[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/26)【上方修正株】澤藤電は業績上方修正で純利益が増益転換し急反発
記事一覧 (03/26)日清オイリオグループは増・減額交錯の業績再修正で利益確定売り
記事一覧 (03/26)都築電気は続急落、自己株式TOBも業績再減額・赤字拡大が響く
記事一覧 (03/26)西華産業は好決算や節電関連の好業態に続く追撃材料も小動き
記事一覧 (03/26)東洋建設 インドネシアで大型港湾工事を受注
記事一覧 (03/26)山善は電力不足の予想と扇風機の販売強化を好感し高値に迫る
記事一覧 (03/26)ディーエムエスはV字回復し高値顔合わせ!今度は3月通期業績を上方修正
記事一覧 (03/26)高利回りのエフティコミュニ急反発、業績も好調で配当取り買い
記事一覧 (03/26)東急コミュニティー:「大阪府営住宅」の指定管理者に
記事一覧 (03/26)スターツ出版が資生堂の出資と提携を好感し昨年来の高値
記事一覧 (03/26)大井電気がストップ高気配!業績予想の増額と復配を好感
記事一覧 (03/26)【話題株】日本電気硝子は連続増配も業績再減額で市場予想を下回り急続落
記事一覧 (03/26)澤藤電機は3営業日ぶりに急反発!業績上方修正で純利益が増益転換
記事一覧 (03/26)エスティックは5連騰し高値を射程圏に!業績再上方修正に増配がオン
記事一覧 (03/26)サトウ食品工業は安値を割らず一進一退!特許権侵害の売り一巡感
記事一覧 (03/26)東京電力は原発の停止に反応薄!電力株は総じて堅調に始まる
記事一覧 (03/26)ケンコーマヨネーズが1部昇格と記念配当を好感し急伸
記事一覧 (03/26)ディー・エヌ・エーとアドウェイズが戦略提携を好感し高い
記事一覧 (03/25)ケンコーマヨネーズ 3月30日より東証1部に上場
記事一覧 (03/24)【注目のリリース】ケンコーマヨネーズが東証1部昇格と記念配当を発表
2012年03月26日

【上方修正株】澤藤電は業績上方修正で純利益が増益転換し急反発

上方修正銘柄 澤藤電機<6901>(東1)は26日、29円高の265円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。前週末23日大引け後に今3月期業績の上方修正を発表、純利益が、昨年6月の減益転換予想から増益転換することを評価、値ごろ妙味があるとして割安株買いが再燃している。

 3月期業績は、昨年6月開示の予想値より売り上げを28億円、経常利益を1億3000万円、純利益を1億5000万円それぞれ引き上げ、純利益は、7億7000万円(前期比16%増)と増益転換する。売り上げが堅調に推移し、今年2月中旬以降に為替相場が円安になったことも下支えとなり上方修正につながった。

 株価は、円高一服を反映して257円の戻り高値をつける場面もあったが、今期第3四半期業績が減益・低利益進捗率で着地するなど伸び悩んだことを反映して200円台下位固めが長引いた。PERは7倍台と割安になり、リバウンド幅を拡大しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:30 | 株式投資ニュース

日清オイリオグループは増・減額交錯の業績再修正で利益確定売り

 日清オイリオグループ<2602>(東1)は26日、1円高の357円と3営業日続伸して寄ったあと、4円安と伸び悩むなど前週末23日終値を挟むもみ合いを続けている。23日大引け後に上方修正・下方修正が交錯する今3月期業績の再修正を発表、経常利益は続落するが、純利益が増益転換率を拡大、株価も、割り負け訂正買いと利益確定売りが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:48 | 株式投資ニュース

都築電気は続急落、自己株式TOBも業績再減額・赤字拡大が響く

 都築電気<8157>(東2)は26日、41円安の759円まで下げて続急落している。前週末23日大引け後に自己株式の公開買い付け(TOB)と今3月期業績の再下方修正、純利益赤字幅の悪化を発表し、TOBにより同社筆頭株主のタワー投資顧問の保有株を買い取り、経営に自由度が増すことになったが、TOB価格がディスカウントされ、業績もさらに悪化するとが響き、今年3月19日につけた昨年来高値830円を前に利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:46 | 株式投資ニュース

西華産業は好決算や節電関連の好業態に続く追撃材料も小動き

 西華産業<8061>(東1)は26日、2円高の252円と変わらずを挟んで3営業日ぶりに反発し、今年3月22日につけた昨年来高値256円を前に小動きが続いている。前週末23日大引け後に自己株式消却取得を発表、今年2月開示の今3月期第3四半期(3Q)の好決算や節電関連の好業態に続く追撃材料となったが、反応は限定的にとどまっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース

東洋建設 インドネシアで大型港湾工事を受注

■受注金額は約78億円、工事期間は900日

 海洋土木の東洋建設<1890>(東1)は23日、インドネシアで大型港湾工事を受注していたことを発表。

 同社は、インドネシア共和国運輸省開運総局発注のタンジュンプリオク港緊急リハビリ事業のなかの、「ロット1:航路・泊地改善工事」を現地国営大手アディ・カリア社との共同で受注し、2月に契約していた。
 受注金額は、約78億円、工事期間は900日。今回の受注は、ケニア共和国の「モンバサ港建設工事」に続き2件目の海外大型港湾工事の受注となる。
 タンジュンプリオク港は、首都ジャカルタ北部に位置し、コンテナ貨物では全国の約半数近くを取扱う、インドネシア最大の国際貿易港だが、100年以上前の旧オランダ統治時代の建設のままであり、防波堤に囲まれた狭い水域がネックとなり、港湾の航路は原則片面通航となっている。そのため、沖合いで多数の待船が常態化するなど、コンテナ船の円滑な入出港が困難な状況にあり、緊急的対応の必要性からも改良が望まれていた。

タンジュンプリオク港

■片面通航125mから両面通航300mへの航路拡幅

 今回の事業は、タンジュンプリオク港において、航路拡幅や増深等を行うことにより、船舶交通の効率化を図り、今後の需要増大に対応させ、国際的ハブ港としての機能を拡充することを目的としている。
 具体的には既設の防波堤を撤去し、沖合いへ新設することによる船舶の回頭水域の確保、片面通航125mから両面通航300mへの航路拡幅、更に大型船への対応のため航路・泊地水深14mへの増深等を行う。

 工事概要
既設防波堤撤去工 総延長 約1,863m
防波堤新設工 総延長 約1,660m
航路・泊地浚渫工 約8,100,000m3
航行援助標識等据付・移設工 一式

タンジュンプリオク港において、航路拡幅や増深等を行う


>>東洋建設のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

山善は電力不足の予想と扇風機の販売強化を好感し高値に迫る

 機械・住宅設備商社の山善<8051>(東1)は26日の前場、上値を試す相場になり、695円(9円高)をつけて3月19日の高値700円に迫った。過程用・業務用の扇風機でも大手。東京電力<9501>(東1)の原子力発電所が定期検査によってすべて停止したことが今夏の電力不足を連想させたようだ。また、24日付の日本経済新聞朝刊では、この夏に向けて扇風機の販売を強化し、2012年度の販売台数を11年度比6%増の340万台に引き上げると伝えた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | 株式投資ニュース

ディーエムエスはV字回復し高値顔合わせ!今度は3月通期業績を上方修正

 ディーエムエス<9782>(JQS)は26日、10円高の420円まで上げて変わらずを含めて4営業日続伸し、昨年2月につけた昨年来高値420円に顔合わせしている。前週末23日大引け後に今度は今3月期業績の上方修正を発表、V字回復を鮮明化することが割安修正買いを拡大させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース

高利回りのエフティコミュニ急反発、業績も好調で配当取り買い

 エフティコミュニケーションズ<2763>(JQS)は、1250円高の3万8350円と23日(金)の200円安から急反発。去る、2月14日につけた直近高値3万8700円に接近。今3月期の期末配当1000円の権利がついている(27日が権利付最終)。期末配当利回りは2.60%と高い。

 ちなみに、中間配当500円と合わせた年間配当は1500円で年利回りは3.91%になる。しかも、今3月期は0.8%増収、営業利益61.2%増益、1株利益3248円の見通しと好調。

 ストック型収益の積み上げ、パートナー企業(販売代理店)の開拓、LED照明等の新規事業の推進、新卒新入社員の早期戦力化のための集合研修などの取組みが成果をあげている。スマートフォン対応商材及びクラウド型商材に注力。

 配当の権利を落とせば、次は、5月中旬と予想される決算発表が注目される。次期(2013年3月期)も好調見通しということなら昨年5月以来となる4万円台乗せが見込めるだろう。ここは期末配当を取るのがよいだろう。

>>エフティコミュニケーションズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:56 | 株式投資ニュース

東急コミュニティー:「大阪府営住宅」の指定管理者に

■関西地区での事業拡大にあわせ、公共住宅管理センター12月に新設

 東急コミュニティー<4711>(東1)は、このたび「大阪府営住宅」149団地、43,444戸の指定管理者に選ばれ、これらの指定された対象住宅について4月から管理を開始する。

 今回指定管理者に選定された対象案件は、大阪府営住宅のうち、中・南河内地区、大阪市地区、堺市地区(南区を除く)の3つの地区で、期間は、平成24年4月1日より平成29年3月31日までの5年間。この間同社は、入居者の公募や入居及び退去手続き、家賃等の収納に関する業務、施設の維持修繕や保守点検などの業務を行う。

 同社は既に、関西地区で「神戸市営住宅」「奈良県営住宅」「尼崎市営住宅」で約2万2千戸の指定管理者に選定されているが、今回の「大阪府営住宅」を加えると、関西地区での指定管理者制度による管理戸数は6万5千戸となる。

 こうした関西地区での事業拡大にあわせて、公共住宅管理機能の強化、業務品質向上を図るため、関西事業部に住宅の指定管理者案件の専門組織「公共住宅管理センター」を昨年12月16日に設置した。

 また、今回の大阪府案件を含め、全国では1府6県13市11区などからの指定管理者案件の受託実績があり、4月時点では公営住宅で15案件(約7万8千戸)、その他教育・学校施設、文化・スポーツ施設などで27案件の管理を実施することになる。

 管理業は、同社のメイン事業であり、今期も売上高、利益とも好調に推移している。今後も、マンション管理戸数約41万戸の実績と、これまで培った複合用途施設の管理や賃貸事業のノウハウを活かして、地域社会に貢献できるサービスを追求し、今後の施設運営管理のノウハウの積上げを目指す。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

スターツ出版が資生堂の出資と提携を好感し昨年来の高値

 スターツ出版<7849>(JQS)は26日、急反発となり、22万6000円(1000円高)で寄ったあと25万円(2万5000円高)。資生堂<4911>(東1)が22日の昼、同社に2.5%出資し、Webを活用した情報発信やネット通販サービスなどで協働取り組みを強化すると発表したことが引き続き好感され、発表日の午後のストップ高に続き、2日ぶりの高値更新となった。本日のストップ高は27万5000円(5万円高)。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

大井電気がストップ高気配!業績予想の増額と復配を好感

 無線通信機器などの大井電気<6822>(JQS)は26日、買い気配のままストップ高の225円(50円高)となり、1月につけた戻り高値200円を一気に更新。前週末売買日の23日、業績予想を増額発表し、前期まで見送ってきた3月期末の配当を2円と復配することが好感されている。株価は2月にスマートメーター(次世代電力計)関連株として人気化し、本日は、東京電力<9501>(東1)の原子力発電所が定期検査のためすべて停止したことなどを受け、注目が再燃している。新たな予想1株利益は37円47銭。PERはわずか5倍前後。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

【話題株】日本電気硝子は連続増配も業績再減額で市場予想を下回り急続落

話題株 日本電気硝子<5214>(東1)は26日、24円安の707円まで下げて急続落している。前週末23日大引け後に今3月期通期業績の2回目となる下方修正と期末配当の増配との好悪2材料を発表し、同時に第4四半期が底になるとの業績見通しも示したが、今期純利益が市場コンセンサスを大きく下回ることを嫌い売り増勢となっている。

 同社の業績開示方法は、次の四半期業績をレンジ予想で公表し、4半期決算発表前に早期に修正することを基本としている。今期業績は第1四半期、第3四半期はレンジ予想内に収まったが、第2四半期は下方修正し、今回も下方修正、今年1月27日に予想した3月通期業績をレンジ予想の下限値からさらにダウンさせた。

 経常利益は、565〜615億円としていたものを550億円(前期比51%減)、純利益も、同じく285〜315億円から180億円(同73%減)にそれぞれ引き下げ、純利益は、前期の過去最高からの減益転換率を悪化させ、市場コンセンサスも約116億円下回る。

 主力の薄型パネルディスプレイ(FPD)用ガラスの需要が盛り上がりに欠け、売り上げ減少や生産改善計画の遅れが重なって下方修正となり、純利益は、FPD用ガラスの製造設備の減損損失約180億円を計上することから下方修正幅が広がった。

 ただFPD用ガラスは、薄板ガラスに対応した設備立ち上げや改修工事で需要動向に対応する体制を構築し、ガラスファイバなども調整一巡で需要が好転してきており、業績は、この第4四半期を底に先行き緩やかに回復するとの見通しも示した。

 期末配当は、期初に7〜8円とレンジで予想していたが、上限の8円とし、年間配当は15円(前期実績13円)と連続増配幅を拡大する。株価は、同業他社の米コーニングの業績悪と同社の今期通期業績の減益転換見通しが重なって昨年来安値645円まで売られ、PBR0.7倍は下げ過ぎとして底上げ途上にあった。下値再確認が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

澤藤電機は3営業日ぶりに急反発!業績上方修正で純利益が増益転換

 澤藤電機<6901>(東1)は26日、29円高の265円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。前週末23日大引け後に今3月期業績の上方修正を発表、純利益が、昨年6月の減益転換予想から増益転換することを評価、値ごろ妙味があるとして割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09 | 株式投資ニュース

エスティックは5連騰し高値を射程圏に!業績再上方修正に増配がオン

 エスティック<6161>(東マ)は26日、1万3100円高の18万3000円まで上げて5営業日続伸し、今年3月2日につけた昨年来高値18万9800円を射程圏に捉えている。前週末23日大引け後に昨年10月に続いて今3月期業績の再上方修正と増配を発表、割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

サトウ食品工業は安値を割らず一進一退!特許権侵害の売り一巡感

 「切り餅(もち)」のサトウ食品工業<2923>(東2)は26日、下値もみ合いの始まりとなり、1631円(48円安)で寄ったあとは1611円(68円安)を下値に一進一退。22日の大引け後、「切り餅」の側面などに加工した「切り込み」の特許権を巡る裁判で、損害賠償金8億275万9264円の支払いや、対象となる製品の販売差し止めなどの判決を受けたと発表したことが引き続き嫌気されているものの、9時50分にかけては24日の安値1604円を割る様子がなく、売り一巡感と底堅さがうかがえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース

東京電力は原発の停止に反応薄!電力株は総じて堅調に始まる

 東京電力<9501>(東1)は26日、小動きの始まりとなり、213円(2円安)で寄ったあとは212円(3円安)から215円(前日比変わらず)での推移となっている。同社管内の原子力発電所・柏崎刈羽6号機(新潟県柏崎市・刈羽村、135.6万キロワット)が25日深夜、定期検査のため発電を停止し、同社の原発17基が全部ストップしたと伝えられたことには反応の薄い相場になった。ただ、本日は、電力株が総じて堅調。この中で、重い値動きになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

ケンコーマヨネーズが1部昇格と記念配当を好感し急伸

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東2)は26日、買い気配を上げる始まりとなり、9時12分に636円(42円高)で寄りついたあと645円と上値を追っている。前週末売買日に東証1部への昇格が決まり、記念配当を発表したことが好感されている。東証は23日の夕方、同社株を3月30日付けで市場第一部に指定すると発表。会社側は、これを記念し、今3月期末に記念配当5円を実施し、これまでの予想の15円を20円にするとした。配当利回りは、株価が800円で2.5%になり、1000円でも2.0%になる。27日が配当権利の最終日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:15 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーとアドウェイズが戦略提携を好感し高い

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は26日、続伸の始まりとなり、2268円(8円高)で寄ったあと2277円(17円高)と4日続伸基調。朝の取引開始前、ネット広告の大手アドウェイズ<2489>(東マ)に対し、同社の運営する「Mobage(モバゲー)」のフィーチャーフォンおよびスマートフォン版のアフィリエイト広告枠の販売などで戦略提携したと発表したことが好感されている。アドウェイズは12万4200円(3000円高)の買い気配で始まった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:04 | 株式投資ニュース
2012年03月25日

ケンコーマヨネーズ 3月30日より東証1部に上場

■期末配当予想15円に上場記念配5円を加え20円の配当を発表

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東2)は23日、東京証券取引所の承認を得て東証1部に指定され、3月30日より東証1部に上場することを発表した。
 昨年3月24日に東証2部に上場していることから、僅か1年での1部上場となる。
 また、1部上場を記念して期末配当予想15円に上場記念配5円を加え、20円とすることも発表した。
 23日の株価は、前日比6円安の594円。PER9.38倍、PBR0.65倍、配当利回り3.37%(株主優待を含めると実質配当5.0%)と割安。今回の1部指定により、株価の上昇が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:18 | 株式投資ニュース
2012年03月24日

【注目のリリース】ケンコーマヨネーズが東証1部昇格と記念配当を発表

■3月30日から東証1部銘柄に

 東証は23日の夕方、ケンコーマヨネーズ<2915>(東2)を3月30日付けで市場第一部に指定すると発表した。同社株は3月30日から東証1部に指定替え・昇格上場となる。ケンコーマヨネーズも23日の夕方、第一部指定と、これを記念する配当を発表。今3月期末に記念配当5円を実施し、これまでの予想の15円を20円にするとした。前年同期も東証2部への昇格を記念する配当を行ない20円だった。なお、東証はツクイ<2398>(東2)の東証1部指定替えも発表した。

■株価1000円でも利回りは2%

 東証1部への昇格が発表になった銘柄は、TOPIX(東証株価指数)連動運用のファンドなどによる組み入れ買いの期待などにより、発表直後に急伸するケースが少なくない。ケンコーマヨネーズの株価は昨年11月の475円からジリ高基調を続け、3月中旬からは円安などを好感して上げピッチを強め、15日に645円の高値。23日の終値は594円(6円安)だった。記念配当という好材料も加わり、高値645円での利回りは3.1%。800円まで上げても2.5%になり、1000円でも2.0%になるため、27日の配当権利の最終日に向けて面白い相場が見込めそうになってきた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:38 | 株式投資ニュース