[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/27)栄研化学は急反落、純益過去最高肉薄予想も市場コンセンサスに届かず
記事一覧 (04/27)ソフトバンクは急続伸!営業益続伸予想で市場予想をクリア
記事一覧 (04/27)上場2日目のユニバーサル園芸社はGW直前で利食い先行
記事一覧 (04/27)リコーは今期黒字化と大手証券の目標株価を好感し出直り強める
記事一覧 (04/27)オリエンタルランドは反落、連続最高純益更新予想も利益確定売り先行
記事一覧 (04/27)任天堂は利益確定売りが先行、黒字転換予想も黒字幅が市場コンセンサスを下回る
記事一覧 (04/27)ショーワは一時ストップ高で値上がり率1位続く
記事一覧 (04/27)京セラは5営業日続伸し高値更新!今期は2ケタ増益転換を予想
記事一覧 (04/27)東光電気が高岳製作所との経営統合を材料に連日高い
記事一覧 (04/27)味の素はアサヒグループHDのカルピス買収観測に反応薄
記事一覧 (04/27)本日新規上場のチャーム・ケア・コーポレーションは好スタート
記事一覧 (04/27)ソフトバンクは大幅増配など好感し続伸で上値を試す
記事一覧 (04/26)リコーは今期の為替前提を1ドル75円などとし完全黒字化を見込む−−引け後のリリース
記事一覧 (04/26)【注目のリリース】任天堂は赤字が大幅に縮小し今期黒字化を見込む
記事一覧 (04/26)【注目のリリース】岩谷産業は防災需要など追い風に増額・増配
記事一覧 (04/26)【注目のリリース】フォスター電機はヘッドホン好調だがレアアース高など響く
記事一覧 (04/26)【注目のリリース】京セラは今期V字増益を見込み発電事業にも進出
記事一覧 (04/26)【上方修正株】石油資源開発は業績再々上方修正に原油価格続伸がオンして急反発
記事一覧 (04/26)新日本無線は後場も値上がり率1位!決算好調で仕手色に弾み
記事一覧 (04/26)【上方修正株】東武鉄道は3回目の業績上方修正を追撃材料に急続伸
2012年04月27日

栄研化学は急反落、純益過去最高肉薄予想も市場コンセンサスに届かず

 栄研化学<4549>(東1)は27日、73円安の1105円まで下げて急反落している。前日26日大引け後に3月期決算を発表、前期は、今年4月19日の上方修正通りに減益転換率を縮小して着地、今期は、増益転換を予想、純利益が、過去最高に肉薄するが、市場コンセンサスにやや届かないことから、4月24日につけた年初来高値1184円水準で利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:33 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは急続伸!営業益続伸予想で市場予想をクリア

 ソフトバンク<9984>(東1)は27日、106円高の2431円まで上げて急続伸している。前日26日大引け後に3月期決算を発表、前期営業利益が、今年4月24日の観測報道通りに7期連続の過去最高更新となり、今期も続伸を予想して市場コンセンサスをほぼクリアすることからモバイル関連の割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース

上場2日目のユニバーサル園芸社はGW直前で利食い先行

 上場2日目のユニバーサル園芸社<6061>(JQS)は27日の前場、伸び切れない相場に転じ、朝方の1420円(11円高)を上値に、11時過ぎには1387円(22円安)。公開価格は1310円で、昨日はこれを11%上回る1455円で初値をつけ、1480円まで上げたものの、本日は一服商状。ゴールデンウイーク(GW)の直前とあって、ひとまず利食いを先行させる相場になっている。観葉植物などのレンタル大手。公募株数は20万株。業績は堅調で、2012年6月期の連結予想1株利益は175円83銭と予想。PERは株価が1500円でも8倍台に過ぎない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

リコーは今期黒字化と大手証券の目標株価を好感し出直り強める

 リコー<7752>(東1)は27日の前場、続伸で出直りを強める動きをみせ、744円(33円高)まで上げたあとも730円(19円高)台で推移。 昨日発表の3月決算で今期・13年3月期の予想を営業利益・税引き前利益・純利益とも黒字転換の見込みとしたことが好感された。純利益は前期の445.6億円の赤字から330億円の黒字と予想し、1株利益は45円49銭の見込み。これを受け、本日は野村証券が27日付で目標株価を630円から800円に引き上げたと伝えられた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

オリエンタルランドは反落、連続最高純益更新予想も利益確定売り先行

 オリエンタルランド<4661>(東1)は27日、60円安の8860円まで下げて3日ぶりに反落している。前日26日大引け後に3月期決算を発表、前期に続き今期も過去最高純利益更新を予想したが、純利益が、市場コンセンサスに届かないことから、4月18日につけた年初来高値8990円を前に利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

任天堂は利益確定売りが先行、黒字転換予想も黒字幅が市場コンセンサスを下回る

 任天堂<7974>(大1)は27日、690円安の1万850円まで下げて3日ぶりに急反落している。前日26日大引け後に3月期決算を発表、前期業績が、今年1月の再下方修正値を上ぶれて赤字幅を縮め、今期は黒字転換を予想したが、黒字転換幅が市場コンセンサスを下回っており、前日の米国市場で、同社ADR(預託証券)が、大阪市場の終値に対して466円安(円換算値)で引けたことも重なって利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

ショーワは一時ストップ高で値上がり率1位続く

 自部品大手・ショーワ<7274>(東1)は27日、急伸となり、一時ストップ高の702円(100円高)をつけたあとも16%高の700円前後で推移し、10時35分を回っても東証1部の値上がり率1位となっている。昨日、3月決算とともに米国の自部品大手・TRWオートモーティブ社との提携方針などを発表。全体相場がゴールデンウイークを控えて材料難の中で絶好の材料登場になった。今期・13年3月期は連結営業利益を前期比59.9%増と見込むなど、大幅回復を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

京セラは5営業日続伸し高値更新!今期は2ケタ増益転換を予想

 京セラ<6971>(東1)は27日、270円高の7830円まで上げて5営業日続伸し、3月27日につけた年初来高値7780円更新した。前日26日大引け後に3月期決算を発表、前期業績は、今年1月の再下方修正値を上ぶれて減益転換率をやや縮めて着地し、今期は2ケタ増益転換を予想して市場コンセンサスを上回った。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:24 | 株式投資ニュース

東光電気が高岳製作所との経営統合を材料に連日高い

 電力機器の東光電気<6921>(東1)は27日も上値を追う始まりとなり、384円(40円高)で寄ったあと390円(46円高)と続伸。昨日、高岳製作所<6621>(東1)との経営統合観測が伝えられ、夕方に正式発表。10月をメドに持株会社「東光高岳ホールディングス」を設立することが材料になっている。9時50分過ぎには8.7%高の374円(30円高)で、東証1部の値上がり率6位前後につけている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース

味の素はアサヒグループHDのカルピス買収観測に反応薄

味の素 味の素<2802>(東1)は27日、小動きの始まりとなり、1038円(4円安)で寄ったあとは1045円(3円高)から1037円(5円安)。グループ企業のカルピスをアサヒグループホールディングス<2502>(東1)が買収する方向で最終調整に入ったと今朝の日本経済新聞が伝えたものの、反応は今ひとつの始まりとなっている。アサヒグループホールディングスは軟調で、1805円(16円安)で寄ったあとは1807円を上値に一進一退。飲料業界では最大規模の大型再編とされ、やや消化難の印象になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース

本日新規上場のチャーム・ケア・コーポレーションは好スタート

 27日、新規上場となったチャーム・ケア・コーポレーション<6062>(JQS)は好調なスタートとなり、公開価格950円に対し、9時10分に1000円で売買成立。その後1017円と上値を試している。大阪を地盤に介護関連事業を展開し、介護付老人ホームに加え、住宅型老人ホームも運営。公募株数は30万株、売り出し株数は30万株。業績は好調で、2012年6月期の予想は、売上高が前期比11.5%増、営業利益が7.2%増、純利益は41.8%増を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:12 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは大幅増配など好感し続伸で上値を試す

 ソフトバンク<9984>(東1)は27日、続伸の始まりとなり、2390円(65円高)で寄ったあと2395円と堅調。昨日発表した2012年3月期の決算でこの期の期末配当を前の期の8倍の40円に増額し、今期以降も増配する可能性を示したことが好感されている。株価は2月下旬から3月末にかけて2400円から2500円のゾーンでもみ合ったため、この価格帯では売り物が増えるとの見方があるものの、上値の強さが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:09 | 株式投資ニュース
2012年04月26日

リコーは今期の為替前提を1ドル75円などとし完全黒字化を見込む−−引け後のリリース

■ペンタックスイメージング社の寄与などに期待

引け後のリリース、明日の1本 リコー<7752>(東1)が26日の大引け後に発表した2012年3月期の連結決算(米国会計基準)は、売上高が前期比2.0%減の1兆9035億円となり、営業利益は180.7億円の赤字に、純利益は445.6億円の赤字になった。円高の進行に加え、タイ洪水の影響があり、構造改革費用、減損損失の計上などが影響した。

 ただ、今期・13年3月期は、為替前提を1ドル75円、1ユーロ105円とし、前期にグループ入りしたや構造改善効果などにより、営業利益・税引き前利益・純利益とも黒字転換を見込む。連結業績予想は、売上高が0.9%増の1兆9200億円、営業利益は700億円、純利益は330億円、1株利益は45円49銭の見込みとした。

 株価は3月の852円を高値に調整中で、安値は4月25日の685円。本日は反発し、終値は711円(18円高)だった。テクニカル的には748円を超えるまで底打ちにならない状態。ただ、今期の完全黒字化予想により、売り建て玉を買い戻す動きが予想される。テクニカル面でも好転すれば、値動きの速い特性を発揮してリバウンド相場に転じる可能性がある。3月高値からの下げ幅は170円近くになり、半値戻しでも770円前後が見込める。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:21 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】任天堂は赤字が大幅に縮小し今期黒字化を見込む

■3DSの採算逆ザヤは期央までに解消の見込み

 任天堂<7974>(大1)は26日の夕方、2012年3月期の決算を発表。赤字が従来予想より大きく縮小し、連結営業損益は従来予想の450億円の赤字に対し373.2億円の赤字に、純損益は650億円の赤字に対し432.0億円の赤字に、各々軽減する決算となった。この期の前半に比べて後半は挽回が進み、期末の為替レートが想定より円安になったことなどが要因。

 今期・13年3月期は、ハードウェアだけでみて採算が逆ザヤになっていた「ニンテンドー3DS」が期の半ばまでには赤字解消の見込みとし、対応ソフトウェアは、横スクロールアクションの「スーパーマリオ」の完全新作である「Newスーパーマリオブラザーズ2」を8月に発売するほか、「脳トレ」シリーズでも最新作の「鬼トレ」(仮称)を夏までに発売する予定など、国内外で新作が続出の見込み。通期の業績予想は完全黒字化を見込み、連結売上高は26.6%増の8200億円、営業損益は350億円、純利益はは200億円を見込む。1株利益は156円40銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:38 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】岩谷産業は防災需要など追い風に増額・増配

■カセットこんろ・ガスなど好調  

 岩谷産業<8088>(東1)は26日の大引け後、12年3月期の連結決算と配当の見込みを増額修正し、3月期末の配当はこれまでの予想の6円から7円にするとした。前期も6円だった。

 前3月期の連結売上高は、6570億円の予想を6610億円(前期は約6188億円)に増額し、営業利益は165億円から191億円(同149億円)に、純利益は70億円から105億円(同62億円)に引き上げた。防災・節電需要の高まりを受けて、カセットこんろ、カセットガスなどが好調だったほか、マテリアル事業ではジルコンやチタン原料、レアアースの販売が好調だった。決算発表は5月14日を予定する。

 株価は4月5日、6日の266円を直近の安値に持ち直し、26日の終値は278円(1円安)。3月につけた年初来の高値286円に迫っており、高値を抜けば信用売りの買い戻しが増加する可能性がある。信用売り残は買い残の9割強の規模に達し、信用倍率は1倍台。いわゆる好取組のため、株高の潜在エネルギーが膨れている状態だ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:02 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】フォスター電機はヘッドホン好調だがレアアース高など響く

■3月決算の利益予想を減額修正

 米アップル社の取引先として知られるフォスター電機<6794>(東1)は26日の大引け後、3月決算の利益予想を減額修正し、連結営業利益は35億円から18億円(前期は約76億円)に引き下げた。売上高は、ヘッドホン・ヘッドセットの出荷が新規取引の拡大も含めて予想以上に好調だったことを要因に、1050億円から1190億円(同1014億円)に増額したものの、原価面でレアアース・マグネットの価格上昇や、海外での労働コスト上昇が響いた。決算発表は5月2日を予定する。

 株価は3月下旬の1441円を高値に調整基調となり、4月17日の1050円を下値に持ち直してきた。26日の終値は1125円(31円安)。利益予想を減額したため、下値メドとしては、4月の安値1050円を割るか保つかが焦点になる。これを割った場合は、1月に下げ止まった水準の1000円前後が焦点になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:39 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】京セラは今期V字増益を見込み発電事業にも進出

■定款に「発電事業および管理運営」などを追加新設

 京セラ<6971>(東1)は26日の大引け後に2012年3月期の決算を発表。同時に、定款に事業目的を追加し、「発電所の建設および販売ならびに発電事業およびその管理運営」を新設した。太陽電池の世界的大手が、いよいよ発電事業に乗り出したとして注目されている。

 2012年3月期の連結決算は、売上高が前期比6.0%減の1兆1908.7億円となり、営業利益は同32.3%減の1055.8億円、純利益も同32.3%減の829.0億円となった。今期の予想はV字型の回復を見込み、売上高を15.0%増、営業利益は32.6%増、純利益は15.8%増とした。

 本日の株価は、創業者の稲盛氏が「再建請負人」の日本航空がこの秋にも株式を再上場の見込みと伝えられたことが好感され、前場7640円(130円高)まで上昇し、戻り高値を更新。終値も7560円(50円高)で4日続伸となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

【上方修正株】石油資源開発は業績再々上方修正に原油価格続伸がオンして急反発

上方修正銘柄 石油資源開発<1662>(東1)は26日、120円高の3780円まで上げて急反発した。前日25日大引け後に昨年11月、今年2月に続いて2012年3月期業績の3回目の上方修正を発表、増益転換率を拡大するとともに、前日の米国市場で、原油先物(WTI)価格が、0.57ドル高の1バーレル=104.12ドルと小幅ながら4営業日続伸したこともオンして割安株買いが再燃した。

 3月期業績は、今年2月の再増額値より売り上げを44億1100万円、経常利益を42億2700万円、純利益を32億2200円それぞれ引き上げ、純利益は、170億2700万円(前期比70%増)と増益転換率を広げる。第4四半期に天然ガスの販売価格が上昇し、販売数量も増加したことが再々上方修正に寄与した。

 株価は、今年2月の業績再上方修正に「燃える氷」といわれるメタンハイドレートの採掘試験開始関連思惑が加わって年初来高値4140円まで500円高し、往って来いの調整をした。PER12倍台の割安修正に再発進しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:06 | 株式投資ニュース

新日本無線は後場も値上がり率1位!決算好調で仕手色に弾み

 新日本無線<6911>(東1)は14時30分を回っても230円(30円高)前後で強い相場を続け、値上がり率は15%で東証1部の1位をキープ。仕手色の強い銘柄で、昨日発表の3月決算で今期・2013年3月期の黒字転換予想を打ち出したことが買い安心感を増幅させた。このところは、政府の緊急通報システム「Jアラート」に関連するとの思惑があり、北朝鮮の「衛星」発射や、韓国に対する「特別行動」声明を思惑材料に何度か急動意となっていた。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース

【上方修正株】東武鉄道は3回目の業績上方修正を追撃材料に急続伸

上方修正銘柄 東武鉄道<9001>(東1)は26日、12円高の417円まで上げて急続伸し、3月23日につけた年初来高値454円を視界に捉えている。前日25日大引け後に2012年3月期業績の3回目の上方修正を発表、5月22日に迫った同社運営の東京スカイツリーの開業に続く追撃材料と評価されて買い増勢となっている。

 3月期業績は、昨年10月、今年2月と上方修正されてきたが、その2月再増額値をさらに引き上げた。売り上げを54億円、経常利益を33億円、純利益を20億円それぞれアップさせたもので、純利益は、160億円(前期比22%増)と増益転換率を拡大する。レジャー事業を中心に売り上げが上ぶれ、引き続き経費節減に努めたことから利益の再々上方修正につながった。

 株価は、今年2月の業績再上方修正で年初来高値まで急伸し、ほぼ往って来いの調整をした。東京スカイツリー開業接近の前景気もフォローして高値奪回に再トライしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース