[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/25)【引け後のリリース】ヤフーが通期の業績予想を初めて発表し配当見込みも増額
記事一覧 (01/25)京浜急行電鉄が不動産賃貸事業の収益向上めざし一部売却益
記事一覧 (01/25)キヤノン電子は今期の営業利益4.5%増を見込む
記事一覧 (01/25)カシオ計算機はコダックの低迷と円安など材料に出直り高値
記事一覧 (01/25)【話題株】ミライアルは連日の2部上場来高値、減額業績織り込み期末配当取り
記事一覧 (01/25)【話題株】三菱重工が7日連続高!材料豊富で大型株だが需給妙味も
記事一覧 (01/25)【上方修正株】ボルテージは2Q業績上方修正で減益転換率を縮め急反発
記事一覧 (01/25)大成建設は減額発表に反応薄く高値もみ相場の範囲で推移
記事一覧 (01/25)商船三井がホルムズ海峡と円安を材料に売買代金3位で続伸
記事一覧 (01/25)コマツはJPM証券の積極判断もあり12日連続高
記事一覧 (01/25)デリカフーズは11時の増額・増配修正を好感し急伸
記事一覧 (01/25)ソニーが円安など好感し下値もみ合いの中で上値追う
記事一覧 (01/25)スタートトゥデイは続伸基調だが貿易赤字で物色人気移る
記事一覧 (01/25)タツタ電線は復興需要増加を材料に反発、一転した増益の可能性も
記事一覧 (01/25)日産自動車が31年ぶりの貿易赤字による円安進行を受け戻り高値
記事一覧 (01/25)【話題株】Pワークスはストップ高気配、東証1部へ市場変更承認で好需給思惑
記事一覧 (01/25)日経平均が8900円台を回復!31年ぶりの貿易赤字で円安進む
記事一覧 (01/25)ボルテージは急反発、2Q業績上方修正で減益転換率を縮小
記事一覧 (01/25)フォスター電機は6連騰!米アップルの好決算を受け業績期待を高める
記事一覧 (01/25)日精樹脂工業は割安・好需給株買いが再燃し高値肉薄、業績再々上ぶれ期待高める
2012年01月25日

【引け後のリリース】ヤフーが通期の業績予想を初めて発表し配当見込みも増額

■純利益は5.4%増から7.6%増を見込む

引け後のリリース、明日の1本 ヤフー<4689>(東1)は25日の大引け後に発表した第3四半期決算(4月から12月まで)で、今3月期の通期業績予想を初めて発表。また、未定だった3月期末の配当見込みを336円から342円(前期実績は318円)と発表した。

 同社の業績予想は、四半期ごとに次の四半期を想定する方式のため、今3月期の業績予想は初発表。第3四半期までの実績を踏まえ、連結売上高は2997.8億円から3045.8億円(前期比では2.5%増から4.2%増)、純利益は971.5億円から991.5億円(同5.4%増から7.6%増)とした。予想1株利益は1675円12銭から1709円60銭。

 20日の株価終値は2万5090円(650円高)。高値は昨年10月の2万7120円があり、これは予想1株利益の16.1倍から15.8倍前後。高収益企業としては割安との見方があり、この高値まではスンナリ上昇との期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:09 | 株式投資ニュース

京浜急行電鉄が不動産賃貸事業の収益向上めざし一部売却益

■株価は底堅く買い戻し再燃も

 京浜急行電鉄<9006>(東1)は25日の大引け後、固定資産の譲渡と特別利益の計上を発表。連結子会社・京急開発が保有する土地の持分を50%譲渡するため、今3月期の連結決算に固定資産売却益約34億円を特別利益として計上する見込みとした。京急開発は、保有土地の持分の50%を譲渡し、譲渡先との共同事業方式により、当該土地に賃貸建物を建設し、不動産賃貸事業の収益向上を図るという。今3月期の業績への影響はなく、来期以降の業績への影響等につきましては、必要に応じて開示する。

 株価は昨年6月の525円から戻り相場となり、10月に727円まで上昇。以降は662円を下値に高値もみあい。25日の終値は690円(1円高)。信用売り残が高水準で、買い残の40倍に達しており、売り建て玉には逆日歩が発生。株価が底堅いこともあり、買い戻しの再燃に注目する動きがある。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:49 | 株式投資ニュース

キヤノン電子は今期の営業利益4.5%増を見込む

■前12月期は25%減

 キヤノン電子<7739>(東1)は25日の大引け後、2011年12月期の連結本決算を発表。売上高は前期比10.2%減の1087.8億円に、営業利益は同24.9%減の114.8億円になった。上期は大震災があり、下期はタイの洪水の影響があった中で、デジタルカメラ用シャッターユニット、絞りユニットともに積極的な受注活動を展開し、一眼レフタイプで売り上げを伸ばした。電子情報機器部門では、決済機能を搭載したハンディターミナルの新製品などが好調だった。
 
 今期は、依然として先行きの不透明な状況が続くと予想される中で、さらなる生産性向上と徹底的なコストダウンなどを推進。業績予想は、連結売上高を2.0%増の1110億円、営業利益を4.5%増の120億円、純利益は8.5%増の72億円とした。予想1株利益は170円72銭。

 株価は1月中旬の1855円を下値に切り返し、18日には2076円まで上昇。25日の終値は2003円(24円高)だった。昨年4月以降は、おおむね1900円前後を下値に2200円前後の間でもみ合う相場を継続。もみ合いの上限ゾーンまでは値幅妙味がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:31 | 株式投資ニュース

カシオ計算機はコダックの低迷と円安など材料に出直り高値

■スマホ連動製品にも期待感

 カシオ計算機<6952>(東1)は25日、直近の出直り相場で高値に進み、後場475円(13円高)まで上げたあとも堅調。終値も474円(12円高)で反発となった。2011年の貿易収支が31年ぶりの赤字と伝えられ、円安が進行。イーストマン・コダックの破産法申請を受け、北米市場で相対的な競争力の向上に期待があり、これに拍車がかかった。また、スマートフォンに着信があると連動して知らせる電波腕時計などの新製品開発が伝えられており、一段の出直り高に期待する動きがあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:10 | 株式投資ニュース

【話題株】ミライアルは連日の2部上場来高値、減額業績織り込み期末配当取り

話題株 ミライアル<4238>(東2)は25日、8円高の1121円まで上げて7営業日続伸し、連日の東証2部上場来高値更新となった。

 同社株は、昨年8月の今1月期業績の下方修正、東証2部上場に際した株式売出し(売出し価格1018円)が響いて2部上場来安値950円まで400円安したが、第3四半期決算が、1月通期業績対比で順調な利益進捗率を示したことで1000円台を回復し、明26日の配当権利確定日を前に期末配当取りが増勢となっているもので、大発会以来、米国半導体関連企業の業績持ち直しが明らかになっていることもフォローの材料視された。

 同社の今期業績は、主力製品の300ミリシリコンウエハ出荷容器「FOSB」が、半導体メーカーの生産調整や顧客先の値下げ要請などを受けて低調に推移、純利益は、期初予想の20億2000万円が14億4000万円(前期比34%減)に引き下げられ減益転換する。

 ただ、3Q業績は、前年同期比23%経常減益、46%純益減益と減益転換したが、3月通期業績対比の利益進捗率は、75〜71%とほぼ目安の75%をクリア、年間配当は、前期横並びの60円が継続される。この配当据え置きから、配当利回りは5.3%と高水準となり、好配当利回り買いが続いている。PERも7倍台、PBRも0.7倍と下げ過ぎを示唆しており、一段の上値評価が期待される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:07 | 株式投資ニュース

【話題株】三菱重工が7日連続高!材料豊富で大型株だが需給妙味も

■電力料金の値上げや円安など材料視

話題株 三菱重工業<7011>(東1)は25日も上値を追う相場になり、後場361円(9円高)まで上げ、6日続けて戻り高値を更新。終値も359円(7円高)で、1月17日から7日連続高となった。ここ、何かと材料性・話題性が豊富。大型株にもかかわらず、よくみると信用売り残が買い残に拮抗する規模に膨れており、買い戻しが広がった場合の株価刺激効果は小さくないとの期待が広がっている。連騰続きのため、上げ一服の反落はあっても、日経平均などの底上げが続く限りは強いとの見方が出ている。TOPIX(東証株価指数)は9日連続高。

 材料・話題としては、企業向けの電力料金の値上げを受けて、大企業から自家発電プラントの需要が増加する期待があること、商船三井<9104>(東1)が2012年度中に新たに10隻の自動車専用船を投入し、すでに8隻は三菱重工などに発注したと24日付けの大手産業紙が伝えたこと、テレビのドキュメント番組で福島県が洋上風力発電を積極推進する様子が放映され、関連銘柄として期待があること、などがいわれている。

 また、同社は豪華客船の建造でも実績がある。本日は、2011暦年の貿易収支が31年ぶりの赤字と伝えられ、正午前から午後は円安が進行。造船部門には追い風になり、イタリアで発生した大型客船の座礁・転覆事故を想起し、座礁などによる浸水に強い船の受注などに期待する様子もあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:52 | 株式投資ニュース

【上方修正株】ボルテージは2Q業績上方修正で減益転換率を縮め急反発

上方修正銘柄 ボルテージ<3639>(東1)は25日、127円高の1055円まで上げて、89円高の1017円と急反発し、昨年11月につけた昨年来安値858円に並ぶ安値水準から大きく底上げした。

 前日24日大引け後に今6月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、減益転換率を縮小することが下げ過ぎ訂正買いを再燃させた。

 2Q累計業績は、期初予想より売り上げを2億4400万円、経常利益を1億4200万円、純利益を8100万円それぞれ引き上げ、純利益は、1億8700万円(前年同期比13%減)と減益転換率を縮める。主軸のモバイルコンテンツ事業の売り上げが上ぶれ、ソーシャルアプリでは、昨年8月投入の「王子様のプロポーズforGREE」が好調に推移、キャリア公式サイトでも7月投入の「誓いのキスは突然に」が大ヒットしたことなどが寄与した。6月通期業績は現在、精査中で、修正が必要な場合は速やかに公表するとしている。

 株価は、昨年5月の東証1部への市場変更で2450円の戻り高値をつけたが、市場変更とともに実施した新株式発行・株式売出しがボディブローとなって昨年来安値まで大きく調整した。PER10倍台の下げ過ぎ訂正に弾みをつけよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:24 | 株式投資ニュース

大成建設は減額発表に反応薄く高値もみ相場の範囲で推移

■今3月期の予想純利益は赤字に修正

 大成建設<1801>(東1)は25日の14時に今3月期の業績予想を減額発表。株価は反応薄にとどまり、発表前の215円(2円安)前後から211円(6円安)まで下げ、終値も212円(5円安)だった。開発事業に関連する損失計上と子会社・有楽土地の減損損失を主因に、連結純利益の予想は、50億円の黒字を35億円の赤字に修正した。株価は1月17日に一段高となって210円台に乗り、その後223円まで上げたあと戻り高値圏でもみ合う相場。本日は下げたものの、高値もみ相場の範囲内にとどまった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

商船三井がホルムズ海峡と円安を材料に売買代金3位で続伸

■1月17日から7日連続高

 商船三井<9104>(東1)は25日の後場寄り後に302円(25円高)まで上げ、終値も298円(21円高)。東証1部の売買代金3位の活況で、1月17日から7売買日連続高になった。昨年の貿易収支が31年ぶりの赤字と伝えられ、昼すぎから円安が進行。円安メリットを見直す動きになった。海運株は、イランによるホルムズ海峡の閉鎖懸念を材料に、仕手色の強い明治海運<9115>(東1)が2日続けてストップ高となるなど、この一両日、売買が活発になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:01 | 株式投資ニュース

コマツはJPM証券の積極判断もあり12日連続高

■中国の建機市場は3月を底に回復の見方

 コマツ<6301>(東1)は25日の後場も堅調に推移し、終値は本日高値の2137円(24円高)。1月10日から12売買日連続高となり、2日続けて戻り高値を更新した。中国契機に敏感との見方で、中国の金融緩和観測が底流にあり、本日は、JPモルガン(JPM)証券が建機セクターに強気の見通しを出し、コマツの目標株価は2700円から2750円に引き上げたと伝えられたことが好感された。

 同証券は、足元の中国市場は減少傾向にあるものの、建機セクターは3月上旬までがもっとも暗い局面で、5月以降は前年比プラスに転じるとみている模様。日立建機<6305>(東1)の目標株価は1450円から1700円に引き上げたと伝えられ、同社株も戻り高値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:49 | 株式投資ニュース

デリカフーズは11時の増額・増配修正を好感し急伸

 デリカフーズ<3392>(東2)は25日急伸。11時に業績予想の増額修正と配当予想の増額を発表したことを好感し、前引けの11時30分には11万8000円(1万2000円高)となり、後場は11万9900円まで上げた後も強調推移となった。営業利益の予想は4.0億円から5.5億円(前期比2.1倍)に増額し、純利益は2.0億円から2.5億円(同3.0倍)に引き上げた。配当見込みは、これまでの3500円予想を4250円の見込みとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:54 | 株式投資ニュース

ソニーが円安など好感し下値もみ合いの中で上値追う

 ソニー<6758>(東1)は25日の後場、一段上値を追ったあともジリ高基調となり、14時34分には1458円(70円高)。財務省が発表した2011年の貿易収支が31年ぶりの赤字になり、円安が進んだことを好感し、昨年11月以降の下値もみ合い相場でつけた高値1467円(12月8日)に急接近となった。同社株は、1月19日のソニー・エリクソンの赤字発表には反応が薄く、下値の固い相場。事業提携によって財務再建を目指すオリンパス<7733>(東1)の提携相手として最有力候補との観測があり、このところは材料含みになっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:44 | 株式投資ニュース

スタートトゥデイは続伸基調だが貿易赤字で物色人気移る

 衣料品ネット通販のスタートトゥデイ<3092>(東マ)は25日の後場、伸び悩む相場となり、1620円(32円高)前後で推移。前場は、人気のサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」と、サイバーエージェント<4751>(東マ)の人気ブログサイト「Ameba(アメーバ)」が企画・販売などで連携と伝えられ、1667円(79円高)まで上げたものの、後場は、貿易収支の31年ぶり赤字を受けて自動車株などに物色が移ったようだ。しかし、2日続伸基調のまま出直っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース

タツタ電線は復興需要増加を材料に反発、一転した増益の可能性も

 タツタ電線<5809>(東1)は25日、13円高の372円まで上げて反発している。同社は導電機能性材料がスマートフォン向け中心に好調に推移、電線も復興需要の増加を受け売上げを伸ばしている。今後増額修正が具体化する可能性が強く、一転、増益の可能性もありそう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

日産自動車が31年ぶりの貿易赤字による円安進行を受け戻り高値

 日産自動車<7201>(東1)は25日の後場一段高となり、戻り高値の更新幅を拡大。744円(23円高)まで上げ、昨年10月31日以来の740円台回復となった。財務省が発表した2011年(暦年)の貿易統計速報で貿易収支が31年ぶりの赤字になり、円相場が正午前から1ドル77円90銭台の円安になったことを好感。日経平均が8900円を回復したため、日経平均に連動運用する投信などからの買いも入っているようだ。ただ、値上がり率は3%台で、輸出比率の高いマツダ<7261>(東1)の4.6%高のほうが値動きは活発になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:25 | 株式投資ニュース

【話題株】Pワークスはストップ高気配、東証1部へ市場変更承認で好需給思惑

話題株 プライムワークス(Pワークス)<3627>(東マ)は25日、寄り付きから買い気配値を切り上げ1万円高の7万4500円買い気配とストップ高して急反発、今年1月17日につけた昨年来安値6万2100円からの底上げを鮮明化している。

 前日24日大引け後に東京証券取引所から1月31日付けで東証第1部への市場変更を承認されたと発表、指定替えに際して新株式発行などの株主価値の希薄化材料を伴わないことから、市場変更後の東証株価指数への算入などを先取り、需給好転思惑を強め買い再燃となっている。

 同社株は、昨年10月に東証マザーズCore30指数の構成銘柄に採用され、Core30型の上場型投信の新規上場などで好需給思惑を高めて8万円台を回復したが、今2月期純利益が、子会社の法人税負担増などから2億5700万円(前期比7%減)と予想され、減益転換ペースで推移していることが足かせとなり、ほぼ往って来いの調整となり、安値更新となった。電子書籍関連の時流性のある業態を展開し、PERは19倍台と相対的に割安であり、好需給思惑と相乗し一段の底上げに進もう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:14 | 株式投資ニュース

日経平均が8900円台を回復!31年ぶりの貿易赤字で円安進む

■1ドル77円90銭台に

 日経平均が25日の後場寄り後に一段上値を追い8900円を回復。8904円26銭(118円93銭)と昨年11月1日以来の水準を回復した。財務省が発表した2011年(暦年)の貿易統計速報で貿易収支が31年ぶりの赤字になり、円相場が正午前から1ドル77円90銭台の円安になったことを好感している。対ユーロでも101円50銭台に円が軟化。キヤノン<7751>(東1)は後場寄り後に3495円(85円高)と上値を追った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:06 | 株式投資ニュース

ボルテージは急反発、2Q業績上方修正で減益転換率を縮小

 ボルテージ<3639>(東1)は25日、127円高の1055円まで上げて急反発し、昨年11月につけた昨年来安値858円に並ぶ安値水準から大きく底上げしている。前日24日大引け後に今6月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、減益転換率を縮小することを評価している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:46 | 株式投資ニュース

フォスター電機は6連騰!米アップルの好決算を受け業績期待を高める

 フォスター電機<6794>(東1)は25日、73円高の1169円まで上げて6営業日続伸している。前日24日に米国で取引時間終了後にアップル社が、10〜12月期決算を発表、市場予想を上回り四半期決算として過去最高の好業績となり、取引時間終了後に株価も大幅高となったことに反応、フォスターの1月27日発表予定の今3月期第3四半期(3Q)業績への期待を高めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:06 | 株式投資ニュース

日精樹脂工業は割安・好需給株買いが再燃し高値肉薄、業績再々上ぶれ期待高める

 日精樹脂工業<6293>(東1)は25日、2円安で寄り付したあと5円高の363円と買い直されて反発、今年1月23日につけた昨年来高値375円に肉薄している。昨年11月に発表した今3月期業績の再上方修正と12月に実施した自己株式立会外買付取引を見直し、割安・好需給株買いが再燃しており、今年2月10日予定の今期第3四半期(3Q)決算発表時の業績再々上ぶれ期待も高めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:42 | 株式投資ニュース