[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/15)大和ハウス工業は需給妙味とCS証券の目標株価を材料に戻り高値
記事一覧 (03/15)さくらインター値幅調整から日柄調整へ、600円台固める展開
記事一覧 (03/15)光通信は13時の自己株取得発表に急反応
記事一覧 (03/15)【話題株】国際石油開発帝石はイクシス事業の生産認可取得で原油安押し返し4連騰
記事一覧 (03/15)マネーパートナーズGは戻り高値圏で売買交錯!接続先の障害は復旧
記事一覧 (03/15)【話題株】新規上場のライフネットは公開価格を70円下回り930円で初値
記事一覧 (03/15)【上方修正株】日本鋳鉄管は業績上方修正・増益転換と増配が相乗し続急伸
記事一覧 (03/15)プラザクリエイト下げ新安値、見切り売りか商い急増
記事一覧 (03/15)日産車体は続伸、湘南工場の土地活用基本案を平塚市に提案
記事一覧 (03/15)マツダは売買代金、出来高とも1位!新SUVの受注8倍と伝えられる
記事一覧 (03/15)ミサワは急反落!初決算で連続の最高純益予想も利益確定売り
記事一覧 (03/15)キヤノンは戻り高値!昨年4度アタマ打ちの水準を抜くか注目
記事一覧 (03/15)国際石油開発帝石は4連騰!イクシス事業の生産認可取得発表を好感
記事一覧 (03/15)王将フードサービスは「月次」好調で株主優待も材料に7日続伸基調
記事一覧 (03/15)島根銀は4日ぶりに反発、1部指定替えで需給好転・高配当を再意識
記事一覧 (03/15)イーブックイニシアティブはストップ安!純益減益予想で市場コンセンサス下回る
記事一覧 (03/15)グリーは大和CMの目標株価を気にし軟調だが売買は活況
記事一覧 (03/15)新規上場のライフネット生命保険は公開価格を70円下回り930円で初値をつけ売り買いが交錯
記事一覧 (03/15)東京楽天地は続伸、今期純利益のV字回復予想で割り負けを訂正
記事一覧 (03/15)ホンダは円安を好感し戻り高値で3300円に迫る
2012年03月15日

大和ハウス工業は需給妙味とCS証券の目標株価を材料に戻り高値

大和ハウス工業 大和ハウス工業<1925>(東1)は15日、1112円(32円高)まで上げて戻り高値を更新し、昨年3月以来の1100円台を回復。クレディ・スイス証券が目標株価を1200円から1400円に引き上げたと伝えられたことを好感する相場になった。復興需要の本格化などを評価した模様。また、需給面では、信用売り残が膨れており、買い残の約2倍。買い戻しが増加した場合、株価刺激効果は大きいとの期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

さくらインター値幅調整から日柄調整へ、600円台固める展開

 さくらインターネット<3778>(東マ)は、32円安の603円と600円に接近。去る2月14日に昨年来高値700円をつけて以降、調整相場となっている。

 今3月期・第3四半期(4〜12月)決算を発表したのが1月27日で今3月期通期見通しは38.0%の営業減益だった。株価はその後、新高値に買われた。このことからも今期の減益は株価には響いていなかった。ここでの下げは、短期筋の乗り換え的な売りによるものとみられる。今期が減益となるのは「石狩データセンター」の新設、「堂島データセンター」増設などに伴う償却費増加などによる。

 今期売上は6.6%増と好調で1株利益も51.8円の見通し。配当は年5円の予定。短期的には、円安基調に伴う輸出関連株などに物色のホコ先が向いているため急見直しというわけにはいかないだろう。高値から約100円下げ水準の600円台で下値を固める展開だろう。とくに、石狩データセンターは今後の業績を牽引する期待の大きいもの。中期投資には仕込み場といえるだろう。

>>さくらインターネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:09 | 株式投資ニュース

光通信は13時の自己株取得発表に急反応

 光通信<9435>(東1)は15日の13時、自己株の取得(自社株買い)を発表。一段高となり、2370円(25円高)前後から一時2454円(109円高)まで急伸する場面があった。取得上限株数は100万株(発行済み株式総数の1.97%)。取得期間は3月16日から6月30日。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

【話題株】国際石油開発帝石はイクシス事業の生産認可取得で原油安押し返し4連騰

話題株 国際石油開発帝石<1605>(東1)は15日、9000円高の57万4000円まで上げて変わらずを挟み4日続伸している。前日14日大引け後に同社が、オーストラリアで開発を進めているイクシスLNGプロジェクトについて、オーストラリア政府から政府許認可の一つの生産ライセンスを取得したと発表、同社の成長戦略に弾みがつくとして資源関連の割安株買いが増勢となっており、前日の米国市場で原油先物(WTI)価格が、1.28ドル安の1バーレル=105.43ドルと反落したことも押し返している。

 イクシスLNGプロジェクトは、同社の3大プロジェクトの一つで、年間840トンのLNGと年間約160万トンのコンデンセートを2016年12月末までの生産開始に向けて開発中で、開発総投資額は340億ドル、うち同社の投資額は約72%の247億ドルに達する。

 同プロジェクト推進のため、同社は昨年8月払込で総額5872億円に達する新株式発行(発行価格41万7100円)を実施しており、今回の生産ライセンス取得で環境許認可、パイプライン敷設許認可などをすべて取得したことになり、開発作業に加速がつく。

 株価は、今3月期業績の4回にわたる上方修正や原油価格上昇が相乗し、61万1000円の戻り高値をつけ、50万円台央で高値調整を続けてきた。PER11倍台の割安修正をサポートしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:32 | 株式投資ニュース

マネーパートナーズGは戻り高値圏で売買交錯!接続先の障害は復旧

 FX(外為証拠金取引)の大手・マネーパートナーズグループ<8732>(JQS)は後場、軟調になり、13時15分にかけては1万7750円(560円)前後で推移。楽天証券の「楽天FX」で14日の夜発生したシステム障害では、取引システムの接続先として、23時15分には完全に復旧としたため、朝方は1万8600円(290円高)まで上げたものの、午後は買い一巡感が出ている。昨日1万8700円まで上げて戻り高値を更新。この1カ月で約6500円の上昇になったこともあり、売買交錯となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:28 | 株式投資ニュース

【話題株】新規上場のライフネットは公開価格を70円下回り930円で初値

話題株 ライフネット生命保険<7157>(東マ)が、きょう15日に東証マザーズに新規上場された。公開価格は1000円、公開株式数は1237万3000株となっている。

 寄り付きに売り気配で始まり9時12分に公開価格を70円、7%下回る930円で初値をつけ、その後910円まで売られ999円まで買い直されるなど売り買いが交錯している。

 同社は、インターネット専業の生命保険会社の最大手に位置するが、公開価格が、仮条件の下限で決定され、資金吸収額も123億円超と過大で、今3月期業績も連続の赤字が予想されていることが響き不冴えな初値形成につながった。公開価格割れの初値形成は、今年3月9日上場の大阪工機<3173>(JQS)に続く。

 ライフネットは、2006年10月に設立され、2008年5月から営業を開始、昨年12月末の保有契約件数は前年同月比2.0倍の10万3875件、保有契約高は、同1.8倍の9930億円、保有契約の年換算保険料は同2.0倍の42億9600万円に達している。インターネットの活用で分かりやすい情報開示と保険相談に応じて契約者の従来型の保険との比較を可能とし、従来型の保険より低価格で商品を提供するビジネスモデルで高成長を続けている。

 今3月期業績は、売り上げ37億7900万円(前期比2.0倍)、経常損失9億2700万円(前期は8億2000万円の損失)、純損失11億5200万円(同8億3400万円の損失)と水面下の推移を予想している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:26 | 株式投資ニュース

【上方修正株】日本鋳鉄管は業績上方修正・増益転換と増配が相乗し続急伸

上方修正銘柄 日本鋳鉄管<5612>(東1)は15日、22円高の222円まで上げて続急伸している。前日14日大引け後に今3月期業績の上方修正と増配を発表、低位値ごろの割安修正買いが増勢となっている。

 3月期業績は、売り上げを期初予想の据え置きとしたが、経常利益を2億5000万円、純利益を1億8000万円それぞれ引き上げ、純利益は、5億8000万円(前期比34%増)と増益転換する。

 原材料価格が想定を下回り、第4四半期に入って遅れていた水道用鋳鉄管の配管工事が進捗、鋳鉄管の出荷が好調に推移したことが要因となった。配当は、期初に未定としていたが、4円(前期実績3円)として増配する。

 株価は、東日本大震災発生で突っ込んだ上場来安値88円から大震災の復旧・復興関連特需思惑で昨年来高値289円まで3.2倍の大化けを演じ、147円安値でダブルボトムを形成し、第3四半期の高利益進捗率業績をテコに200円台を回復した。PER12倍台、PBR0.7倍の割安修正で高値奪回を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:10 | 株式投資ニュース

プラザクリエイト下げ新安値、見切り売りか商い急増

 プラザクリエイト<7502>(JQS)は、33円安の330円と前日の7円高から急反落、昨年来の安値を更新。前場のジャスダックでの新安値はわずか2銘柄でその中の1社。

 昨日、今日に新しい材料が発表となっているということではない。すでに、今3月の業績が赤字で無配転落は明らかとなっている。「マーケット全体に明るさが増し、値上りする銘柄が目立っていることから、当面、活躍の見込めない銘柄は見切り売りとなっているのではないか」(中堅証券)。実際、前場の出来高は前日1日分に対し約35倍に急増、売りの先行していることがうかがえる。

 今期の営業損益は赤字3億3000万円(前期も赤字1億9900万円)、配当は前期の年20円から無配とする。年賀状が伸び悩んでいる。ただ、1株純資産は1014円と優秀。スマートフォン販売順調で次期業績は回復が予想されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:39 | 株式投資ニュース

日産車体は続伸、湘南工場の土地活用基本案を平塚市に提案

 日産車体<7222>(東1)は15日、8円高の844円まで上げて続伸し、今年2月24日につけた昨年来高値857円を意識する動きを強めている。前日14日大引け後に今年2月に生産を停止した同社湘南工場第1地区の土地活用基本案を平塚市に提案したと発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

マツダは売買代金、出来高とも1位!新SUVの受注8倍と伝えられる

マツダ マツダ<7261>(東1)は15日の前場、139円(7円高)まで上げたあとも136円前後で堅調。2月16日に発売した新SUV(多目的スポーツ車)「CX―5」の受注台数が14日までの約1カ月間で8000台になり、国内月販目標(1000台)の8倍に相当するとの発表が伝えられた。また、朝は「低燃費車8割に」と日本経済新聞が伝えたことも好感した。大型の公募増資の発行価格は124円。新株の流通は3月13日から解禁のため、売り物は少なくない様子だが、これをこなして堅調に推移している。東証1部の売買代金、出来高とも1位になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | 株式投資ニュース

ミサワは急反落!初決算で連続の最高純益予想も利益確定売り

 ミサワ<3169>(東マ)は15日、155円安の1163円まで下げて4日ぶりに急反落している。前日14日大引け後に昨年12月22日の新規株式公開(IPO)以来初の決算となる1月期決算を発表。前期は、今年2月21日の上場修正通りにIPO時の予想を上ぶれて着地し、今期も連続の過去最高純利益更新を予想したが利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:04 | 株式投資ニュース

キヤノンは戻り高値!昨年4度アタマ打ちの水準を抜くか注目

 キヤノン<7751>(東1)は15日、買い気配で始まり戻り高値を更新。1ドル84円に迫る円安基調を好感し、3900円(95円高)で寄ったあと3945円(140円高)まで上げる場面があった。売り建て玉を買い戻す動きも活発化したようだ。昨年5月から7月にかけては3900円台で4度アタマ打ちになっているため、一気に抜け出すかどうかが注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

国際石油開発帝石は4連騰!イクシス事業の生産認可取得発表を好感

 国際石油開発帝石<1605>(東1)は15日、9000円高の57万4000円まで上げて変わらずを挟み4日続伸している。前日14日大引け後に同社が、オーストラリアで開発を進めているイクシスLNGプロジェクトについて、オーストラリア政府から政府許認可の一つの生産ライセンスを取得したと発表したことを好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

王将フードサービスは「月次」好調で株主優待も材料に7日続伸基調

餃子の王将 王将フードサービス<9936>(大1)は15日、続伸相場となり、2019円(19円高)で寄って戻り高値を更新したあとも2010円(10円高)前後で堅調。7日続伸基調となっている。12日に発表した2月の月次売上高が持ち直し、既存店が21カ月ぶりに増加したことが引き続き材料視されており、一部では、円安基調が止まった場合に備える銘柄として買っているようだ。株主優待の食事券を求める投資家もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

島根銀は4日ぶりに反発、1部指定替えで需給好転・高配当を再意識

 島根銀行<7150>(東1)は、きょう15日に東証第1部に指定替えされて売買が始まったが、前日の東証第2部の終値に対して14円高の1269円まで上げて4日ぶりに反発し、今年3月9日につけた上場来高値1320円を視界に捉えている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:34 | 株式投資ニュース

イーブックイニシアティブはストップ安!純益減益予想で市場コンセンサス下回る

 イーブックイニシアティブジャパン<3658>(東マ)は15日、一時500円安の2310円とストップ安して続急落している。前日14日大引け後に1月期決算を発表、前期は、昨年12月の上方修正値を上ぶれて連続増益率を伸ばして着地したが、今期純利益を減益転換と予想、市場コンセンサスを下回ることを嫌い利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

グリーは大和CMの目標株価を気にし軟調だが売買は活況

 グリー<3632>(東1)は15日も軟調な始まりとなり、朝方2131円(85円安)をつけたあとも一進一退。10時を回っては2144円(72円安)前後で推移。昨日、大和証券キャピタル・マーケッツ(CM)が目標株価を3200円から2600円に引き下げたと伝えられたことを気にする雰囲気がある。また、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)も続落基調となっており、一部には、ソーシャルゲーム業界の課金システムに関し、行政指導のリスクが出ているようだ。ただ、グリーは東証1部の売買代金4位前後、ディー・エヌ・エーも7位前後でともに活況となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:16 | 株式投資ニュース

新規上場のライフネット生命保険は公開価格を70円下回り930円で初値をつけ売り買いが交錯

 ライフネット生命保険<7157>(東マ)が、きょう15日に東証マザーズに新規上場された。公開価格は1000円、公開株式数は1237万3000株となっている。寄り付きに売り気配で始まり9時12分に公開価格を70円、7%下回る930円で初値をつけ、その後910円まで売られ999円まで買い直されるなど売り買いが交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:00 | 株式投資ニュース

東京楽天地は続伸、今期純利益のV字回復予想で割り負けを訂正

 東京楽天地<8842>(東1)は15日、4円高の302円まで上げて続伸し、昨年1月14日につけた昨年来高値319円を視界に捉えている。前日14日大引け後に1月期決算を発表、前期は、昨年9月の下方修正値をさらに再下方修正して大幅続落して着地したが、今期純利益のV字回復を予想、東京スカイツリー関連人気も高めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

ホンダは円安を好感し戻り高値で3300円に迫る

 ホンダ<7267>(東1)は15日、戻り高値更新となり、3230円(45円高)で寄ったあと3290円(105円高)。円相場が朝の東京外為市場で1ドル84円に迫る円安になり、輸出採算の改善に期待が広がった。今朝は、米調査会社による2020年までの世界の自動車市場に関する予想が、2020年にはホンダを合わせた日本の大手3社の販売台数が2011年比41%増の約2120万台と伝えられたことも買い安心感につながったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 株式投資ニュース