[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/16)ホリプロが1株1050円で自社株を買い取るMBOを発表
記事一覧 (12/16)オフィス通販のアスクルが武田薬品工業の顧客化を材料に堅調
記事一覧 (12/16)やまやが復興需要の思惑で師走相場に乗り連日高値
記事一覧 (12/16)本日上場のダブル・スコープは好人気で大引けの売買代金2位
記事一覧 (12/16)リブセンスは反発、成長路線を買う動きと利食い売りが交錯する流れに
記事一覧 (12/16)ビットアイルは6営業日ぶりに反発、好決算と株式分割が支援材料に
記事一覧 (12/16)ホリプロが経営陣による自社買収の観測で売買停止
記事一覧 (12/16)カナモトがプーチン首相の日露トンネル発言を材料に後場一段高
記事一覧 (12/16)ピックルスコーポレーションがストップ高!増配や西日本戦略を評価
記事一覧 (12/16)上場3日目のネクソンは軟調!ディー・エヌ・エーとグリーは反発
記事一覧 (12/16)「K氏」関連説の新日本理化は小動き!いきなり動くため注目続く
記事一覧 (12/16)住生活グループは外資系証券の積極評価で5日ぶり反発
記事一覧 (12/16)戸田工業はリチウムイオン電池事業を材料に値上がり率上位
記事一覧 (12/16)オリンパス4ケタ割る、安値から3倍、1日平均2千万株の出来高
記事一覧 (12/16)武田薬品工業が反発!配当利回り高く、値固めからの急上昇も
記事一覧 (12/16)イメージ ワン反発、テーマ性十分、1〜4月活躍の習性も注目
記事一覧 (12/16)日特エンジニアリングが急反発!業績は好調で年初来高値が照準
記事一覧 (12/16)ディー・エヌ・エーとグリーが急反発となりネクソン上場の影響を脱却
記事一覧 (12/16)富士フイルムHLDは米国の超音波診断装置大手の買収に反応薄い
記事一覧 (12/16)本日上場のダブル・スコープ売買代金1位!「韓流」の躍進続く
2011年12月16日

ホリプロが1株1050円で自社株を買い取るMBOを発表

■堀威夫氏の青春社が公開買い付け

 ホリプロ<9667>(東1)は16日の大引け後、MBO(マネジメント・バイアウト:経営陣による自社買収)を行ない、成立後は株式の上場廃止基準により上場廃止の可能性があると発表した。創業者・堀威夫氏が代表を務める青春社(東京・品川区)を買付者とし、1株1050円でTOB(株式の公開買い付け)を実施。TOB期間は11年12月19日から12年2月6日まで(30営業日)。ホリプロ側は賛同する意見を表明し、株主には応募の推奨を表明した。

 本日の株価は、14時頃に一部速報ニュースの観測報道が伝わったため、それまでの629円(2円高)前後から645円(18円高)まで急伸。東証は、真偽等を確認のため、14時01分から売買停止とした。

■上場廃止後は特別ファンクラブ「ホリプロ・ステージ・メンバーズ」検討

 ホリプロは1963年に設立。89年に株式を当時の呼び方で店頭公開し、02年に東証1部に上場した。今回のMBOによる上場廃止後は、「当社をご支援いただいている皆様に、引き続きご支援していただけるよう、特別ファンクラブたる「ホリプロ・ステージ・メンバーズ」(仮称)の創設を検討する」とした。

 このファンクラブ構想は、会員制でホリプロが運営する公演その他のサービスの優待券(鑑賞券)を発行し、「さらなるご支援・ご声援を引き続き頂戴し、ホリプロのサービスのより一層の向上と充実を図ることを目的と」する。入会資格としては、一定期間内において当社の公演チケットを複数回ご購入いただいた方、一定期間内において当社の株主優待として割引券の発行を受けられた方、一定期間、当社タレントのオフィシャル・ファンクラブに入会されている方、などを対象にする模様だ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:39 | 株式投資ニュース

オフィス通販のアスクルが武田薬品工業の顧客化を材料に堅調

■間接材購買サービス「ソロエル」拡大に期待

 オフィス通販のアスクル<2678>(東1)は16日の前後場とも堅調に推移し反発。1107円(19円高)まで上げ、終値も1102円(14円高)となった。間接材購買サービス「SOLOEL(ソロエル)」を武田薬品工業<4502>(東1)が本格導入と本日付けで発表。医薬品の最大手を顧客化したことで、拡大に弾みがつくとの期待が広がった。

 発表文によると、「武田薬品は、本年5月の基本合意から約6カ月の導入準備期間を経て、11月1日より本社部門・営業部門などで利用を開始し、今後は対象部門や対象商材を拡大していく予定」とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:54 | 株式投資ニュース

やまやが復興需要の思惑で師走相場に乗り連日高値

■燃料商社のカメイとともに人気継続の期待

 東北地盤の酒類チェーンやまや<9994>(東1)は16日、連日の高値更新となり、14時30分にかけて1060円(53円高)まで上げ、終値も1040円(33円高)となった。大震災の復興需要は出遅れていると今朝の日本経済新聞が伝えたものの、12月初から経済雑誌や一部映像メディアで仙台市などの飲食店や輸入車販売店の好調が伝えられており、期待と思惑が広がった。

 実際には、思惑材料株を次々と物色する師走相場の中で、材料はアトからくっついたとの見方もあるものの、燃料商社のカメイ<8037>(東1)などとともに、復興需要を地元で享受する銘柄のため、物色人気は一過性で終わらないとの期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:37 | 株式投資ニュース

本日上場のダブル・スコープは好人気で大引けの売買代金2位

■初値は2300円・出来高も2位

 本日新規上場のリチウムイオン2次電池素材企業ダブル・スコープ<6619>(東マ)は、公開価格2500円に対し、9時14分に2300円で初の売買が成立した。韓国・サムスン電子出身の崔元根社長が2005年に日本で会社を設立。高値は2379円、安値は2190円、終値は2193円だった。公募株数は150万3100株、売出株数は最大130万9900株。全体市場の地合いが良くなく、やや公募株数が重いとの見方があった。ただ、売買人気は高く、売買代金は前引けで所属市場の1位、大引けで2位。出来高も前場2位、大引け2位となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 株式投資ニュース

リブセンスは反発、成長路線を買う動きと利食い売りが交錯する流れに

 アルバイト求人情報サイト「ジョブセンス」や不動産賃貸サイト「DOOR賃貸」などを運営するリブセンス<6054>(東マ)は16日、231円高の2600円まで上げて、212円高の2581円と反発した。昨日つけた上場来高値には届かなかったが堅調な展開となった。

 事業の特徴は、企業が採用を決めた時に手数料を受け取る成功報酬型のビジネスモデルにある。企業にとって使い勝手がいいため掲載企業が増加する一方で、採用が確定した利用者には、採用(転職、登録)祝い金や入居祝い金を贈呈するなど、利用者側に対してもインセンティブを設けている。こうした独自性が受け入れられ、今2011年12月期は営業利益4億6400万円(前期2億1700万円)の大幅増益が見込まれている。

 同社は12月7日上場、公募価格990円を82%上回る1800円で初値、当面は成長路線を買う動きと利食い売りが交錯する流れとなろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:27 | 株式投資ニュース

ビットアイルは6営業日ぶりに反発、好決算と株式分割が支援材料に

 ビットアイル<3811>(JQS)は16日、8000円高の18万9900円まで上げて4000円高の18万5900円と6営業日ぶりに反発した。株価は着実な水準切り上げの動きを見せていたが12月6日に年初来高値20万3400円をつけてからは、利益確定売りの動きが強まり5営業日続落となっていた。

 12月5日発表の今2012年7月期の第1四半期決算は、営業利益7億1700万円と前年同期比75%増の好決算だった。今7月期についても営業利益26億円と前年同期比27%増の見通しで、好調キープが想定されている。また、株式分割により2月1日から流動性が高まることは一つの支援材料となろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:50 | 株式投資ニュース

ホリプロが経営陣による自社買収の観測で売買停止

 ホリプロ<9667>(東1)は16日の14時直後から急動意となり、645円(18円高)まで上昇。TOB(公開買い付け)の観測報道が伝えられ、東京証券取引所は14時01分から真偽等を確認のため売買停止とした。

 日経ニュースが、概略、同社はMBO(経営陣が参加する買収)を実施し上場廃止になるもよう、と伝えた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:45 | 株式投資ニュース

カナモトがプーチン首相の日露トンネル発言を材料に後場一段高

 カナモト<9678>(東1)は16日の後場一段高となり、561円(24円高)まで上げたあとも14時40分にかけて558円(21円高)。北海道地盤の建機レンタル大手で、ロシアのプーチン首相が国民向けのテレビ会見で、日本までのトンネル建設構想を語ったとモスクワ発の時事通信が伝えたとされて材料視する相場になった。本日の株式市場は、この時間帯の日経平均が約35円高に過ぎず、材料株の個別物色が中心。師走相場、モチ代稼ぎ相場の中で、短期的な値幅を狙う投機買いが活発ななか、こうした投資家にとっては絶好の材料になったようだ。

>>カナモトのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:38 | 株式投資ニュース

ピックルスコーポレーションがストップ高!増配や西日本戦略を評価

 ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は16日、急伸相場となり、前場から再三ストップ高の653円(100円高)で売買成立。14時15分にかけても653円となっている。業績が好調で、12月6日には2月期末配当の増配を発表。本日は、一部で広島工場など西日本への展開が伝えられたとの見方もあり、再度注目する相場になった。

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース

上場3日目のネクソンは軟調!ディー・エヌ・エーとグリーは反発

 上場3日目の韓国オンラインゲーム大手ネクソン<3659>(東1)は、16日の後場も軟調で、12時47分に1091円(153円安)。14日の上場後、最も安い値段をつける場面があった。公開価格は1300円、初値は1307円。高値は1310円。上場時の時価総額が5000億円を超える規模の大型銘柄のため、東証1部の売買代金が昨日まで4日連続で1兆円を割り込む低調相場の中では、敬遠されがちになるようだ。また、本日は、類似業種のディー・エヌ・エー<2432>(東1)が4.2%高、グリー<3632>(東1)は1.1%高と、ともに野村證券の積極評価が伝えられて4日ぶりの反発になっていることも手控え要因のようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:22 | 株式投資ニュース

「K氏」関連説の新日本理化は小動き!いきなり動くため注目続く

 新日本理化<4406>(大1)は16日の後場も軟調な始まりとなり、13時過ぎは766円(72円安)前後で推移。大物仕手筋の「K氏」関連銘柄の本命株との思惑が続いており、昨日は前引け間際から堅調相場に転じたため、引き続き熱いまなざしが注がれている。高値は12月12日の930円。その後の調整相場では、ちょうど25日移動平均に差しかかる水準で下げ止まり、14日の710円を下値に持ち直している。本日は、この25日移動平均(直近は731円)を前場下回ったものの、終値で保つようなら、調整相場は浅いとの観測が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース

住生活グループは外資系証券の積極評価で5日ぶり反発

 住生活グループ<5938>(東1)は16日の後場1443円(20円高)で始まり、前場に続き堅調。バークレイズ・キャピタル証券が注目を開始し、新規に目標株価2100円で注目開始と伝えられたことを好感。昨日までの4日続落から反発。昨日は、クレディ・スイス証券が投資判断を「中立」、目標株価1600円でカバー再開と伝えられた。株価は11月から1400円台前半で下げ止まる相場のため、下値の固まる期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース

戸田工業はリチウムイオン電池事業を材料に値上がり率上位

 戸田工業<4100>(東1)は16日の前場、4日ぶりの反発となり、680円(63円高)まで上げたあとも650円前後で推移。三井造船<7003>(東1)とリチウムイオン電池事業での提携を好感し、値上がり率は5%台ながら、東証1部の6〜7位に入った。三井造船は122円(2円安)前後で推移している。戸田工業は、この2〜3年はリチウムイオン電池関連銘柄のイメージが定着し、東芝<6502>(東1)がリチウムイオン電池を材料に動意づく際には連動高する傾向がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:19 | 株式投資ニュース

オリンパス4ケタ割る、安値から3倍、1日平均2千万株の出来高

 オリンパス<7733>(東1)は、119円安の922円と3日続落、11月30日以来の1000円割れとなっている。決算(第2四半期)を発表した14日(水)に1415円の戻り高値をつけた。去る、11月11日の安値424円から3.3倍の上昇。この間の1日平均出来高は約2035万株の大商い。

 「閑散なマーケットにおいて、慈雨ともいえる存在だった」(中堅証券)という声もうなずける。決算発表がめどとみられていただけに、「手仕舞う動き」が出ているようだ。人気株だけに、このまま終るとは思えないものの、「新年は後ろ向き銘柄より前向き銘柄を物色する動きが鮮明になるだけに、動いたとしても二番煎じ、三番煎じになるのではないか」(同)。

 とくに、東証の上場維持を巡って審理が始まる。目先底をどこでつけるかを見極める展開だろう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

武田薬品工業が反発!配当利回り高く、値固めからの急上昇も

 武田薬品工業<4502>(東1)は16日、45円高の3260円まで上げて反発している。株価は11月に入ってからはジリジリと値を下げて11月25日年初来安値となる3020円をつけた。その後は底値ゾーンでの値固め場面となっている。13日にSMBC日興証券が投資判断の格上げと目標株価を3400円から3600円に引き上げている。やや材料難もあるが配当利回りは5.6%と高く、値固めからの急上昇も予想される。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:01 | 株式投資ニュース

イメージ ワン反発、テーマ性十分、1〜4月活躍の習性も注目

 イメージ ワン<2667>(JQS)は、680円高の1万7980円と前日比変わらずを挟んで3日ぶり反発。去る6日に1万9450円まで急伸、目下、上げ一服の動きで前日は30日線に近づいたところで下げ止まり今日の反発に。

 「同社の得意とする医療画像、衛星画像とも社会的に熱い視線が注がれる分野。来年の有力なテーマ性を持った銘柄だろう」(中堅証券)。

 医療画像ではドクターが診療の際、従来、患者の診療履歴をその都度、パソコン画面に一つ一つ呼び出す必要があったものが一つの画面表示を可能とした「医療用情報統合システム」を本格販売。一方、衛星画像はレーザを使った夜間、曇天でも情報収集が可能というもの。耕作地情報、不審船を見つける海上船舶監視サービスを持つ。

 株価は例年、1月から4月頃に動く習性があり、2010年4月には4万6400円、今年も1月に2万9500円、5月に2万7650円と買われている。下値を固めていることからも仕込み水準といえるだろう。

>>イメージ ワンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:46 | 株式投資ニュース

日特エンジニアリングが急反発!業績は好調で年初来高値が照準

 日特エンジニアリング<6145>(JQS)は16日、49円高(4.5%高)の1138円まで上げて急反発している。株価は12月8日に1190円をつけたあと軟調となっていたが4桁台をキープ。主力の巻線機事業はスマートフォンなどのモバイル端末の販売がグローバルで拡大。業績は好調で、今3月期通期の営業利益は27億5000万円から33億5000万円(前期26億600万円へ)へ引き上げられた。7月11日につけた年初来高値1354円が照準となろう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:39 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーとグリーが急反発となりネクソン上場の影響を脱却

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は16日、2294円(105円高)まで上げたあとも2290円前後で堅調相場を続け、昨日までの3日続落から急反発。10時25分にかけては、値上がり率4%台で売買代金も東証1部の5位前後となっている。一昨日の14日に韓国のオンラインゲーム大手ネクソン<3659>(東1)が新規上場し、同日は東証1部の売買代金1位。しかし、売買高の低迷が続く東京株式市場で、グリー<3632>(東1)に加えて類似業種の銘柄が登場したため、少ない投資資金を分け合う形になっていた。本日はグリーも急反発となり、約3%高で売買代金1〜2位となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:28 | 株式投資ニュース

富士フイルムHLDは米国の超音波診断装置大手の買収に反応薄い

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)は16日、1831円(10円安)で寄ったあと1838円(3円安)を上値に一進一退となり、軟調小動き。昨日、米国の超音波診断装置の大手・ソノサイト社(SonoSite,Inc.本社・ワシントン州・米国NASDAQ上場)を買収すると発表したものの、株価への反応は今ひとつとなった。ソノサイト社は、携帯型の超音波診断装置のリーディングカンパニーで、とりわけ装置の超小型軽量化に関する技術で先行する。株価は、軟調ながら25日移動平均の水準である1816円で下げ止まっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 株式投資ニュース

本日上場のダブル・スコープ売買代金1位!「韓流」の躍進続く

 本日新規上場となった電子部品企業ダブル・スコープ<6619>(東マ)は、9時14分に2300円で売買が成立。公開価格2500円に対しては軟調なスタートとなった。韓国・サムスン電子出身の崔元根社長が2005年に日本で会社を設立し。リチウムイオン2次電池用セパレータの製造・販売が主事業。公募株数は150万3100株、売出株数は最大130万9900株。9時35分現在は、東証マザーズ市場の売買代金1位、出来高2位となっている。

 一昨日の14日には、韓国のオンラインゲーム大手ネクソン<3659>(東1)が新規上場し、同日の東証1部の売買代金1位となっており、日本の株式市場でも「韓流ブーム」が本格化し、国際的に日本企業を凌駕する現象を投影する動きとして驚きや落胆をもたらしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:42 | 株式投資ニュース