[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/16)キーコーヒーが中国でのカフェ展開に期待を広げ上値追う
記事一覧 (04/16)アークスとジョイスが経営統合の観測で売買停止をはさみ急伸
記事一覧 (04/16)東天紅は決算発表後にダレるが今期黒転を見込み堅調相場を持続
記事一覧 (04/16)【話題株】次期業績に期待膨らむUBIC、続伸、前期は8割超増益へ
記事一覧 (04/16)ダイヤモンドダイニングは好業績を材料に後場もストップ高気配
記事一覧 (04/16)明治電機工業は高値更新!業績上方修正で割安株買いが拡大し
記事一覧 (04/16)コーナン商事は急反落、市場予想下回る今期業績と連続増配が綱引き
記事一覧 (04/16)【話題株】エイブル&PはMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配
記事一覧 (04/16)1stホールディングスが米社との提携を好感しストップ高
記事一覧 (04/16)【話題株】JTは株式分割を歓迎し売り方の買い戻しも交えて続伸
記事一覧 (04/16)1stホールディングスは急反落、連続最高純益予想も利益確定売りが先行
記事一覧 (04/16)前沢工業は4期ぶり復配を好感し値上がり率1位
記事一覧 (04/16)エイブル&パートナーズはストップ高買い気配!MBO価格にサヤ寄せ
記事一覧 (04/16)スタートトゥデイは業績下方修正が逆サプライズになり安値更新
記事一覧 (04/16)JTは単元株採用の株式分割など好感するが全体相場重く軟調
記事一覧 (04/16)KLabは急反落、2Q業績が上ぶれ着地も市場予想を下回る
記事一覧 (04/16)津田駒工業は安値更新、業績下方修正・減益転換を嫌気売り
記事一覧 (04/16)JTは続伸、株式分割を歓迎し売り方の買い戻しも交える
記事一覧 (04/16)ドトール・日レスHDは3連騰、増益転換予想で市場コンセンサス上回る
記事一覧 (04/16)一休は民主党が秋の5連休を本格検討とされて反発
2012年04月16日

キーコーヒーが中国でのカフェ展開に期待を広げ上値追う

■3年後に30店と伝えられる

 キーコーヒー<2594>(東1)は16日の後場も上値を追う展開になり、1472円(21円高)まで上げて出直りを強め、終値も1462円(11円高)と3日続伸。手がかり材料としては、外食事業で中国に進出し、3月末に福建省アモイにカフェ「イタリアントマト」の1号店を出店し、3年後に30店の出店を目指すと伝えられたことが材料視された。15日付の日本経済新聞で伝えられた。株価は4月4日の1426円を下値に出直り基調。3月決算の発表は5月9日を予定。期待が広がる形になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | 株式投資ニュース

アークスとジョイスが経営統合の観測で売買停止をはさみ急伸

 札幌本社のスーパー・ アークス<9948>(東1)は16日の後場、動意を活発化させ、1589円(29円高)まで上げて2日ぶりに高値を更新した。14時頃、NHKニュースで盛岡本社(岩手県)のジョイス<8080>(JQS)との経営統合が伝えられたことに急反応。真偽確認のため、東証・大証とも14時16分から14時45分まで各々アークス、ジョイスの売買を停止した。両社はIR開示で会社側の発表でない旨を発表したため、両銘柄とも14時46分から売買再開となり、ジョイスは一時ストップ高の476円(80円高)まで上げた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:07 | 株式投資ニュース

東天紅は決算発表後にダレるが今期黒転を見込み堅調相場を持続

 東天紅<8181>(東1)は16日の14時に2012年2月期の決算を発表。売上高が前期比5.9%現となり、各段階の利益とも10年2月期に続き赤字転換となったため、株価は156円(5円高)前後から153円と値を消した。ただ、今期の予想は、売上高が6.4%増の70億円、営業・経常利益とも黒字転換を見込み、純利益は損益トントンを見込むため、下げは限定的となっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:21 | 株式投資ニュース

【話題株】次期業績に期待膨らむUBIC、続伸、前期は8割超増益へ

話題株 UBIC<2158>(東マ)は、280円高の8580円と前週末の80円高に続いて買われている。去る、3月28日に株式2分割の権利を落としている。権利付最終値1万8690円(3月27日)に対し、28日は9450円で生まれ、9470円まであった。現在はほぼ高値に近い水準にある。

 前3月期の配当を従来予想の年25円から年100円へ上方修正するなど業績は絶好調。しかも、分割後の今期(2013年3月期)については年50円の方針を打ち出している。3月期決算の発表は、昨年は5月11日で今年も同時期と予想される。

 これから発表となる2012年3月期は、前期比70.1%増収、営業利益83.4%増益と大幅な増収増益の見通し。「UBICノースアメリカ」を昨年4月に設立するなど、リーガルテクノロジー業界最大の市場である米国でのブランド確立に向けての活動が堅調に進展している。リーガルテクノジーは難しく聞こえるが、身近なところではパソコン、携帯などの電子情報を訴訟等の際に証拠として裏付けるもの。数年前の大相撲の携帯メールを使った八百長事件などが知られる。企業のグローバル化で国際的訴訟に否応なく対応せざるを得ない時代。決算発表での次期見通しに期待が持たれている。決算発表までは、しばらく高値圏でのモミ合いが予想される。

>>UBICのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース

ダイヤモンドダイニングは好業績を材料に後場もストップ高気配

 非日常空間の飲食店を展開するダイヤモンドダイニング<3073>(JQS)は16日の午後、13時50分現在もストップ高で買い気配を続け、39万1000円(7万円高)の買い気配。4月12日に付けた年初来高値33万7500円を一気に更新する相場になっている。前週末売買日の13日に発表した前2月期の決算が好調で、今期・13年2月期の予想を売上高10.8%増、営業利益55.7%増としたことが好感されている。営業利益の予想は13.9億円で、3期ぶりに最高を更新する見通し。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

明治電機工業は高値更新!業績上方修正で割安株買いが拡大し

 明治電機工業<3388>(JQS)は16日、前場50円高の425円と急続伸して、3月19日につけた年初来高値417円を更新、後場も400円台前後と堅調に推移している。前週末13日大引け後に2012年3月期業績の上方修正を発表、増益率を伸ばすことが割安修正買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

コーナン商事は急反落、市場予想下回る今期業績と連続増配が綱引き

 コーナン商事<7516>(東1)は16日、56円安の1210円まで下げて急反落している。前週末13日大引け後に2月期決算を発表、業績の続伸と連続の増配を予想したが、今期予想業績が、市場コンセンサスを下回ることが響いて、4月2日につけた年初来高値1322円を前に利益確定売りが優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

【話題株】エイブル&PはMBO価格にサヤ寄せしストップ高買い気配

話題株 エイブル&パートナーズ(エイブル&P)<3272>(JQS・監理)は16日、寄り付きから買い気配値を切り上げ80円高の512円買い気配とストップ高で4営業日続伸し、4月3日につけた年初来高値440円を大きく更新している。前週末13日大引け後に同社の佐藤茂社長が、100%の株式を所有するACコーポレーション(東京都港区)が、同社株式を株式公開買い付け(MBO)すると発表。

 同社も賛同意見の表明と株主への応募推奨を取締役会決議したことから、MBO価格580円へのサヤ寄せ思惑を強め売り買い差し引き約2200万株の買い物が殺到している。

 MBOは、エイブル&Pが賃貸不動産仲介事業で強固なビジネスモデルを構築してきたが、デフレ環境下で客単価の下落、ハウスメーカーの参入による競争激化など厳しさを増し、さらにメディア事業の雑誌「CHINTAI」も成熟期を迎えており、仲介事業の再強化に向けエイブル店舗の改装、営業体制の再構築、中期的な人材育成などを図るには株式の非上場化が有効として実施される。

 買い付け期間は4月16日から5月30日までの30営業日、買い付け株式数は5742万5824株、買い付け代金は333億697万円を予定、MBO成立後に同社株式は上場廃止となる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

1stホールディングスが米社との提携を好感しストップ高

 1stホールディングス<3644>(東2)は16日の後場13時にかけてストップ高買い気配の669円(100円高)と急伸。11時30分に、米国のクラウドコンピューティング大手セールスフォース・ドットコムとの業務・資本提携を発表したことが好感された。セールスフォース社に自己株8万6100株を1株569円で割り当て、資本参加を得て約4900万円の資金を調達する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース

【話題株】JTは株式分割を歓迎し売り方の買い戻しも交えて続伸

話題株 JT(日本たばこ産業)<2914>(東1)は16日、5500円高の47万1500円まで上げて続伸し、4月4日につけた年初来高値49万500円を視界に捉えている。

 前週末13日大引け後に株式分割を発表、歓迎して権利取りの買い物が集まっており、売り方の買い戻しも交錯している。

 株式分割は、投資単位当たりの金額を引き下げ、より投資しやすい環境を整え投資家層の拡大を図ることを目的にしており、同時に全国証券取引所が進めている売買単位集約化行動計画を踏まえ、単元株式数を100株とする単元株制度を採用することも合わせて実現する。株式分割は、6月30日割り当てで1株を200株に分割し、7月1日を効力発生日に単元株制度も採用する。

 株価は、今年2月に昨年10月に一部下方修正した2012年3月期業績の上方修正と期末配当の増配を発表、期末の好配当利回り買いで年初来高値まで3割高した。投資採算的に割安感は小さいが、4月26日発表予定の3月期決算への期待感や売り長で逆日歩のつく信用好需給もサポートして高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:36 | 株式投資ニュース

1stホールディングスは急反落、連続最高純益予想も利益確定売りが先行

 1stホールディングス<3644>(JQS、東2)は16日、53円安の518円まで下げて4営業日ぶりに急反落している。前週末13日大引け後に2月期決算を発表、前期業績が、昨年10月の上方修正値を上ぶれて着地し、今期も、連続の過去最高純利益更新を予想したが、市場コンセンサスを下回っており、前週末13日ザラ場につけた年初来高値578円水準で利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:40 | 株式投資ニュース

前沢工業は4期ぶり復配を好感し値上がり率1位

 浄水場用機器の前沢工業<6489>(東1)は16日の前場、急反発となり、237円(24円高)まで上げた後も233円(20円高)前後で推移。値上がり率は9%台で、上場投信を除くと11時を回り東証1部の値上がり率1位となっている。前週末売買日の13日大引け後、2012年5月期末の配当を2円と発表したことが好感された。4期ぶりに復配となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

エイブル&パートナーズはストップ高買い気配!MBO価格にサヤ寄せ

 エイブル&パートナーズ<3272>(JQS・監理)は16日、寄り付きから買い気配値を切り上げ80円高の512円買い気配とストップ高で4営業日続伸し、4月3日につけた年初来高値440円を大きく更新している。前週末13日大引け後に同社の佐藤茂社長が、100%の株式を所有するACコーポレーション(東京都港区)が、同社株式を株式公開買い付け(MBO)すると発表。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:10 | 株式投資ニュース

スタートトゥデイは業績下方修正が逆サプライズになり安値更新

 スタートトゥデイ<3092>(東1)は16日、75円安の1218円まで下げて急反落し、4月12日につけた東証1部指定替え後安値1257円を更新している。前週末13日大引け後に今3月期業績の下方修正を発表、ネガティブ・サプライズとなって売り再燃となっている。

 3月期業績は、期初予想より売り上げを4億円、経常利益を9億5500万円、純利益を1億7500万円それぞれ引き下げ、純利益は、46億2500万円(前期比49%増)と連続して過去最高は更新するが、更新幅は縮める。

 商品取扱額の目標を840億円としていたが、出荷単価が計画を下回ったこともあり、819億2100万円にとどまり、売り上げも減少、この未達に二次流通事業、海外事業などの新規事業立ち上げ関連のコスト増も重なり下方修正となった。

 株価は、今年2月の東証1部指定替えと同時に実施した海外株式売出し(売出し価格1493円)を嫌って1500円台を割り、その後の月次商品取扱高の伸び率鈍化が響き安値を追った。なお下値模索が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

JTは単元株採用の株式分割など好感するが全体相場重く軟調

 JT(日本たばこ産業)<2914>(東1)は16日、伸び切れない相場になり、朝方の47万1500円(5500円高)を高値に一進一退。10時45分にかけては46万2500円(3500円安)となっている。13日の夕方、株式分割と単元株制度の採用などを発表し、投資金額は2分の1になることは好感されているものの、日経平均が一時140円安となり、9500円を割り込む軟調相場のため、買いの気勢が上がらないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

KLabは急反落、2Q業績が上ぶれ着地も市場予想を下回る

 KLab<3656>(東マ)は16日、55円安の743円まで下げて3営業日ぶりに急反落している。前週末13日大引け後に今8月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、今年1月開示の予想値を上ぶれて着地したものの、2Q3カ月実績が、市場コンネンサスを下回ったことが響き利益確定売りが先行、ソーシャルネットワーキング・サービス(SNS)関連の割安株買いは不発となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース

津田駒工業は安値更新、業績下方修正・減益転換を嫌気売り

 津田駒工業<6217>(東1)は16日、16円安の173円まで下げて急反落し、1月4日につけた年初来安値175円を更新している。前週末13日大引け後に今11月期第1四半期(1Q)決算の開示とともに、今期第2四半期累計・通期業績の下方修正を発表、2ケタ増益予想が大きく減益転換することを嫌い売り増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

JTは続伸、株式分割を歓迎し売り方の買い戻しも交える

 JT<2914>(東1)は16日、5500円高の47万1500円まで上げて続伸し、4月4日につけた年初来高値49万500円を視界に捉えている。前週末13日大引け後に株式分割を発表、歓迎して権利取りの買い物が集まっており、売り方の買い戻しも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

ドトール・日レスHDは3連騰、増益転換予想で市場コンセンサス上回る

 ドトール・日レスホールディングス<3087>(東1)は16日、8円安で寄り付いたあと3円高の1072円まで上げて値を戻し、3営業日続伸し、2月14日につけた年初来高値1093円を意識している。前週末13日大引け後に発表した2月期決算で、今期業績の増益転換を予想、市場コンセンサスを上回ることから割安修正期待の買いが膨らんでいる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40 | 株式投資ニュース

一休は民主党が秋の5連休を本格検討とされて反発

 宿泊予約サイトの一休<2450>(東1)は16日、反発となり、3万6500円(600円高)で寄ったあとも3万6300円前後で堅調に推移。民主党が観光振興や渋滞解消を進める目的で秋に5連休を取れるなどの休日分散化を本格検討と伝えられたことが材料になっている。株価は4月11日の3万4050円を直近の下値として出直り基調に転じている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:28 | 株式投資ニュース