[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/12)ヤマダ電機は「最高益」観測に「スマートハウス」も期待し続伸
記事一覧 (03/12)メガネスーパーは「継続前提の注記」解消を好感し値上がり率1位
記事一覧 (03/12)蔵王産業は高値更新!業績上方修正に期末増配がオンして
記事一覧 (03/12)クックパッドは3Q業績続伸も利益確定売りが交錯
記事一覧 (03/12)東京ガスは東京湾岸の環状ガスパイプラインを好感するが小動き
記事一覧 (03/12)くらコーポレーションは1Q業績の伸び悩みを嫌い利益確定売りが交錯しもみ合い
記事一覧 (03/12)東京デリカは東証1部指定替え承認で需給好転思惑、連日の昨年来高値更新
記事一覧 (03/12)ゲンダイエージェンシーは5連騰!業績再上方修正で純利益が増益転換
記事一覧 (03/12)トレジャー・ファクトリー 2月の月次売上高速報値を発表
記事一覧 (03/12)三井不動産が米国の追加緩和期待など材料に戻り高値
記事一覧 (03/12)アサヒグループHLDは東欧ビール大手の買収観測に一進一退
記事一覧 (03/12)ソフトバンクは国際電力網「アジアスーパーグリッド構想」を好感し続伸
記事一覧 (03/10)クックパッドの第3四半期は月間利用者数36.1%増など好調
記事一覧 (03/10)【話題株】日野自動車の電気バスが国内初の路線定期運行を開始
記事一覧 (03/10)【注目のリリース】日本駐車場開発がIHI運搬機械のTOBに応募し売却益
記事一覧 (03/09)東京デリカが1部昇格となり島根銀行のストップ高に続く期待−−引け後のリリース
記事一覧 (03/09)【注目のリリース】ハピネットが記念配当を加えて期末16.25円配当を発表
記事一覧 (03/09)【注目のリリース】ゲンダイエージェンシーが業績予想を増額修正
記事一覧 (03/09)高島屋は外資系証券の積極評価などあり日経平均に乗る形で高値
記事一覧 (03/09)エイチ・アイ・エスは14時の四半期決算発表を好感し続伸
2012年03月12日

ヤマダ電機は「最高益」観測に「スマートハウス」も期待し続伸

 ヤマダ電機<9831>(東1)は12日の前場、続伸相場となり、11時過ぎに5370円(140円高)まで上昇。本日発売の「四季報」で「最高益」とされ、改めて業績の好調推移を見直す相場になったようだ。3月初、店内にエス・バイ・エル<1919>(東1)の住まい専用ブース「SxL by YAMADA住まい館」を設置すると発表しており、次世代の省エネ住宅「スマートハウス」の展開にも期待が集まっている。エス・バイ・エルは224円(15円高)まで上げて高値を更新する相場になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース

メガネスーパーは「継続前提の注記」解消を好感し値上がり率1位

メガネスーパー メガネスーパー<3318>(JQS)は12日、急伸となり、朝方ストップ高の162円(50円高)まで上げたあと、10時40分にかけても約40%高の156円(44円高)前後で推移。所属市場の値上がり率1位となっている。前週末に発表した第3四半期決算(2011年5月から12年1月)で、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消すると発表したことが好感されている。160円台は昨年10月5日以来となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

蔵王産業は高値更新!業績上方修正に期末増配がオンして

 蔵王産業<9986>(東2)は12日、36円高の775円まで上げて変わらずを挟んで3営業日続伸し、今年3月1日につけた昨年来高値749円を更新している。前週末9日大引け後に今3月期業績の上方修正と期末配当の増配を発表、連続増益率を伸ばすことが割安修正・高配当利回り買いを拡大させている。ただ高値後は、利益確定売りも交錯し続伸幅を縮めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:38 | 株式投資ニュース

クックパッドは3Q業績続伸も利益確定売りが交錯

 クックパッド<2193>(東1)は12日、33円安の1610円まで売られ急続落し、安値後は7円高と買い直されるなど前週末9日終値水準でもみ合っている。9日大引け後に今4月期第3四半期(3Q)決算を発表、続伸して着地したものの利益確定売りが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

東京ガスは東京湾岸の環状ガスパイプラインを好感するが小動き

 東京ガス<9531>(東1)は12日、反落相場になり、朝寄り後の386円(1円高)を高値に小動き。東京湾岸を環状につなぐガスパイプラインを建設し、災害に備えたインフラ整備を急ぐと伝えられたものの、全体市場の物色の流れが円安関連株に向き、株価の反応は今ひとつとなっている。前売買日の9日に戻り高値390円をつけたため、利食いも混じっているようだ。2020年度までに7300億円を投じ、大地震など災害に備えたインフラ整備を急ぐ。茨城県に新設する液化天然ガス(LNG)受け入れ基地と東京湾岸を環状につなぐガスパイプラインを建設する、と今朝の日本経済新聞が伝えた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

くらコーポレーションは1Q業績の伸び悩みを嫌い利益確定売りが交錯しもみ合い

くらコーポレーション くらコーポレーション<2695>(東1)は12日、3円高の1200円と高寄りし小幅続伸したあと、1円安と値を消すなど前週末9日終値を挟んでもみ合っている。9日大引け後に今10月期第1四半期(1Q)決算を発表、連続減益と伸び悩んだことを嫌い利益確定売りが交錯している。1Q業績は、前年同期比5%増収、13経常減益、4%純益減益と続落した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 株式投資ニュース

東京デリカは東証1部指定替え承認で需給好転思惑、連日の昨年来高値更新

 東京デリカ<9990>(東2)は12日、67円高の753円まで買い進まれて続急伸し、連日の昨年来高値更新となっている。前週末9日大引け後に東京証券取引所から3月16日付けで東証第1部への指定替えを承認されたと発表、指定替えに際して新株式発行などの株主価値の希薄化材料を伴わないことから、株価指数連動型のファンドの買い増しなどの需給好転思惑を高めて買い増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

ゲンダイエージェンシーは5連騰!業績再上方修正で純利益が増益転換

 ゲンダイエージェンシー<2411>(JQS)は12日、5200円高の8万1700円まで上げて変わらずを含め5営業日続伸している。前週末9日大引け後に昨年7月に続き今3月期業績の再上方修正を発表、純利益が増益転換することを評価して割安修正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース

トレジャー・ファクトリー 2月の月次売上高速報値を発表

■売上が順調であったことから本日の株価は最高値794円に迫る勢い

 リサイクルショップを多店舗展開しているトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)は9日、2月の月次売上高速報値を発表した。
 2月の売上高は、前年同月比15.7%増であった。その結果、12年2月期通期の売上速報値は13.5%増となった。
 売上が順調であったことから、12日の株価は9時50分現在30円高の780円と1月17日に付けた最高値794円にせまる勢いである。
 総出店数は58店舗となり、しかもこれまで進出していなかった茨城県にも出店したことから、営業領域の拡大が予想され、今後の事業拡大が期待できる。

>>トレジャー・ファクトリーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 株式投資ニュース

三井不動産が米国の追加緩和期待など材料に戻り高値

 三井不動産<8801>(東1)は12日、3日続伸基調の始まりとなり、1607円(28円高)で寄ったあと1617円(38円高)と戻り高値を更新。米国のFOMC(連邦準備理事会)で第3次の量的金融緩和政策の可能性が取り沙汰され、日本株を含む対外投資資金に一段の余裕が生じる期待が高まっている。今朝の株式市場では、値上がり率上位にレオパレス21<8848>(東1)ランド<8918>(東1)ゴールドクレスト<8871>(東1)などが顔を出し、不動産株が活況高の相場になってる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース

アサヒグループHLDは東欧ビール大手の買収観測に一進一退

 アサヒグループホールディングス<2502>(東1)は12日、伸び切れない始まりとなり、朝寄り直後の1836円(13円高)を上値に一進一退。東欧のビール大手スターベブを買収することで最終調整に入ったと11日付けの日本経済新聞で伝えられたことは好感する雰囲気があるものの、買収価格が日本円で2000億円規模と伝えられたことなどが様子見の一因となっているようだ。前売買日の9日に1839円の昨年来高値をつけたばかり。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース

ソフトバンクは国際電力網「アジアスーパーグリッド構想」を好感し続伸

 ソフトバンク<9984>(東1)は12日、続伸の始まりとなり、2425円(42円高)で寄ったあと2415円前後で推移。モンゴルで風力発電を行ない日本に供給する構想を10日発表したと伝えられたことを材料視し、携帯電話事業では16日の「iPad(アイパッド)」新製品発売に期待する始まりとなった。モンゴルでの風力発電事業では、同国の投資会社ニューコムグループや韓国電力公社と建設事業を推進することで基本合意したという。モンゴル、中国・日本など、アジア諸国の送電網を海底ケーブルなどでつなぐ「アジアスーパーグリッド構想」を掲げている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | 株式投資ニュース
2012年03月10日

クックパッドの第3四半期は月間利用者数36.1%増など好調

■「料理献立」生活動線上で使われ投稿も増加

 料理レシピのWebサイト大手・クックパッド<2193>(東1)は9日の夕方、第3四半期決算(2011年5月〜12年1月)を発表。月間利用者数が12年1月時点で1367万人(前年同月比36.1%増)と順調に増加するなど、全体に好調で、売上高は前年同期比15.7%増の27.9億円となり、営業利益は同0.6%増の13.6億円となった。

 利用者が毎日の料理献立に活用するなど、生活動線上で使われているため、スマートフォンからの利用者数も順調に増加。利用者がより楽しくレシピを投稿できるためのサービス改善も続けており、12年1月には累計投稿レシピ数が113万品を超えた。

 今期・12年4月期の予想に変更はなく、売上高は前期比22.6%増の40億円、営業利益は同15.1%増の18.7億円、純利益は同18.2%増の10億円。1株利益は62円04銭。

 株価は1月の1500円を下値に出直る動きを続け、2月末に1693円まで上昇。その後は微調整の雰囲気で3月9日の終値は1643円(14円安)。日経平均が7日月ぶりに1万円台を回復する相場の中では、金融緩和と円安の恩恵を受けやすい不動産・大手商社・銀行・鉄鋼・自動車などが先行高しているため、出遅れ感が強まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:51 | 株式投資ニュース

【話題株】日野自動車の電気バスが国内初の路線定期運行を開始

■東京都羽村市が今朝出発式

話題株 電気自動車の路線バスによる定期運行としては国内で初めて、東京都羽村市が日野自動車<7205>(東1)の開発になる電気バスで3月10日の朝、出発式を行なった。羽村市には、同社の主力工場があり、使用するのは小型の電気バス。同社では、1991年に世界で初めて「ハイブリッドバス」を商品化するなど、商用車の環境性能の向上を目指し、環境技術の開発・改善に取り組んでいる。

■昨年来の高値圏で買い戻しに力強さ

 株価は昨年12月の440円前後を下値に出直る動きを強め、3月初には587円まで上げて昨年来の高値を更新した。9日の終値は577円(14円高)。PERは28倍前後のため割高感があるものの、復興需要関連株としての期待が強く、信用売り残の買い戻しに力強さがあるとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】日本駐車場開発がIHI運搬機械のTOBに応募し売却益

■増額修正しないが思惑強い銘柄と期待感

 日本駐車場開発<2353>(東1)は9日の夕方、同社が保有するIHI運搬機械<6321>(東2)の全株式を、IHI<7013>(東1)が実施する公開買付(TOB)に応募すると発表した。全株式を売却した場合、投資有価証券売却益が3.1億円発生し、第3四半期の営業外収益に計上する予定。業績予想の修正は行なわないとしたものの、財務基盤の厚みによる株価効果に期待がある。

 今回応募するTOBは、IHIが2月3日付けでIHI運搬機械、石川島建材工業<5276>(東2)の2社を完全子会社化すると発表しており、TOB価格は、IHI運搬機械が670円、石川島建材工業が175円。TOB完了後は、ともに上場廃止になる予定。

 日本駐車場開発の株価は2月下旬から急動意となり、3500円前後での小動きから2月29日に3950円の高値をつけた。この日の大引け後に第2四半期決算を発表。その後は一進一退で、9日の終値は3875円(40円高)。早耳情報や思惑で動きやすい銘柄との受け止め方があり、再騰の思惑が続いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | 株式投資ニュース
2012年03月09日

東京デリカが1部昇格となり島根銀行のストップ高に続く期待−−引け後のリリース

■記念配当などの思惑も

引け後のリリース、明日の1本 東証は9日の大引け後、レディスハンドバッグなどの東京デリカ<9990>(東2)を平成24年3月16日(金)から市場第一部銘柄に指定すると発表。現在の東証2部から昇格することになる。東京デリカも夕方、第一部銘柄への指定を発表し、業容拡大・企業価値の向上などを目指すとした。

 昨日は、島根銀行<7150>(東2)の東証1部昇格が発表され、本日はストップ高の1320円(300円高)となった。東証1部全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)に連動運用するファンドなどによる組み入れ買いの期待が高まった。また、昇格上場を機会に記念配当や株主優待を行なうケースもあるため、期待が広がった。

 東京デリカの株価は昨年9月からジリ高基調を続け、1月以降は高値圏で横ばいに転じたものの、本日は目立って上昇し、686円(54円高)の高値引け。TOPIXや日経平均が上昇基調なら、上場日にかけてストップ高には至らないまでも強含む傾向があるとされる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:20 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ハピネットが記念配当を加えて期末16.25円配当を発表

■合併し現社名になって20周年

 玩具卸のハピネット<7552>(東1)は9日の夕方、株主優待品の内容決定と会社誕生20周年の記念配当5円を発表。3月期末配当は、普通配当11.25円に記念配当5.00円を加えて16.25円とした。前期は7.50円だった。中間配当は11.25円を実施済み。同社は、平成3年に玩具卸3社が合併し、現社名となった。また、3月期末の株主優待品は、「まいど!お寿司たべすぎタワーゲーム」や「やわらかRCラジオコントロールシリーズ」など、株主優待カタログから、同社のオリジナル・独占販売品を所有株数に応じて贈呈する。

 株価は、ジリ高基調から直近数日は棒立ち型の急上昇となり、本日809円(19円高)まで上げて昨年来の高値。終値は803円(13円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:57 | 株式投資ニュース

【注目のリリース】ゲンダイエージェンシーが業績予想を増額修正

■昨年7月の高値更新に注目

 遊戯業界向け広告の大手・ゲンダイエージェンシー<2411>(JQS)は9日の大引け後、業績予想の増額修正を発表し、今3月期の連結売上高は162.3億円から166.3億円に引き上げた。12月のパチンコホール新規出店告知案件の獲得が計画を上回ったことなどにより、純利益の予想は8.4億円から11.3億円に見直した。予想1株利益は1万2150円54銭。

 株価は1月からジリ高基調を続けており、昨8日と本日9日に7万6900円の戻り高値をつけた。予想1株利益からの割高感はなく、昨年7月の高値7万9400円を抜けば軽快さが増す可能性が大きい。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:40 | 株式投資ニュース

高島屋は外資系証券の積極評価などあり日経平均に乗る形で高値

■信用売りは総じて苦しい状況

 高島屋<8233>(東1)は9日の後場一段上値を追う相場になり、14時過ぎに663円(20円高)まで上げて戻り高値を更新、終値も656円(13円高)と堅調で、2日続伸となった。高値を追った時間帯は、日経平均が昨年8月1日以来の1万円台回復となった動きとほぼ同時進行型。ただ、高島屋は1日に2月の月次動向を発表し、6日はメリルリンチ証券が目標株価を550円から600円に引き上げたと伝えられ、信用売り残には逆日歩が発生し、売り手にとっては苦境が続いていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:08 | 株式投資ニュース

エイチ・アイ・エスは14時の四半期決算発表を好感し続伸

■ネットによる旅行商品の販売など好調

 エイチ・アイ・エス<9603>(東1)は9日の14時に第1四半期決算(11月から1月)を発表。出直りを一段強める相場になり、2251円(34円高)まで上げ、終値も2231円(14円高)。終値では2日続伸だが、日々の上値は5日続けて切り上げる相場になった。第1四半期は、インターネットによる旅行商品の販売などが好調で、営業利益は前年同期比32.9%増の25.0億円、純利益は同36.9%減の21.2億円だった。ネット証券の情報画面などでは、7日付けで「四季報先取り」が伝えられ、「営業増益」などと積極評価を出している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:55 | 株式投資ニュース