[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/25)関西電力は原発再稼働に一喜一憂し本日は「活断層」で反落
記事一覧 (04/25)日立ハイテクノロジーズは高値更新!今期業績が増益転換し割安株買いが再燃
記事一覧 (04/25)シマノは高値更新!業績上方修正で割安修正買いが拡大
記事一覧 (04/25)日本高純度化学は続伸、純益増益転換で市場コンセンサスを超える
記事一覧 (04/25)ヤフーはで急反落、前期業績上ぶれ着地、今期1Q業績続伸も利益確定売り
記事一覧 (04/25)日成ビルド工業は4連騰!3回目の業績上方修正に2回目の増配が加わる
記事一覧 (04/25)新日本無線が北朝鮮の「特別行動」を材料に再騰
記事一覧 (04/25)日本電産は3連騰!2期ぶりの最高純益予想でADR安を押し返す
記事一覧 (04/25)【話題株】新規上場のこころネットは公開価格を105円上回る1050円で初値
記事一覧 (04/25)フォスター電機は米アップル社の好決算を材料に出直り強める
記事一覧 (04/25)亀田製菓が東証1部上場の記念配を好感し高値を更新
記事一覧 (04/25)本日新規上場のこころネットは買い気配で好調なスタート
記事一覧 (04/25)花王は決算好調で今期も拡大の予想を好感し反発で始まる
記事一覧 (04/25)アドアーズ 海外子会社アドアーズ・マカオ社の発行済株式100%を譲渡
記事一覧 (04/24)沖縄セルラー電話は単元株制度を導入し9月末に株式分割−−引け後のリリース
記事一覧 (04/24)【注目のリリース】森永製菓は減額修正で下げても下値メド厚い様子
記事一覧 (04/24)亀田製菓が12年3月期の配当に東証1部上場の記念配
記事一覧 (04/24)フィールズ 24日、ビスティ製パチスロ機『GTO Limit Break』の全国発売を発表
記事一覧 (04/24)【話題株】日本ユニシス・AIJ投資顧問社長「使っちゃうタイプ」に怒りの値戻し
記事一覧 (04/24)300円割れの大和証券、マーケット不振、27日に決算発表
2012年04月25日

関西電力は原発再稼働に一喜一憂し本日は「活断層」で反落

 関西電力<9503>(東1)は25日の前場、小反落となり、1221円(2円高)で寄ったあとは1198円(21円安)まで軟化して1200円前後の相場になった。大飯原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働問題が一喜一憂に株価材料となっている中で、今朝は、同じ福井県にある日本原子力発電の敦賀原子力発電所1、2号機(福井県敦賀市)の地下に活断層の存在が伝えられたため、再び手控える雰囲気となった。ただ、昨日は、前場軟調で後場堅調だったため、午後の相場に期待感は残っているようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 株式投資ニュース

日立ハイテクノロジーズは高値更新!今期業績が増益転換し割安株買いが再燃

 日立ハイテクノロジーズ<8036>(東1)は25日、94円高の2031円まで上げて急反発し、3月30日につけた年初来高値2015円を更新している。前日24日大引け後に3月期決算を発表、前期業績は、今年1月の下方修正値を上ぶれて減益転換率を縮めて着地し、今期業績は、増益転換を予想、市場コンセンサスには未達となったが、売り方の買い戻しを交え割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:12 | 株式投資ニュース

シマノは高値更新!業績上方修正で割安修正買いが拡大

 シマノ<7309>(大1)は25日、190円高の5180円まで上げて続急伸し、4月2日につけた年初来高値5090円を更新している。前日24日大引け後に今12月期第1四半期(1Q)決算の開示に合わせて、第2四半期累計・11月通期業績の上方修正を発表、連続増益率を伸ばすことが割安修正買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:10 | 株式投資ニュース

日本高純度化学は続伸、純益増益転換で市場コンセンサスを超える

 日本高純度化学<4973>(東1)は25日、600円高の20万2000円まで上げて続伸している。前日24日大引け後に3月期決算を発表、前期業績が今年2月の再下方修正値をやや上ぶれて減益転換率を縮め、今期純利益の増益転換を予想し、市場コンセンサスを上回ったことを手掛かりに割安修正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:07 | 株式投資ニュース

ヤフーはで急反落、前期業績上ぶれ着地、今期1Q業績続伸も利益確定売り

 ヤフー<4689>(東1)は25日、960円安の2万4800円まで下げて3日ぶりに急反落している。前日24日大引け後に発表した2012年3月期業績が、今年1月に開示した予想値をやや上ぶれて着地して増配、予想値を開示した今期第1四半期(1Q)業績も続伸を予想したが、利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

日成ビルド工業は4連騰!3回目の業績上方修正に2回目の増配が加わる

 日成ビルド工業<1916>(東1)は25日、12円高の201円まで上げて4営業日続伸し、2月7日につけた年初来高値216円を射程圏に捉えている。前日24日大引け後に昨年10月、今年2月に続いて2012年3月期業績の3回目の上方修正と昨年10月に続く2回目の期末配当の増配を発表、低位値ごろの割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:02 | 株式投資ニュース

新日本無線が北朝鮮の「特別行動」を材料に再騰

 新日本無線<6911>(東1)は25日、急動意となり、11%高の209円(21円高)まで上げたあとも200円台で堅調。10時50分にかけては7%高で東証1部の値上がり率3位に入った。仕手色が強く、思惑や憶測で急伸する傾向のある銘柄。このところは、北朝鮮の「衛星」発射に端を発して、国の緊急通報システム「Jアラート」に関連するとの思惑があり、北朝鮮が韓国に対し「特別行動」を取ると発表したため、材料再燃となったようだ。株式市場では、日銀の金融緩和に対する期待が今ひとつのため、ゴールデンウイーク(GW)明けまでは、こうした銘柄で「幕間つなぎ」との見方も出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

日本電産は3連騰!2期ぶりの最高純益予想でADR安を押し返す

 日本電産<6594>(大1)は25日、寄り付きの前日終値を挟むもみ合いから、90円高の7600円まで買い進まれ3日続伸している。前日24日大引け後に3月期決算を発表、前期は今年1月の下方修正値をやや上ぶれて減益転換率を縮め、今期は2ケタ増益転換、2期ぶりの過去最高純益更新を見込んでおり、市場コンセンサスを下回ることや前日の米国市場で同社ADR(預託証券)が、大阪市場の終値に対して53円安(円換算値)で引けたことを押し返して買い増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:23 | 株式投資ニュース

【話題株】新規上場のこころネットは公開価格を105円上回る1050円で初値

話題株 こころネット<6060>(JQS)が、きょう25日にジャスダック市場(スタンダード)に新規株式公開(IPO)された。公開価格は945円、公開株式数は86万2500株となっている。

 寄り付きの買い気配から9時20分に公開価格を105円、11%上回る1050円で初値をつけ、その後は974円まで下げ売り買いが交錯している。公開価格がPER5倍台と割安で、資金吸収額も8億円超と比較的小規模にとどまり、地盤の福島県を中心に安定的な収益基盤を構築していることが買い評価され、穏当な初値形成につながった。

 同社は、葬祭事業、婚礼事業、墓石などの石材販売事業をグループ連結子会社とともに展開、主力事業は売り上げの過半を占める葬祭事業となっている。

 葬祭事業は、福島県内の自社葬祭会館16施設を拠点に展開、大規模葬儀から家族葬まで利用者ニーズに応じたパッケージプランと、分かりやすい料金サービス体系を提供している。婚礼事業も福島県内に5婚礼会場を展開している。

 2012年3月期業績は、売り上げ99億9400万円(前期比4%増)、経常利益9億1600万円(同62%増)、純利益5億5400万円(同2.4倍)、1株利益185.9円と予想している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

フォスター電機は米アップル社の好決算を材料に出直り強める

 フォスター電機<6794>(東1)は25日、続伸で出直りを強める相場になり、朝方1156円(51円高)まで上げて4月6日以来の1150円台回復となった。米アップル社の主要取引先の1社で、アップルの1〜3月期の決算が純利益94%増の116億2200万ドルになったと伝えられたことを材料視。関連銘柄の村田製作所<6981>(大1)などとともに強調相場となっている。ただ、同じ関連銘柄でもローム<6963>(大1)は伸び悩むなど、買い一巡後は物色銘柄を絞り込む動きが出ている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 株式投資ニュース

亀田製菓が東証1部上場の記念配を好感し高値を更新

 亀田製菓<2220>(東1)は25日、高値更新の始まりとなり、1810円(11円高)で寄ったあとは1826円(27円高)。昨日の夕方、東証1部上場の記念配当を発表したことが好感された。同社株は4月6日に東証2部から1部銘柄に指定替えになり、これを記念し、2012年3月期の期末配当に2円を加え、計13円にするとした。もっとも、これは、これから買う投資家にとっては無縁の話のため、これまでの高値1807円(4月9日、10日)を抜いた後は売買交錯となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

本日新規上場のこころネットは買い気配で好調なスタート

 25日、新規上場となったこころネット<6060>(JQS)は買い気配で始まる好調なスタートとなり、公開価格945円に対し、9時5分現在は公開価格と同じ945円で買い気配。売り約13.2万株、買い約26.1万株を集めている。福島県を地盤に冠婚葬祭や附帯サービス、石材販売などを行ない、公募株数は56万2500株、売り出し株数は18万7500株のほかオーバーアロットメントによる追加売り出しを最大11万2500株用意。調達資金は、喜多方葬祭会館(仮称)新設にかかる設備投資資金などに充当の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース

花王は決算好調で今期も拡大の予想を好感し反発で始まる

 花王<4452>(東1)は25日、反発の始まりとなり、2181円(50円高)で寄ったあとは2183円(52円高)。昨日24日発表した2012年3月期連結決算が好調で、決算期を変更する今12月期の予想も好調なことが好感されている。3月決算の純利益は前期比12.2%増の524.3億円。今期は決算期を12月に変更するため12年12月までの9カ月決算になるものの、純利益の予想を600億円とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | 株式投資ニュース

アドアーズ 海外子会社アドアーズ・マカオ社の発行済株式100%を譲渡

■株式譲渡の業績に与える影響は軽微

 アミューズメント施設運営のアドアーズ<4712>(JQS)は24日、海外子会社アドアーズ・マカオ社の発行済株式100%を譲渡することを発表した。
 マカオに進出したことで、海外での店舗運営ノウハウや海外展開ノウハウの獲得のみならず、日本版カジノを見据えて、サンズグループとの良好なリレーションの構築や、カジノ運営そのもののノウハウや情報収集機会を得ることが可能となった。
 ところが、このアドアーズ・マカオ社について、マカオ地区で各種施設運営を展開する野上淳司氏より譲受の打診があった。同社としては、アドアーズ・マカオ社は開設から1年以上が経過し、その目的・役割において一定以上の成果を獲得していることや、更にマカオ地区で同店のみを運営するマネジメントコスト負担をふまえ、検討した結果、アドアーズ・マカオ社の株式の譲渡を決定した。
 この株式譲渡によって株式の売却損が33百万円程度発生する見通しであるが、業績に与える影響は軽微。また、アドアーズ・マカオ社の事業規模が軽微であるから業績への連結処理は行っていない。

>>アドアーズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:16 | 株式投資ニュース
2012年04月24日

沖縄セルラー電話は単元株制度を導入し9月末に株式分割−−引け後のリリース

■今期も営業収益連続増加の1.2%増を見込む

引け後のリリース、明日の1本 沖縄セルラー電話<9436>(JQS)は24日の大引け後、2012年3月期の決算と単元株制度の導入にともなう株式分割を発表。連結決算は、売上高に当たる営業収益が5.7%増の495.1億円となり、営業利益は同1.5%減の84.7億円、純利益は同4.1%増の51.8億円だった。

 この期は、ARPU(1契約あたりの月間平均収入)の減少があったものの、端末出荷が増加したことや「auひかり ちゅら」の顧客基盤が拡大したことによる増収要因がこれを上回ったため、売上高は5.7%増加した。利益面では、前期に計上した移動通信事業800MHz帯周波数の再編に伴う特別損失がなくなり、純利益は同4.1%増加した。解約率は前期比0.02ポイント減少の0.46%。

 今期の業績予想は、営業収益を1.2%増の501億円、営業利益は1.5%増の86億円とし、純利益は、除却の検討を行なっている通信設備があるため、20.9%減の41億円を見込む。

 また、10月から、現在1株の売買単位を100株とする。これに向け、9月30日を基準日として、1株を100株に分割する。1単位あたりの投資金額は実質的に変わらない。

 株価は2月に17万4700円の高値に進んだ後、いわゆる高値もみあい相場を続け、24日の終値は17万4400円(1600円高)。ほとんど高値圏で推移している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:50 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】森永製菓は減額修正で下げても下値メド厚い様子

■まずは価格帯別の出来高が厚い180円前後に注目

 森永製菓<2201>(東1)は24日の大引け後、3月決算の見込みを全体に減額修正し、連結営業利益は48億円から28.1億円(前期は66.5億円)に、純利益は27億円から10.8億円(同24.5億円)に見直した。菓子、冷菓部門などが予想を下回り、利益面では、売上高が予想を下回ったことに加え、プロダクトミックスの悪化等により売上原価率がアップした。決算発表は5月11日を予定。

 株価は減額修正により、下値を試す動きが予想されるものの、下値メドは厚いとの見方がある。第一段階は、価格帯別の出来高が厚い180円前後。その下は昨年12月の下値の177円前後。その下は、東日本大震災のあとの1年を通して、6月の175円、8月の172円、12月の177円が下値のため、この水準には厚い岩盤があるようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:20 | 株式投資ニュース

亀田製菓が12年3月期の配当に東証1部上場の記念配

■終わった期の配当になりインパクトは限定的との見方

 亀田製菓<2220>(東1)は24日の夕方、東証1部上場の記念配当を発表。4月6日に東証2部から1部銘柄になったことを記念し、2012年3月期の期末配当に2円を加え、計13円にするとした。中間配当は11円を実施済み。前年同期は中間・期末とも各11円で、年間では2円の増配になる。

 記念配当は好材料だが、終わった期の配当になるため、インパクトは限定的との見方が多い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:55 | 株式投資ニュース

フィールズ 24日、ビスティ製パチスロ機『GTO Limit Break』の全国発売を発表

■パチンコ・パチスロ機「GTO」シリーズの最新機

 フィールズ<2767>(JQS)は24日、ビスティ製パチスロ機『GTO Limit Break』の全国発売を発表した。
 『GTO Limit Break』は、幅広い世代から人気を誇る同作品をコンテンツに採用したパチンコ・パチスロ機「GTO」シリーズの最新機。
 演出では、型破りな教師・鬼塚英吉が生徒たちと巻き起こす感動ストーリーをダイナミックかつ繊細に再現。ゲーム性では原作の世界観に新感覚のARTシステムを融合することで、プレイヤーが「楽しさ」と「満足感」を体験できる。
 株価は、年初来の高値圏で推移している。今回の新機種の全国発売で、更に上値を追う展開が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 株式投資ニュース

【話題株】日本ユニシス・AIJ投資顧問社長「使っちゃうタイプ」に怒りの値戻し

■社員ひとり59万円消え当面の救済案は「従業員持株会」の思惑

話題株 日本ユニシス<8056>(東1)は24日の午後14時過ぎから急速に値を戻し、それまでの586円(14円安)前後での底もみ相場から598円(2円安)まで持ち直し、終値も597円となった。昨日、例のAIJ投資顧問に委託していた年金基金について、大半が毀損していると判断し、特別損失を計上すると発表。株価は軟調だったものの、午後、同投資顧問・浅川和彦社長の証人喚問の様子が伝えられ、産経新聞のネット速報が、「『使っちゃうタイプ』個人資産は今9900万円」と伝えると、一気に上げる場面があったという。

 大引けにかけての値戻しは、さながら「怒りの逆襲」的な気迫があったようだ。同社がAIJ投資顧問によって「大半を毀損」させられた金額は、23日の発表によると、連結ベースで約55億円、単体ベースで約41億円。連結ベースの従業員数は約9330名(東洋経済新報社・会社四季報、昨年12月末現在)のため、単純計算では、一人あたり約59万円の積立金が行方不明になったことになる。

■証券各社が株高に向けて様々な提案の観測

 このアナ埋めは、年金法では会社側の負担になる部分が多いとされる。しかし、同社の2012年3月決算の見込みは最終赤字。回復基調にあるとはいえ、今回の損失がなかった場合でも、純利益は116億円の赤字予想だった。社員ひとりに59万円を支給する余裕は、まだなさそうだ。

 となると、当面、手っ取り早い社員救済策は「従業員持株会」(3.0%保有の上位株主)。株価が100円値上がりすると、1千株保有する場合は10万円の利益。一部の推測では、早くも証券各社が様々な提案を用意して積極姿勢とされ、主幹事証券の野村證券もウカウカしていられないとか。業績が回復基調なだけに、一般投資家も注目しておく余地はありそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 株式投資ニュース

300円割れの大和証券、マーケット不振、27日に決算発表

 大和証券グループ本社<8601>(東1)は、10円安の297円と5日続落。3月14日の年初来高値361円から17.7%の下げで300円割れは今年2月15日以来2ヶ月強ぶり。

 マーケットの売買高が減少するなど低調となっていることが響いている。しかも、電力料金値上げの影響から先行きの業績に不安も出ている。下値のフシは1月中旬にモミ合った265〜280円がある。仮に、ここを割り込むと年初来安値の238円が目安となる。

 同社の3月期決算発表が4月27日に予定されており決算の近いことが買い手控えとなっているようだ。第3四半期(4〜12月)の最終損益は赤字503億5500万円。マーケットが比較的明るい状況だった第4四半期(1〜3月)の3ヶ月でどれだけ収益を取り返すことができたか注目される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:29 | 株式投資ニュース