[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/21)グランディハウスは急反発!株式分割を歓迎し割安修正買いも再燃
記事一覧 (02/21)【話題株】楽天は株式分割をテコに下げ過ぎ訂正買いが再燃し急反発
記事一覧 (02/21)【話題株】スターキャット・ケーブルネットワークはTOB価格にサヤ寄せしS高気配で高値更新
記事一覧 (02/21)【上方修正株】アマガサは3回目の純利益上方修正も利益確定売りで続急落
記事一覧 (02/21)【話題株】前田工繊は増配と立会外分売が綱引きも復興関連人気が再燃し急反発
記事一覧 (02/21)【上方修正株】創通は高値更新、業績上方修正に自己株式消却が加わり割安修正
記事一覧 (02/21)マツダは昼の大型劣後ローン報道を受けて値下がり率1位
記事一覧 (02/21)【話題株】六甲バターは自己株式立会外買付取引を追撃材料に4連騰
記事一覧 (02/21)ハイデイ日高は4日ぶりに反発、分割権利取りに割安株買いが上乗せ
記事一覧 (02/21)レイは今2月期業績の再上方修正と再増配発表を好感してストップ高気配
記事一覧 (02/21)楽天は急反発!株式分割をテコに下げ過ぎ訂正買いが再燃
記事一覧 (02/21)スターキャット・ケーブルネットワークはS高気配で高値更新!TOB価格にサヤ寄せ
記事一覧 (02/21)アマガサは続急落、3回目の純利益上方修正も利益確定売りが先行
記事一覧 (02/21)前田工繊は急反発!増配と立会外分売が綱引きも復興関連人気が再燃
記事一覧 (02/21)800円割れシナジーマーケティングに底打ち感、クラウドに期待
記事一覧 (02/21)パーク24は第1四半期最高益の観測を好感し4日ぶり反発
記事一覧 (02/21)創通は通期純利益が4期ぶりに過去最高を更新することを好感して高値更新
記事一覧 (02/21)六甲バターは4連騰!自己株式立会外買付取引を追撃材料に
記事一覧 (02/21)大幅増益のアドアーズ昨年来高値に接近、幅広い集客が奏功
記事一覧 (02/21)アイケイコーポレーションが四半期業績への期待など再燃させて反発
2012年02月21日

グランディハウスは急反発!株式分割を歓迎し割安修正買いも再燃

 グランディハウス<8999>(東1)は21日、1400円高の5万8600円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。前日20日大引け後に株式分割を発表、歓迎する分割権利取りと割安修正期待の買い物が集まっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:00 | 株式投資ニュース

【話題株】楽天は株式分割をテコに下げ過ぎ訂正買いが再燃し急反発

話題株 楽天<4755>(JQS)は21日、3400円高の7万7900円まで上げて変わらずを含めて6営業日ぶりに急反発している。前日20日大引け後に発表した株式分割をテコにネット関連の下げ過ぎ訂正買いが再燃している。

 株式分割は、全国証券取引所が公表した「売買単位集約化行動計画」の趣旨を踏まえ、株式の利便性、流動性を向上させ、100株を1単元とする単元株制度を採用するために実施するもので、6月30日割り当てで1株を100株に分割、7月1日を効力発生日に1単元を100株とする単元株制度を採用する。

 同社の株価は、昨年11月に発表したカナダのKobo社買収の買収金額約236億円の買収負担を嫌って8万円台を割り、いったんリバウンドしたものの、今年2月13日開示の12月期決算で、前期純利益が、クレジットカード事業再構築に伴う840億9300万円の特別損失の計上で、11億3900万円の赤字(前々期は349億5600万円の黒字)と落ち込んだことが響き、さらに輸出株買い・SNS株売りも重なり7000円幅の急落となった。主力ネット関連株人気を再燃させ下げ過ぎ訂正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

【話題株】スターキャット・ケーブルネットワークはTOB価格にサヤ寄せしS高気配で高値更新

話題株 スターキャット・ケーブルネットワーク<4339>(JQS・監理)は21日、寄り付きから買い気配値を切り上げ7000円高の5万4900円買い気配とストップ高で急続伸し、昨年1月14日につけた年初来高値5万2900円を更新している。

 前日大引け後にコミニティネットワークセンター(名古屋市東区)が、同社株を株式公開買い付け(TOB)すると発表、同社も賛同意見の表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、TOB価格7万9300円へのサヤ寄せ思惑を高め売り買い差し引き7万5千株超の買い物が殺到している。

 TOBは、東海地区を地盤に対象世帯数約162万4000世帯を有する国内第3位のケーブルテレビ局の統括運営会社のコミュニティネットワークセンターが、名古屋市域を中心に約96万4000世帯を対象にケーブルテレビ事業を展開しているスターキャットを完全子会社化、両社事業の競争力を維持し、地域密着型のサービスを提供、インターネット接続サービスの強化などシナジー効果を高めることを目的にしている。

 買い付け期間は2月21日から3月22日までの22営業日、買い付け株式数は6万8544株、買い付け代金は54億3539万円を予定、TOB成立後に同社株は、上場廃止となる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

【上方修正株】アマガサは3回目の純利益上方修正も利益確定売りで続急落

上方修正銘柄 アマガサ<3070>(JQG)は21日、3800円安の16万7200円まで下げて続急落している。前日20日大引け後に今年3月12日予定の決算発表に先立って、2012年1月期純利益の3回目の上方修正を開示したが、なお前期の過去最高からの減益転換率を縮めるまでにとどまったことから利益確定売りが増勢となっている。

 1月期純利益は、今年1月20日、1月30日と矢継ぎ早に上方修正されたが、その1月再増額値をさらに引き上げた。売り上げを2800万円、経常利益を6500万円、純利益を2200万円それぞれアップさせたもので、純利益は、1億7000万円(前期比6%減)と減益転換率を縮小させる。

 売り上げは、専門店、スーパー・GMSを除くすべての販売チャンネルで好調に推移して上ぶれ、利益は、今年1月度の売上総利益率が想定を上回り、一部店舗閉鎖で見積もっていた営業外費用が発生しなかったことが要因となった。

 株価は、極端な値付き難のなか希望退職者募集で17万4000円まで3万円幅の調整となり、業績上方修正で18万円台を回復したが、再度の下値模索が続いた。来期業績への期待も高め下値からはPER8倍台、PBR1倍ソコソコの下げ過ぎを訂正する展開も想定される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:30 | 株式投資ニュース

【話題株】前田工繊は増配と立会外分売が綱引きも復興関連人気が再燃し急反発

話題株 前田工繊<7821>(東2)は21日、60円高の1409円まで上げて急反発している。前日20日大引け後に中間配当の実施・年間配当の増配と立会外分売の好悪2材料を発表したが、同時発表のテクノス(福井県南条郡)の子会社化も加わり、増配をポジティブに評価して東日本大震災の復興関連の割安株買いが再燃している。

 同社の今9月期配当は、期初に見込んでいなかった中間配当を15円として実施し、期末配当は、期初予想の22.5円を15円に引き下げるが、年間配当は30円(前期実績22.5円)に増配する。

 一方、立会外分売は、同社株式の分布状況と流動性の向上を目的にしており、17万株を3月6日から3月8日までを予定期間に実施する。

 テクノス子会社化は、テクノスの製造・販売している光磁気ディスク、フラットディスプレイパネルなどの製造工程で使用されるワイピングクロスを同社の取扱商材を加えてラインアップを充実し、協働して研究開発をスピードアップすることを狙いとしており、今期業績に与える影響は現在、精査中で、明確になり次第に公表するとしている。

 株価は、大震災後に同社の河川護岸材などに大震災の復旧・復興特需思惑が高まり昨年来高値1618円まで急伸し、その後の前期業績の下方修正が響いて同安値951円まで調整、今期第1四半期の高利益進捗率業績などを評価して半値戻しをクリアしてきた。PER10倍台、PBR0.6倍の割安修正で一段の戻りを試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:20 | 株式投資ニュース

【上方修正株】創通は高値更新、業績上方修正に自己株式消却が加わり割安修正

上方修正銘柄 創通<3711>(JQS)は21日、142円高の1642円まで上げて変わらずを挟んで3営業日ぶりに急反発し、今年2月1日につけた昨年来高値1526円を更新している。前日20日大引け後に今8月期第2四半期累計・8月通期業績の上方修正と自己株式消却を発表、通期純利益が、4期ぶりに過去最高を更新することから割安修正買いが再燃している。

 業績修正のうち8月通期業績は、期初予想より売り上げを5億円、経常利益を3億円、純利益を1億2000万円それぞれ引き上げ、純利益は、11億5000万円(前期比23%増)と大きく増益転換して、2008年8月期の過去最高(10億5900万円)を更新する。

 中核事業のテレビアニメーション番組のプロデュース事業やキャラクターグッズの販促・プロモーション事業が順調に推移、さらに「ガンダム」シリーズの家庭用ゲームソフトなどが好調に推移、版権収入が上ぶれたことが要因となった。

 自己株式消却は、今年1月11日から2月7日まで10万株(発行済み株式総数の1.26%)の自己株式取得を終了しており、これを含めて20万株を2月27日を予定日に実施する。

 株価は、1月に発表した自己株式取得と今期第1四半期の好決算を好感して窓を開けて昨年来高値まで約300円高して1500円を固めていたが、PER11倍台、PBR1倍台と割安である。上値追いに弾みをつけよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース

マツダは昼の大型劣後ローン報道を受けて値下がり率1位

 マツダ<7261>(東1)は21日の後場、売り気配で始まる急落となり、144円(17円安)で寄ったあと140円(21円安)。正午のラジオニュースなどで1700億円規模の資金調達に向けて劣後ローンの借り入れを検討などと伝えられ、13時を回っては値下がり率12%台で東証1部の1位になった。同社は、12時25分に会社側の発表ではないとIR開示を行なった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

【話題株】六甲バターは自己株式立会外買付取引を追撃材料に4連騰

話題株 六甲バター<2266>(大2)は21日、6円高の456円まで上げて4営業日続伸し、昨年12月27日につけた昨年来高値474円を射程圏に捉えている。同社株は、17日大引け後に単元株式数の変更を発表し前日20日は高値引けとなったが、大引け後には自己株式取得・立会外買付取引を発表、追撃材料となって割安修正買いが増勢となっている。

 自己株式取得は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を可能とすることを目的にしており、45万株(発行済み株式総数の2.12%)、2億250万円を内容としており、この取得は、前日終値450円できょう21日寄り付き前の8時45分に立会外買付取引で行い、取得結果は取引終了後に公表する。

 株価は、400円台下位の底固めから昨年11月開示の前期第3四半期の好決算を評価して昨年来高値474円まで買われ、今12月期業績の連続減益予想で再度、400円台下位まで下ぶれ、単元株式数変更で持ち直した。PER5倍台、PBR0.6倍の割安修正をサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:09 | 株式投資ニュース

ハイデイ日高は4日ぶりに反発、分割権利取りに割安株買いが上乗せ

 ハイデイ日高<7611>(東1)は21日、23円高の1575円まで上げて、変わらずを含めて4営業日ぶりに反発、今年2月15日につけた昨年来高値1614円を窺っている。権利付き最終日が2月24日に迫った株式分割(1対1.2)の権利取りの買い物が再燃しており、今年2月10日に開示された今2月期業績の上方修正を見直し割安修正期待の値幅取りの買い物も上乗せとなっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:32 | 株式投資ニュース

レイは今2月期業績の再上方修正と再増配発表を好感してストップ高気配

 レイ<4317>(JQS)は21日、寄り付きから買い気配値をアップさせ50円高の211円買い気配とストップ高し急反発している。前日20日大引け後に昨年10月に続き今2月期業績の再上方修正と再増配を発表、純利益が、増益転換することが極低位値ごろの割安株買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:31 | 株式投資ニュース

楽天は急反発!株式分割をテコに下げ過ぎ訂正買いが再燃

 楽天<4755>(JQS)は21日、3400円高の7万7900円まで上げて変わらずを含めて6営業日ぶりに急反発している。前日20日大引け後に発表した株式分割をテコにネット関連の下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:49 | 株式投資ニュース

スターキャット・ケーブルネットワークはS高気配で高値更新!TOB価格にサヤ寄せ

 スターキャット・ケーブルネットワーク<4339>(JQS・監理)は21日、寄り付きから買い気配値を切り上げ7000円高の5万4900円買い気配とストップ高で急続伸し、昨年1月14日につけた年初来高値5万2900円を更新している。前日大引け後にコミニティネットワークセンター(名古屋市東区)が、同社株を株式公開買い付け(TOB)すると発表、同社も賛同意見の表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、TOB価格7万9300円へのサヤ寄せ思惑を高めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:46 | 株式投資ニュース

アマガサは続急落、3回目の純利益上方修正も利益確定売りが先行

 アマガサ<3070>(JQG)は21日、3800円安の16万7200円まで下げて続急落している。前日20日大引け後に今年3月12日予定の決算発表に先立って、2012年1月期純利益の3回目の上方修正を開示したが、なお前期の過去最高からの減益転換率を縮めるまでにとどまったことから利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:43 | 株式投資ニュース

前田工繊は急反発!増配と立会外分売が綱引きも復興関連人気が再燃

 前田工繊<7821>(東2)は21日、60円高の1409円まで上げて急反発している。前日20日大引け後に中間配当の実施・年間配当の増配と立会外分売の好悪2材料を発表したが、同時発表のテクノス(福井県南条郡)の子会社化も加わり、増配をポジティブに評価して東日本大震災の復興関連の割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:41 | 株式投資ニュース

800円割れシナジーマーケティングに底打ち感、クラウドに期待

 シナジーマーケティング<3859>(JQS)は、34円安の777円と前日の31円安に続いて売られ800円台を割って昨年6月後半の株式2分割権利落後の安値。

 去る、10日に発表の2011年12月期の営業利益が4億6700万円(0.1%増)とマーケットの事前予想5億7000万円に届かなかった。また、2012年12月期の営業利益も4億7400万円(1.5%増)とマーケットの事前予想7億円に遠く及ばない。今期予想1株利益は30.2円、配当年5円(前期年4.5円)の見通し。

 前場引けでは前日比34円高の845円と急速に戻した。「クラウド事業を展開しており先行きの見通しは明るい。足元では人員の拡充など先行投資の負担がある」(中堅証券)。800円を割ったことで、コツンと底を打った感じはある。ただ、PERは約27倍で、とくに割安ということではない。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:38 | 株式投資ニュース

パーク24は第1四半期最高益の観測を好感し4日ぶり反発

 パーク24<4666>(東1)は21日の前場、4日ぶりの反発基調となり、987円(13円高)まで上げた。第1四半期(11月〜1)の連結営業利益が前年同期比8%増の37億円程度と、四半期ベースとしては過去最高を更新したもよう、と今朝の日本経済新聞が伝えたことを好感する相場になった。信用売り残が買い残を上回っているため、弱気筋の勢いが優勢との見方がある一方、すでに売り建ててしまった残高のため、あとは買い戻すだけと株高効果も期待されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:32 | 株式投資ニュース

創通は通期純利益が4期ぶりに過去最高を更新することを好感して高値更新

 創通<3711>(JQS)は21日、142円高の1642円まで上げて変わらずを挟んで3営業日ぶりに急反発し、今年2月1日につけた昨年来高値1526円を更新している。前日20日大引け後に今8月期第2四半期累計・8月通期業績の上方修正と自己株式消却を発表、通期純利益が、4期ぶりに過去最高を更新することを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:31 | 株式投資ニュース

六甲バターは4連騰!自己株式立会外買付取引を追撃材料に

 六甲バター<2266>(大2)は21日、6円高の456円まで上げて4営業日続伸し、昨年12月27日につけた昨年来高値474円を射程圏に捉えている。同社株は、17日大引け後に単元株式数の変更を発表し前日20日は高値引けとなったが、大引け後には自己株式取得・立会外買付取引を発表、追撃材料となって割安修正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

大幅増益のアドアーズ昨年来高値に接近、幅広い集客が奏功

 アドアーズ<4712>(JQS)は、78〜79円のモミ合いで堅調。地味な動きながら下値を切り上げ昨年来高値90円(2011年2月14日)に近づいている。今3月期の第3四半期(4〜12月)は、前年同期比9.1%減収、営業利益2.2倍の9億5400万円だった。アミューズメント業界は、震災直後の自粛ムードは和らぎ、安・近・短レジャーの代表格として支持を集めつつある。その中で幅広い顧客層に目を向けた集客、きめ細かいマシンの厳選投資に注力。第二の柱である設計・施工事業の強化やカプセル自販機の設置・運営など新規事業にも取り組んでいる。今3月期は前期比9.0%減収、営業利益3.9倍、1株利益7.6円の見通し。配当は「未定」(前期無配)。収益向上を背景に昨年来高値90円更新から100円台を目指すものとみられる。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース

アイケイコーポレーションが四半期業績への期待など再燃させて反発

 オートバイ買い取り「バイク王」のアイケイコーポレーション<3377>(東2)は21日、反発相場となり、11時にかけて本日現在高の2万3100円(70円高)。第1四半期(12月〜2月)に期待があり、PER7倍台には割安感。9月に社名を「バイク王&カンパニー」に変更し、店舗網で培った知名度・ブランド性を最大限に活用することなどの材料が再燃している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース