[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/11)ソフトバンクは携帯「純増数1位」21カ月ぶりに逃すが反応薄
記事一覧 (01/11)きちりが「タニタ食堂」本日開店を材料に実質ストップ高
記事一覧 (01/11)創通は自己株式取得と1Q業績V字回復を好感して高値更新
記事一覧 (01/11)テンプホールディングス復興関連の人材需要に期待し反発
記事一覧 (01/11)ハードオフコーポレーションは利食い先行のなか当然の一服と底堅い
記事一覧 (01/11)薬王堂は3Q好決算と期末配当の増配を好感し高値更新
記事一覧 (01/11)東宝は反落、自己株式取得も3Q業績の大幅減益転換を嫌う
記事一覧 (01/11)スター精密は3Q業績がV字回復も利益確定売りに押される
記事一覧 (01/11)サイゼリヤは続落、1Q業績が減収・経常減益と続落したことを嫌気
記事一覧 (01/11)良品計画は3Q業績が観測報道通りに増益転換したことを好感
記事一覧 (01/11)新日本無線は地震予知に連想を広げ連日ストップ高
記事一覧 (01/11)ハニーズは利益確定売りが交錯しもみ合い、通期業績は上方修正でV字回復を鮮明化
記事一覧 (01/11)富士エレクトロニクスは業績下方修正も期末配当の増配をポジティブに評価
記事一覧 (01/11)三協・立山ホールディングスは高値更新、5月通期上方修正と4期ぶり復配を好感
記事一覧 (01/11)ローソンは3Q好決算発表も反落、利益確定売りが先行
記事一覧 (01/11)日本橋梁が首都高関連で連日急伸し07年以来の500円台
記事一覧 (01/11)ソニーは「スマートテレビ」に期待し4日ぶり反発
記事一覧 (01/11)ユニ・チャームは最高益の観測に会社側の反応冷たく売買交錯
記事一覧 (01/11)オリンパスは反落!旧・現経営陣19人の提訴は材料視
記事一覧 (01/10)ブロッコリーがゲームソフト計画を上回り増額修正‐−引け後のリリース
2012年01月11日

ソフトバンクは携帯「純増数1位」21カ月ぶりに逃すが反応薄

 ソフトバンク<9984>(東1)は後場2168円(54円安)まで軟化する場面があり、続落相場。携帯電話各社が11日発表した12月の契約数が伝えられ、「純増数」では、1位がNTTドコモ<9437>(東1)、2位がソフトバンクモバイルとなり、前月までの20カ月連続トップの記録が途切れたことを手控え要因とする向きもあった。ただ、株価はこの値を下値に持ち直し、14時30分には2185円(37円安)。大きなマイナス材料にはなっていない。NTTドコモも反応薄で一段軟化した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

きちりが「タニタ食堂」本日開店を材料に実質ストップ高

 居酒屋系外食チェーンの きちり<3082>(JQG)は10日、前後場とも実質ストップ高の32万2500円(5万100円高)で売買をこなし、13時55分にかけてもストップ高。昨年11月、体脂肪計などの大手・タニタ(東京都板橋区)と提携。本日、タニタが東京・丸の内に新業態のヘルシーレストラン「タニタ食堂」をオープンしたことが材料視された。タニタ食堂では、業務用の体組成計を備えたカウンセリングルーム、常駐する栄養士のアドバイスなどが無料で受けられるという。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:59 | 株式投資ニュース

創通は自己株式取得と1Q業績V字回復を好感して高値更新

 創通<3711>(JQS)は11日、240円高の1480円まで上げて急続伸して、昨年8月につけた昨年来高値1449円を一気に更新し、1400円台で売り買いが交錯している。前日10日大引け後に今8月期第1四半期(1Q)決算の開示と同時に、自己株式取得を発表、1Q業績もV字回復したことと相乗して割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:48 | 株式投資ニュース

テンプホールディングス復興関連の人材需要に期待し反発

 テンプホールディングス<2181>(東1)は11日の後場749円(33円高)で始まり、前場の高値に顔合わせとなって反発相場を継続。復興関連の人材需要に期待が再燃する相場となり、昨年9月の高値765円、11月の高値757円に再び迫る相場となった。テクニカル的には、この水準を抜くまでにエネルギーが必要とされ、ハネ返される可能性もあるものの、抜けば面白くなるとの期待がある。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 株式投資ニュース

ハードオフコーポレーションは利食い先行のなか当然の一服と底堅い

 「ブックオフ」などを展開するハードオフコーポレーション<2674>(東1)は11日の後場564円(9円安)で始まり、前引けの561円(12円安)から持ち直す相場になった。昨日、12月の月次動向(12月度店舗売上高)を発表。今朝は587円(24円高)まで上げ、3日続けて高値更新のあと、売りに押される相場になっていた。12月の月次動向は好調で、既存店売上高は前年同月の1.3%増となり、期初の4月から9カ月連続増加、全店も同8.5%増となり、同じく期初から9カ月連続増加となった。株価は昨年末の終値521円からでも66円・約13%上昇したため、十数円前後の反落は当然の一服との見方がある。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

薬王堂は3Q好決算と期末配当の増配を好感し高値更新

 薬王堂<3385>(JQS)は11日、82円高の1498円まで上げて急反発して昨年12月28日につけた株式分割権利落ち後高値1489円を更新している。前日10日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)の好決算と期末配当の増配を好感している。PER8倍台の下げ過ぎ訂正に拍車を掛けよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:47 | 株式投資ニュース

東宝は反落、自己株式取得も3Q業績の大幅減益転換を嫌う

 東宝<9602>(東1)は11日、16円安の1353円まで下げて反落している。前日10日大引け後に発表した今8月期第3四半期(3Q)決算が、大幅の減収減益転換して着地し、同時発表の自己株式取得でカバーできず、利益確定売りが優勢となっている。投資採算的には割高で、自己株式取得や株不足の続く信用好需給などと綱引きしつつ方向感を探ろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:39 | 株式投資ニュース

スター精密は3Q業績がV字回復も利益確定売りに押される

 スター精密<7718>(東1)は11日、13円高の715円まで上げたが1円安まで下げて小反落している。前日10日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)決算を発表、V字回復して、純利益が、9月に上方修正した2月通期業績をオーバーして着地したことを好感していたが、利益確定売りに押され、もみ合っている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース

サイゼリヤは続落、1Q業績が減収・経常減益と続落したことを嫌気

サイゼリヤ サイゼリヤ<7581>(東1)は11日、45円安の1205円まで下げて今年の大発会以来、5営業日続落している。前日10日大引け後に発表した今8月期第1四半期(1Q)決算が、減収・経常減益と続落して着地したことを嫌気して利益確定売りが増勢となっている。PERは9倍台と下げ過ぎを示唆しているが、なお下値確認運動が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:13 | 株式投資ニュース

良品計画は3Q業績が観測報道通りに増益転換したことを好感

 良品計画<7453>(東1)は、45円高の3690円まで上げて続伸している。前日10日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)決算を発表、昨年12月10日の観測報道通りに増益転換したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース

新日本無線は地震予知に連想を広げ連日ストップ高

 新日本無線<6911>(東1)は11日も大幅高となり、一時ストップ高の211円(50円高)まで上昇。昨日に続きストップ高となった。防災関連の復興需要などに加え、地震予知にラジオ放送の電波を観測する研究が前週末の3連休中にテレビで採り上げられたとして、材料視されている。この研究は、日頃は聞こえないラジオ放送が傍受できたりすると、その方向の地磁気に異状が発生していることになるという。こうした現象は「3.11」大地震の前にも観測され、直後に収束したが、再び観測されているという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

ハニーズは利益確定売りが交錯しもみ合い、通期業績は上方修正でV字回復を鮮明化

 ハニーズ<2792>(東1)は11日、18円高の1257円と高寄りして昨年12月29日から通算して7営業日続伸したが、高値後は13円安まで売られるなど前日終値を挟みもみ合っている。前日10日大引け後に12月21日に上方修正した今5月期第2四半期(2Q)累計決算の開示に合わせて、今度は5月通期業績の上方修正を発表、V字回復を鮮明化させたが、昨年10月につけた昨年来高値1306円目前となっていただけに利益確定売りも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:41 | 株式投資ニュース

富士エレクトロニクスは業績下方修正も期末配当の増配をポジティブに評価

 富士エレクトロニクス<9883>(東1)は11日、52円高の1110円まで上げて5営業日ぶりに急反発している。前日10日大引け後に今2月期第3四半期決算の開示と同時に、2月通期業績の下方修正と期末配当の増配を発表、好悪材料が綱引きとなったが、株価水準自体が割り負けているとして増配をポジティブに評価している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:33 | 株式投資ニュース

三協・立山ホールディングスは高値更新、5月通期上方修正と4期ぶり復配を好感

 三協・立山ホールディングス<3432>(東1)は11日、18円高の142円まで上げて急続伸し、昨年3月30日につけた昨年来高値139円を更新している。前日10日大引け後に今5月期第2四半期(2Q)決算の開示とともに、5月通期業績の上方修正と4期ぶりの復配を発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

ローソンは3Q好決算発表も反落、利益確定売りが先行

ローソン ローソン<2651>(東1)は11日、120円安の4670円まで下げて反落している。前日10日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)期の好決算を発表、昨年12月29日に明らかになったシー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687>(東1)とのコンビニ事業の契約締結交渉や今年1月9日に観測報道された上海証券取引所上場に次ぐ好材料となったが、今年大発会に昨年来高値4895円まで買い進まれていただけに利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:19 | 株式投資ニュース

日本橋梁が首都高関連で連日急伸し07年以来の500円台

 日本橋梁<5912>(東1)は11日も大幅高となり、朝方527円(67円高)をつけたあとも515円前後で強調推移。4日続伸で2007年1月以来の500円台乗せとなった。1月5日に首都高速道路の大規模補修構想が伝えられたことを材料に、仕手色の強さを発揮する形で値幅狙いの投機資金を集めて連日高。同様に急騰してきたサクラダ<5917>(東1)宮地エンジニアリンググループ<3431>(東1)が本日は一服基調のため、首都高の改修関連株では「本命」との見方が強まっている。橋梁・鉄構株は、日本橋梁を中心に、少なくとも「節分天井」の頃までは交互に循環高するとの期待が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:13 | 株式投資ニュース

ソニーは「スマートテレビ」に期待し4日ぶり反発

 ソニー<6758>(東1)は11日、堅調な始まりとなり、1352円(8円高)で寄ったあと1361円(17円高)。米国で10日から開かれた世界最大規模の家電ショーCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で、「スマートテレビ」を発表したことが好感されている。NY株が69ドル高で5カ月半ぶりの高値に進んだことも好感。4日ぶりの反発相場になった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 株式投資ニュース

ユニ・チャームは最高益の観測に会社側の反応冷たく売買交錯

 ユニ・チャーム<8113>(東1)は11日、強もみあいの始まりとなり、寄りあと3890円(40円高)。4〜12月期の連結営業利益が、この期間としては2年ぶりに過去最高を更新と今朝の日本経済新聞が伝えたことを好感。ただ、会社側は9時ちょうどに「本日の一部報道について」を発表し、会社側の発表ではないとしたため、一時3840円(10円安)をつけて売買交錯となっている。第3四半期の決算発表は1月31日に発表するとした。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 株式投資ニュース

オリンパスは反落!旧・現経営陣19人の提訴は材料視

 オリンパス<7733>(東1)は11日、反落の始まりとなり、1245円(18円安)で寄ったあとは1246円から1205円で推移。損失隠し問題の調査を経て旧・現経営陣19人を提訴し、計36億1000万円の損害賠償を求めると発表したことについては、前向きに見る向きがあるものの、相場観の分かれる相場になった。昨日は、東証が条件付で株式の上場を継続の可能性が伝えられ、活況高となっていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース
2012年01月10日

ブロッコリーがゲームソフト計画を上回り増額修正‐−引け後のリリース

■割安感強まるが5連騰のためワンテンポ置く姿勢で

引け後のリリース、明日の1本 ゲームソフトのブロッコリー<2706>(JQS)は10日の夕方、今2月期の業績予想を増額修正し、売上高をこれまでの49.62億円から53.66億円に、純利益は2.01億円から4.67億円に見直した。昨年7月に放送開始のTVアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」が好人気で、11月に発売したゲームソフトが計画を上回るとともに、8月に発売したゲームソフトのバックオーダーが引き続き好調だった。

 営業利益は、これまでの3.42億円を6.16億円に増額し、予想1株利益は6円14銭を14円29銭に増額した。10日の株価は、約1年ぶりに高値を更新。一時102円(9円高)まで上げ、終値は98円(5円高)だった。好業績を先取る買いが多かったとすれば、5日続伸で上げピッチを鋭角化していることもあり、この発表によって材料出尽くしの売りが増える可能性はある。ただ、新たな予想1株利益からは6倍台になるため、ワンテンポ置けば、割安感を評価する買いは活発化することが予想され、調整は浅い可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:28 | 株式投資ニュース