し目買いの流入が見受けられる。

 前2012年3月期は営業損失5億1700万円(前々期7800万円の黒字)と低迷した。これは早期の業績向上へ向けて収益が見込める事業へ経営資源を集中し、不採算分野で各種損失を計上したことによる。

 具体的には、前3月期大幅に収益が悪化した教育人材事業の教育・採用事業(派遣事業を除く)からの撤退、主要クライアントとの一部契約の終了により今後収益獲得が難しいコールセンター事業からの撤退など。代わって収益力があるシステム事業、直販事業、人材事業へ特化する。

 システム事業については、ASP事業における顧客への展開、スマートフォン・タブレット端末を利用した店舗ソリューションの開発強化を進める。直販事業では携帯電話・コピー機などの法人向けのソリューションサービスの販売に加え、スマートフォン・タブレット端末を利用した店舗ソリューションサービスの販売・提供を行なう。

 人材事業については、主に人材の派遣、Eラーニングシステム「F−Plat」の展開を行う。今2013年3月期は営業利益トントンの数字が予定されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

サンリオは自社株買いを好感し、5日ぶりの急反発

 サンリオ<8136>(東1)は21日、急反発の始まりとなり、2726円(39円高)で寄ったあとは2840円。 前週末売買日の18日、自社株買いを発表したことが好感され、5日ぶりの反発となった。自社株買いは、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.5%の40万株を上限に、期間は5月21日から6月29日。株価は18日に直近の安値2672円をつけていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

グリーは消費者庁の「コンプリートガチャ」見解を受けて安値更新

 グリー<3632>(東1)は21日、安値更新の始まりとなり、1305円(60円安)で寄ったあと1293円(72円安)。消費者庁が18日にソーシャルゲーム業界で広く使われているアイテム商法「コンプリートガチャ」について、景品表示法違反に当たるとの見解を示したことが手控えられている。同社は、すでに5月末で「コンプリートガチャ」を停止すると発表済み。5月15日につけた直近の安値1343円を割り込んだ。ディー・エヌ・エー<2432>(東1)も軟調。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

クックパッドは米フェイスブック上場し目先の期待一巡感

 クックパッド<2193>(東1)は21日、反落の始まりとなり、2183円(100円安)の売り気配でスタート。米フェイスブックのパートナーサイトに選定されており、フェイスブックが米国18日に新規上場となり、目先的には期待一巡の雰囲気が出ている。前週末売買日の18日は、フェイスブックの上場に期待する形で65円高の2233円。フェイスブックの上場初日は、公開価格38ドルに対し、初値が42・05ドル、高値は45ドル、終値は38・23ドルと伸び悩んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2012年05月19日

【話題株】ケンコーコムはミネラルウオーター特需の思惑

■埼玉・千葉の浄水場でホルムアルデヒド、お父さん「水」買い出し

話題株 健康食品やミネラルウオーターなどのネット通販大手・ケンコーコム<3325>(東マ)は小型軽量株。埼玉・千葉県の利根川水系の浄水場で18日、発がん性のある化学物質ホルムアルデヒドが基準値を超えて検出と報じられ、株価材料としては楽天の出資に続く特需要因として思惑視されている。

 同社株は、前週末売買日の18日、朝方から買い気配を続け、終値はストップ高の4万8600円(7000円高)。楽天<4755>(JQS)が出資し、約40%を取得との17日発表を材料に、東証マザーズ指数が4%近い下落の中で異彩高となった。株価は、4月下旬から5月初にかけて3日連続ストップ高の急騰を演じたことがあり、このときは訴訟に関する発表が材料になった。その後は、ほとんど振り出しに戻る下落となり、楽天の出資を材料に切り返したところ。戻り待ちの売り圧迫が少なくないとの見方もあるだけに、どこまで上値を追えるか注目されている。週明け21日のストップ高は7000円高の5万5600円。

 報道を総合すると、利根川水系にある行田浄水場(埼玉県行田市)、庄和浄水場(同県春日部市)、上花輪浄水場(千葉県野田市)、北千葉浄水場(同県流山市)などでホルムアルデヒドが検出され、一部では一時取水を停止したと伝えられている。このうち、「クレヨンしんちゃん」で知られる春日部市では、お父さんが朝から「水」の買い出しにクルマを出す姿も見受けられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 株式投資ニュース

【話題株】フェイスブック上場に「期待外れ」「伸び悩みで失望」など手厳しい評価

■本番は2日目以降、関連銘柄は電通・ソフトバンク・クックパッド・デジタルガレージなど

話題株 米フェイスブックが米国で18日、新規上場となり、今朝は、「期待外れ、株式公開数拡大など影響」(米国発ロイター通信)、「伸び悩みで失望、株価は割高」(日本経済新聞速報ニュース)など、手厳しい評価が出回った。公開価格38ドルに対し、注目の初値は42・05ドル、高値は45ドル、終値は38・23ドル。取引所側のトラブル発生も影響したようで、同通信によれば、「取引に関するナスダック市場から証券会社への情報伝達が途絶え(中略)東部時間午後2時(同午前3時)近くになってようやく連絡が再開」。本番は上場2日目以降と注目されている。

 フェイスブックの「上場目論見書」では、競合関係にある企業として、日本のミクシィ<2121>(東マ)や韓国のCyworld(サイワールド)社などが列挙されているという。一方、課金サービスでの提携や事業パートナーとしては、日本企業では、電通<4324>(東1)KDDI<9433>(東1)ソフトバンク<9984>(東1)クックパッド<2193>(東1)デジタルガレージ<4819>(JQS)などが、関連銘柄として注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:57 | 株式投資ニュース

【話題株】ネクソン「コンプリートガチャ」停止を正式発表し反騰の期待

■ディー・エヌ・エーやグリーは発表後に急反発の先例

話題株 オンラインゲーム開発のネクソン<3659>(東1)は18日夜、ゲーム内で使われている課金式のカード合わせ手法の「コンプリートガチャ」を、遅くとも平成24年6月30日までに全て停止すると発表した。

 発表では、この日、消費者庁より「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表及び景品表示法の運用基準の改正に関するパブリックコメントについて」という文書が公表され、携帯電話ネットワークやインターネット上で提供されるゲームにおいて用いられている「コンプリートガチャ」という手法が、景品表示法上の「カード合わせ」に該当するとされたことを受けた。これによる今12月期の業績に与える影響は軽微とした。

 「コンプリートガチャ」の停止については、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>(東1)グリー<3632>(東1)などが5月9日に発表し、翌日の株価はともに急反発となった。

 同社は、韓国発祥で、昨年12月に東証1部に直接上場。公開価格は1300円で、今年4月に1588円の上場来高値。その後の調整では、ゲーム関連株全体の下げに連動する形で5月18日に1373円まで軟化した。ただ、4月末の終値から直近の安値までの下落率は約7%にとどまっており、ディー・エヌ・エーの同25%、グリーの同38%に比べ、調整の浅さが目立っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:49 | 株式投資ニュース

フェイスブックの新上場は一時45ドルと好調だがNYダウは6日続落

■調達資金は公開価格38ドルで約160億ドル(約1兆2700億円)

 交流サイトSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)最大手の米フェイスブックが米国NASDAQ市場に18日上場し、公開価格38ドルに対し、初値は42・05ドル、高値は45.00ドル、終値は38・23ドルと伝えられた。売買開始が予定より遅れ、ロイター通信によると、ナスダック市場から証券会社への情報伝達が途絶えた。米証券取引委員会(SEC)は、混乱について調査を開始するという。

 株式上場による資金調達額は、公募価格で約160億ドル(約1兆2700億円)。サンケイBizニュースは、2004年の検索最大手グーグルの19億ドルを大幅に上回り、IT関連企業では過去最大規模と伝えた。また、時価総額は約1046億ドル(約8兆2700億円)となり、ネット小売り最大手の米アマゾン・ドット・コムに匹敵する規模になった。

 一方、ダウ平均(30種)は6日続落となり、終値は前日比73・11ドル安の1万2369・38ドル。1月6日以来約4か月半ぶりの安値。NASDAQ指数も5日続落となり、終値は前日比34・90ポイント安の2778・79。4か月ぶりの安値。ギリシャの金融機関に対する格下げが相次いだことなどが手控え要因になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:15 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】イエローハットは収益の伸び率減が響く、出光との提携に期待

銘柄診断 イエローハット<9882>(東1)は4月13日の1511円を高値に整理色を鮮明にする展開。5月11日の決算発表では前2012年3月期の営業利益は62億3800万円と前々期比32%増益を達成した。

 今2013年3月期も営業利益70億6500万円と前期比13%増益が想定されている。株価評価的にはこの今3月期の13%増益と言う数字が物足りないとの評価になっている。

 ここ数年の営業利益の推移を見ると、2009年3月期の2億7900万円から、2010年3月期23億6200万円、2011年3月期44億1400万円、そして2012年3月期62億3800万円と、ものすごいスピードで利益を伸ばしてきたトレンドから見ると明らかに今3月期の数字は業績向上に一服感を与える。

 昨年11月には出光興産<5019>(東1)と業務提携を締結、全国の出光系列サービスステーション向けに販路が拡大、その収益のプラスが期待されるところ。

 さらに、昨年12月には中国地区及び東海地区における経営地盤と競争力の強化のため、モンテカルロを買収し子会社化した。株価的には今後増額修正でもないと戻り相場は難しそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:33 | 株式投資ニュース
2012年05月18日

輸入外車のファミリーはユーロ安の懸念が強い中で円高期待あり堅調

■13時の決算発表に敏感な反応

 輸入外車のファミリー<8298>(JQS)は18日の13時に2012年3月期の決算を発表し、株価は発表前の206円(3円高)前後から一時230円(27円高)まで急伸。終値は210円(7円高)と堅調だった。JASDAQ上場の全951銘柄中、値上り銘柄は143(約15%)にとどまった中で、好業績に敏感な反応となった。12年3月期の営業利益は前年比67.0%増の6.6億円となり、今期は5.8%増の7.0億円を見込む。円高は追い風になるため、今週末の海外市場でもユーロ安の懸念が強い中で、業績上ぶれ期待が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | 株式投資ニュース

葵プロモーションは業績好調で東証1部の86%が安いなか堅調

■今期の営業利益15%増を見込む

 テレビCM制作の大手・葵プロモーション<9607>(東1)は18日、終日堅調となり、午後515円(10円高)まで上げ、終値も513円(8円高)。昨日発表した2012年3月期の決算が好調で、東証1部1677銘柄のうち1443銘柄(約86%)が値下がり下相場の中で堅調だった。12年3月期の連結営業利益は前期比1.4%増の15.0億円、今期の予想は15.4%増の17.3億円とした。予想1株利益は58円96銭としたため、株価はPER10倍未満で割安感が漂う水準。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:58 | 株式投資ニュース

NKSJホールディングスは大引け間際の決算発表を好感し持ち直す

 損害保険ジャパンなどのNKSJホールディングス<8630>(東1)は18日の14時40分に2012年3月期の決算を発表。株価は1452円(47円安)から持ち直し、終値は1460円(39円安)となった。12年3月期の連結経常収益は前期比6.4%増の2兆7906億円となり、経常利益は東日本大震災やタイの洪水災害により518億円の赤字。ただ、今期は経常利益を640億円の黒字の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | 株式投資ニュース

キリンホールディングス900円に接近、天候不順も響く、利回り3%で割安感

 天候不順も加わってキリンホールディングス<2503>(東1)は、18円安の903円と下げ年初来安値を更新、900円に急接近となっている。仮に、900円を割り込めば2011年11月以来。全般相場の下げに、5月にもかかわらず、このところの天候不順が人気的に響いているようだ。

 今12月期・第1四半期(1〜3月)は、前年同期比1.7%増収、営業利益23.3%減益。通期では、前期比7.6%増収、営業利益13.4%増益、1株利益49.9円の見通し。配当は年27円の予定。「これから梅雨を迎え、もしも、需要期の夏場も天候不順なら業績に大きい期待を掛けることはできないだろう」(中堅証券)。

 ただ、利回りは2.99%と3%に近づいている。900円を割れたあたりが底となりそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | 株式投資ニュース

日経平均288円安となり8600円を割る

 18日の東京株式市場では、後場14時頃から全体の下げが再び目立ち、日経平均は下げ幅を拡大。14時15分にかけて288円43銭安の8588円16銭となった。8600円割れは1月19日以来。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:24 | 株式投資ニュース