[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/29)グリーは続伸!ネクソンと楽天のポイント不正使用事件を裏返し材料に
記事一覧 (12/29)ソニーは1ユーロ100円台の円高再燃を敬遠し軟調続落
記事一覧 (12/29)東京電力は昨日の200円割れから小反発となり需給妙味続く
記事一覧 (12/28)DCMホールディングスが第3四半期好調で期末配当を増額‐‐引け後のリリース
記事一覧 (12/28)大崎電気工業はシンガポール上場銘柄を公開買付(TOB)
記事一覧 (12/28)旭テックを投資ファンドが2段階で公開買付(TOB)
記事一覧 (12/28)【話題株】アース製薬は配当配当落ちで「バスクリン効果」さめる
記事一覧 (12/28)AOKIホールディングスは就職内定率や岡三証券の評価で反発
記事一覧 (12/28)ブリヂストンは「権利落ち」をアッサリ回復し向こう半年に期待感
記事一覧 (12/28)セブン&アイHLDは上値試すが全体相場低調で伸びきれず
記事一覧 (12/28)住友不動産が安値更新など大手不動産株がオフィス需給を受け軟調
記事一覧 (12/28)【上方修正株】三光合成は安値水準から急反発、2Q業績上方修正で下げ過ぎ訂正買い
記事一覧 (12/28)NTTドコモは5社と通信機器向け半導体開発・販売の合弁会社を設立
記事一覧 (12/28)【話題株】東証1部指定替えの永大産は前日終値を挟みもみ合う
記事一覧 (12/28)グリーは日本マイクロソフトとの提携など材料に後場も堅調
記事一覧 (12/28)サトウ食品工業は純利益の3期ぶり過去最高更新を好感し3連騰
記事一覧 (12/28)スリーエフは13時の決算発表に急反応となり上値追う
記事一覧 (12/28)Jトラストが韓国企業に代わる武富士のスポンサー観測で堅調
記事一覧 (12/28)ローソンがコンビニ業界の出店拡大観測を材料に年初来高値
記事一覧 (12/28)星光PMCは東証1部指定替え承認でファンドの組み入れ思惑強める
2011年12月29日

グリーは続伸!ネクソンと楽天のポイント不正使用事件を裏返し材料に

 グリー<3632>(東1)は29日、続伸となり、2610円(10円安)で寄ったあと2643円(23円高)と切り返し堅調。手がかり材料としては、14日に新規上場となった韓国のオンラインゲーム大手ネクソン<3659>(東1)のゲームサイトで、提携する楽天<4755>(JQS)の通販サービスポイントが勝手に使われるという事件が伝えられたことがある模様だ。ネクソンのゲームを控えてグリーのゲーム利用が増えるとの期待があるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 株式投資ニュース

ソニーは1ユーロ100円台の円高再燃を敬遠し軟調続落

 ソニー<6758>(東1)は29日、続落の始まりとなり、始値の1346円(8円安)を高値に軟調推移。円相場が対ユーロで再騰し、NY市場では1ユーロ100円73銭までつけて2001年6月以来、約10年半ぶりの円高になったことを手控える動きがある。また、日経平均が続落で始まったことも見送り気分を増している。円相場は、今朝の東京市場でも円高基調。1ユーロ100円75銭前後で推移し、昨日夕方の同101円65銭前後から円高となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 株式投資ニュース

東京電力は昨日の200円割れから小反発となり需給妙味続く

 東京電力<9501>(東1)は29日、反発の始まりとなり、190円(4円高)で寄ったあと191円と堅調推移。昨日の200円割れの安値更新相場に下げ一服感が広がるかどうか注目されている。送電・発電の分離など、事業体制の見直しが不透明感をもたらす状況になっており、信用倍率が依然1.5倍台で売り買い拮抗状態のため、少々の材料でも動きやすい需給妙味を内包している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2011年12月28日

DCMホールディングスが第3四半期好調で期末配当を増額‐‐引け後のリリース

■営業利益好調で通期の収益上ぶれる期待

引け後のリリース、明日の1本 ホームセンター大手のDCMホールディングス<3050>(東1)は28日の大引け後、第3四半期決算と3月期末配当の予想増額を発表。3月期末配当は、これまでの7.5円の見込みを9.0円の見込みとした。

 同社は、北日本と北海道で「ホーマック」、中部地方で「カーマ」、四国などで「ダイキ」の各ホームセンターチェーンを展開。第3四半期の連結営業利益は、前年同期比50.8%増の約178億円となり、純利益も同13.1%増の73億円となった。2月通期の予想は据え置き、営業利益は前期比51.3%増の200億円、純利益は同21.2%増の83億円。

 株価は11月下旬の565円を下値に持ち直し、12月は一時622円まで戻った。28日の終値は603円(2円高)。このところは600円前後で値固めを進める相場となっている。営業利益をみると、第3四半期で通期予想の約89%を確保したため、収益の上ぶれ期待が高まる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:27 | 株式投資ニュース

大崎電気工業はシンガポール上場銘柄を公開買付(TOB)

■電力量計や配電盤などで海外を強化

 大崎電気工業<6644>(東1)は28日の夕方、シンガポール取引所の上場銘柄で電力量計や配電盤などのSMB社(資本金約7753万シンガポールドル)に対する公開買付(TOB)を発表した。買収額は約127億円。アジア、欧州での展開を拡大する。SMB社の業績は、2010年12月期の連結売上高が142億円、純利益は約10億円。

 大崎電気工業の株価は10月、11月に700円強の水準で下げ止まり、12月は、一時770円まで上げて持ち直す動きとなった。28日の終値は730円(1円高)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:09 | 株式投資ニュース

旭テックを投資ファンドが2段階で公開買付(TOB)

■一般株主は2度目に応募する形

 鋳造系自動車部品の大手・旭テック<5606>(東1)は28日の大引け後、ユニゾン・キャピタル・グループの投資ファンド、ATCホールディングス2号(株)(東京・千代田区)による旭テック株式の公開買付(TOB)を発表した。

 発表によると、ATCホールディングス2号ファンド会社は、TOBを2段階で実施。最初のTOBは、1株27円で、筆頭株主・RHJインターナショナルなどの保有株式の取得を目指し、コレが成立したあと、一般株主の保有する株式の取得を目指し、1株33円でTOBを行なう。旭テックは上場廃止になる可能性がある。

 株価は12月初の22円前後から、19日の業績予想の増額発表を材料に32円まで上昇。その後は一服商状で、28日の終値は29円(2円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:54 | 株式投資ニュース

【話題株】アース製薬は配当配当落ちで「バスクリン効果」さめる

■昨日は急伸し国内トップに期待

話題株 アース製薬<4985>(東1)は28日、急反落となり、朝方2857円(121円安)まで下げて終値も2872円(106円安)。昨日、入浴剤の大手バスクリン(東京都・港区)の子会社化を発表。この発表は昨日の14時で、昨日の大引けは34円高の2872円と高値に進んだものの、本日は「バスクリン効果」がさめてしまった形になった。

 バスクリンの買収は、株価材料としては期待を継続する動きが少なくなかった。ただ、本日は、12月期末配当の権利落ち日。アース製薬の12月期の配当は90円から95円が見込まれるため、90円安から95円安までは妥当値の範囲だったものの、下値に勢いがついた可能性もあり、これを少々上回る下げになった。

 アース製薬は、自社でも「バスロマン」などを積極展開しており、「バスクリン」のグループ入りにより、入浴剤の分野ではトップクラスになる可能性が大と伝えられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:27 | 株式投資ニュース

AOKIホールディングスは就職内定率や岡三証券の評価で反発

■PERなど指標面で割安感

AOKIホールディングス 紳士服のAOKIホールディングス<8214>(東1)は28日、反発相場となり、後場1176円(28円高)まで上げて終値も1173円(25円高)。直接的な材料としては、岡三証券が目標株価を1800円から1850円に引き上げたと伝えられたことを材料視する相場になった。大学生の就職内定率の上昇が追い風になると評価した模様だ。収益は拡大基調で、PER9倍台、PBR0.5倍の割安感がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:01 | 株式投資ニュース

ブリヂストンは「権利落ち」をアッサリ回復し向こう半年に期待感

■12月期末配当分の下げを取り戻す

 ブリヂストン<5108>(東1)は28日、反発相場となり、後場1729円(17円高)まで上げ、終値も1720円(8円高)。12月期末配当の権利確保が昨日で終わり、本日の権利落ち日は、配当見込み額の10円程度は値下がりするのが妥当値だったにもかかわらず堅調。このため、ジンクスに基づき、次の配当まで半年は堅調相場になるとの期待が出ていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:46 | 株式投資ニュース

セブン&アイHLDは上値試すが全体相場低調で伸びきれず

■来年度の積極出店観測に期待広がる

セブン&アイ・ホールディングス セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)は28日の朝方2153円(30円高)と上値を試し、午後は一進一退ながら、終値は2135円(12円高)と反発。コンビニエンスストア大手5社の2012年度の国内出店が過去最高の見通しと今朝の日本経済新聞で伝えられたことを材料視する相場になった。ただ、本日の株式市場は、引き続き売買が低調で、東証1部の出来高概算は10億74万株、売買代金は5754億円。各業種の「顔」になる主力銘柄が動き出すにはエネルギー不足だったようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース

住友不動産が安値更新など大手不動産株がオフィス需給を受け軟調

■新規オフィス2012年は増加の観測

 住友不動産<8830>(東1)は28日の後場も下値模索となり、後場もジリ安基調となり、一時1109円(24円安)。9月一時1362円(35円安)。9月下旬につけた年初来の安値を更新した。終値は1370円(27円安)。オフィスビル仲介大手・三幸エステート(東京・中央区)の調査で、東京都心3区のオフィス新規供給量が2012年から増加と伝えられたことが手控え材料。三井不動産<8801>(東1)三菱地所<8802>(東1)も直近の安値に進んだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:25 | 株式投資ニュース

【上方修正株】三光合成は安値水準から急反発、2Q業績上方修正で下げ過ぎ訂正買い

上方修正銘柄 三光合成<7888>(JQS)は、27円高の170円と変わらずを含めて4営業日ぶりに急反発し、11月22日につけた年初来安値136円に並ぶ安値水準から底上げしている。

 前日27日大引け後に今5月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、減益転換率を縮小することが下げ過ぎ訂正買いを再燃させている。

 2Q累計業績は、売り上げを期初予想より4億8300万円引き下げたが、経常利益を1億4400万円、純利益を200万円それぞれ引き上げ、経常利益は5億6400万円(前年同期比44%減)、純利益は2億5200万円(同83%減)と減益率を縮める。

 売り上げは、タイの洪水で車両部品の受注が減少して下ぶれたが、利益は、国内の車両部品の受注が見込みを上回り、経費縮減も加わり上ぶれた。

 5月通期業績は、タイの洪水による生産再開、欧州の金融不安、急激な円高など先行き不透明感が強いとして期初予想を据え置き、純利益は、8億5000万円(前期比40%減)と前期の過去最高からの減益転換を見込んでいる。

 株価は、タイの洪水被害で同社一部子会社が操業を停止したことが響いて年初来安値まで売られ、底値圏推移が続いている。PERは4倍台、PBRは0.5倍と下げ過ぎを示唆しており、一段の底上げをフォローしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:07 | 株式投資ニュース

NTTドコモは5社と通信機器向け半導体開発・販売の合弁会社を設立

 NTTドコモ<9437>(東1)は900円高(0.65%高)の13万9900円と小幅続伸した。国内外のメーカー5社と通信機器向け半導体の開発、販売を行う合弁会社設立のための合弁契約を締結した。半導体の省電力化、小型化を目指すとともに、LTEおよび次世代の通信規格LTE−Advancedへの対応も検討していく。共同出資予定会社は、富士通、富士通セミコンダクター、日本電気、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、Samsung Electronics Co.,Ltd.。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:45 | 株式投資ニュース

【話題株】東証1部指定替えの永大産は前日終値を挟みもみ合う

話題株 永大産業<7822>(東1)は、きょう28日に東証第2部から第1部へ指定替えされた。前日の東証2部終値に対して4円高の290円まで上げて反発したが、その後は3円安と売られるなど前日終値を挟みもみ合った。終値は変わらずの287円だった。

 12月21日の指定替え承認では、33年ぶりの東証1部再上場が話題を呼び、さらに指定替え時に新株式発行や株式売出しなどの株主価値の希薄化材料を伴わなかったことから、東証株価指数連動型のファンドへの組み入れなどの需給好転思惑も強めて302円まで19%高したが、東証1部での売買開始では、業績推移がやや不調なこともあり、利益確定売りも交錯している。

 同社の今3月期業績は、今年10月に下方修正されるなど伸び悩んでいる。原材料の合板価格の上昇が悪影響しているもので、通期純利益は、期初予想の10億6000万円から9億円(前期比33%減)と引き下げ減益転換率を悪化させる。

 株価は、この業績下方修正を嫌って年初来安値225円まで売られ、東証1部指定替え承認で大きくリバウンドした。PERは14倍台、PBRは0.3倍と下げ過ぎを示唆しており、下値では強弱感の対立が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:24 | 株式投資ニュース

グリーは日本マイクロソフトとの提携など材料に後場も堅調

 グリー<3632>(東1)は28日の後場も堅調で、2625円(19円高)まで上げたあと14時50分にかけては2617円(11円高)。小高い程度とはいえ、本日は、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)や14日に新規上場となった韓国のオンラインゲーム大手ネクソン<3659>(東1)が軟調な中で強さをみせている。引き続き、日本マイクロソフトと提携し、クラウドコンピューティングを活用したゲーム配信を始めたことなどを材料視している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:50 | 株式投資ニュース

サトウ食品工業は純利益の3期ぶり過去最高更新を好感し3連騰

 サトウ食品工業<2923>(東2)は28日、46円高の1746円まで買われ3日続伸している。12月9日に発表した第2四半期(2Q)累計業績に続く4月通期業績の上方修正、純利益の3期ぶり過去最高更新を好感している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:25 | 株式投資ニュース

スリーエフは13時の決算発表に急反応となり上値追う

スリーエフ スリーエフ<7544>(東2)は28日の13時に第3四半期決算を発表。株価は急反応をみせ、発表前の売買難相場の466円(1円高)前後から470円(7円高)まで上昇した。第3四半期の営業利益は前年同期比29.8%増。2月通期の予想は、営業総収入を前期比1.8%減の265億円、営業利益を同76.5%増の10億円とし、純利益は0.5億円の赤字とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:20 | 株式投資ニュース

Jトラストが韓国企業に代わる武富士のスポンサー観測で堅調

 その他金融業のJトラスト<8508>(大2)は28日の後場も堅調で、13時50分にかけては493円(26円高)前後で推移。直近相場での戻り高値499円に迫る相場となった。武富士の支援スポンサーとして固まっていた韓国の消費者金融の大手A&Pファイナンシャル社が、ウォン安などにより撤退する方向と伝えられ、代わって米投資ファンドのTPGキャピタルやJトラストが取り沙汰されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | 株式投資ニュース

ローソンがコンビニ業界の出店拡大観測を材料に年初来高値

ローソン ローソン<2651>(東1)は28日の後場も4755円(40円高)前後で堅調に推移し、3日ぶりの年初来高値更新相場を継続。コンビニ大手5社の2012年度の国内出店が過去最高の観測と今朝の日本経済新聞が伝えたことを材料に、22日につけた高値4745円を上回った。ファミリーマート<8028>(東1)も堅調ながら、直近の高値には届かず、ローソンの強さが目立っている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 株式投資ニュース

星光PMCは東証1部指定替え承認でファンドの組み入れ思惑強める

 星光PMC<4963>(東2)は28日、26円高の286円まで上げて3日ぶりに反発している。前日27日大引け後に東京証券取引所から来年1月5日付けで東証第1部への指定替えを承認されたと発表、指定替えに際して新株式発行や株式売り出しなどの株主価値の希薄化材料を伴わないことから、株価指数連動型のファンドの組み入れなど需給好転思惑を強めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース