[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/25)エルピーダメモリはSMBC日興証券の積極評価あり続伸基調
記事一覧 (11/25)武田薬品工業98年のフシ切り3000円へ急接近、利回りは5.9%へ
記事一覧 (11/25)任天堂は「3DS」販売復調報道を受け安値水準から急反発
記事一覧 (11/25)パナソニックは海外でのスマホ展開に期待し切り返す
記事一覧 (11/25)三菱鉛筆は自己株式取得・立会外買付に自己株式消却加わり反発
記事一覧 (11/25)ゲンキーは11月月次売上高の連続プラスで内需割安株買い再燃し急反発
記事一覧 (11/25)ヤマダ電機はリサイクル会社をスポンサー支援も反応は薄く続落
記事一覧 (11/25)新高値数は大証1部が東証1部上回る、9時半現在、好需給で
記事一覧 (11/25)ゴールドウインが「宇宙素材」を見直す相場で戻り高値
記事一覧 (11/25)ニコンがデジタルカメラの代替生産を材料に急反発
記事一覧 (11/25)【銘柄診断】五洋建設は震災需要が本格化、株価は業績再増額を取り込む展開へ
記事一覧 (11/25)オリンパスは本日も買い気配!ストップ値幅は300円高の1319円
記事一覧 (11/24)【話題株】エスエムエスは続落も市場変更思惑が底流し安値買い妙味も
記事一覧 (11/24)ヤマダ電機が総合リサイクル企業の再生支援を発表−−引け後のリリース
記事一覧 (11/24)味の素がタイの操業停止5拠点のうち3拠点を月内に再開
記事一覧 (11/24)日本航空系のJALUXとサークルKサンクスが業務提携
記事一覧 (11/24)伊藤忠商事が米国の石油開発大手に出資し天然ガス・シェールガスに注力
記事一覧 (11/24)【話題株】CDSは名証2部上場承認が利益確定売りを加速し急続落
記事一覧 (11/24)サッポロホールディングスは日系で初のベトナム工場を竣工
記事一覧 (11/24)【話題株】大塚ホールディングスは新薬承認申請FDA受理も利益確定売りが先行し続落
2011年11月25日

エルピーダメモリはSMBC日興証券の積極評価あり続伸基調

 エルピーダメモリ<6665>(東1)は25日の前場、400円(45円高)まで上げたアトもしっかりの相場となり、3日続伸基調。SMBC日興証券が投資判断を「2」から「1」に引き上げたと伝えられことを好感。22日の安値310円から持ち直した。このところは、タイの洪水災害によるHDD(ハードディスク駆動装置)工場の操業停止、サプライチェーンの寸断などを悪材料に軟調だっただけに、買い安心感が広がった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:30 | 株式投資ニュース

武田薬品工業98年のフシ切り3000円へ急接近、利回りは5.9%へ

 薬品株の指標的存在の武田薬品工業<4502>(東1)は、20円安の3020円まで下げ、下値のフシとみられていた1998年3月の3030円を下回った。これで、3000円を維持できるかどうかに注目が集まっている。仮に、大台を割り込めば1997年6月以来となる。信用買残が急膨張方向にある。

 救いは株価の高値圏で信用買残が増えているのではなく、株価が3500円を割ったあたりからの下げ過程で増えている。4000円前後からの下げが急ピッチになっていることから戻りを狙って、信用買いを使った買いが入っているものとみられる。年180円配当に対する利回りが今朝の段階で5.9%と高いことも下値に対する安心感としてあるものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 株式投資ニュース

任天堂は「3DS」販売復調報道を受け安値水準から急反発

 任天堂<7974>(大1)は25日、500円高の1万1350円まで上げて3営業日ぶりに急反発している。10月27日につけた年初来安値1万680円に並ぶ安値水準から底上げをしている。きょう25日付けの日本経済新聞で、同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が、ゲームソフト「スーパーマリオ」シリーズの好調な売れ行きでも盛り返してきたと報道されたことを手掛かりに、下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース

パナソニックは海外でのスマホ展開に期待し切り返す

 パナソニック<6752>(東1)は25日、堅調相場となり、696円(10円高)まで上げて3日続伸基調。朝方の677円(9円安)を下値に切り返した。手がかり材料としては、海外の携帯電話市場に再参入し、2012年春に欧州市場でスマートフォンを発売する計画、と今朝の日本経済新聞が伝えたことがある。株価は22、24日に662円の安値をつけており、700円台は回復して欲しいとの期待がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:32 | 株式投資ニュース

三菱鉛筆は自己株式取得・立会外買付に自己株式消却加わり反発

 三菱鉛筆<7976>(東1)は25日、22円高の1348円まで上げて反発している。前日24日大引け後に自己株式取得・立会外買付取引と、自己株式消却を発表、好感して割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

ゲンキーは11月月次売上高の連続プラスで内需割安株買い再燃し急反発

 ゲンキー<2772>(東1)は25日、176円高の1610円まで上げて9営業日ぶりに急反発している。前日24日大引け後に今年11月度の月次営業速報を発表、連続してプラスとなったことを手掛かりに内需関連の割安株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機はリサイクル会社をスポンサー支援も反応は薄く続落

 ヤマダ電機<9831>(東1)は25日、100円安の5300円で寄り付き、変わらずを含めて8営業日続落している。前日24日大引け後に民事再生手続開始申立てを行った東金属(東京都江戸川区)へのスポンサー支援契約の締結を発表、今年8月のエス・バイ・エル<1919>(東1)への株式公開買い付け(TOB)時の株価上昇再現思惑が期待を高めたが、再現は不発で利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:25 | 株式投資ニュース

新高値数は大証1部が東証1部上回る、9時半現在、好需給で

 9時30分時点で、大証1部の新高値数は7社と、同時刻での東証1部の新高値2社を上回っている。新日本理化<4406>神東塗料<4615>イソライト工業<5358>大紀アルミニウム工業所<5702>モリテック スチール<5986>サノヤスホールディングス<7022>オークワ<8217>。これまで、大きく活躍しなかったことからシコリも少ない。全般手詰まり感の中で、こうした出遅れ銘柄が物色されるものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 株式投資ニュース

ゴールドウインが「宇宙素材」を見直す相場で戻り高値

 ゴールドウイン<8111>(東1)は25日、大幅続伸となり、292円(15円高)と戻り高値を更新。輸出関連株などの主力株が重いこともあり、材料性のある軽量株物色が活発化。この中で、JAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同開発になる新素材を活用した加齢臭カット素材などが、22日に地球に帰還した宇宙飛行士・古川聡氏のニュースなどによって見直されている。2月につけた年初来の高値333円が当面の上値メドになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース

ニコンがデジタルカメラの代替生産を材料に急反発

 ニコン<7731>(東1)は25日、反発の始まりとなり、1714円(21円高)で寄ったあと1748円(55円高)。タイの洪水被害で工場が操業停止したデジタル一眼レフカメラの代替生産を1カ月近く前倒しし、11月末から開始と伝えられたことが好感されている。当初は、開始が12月下旬頃の予定だった。株価は10月下旬の1604円から出直り相場になり、1800円代を回復したあと微調整に転じていた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース

【銘柄診断】五洋建設は震災需要が本格化、株価は業績再増額を取り込む展開へ

銘柄診断 五洋建設<1893>(東1)は8月9日のダメ押し安値144円を起点に勢いのある上昇相場に突入し11月9日には267円の年初来高値を示現した。

 新規工事を含む手持工事が順調に進み、今2012年3月期中間決算の営業利益は期初の5億円を大きく上回る46億3300万円(前年同期28億5800万円)に達した。それにも関わらず今3月期については営業利益95億円、前期比2.9%減の見通しを据え置いている。

 下期には震災復興関連受注が拡大するとみているが、その規模、利益率が不透明であることなどから、今期計画には織り込んでいないとされるだけに、今後の再増額は必至だし、株価もそれを先取りする動きとなっている。

 総額12兆円規模の第3次補正予算が成立し、復興需要が本格化する。良好な環境は今3月期後半から来2013年3月期へ引き継がれるだけに、業績も時間の経過につれさらに上昇の方向が予想される。株価も新値圏への切り返しに余力がうかがえる足取りだ。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース

オリンパスは本日も買い気配!ストップ値幅は300円高の1319円

 オリンパス<7733>(東1)は25日も買い気配で始まり、1049円(30円高)の気配でスタート。解任されたマイケル・ウッドフォード元社長が23日に来日し、昨日は自身を除く全取締役の退任を求めるなどしたことを材料視。昨日は、ゴールドマン・サックスグループが同証券など3社でオリンパス株式を6.67%保有していることが伝えられ、午後に150円高のストップ高となった。本日のストップ高は1319円(300円高)。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース
2011年11月24日

【話題株】エスエムエスは続落も市場変更思惑が底流し安値買い妙味も

話題株 エス・エム・エス<2175>(東マ)は、11月17日に12月9日付けでの東京証券所からの東証1部・2部市場への市場変更(所属部未定)を承認され、同時に株式売出しも発表、株式需給悪化を嫌って大陰線を引き、安値固めが続いている。所属部は、11月28日から12月1日までの間の売出し価格決定次第で決定することから、東証1部指定替えの可能性もあると思惑が底流、下値には下げ過ぎ訂正の打診買いも続いている。

 今3月期業績が、今年9月に上方修正され、過去最高純利益の連続更新幅を拡大することも支援材料視されている。同社は、インターネットを通じて介護・医療業界に特化する人材紹介・求人広告事業などを展開しており、相次いで同業他社を買収した効果で今期業績を上方修正、通期純利益は、期初予想の9億2500万円から9億5600万円(前期比9%増)に引き上げられて前期の過去最高を連続更新する。11月に発表した第2四半期累計業績は、この9月の増額値を上回って着地しており、通期業績の再上ぶれも期待されている。

 株価は、9月の業績増額で8万円台にタッチしたが、株式売出し発表とともに6万7600円まで3600円安した。PERは7倍台と下げ過ぎで、安値逆張り余地を示唆している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:33 | 株式投資ニュース

ヤマダ電機が総合リサイクル企業の再生支援を発表−−引け後のリリース

■次世代スマートハウス事業などとの関連に期待

引け後のリリース、明日の1本 ヤマダ電機<9831>(東1)は24日の夕方、この日に民事再生手続き開始を申し立てた総合リサイクル企業・東金属株式会社(東京都江戸川区)に対し、資金提供、資本参加などの経済的支援を行ない、事業の円滑な再生を行うことを目的に、同社とスポンサー契約を締結と発表した。

 発表によると、ヤマダ電機が再生を支援する東金属は、創業57周年を迎える歴史ある総合リサイクル会社。ヤマダ電機グループは、新しいリサイクルシステムとして「販売からリサイクルまでのワンストップ化」を目指し、自社事業を通じてリサイクル・リユースの仕組みを構築し、お客様の環境対策や社会全体の環境負荷低減に向けて取り組んでおり、両社が強固なパートナーとなることが、更なるお客様への省エネ・利便性向上に加え、環境負荷の低減につながる総合的なプロデュースを可能とするものであり、企業価値の向上に資するものであると判断した。

 株価は、8月以降、5000円前後を下値に上下1000円前後の幅で往来する相場となっており、24日の終値は5400円(160円安)。ヤマダ電機は、10月に住宅事業のエス・バイ・エル<1919>(東1)をグループ化し、省エネ家電や自然エネルギー発電システムによる次世代スマートハウス事業の推進を開始。リサイクルシステムを取り込むことで注目と期待が高まる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:29 | 株式投資ニュース

味の素がタイの操業停止5拠点のうち3拠点を月内に再開

■高水準の売り残が焦点に

 味の素<2802>(東1)は24日の大引け後、タイの洪水被害の影響で操業を停止していた5拠点のうち3拠点の操業を月内に再開すると発表した。再開するのは、タイ味の素社の包装工場、飼料用アミノ酸工場、およびエービーロジスティクス〔タイランド〕社の配送センター。タイ味の素冷凍食品社が所在しているハイテク工業団地は11月末日には排水が完了する見通しとした。

 株価は11月初の847円を安値に出直る相場となり、11月11日に948円まで上げ、24日の終値は907円(2円安)。この2週間ほどは下値が900円前後で固まる動きになっている。信用売り残が膨れており、買い残の1.5倍に達しているため、株価が下げないとなれば、売り建て玉を買い戻す動きが増加し、株高を助長する要因になる可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:56 | 株式投資ニュース

日本航空系のJALUXとサークルKサンクスが業務提携

■空港内店舗や新しいコンビニなどで相互に新展開

 日本航空系の商社JALUX<2729>(東1)サークルKサンクス<3337>(東1)は24日の夕方、両社間の業務提携を発表。JALUXは、空港店舗での新たな業態開発などを進め、サークルKサンクスは、顧客層の新たなニーズへの対応や「新しいコンビニエンスストア」の創造などをめざすとした。

 JALUXは、空港店舗運営事業では、子会社を通じて国内24空港に店舗「BLUE SKY(ブルースカイ)」を配し、空港免税店を含めると国内85店舗(2011年10月末現在)のネットワークを構築している。一方、サークルKサンクスは、ユニー<8270>(東1)グループの一員として、全国38都道府県で6224店舗(11年10月末現在)のコンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」をフランチャイズおよび直営展開している。

 JALUXの株価は、11月に入って下げ止まり、おおむね700円前後を下値にもみ合い相場を形成し、24日の終値は707円(10円安)。もみ合いの上値になる720円どころを抜け出せば750円前後までは見込めるようだ。

 サークルKサンクスの株価は、10月の1389円を高値に下げ基調となっており、11月16日に1204円まで下落。24日の終値は1225円(17円安)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:35 | 株式投資ニュース

伊藤忠商事が米国の石油開発大手に出資し天然ガス・シェールガスに注力

■アジア向けLNG輸出ビジネスも視野

 伊藤忠商事<8001>(東1)は24日の午後、米国の石油開発会社で国内生産量トップにランクされるサムソン社(Samson Investment Company、オクラホマ州)の買収について発表し、世界最大級の投資ファンド会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR、ニューヨーク)と共同で100%株式を買収する事で合意したとした。

 発表によると、伊藤忠商事は、子会社を通じてサムソン社の株式25%を10.4億米ドル(約780億円)買収。これにより、長期保有を目的とした戦略的投資を行い、同時にサムソン社が生産する天然ガスの出資比率に応じた引き取り権(LNG換算年間100万トン、ピーク時)を確保し、米国に持つガストレード会社の販売拡大に加え、米国シェールガスの国際競争力に注目し、将来のアジア向けLNG輸出ビジネスも視野に入れた取り組みを行なう。

 株価は10月初の676円を下値に持ち直し、以降はおおむね730円前後から815円の幅で推移。24日の終値は736円(19円安)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14 | 株式投資ニュース

【話題株】CDSは名証2部上場承認が利益確定売りを加速し急続落

話題株 CDS<2169>(JQS)は24日、2500円安の8万9500円と4営業日続落した。祝日前の22日大引け後に名古屋証券取引所から11月29日付けで名証第2部への上場を承認され、ジャスダック市場との重複売買が可能となると発表、上場に際して新株式発行などの希薄化材料を伴わないが、きょうの寄り付きの上値の伸びが鈍いとして逆に利益確定売りの引き金となり、今12月期純利益の4期ぶりの過去最高更新や連続増配を見直すまでに至っていない。

 同社の今期業績は、今年8月に第2四半期累計業績を上方修正し、11月11日に開示した第3四半期業績が大幅続伸するなど好調に推移しており、通期純利益は、4億4600万円(前年同期比3.9倍)と大幅続伸し、2008年12月期の過去最高(1億4500万円)を更新する。

 主力の企業向けの技術仕様書制作が、パイオニア<6773>(東1)の子会社のグループ化などで好調に推移、システム開発も回復したことなどが要因となっている。このため今期配当は、8月に2Q配当を期初予想の1800円から2000円に引き上げ、11月に期末配当も同じく2000円から2300円にアップ、年間4300円(前期実績3300円)へ連続増配幅を拡大する。

 株価は、今期業績の大幅増益推移に反応して13万2000円の戻り高値まで変われ9万円台固めを続けてきた。PERは6倍台、配当利回りは4.6%と割安で、下値での逆張り余地も示唆している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:58 | 株式投資ニュース

サッポロホールディングスは日系で初のベトナム工場を竣工

■日経平均安値の中で株価は底堅い

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は24日、底堅い相場となり、朝方の282円(4円安)を下値に小動き。日経平均が8200円を割り込み、大震災直後の安値8227円63銭(3月15日)も割り込んで年初来の安値を更新した中で、下値の固さが目立った。午後、日本のビール会社で初めて、ベトナムで工場を竣工と発表した。

 発表によると、サッポロ・ベトナム・リミテッド(サッポロベトナム、本社:ホーチミンシティ)は、2010年7月から建設を進めていたサッポロベトナムのロンアン工場を11月24日(木)に竣工。国際戦略商品である「サッポロ プレミアム(Sapporo Premium)」の製造を開始する。

 同社では、2016年をゴールとした「新経営構想」のローリングプラン「グループ経営計画2011−2012」で、本年から2年間を成長軌道確立の期間に位置付けており、国際事業では、高価格帯の「サッポロ プレミアム」ブランドを軸としたプレミアム戦略で、北米、アジア、オセアニアを中心とした環太平洋エリアでの事業拡大に取り組む。今回の工場竣工により、日本、カナダ、ベトナムに自社工場を確保することで強固なマーケティング拠点を構築、グループが強みを持つ北米、アジアにおいて強力に事業拡大を図っていくとした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:39 | 株式投資ニュース

【話題株】大塚ホールディングスは新薬承認申請FDA受理も利益確定売りが先行し続落

話題株 大塚ホールディングス<4578>(東1)は24日、23円安の2078円と続落した。祝日前の22日大引け後に新薬承認を申請していた統合失調症治療の新薬「アリピプラゾール持効性注射剤」が、米国食品医薬品局(FDA)に受理されたと発表したが、前日23日の米国市場で、NYダウが236ドル安と3日続落したことなどが響き、利益確定売りが増勢となっている。

 新薬承認申請は、同社子会社の大塚製薬と今年11月11日にグローバル・アライアンス契約を締結したルンドベック社(デンマーク)とによって行われた。新薬は、統合失調症の患者が、薬の飲み忘れで症状を再発させるリスクを1カ月に1回の注射によって抑制し、患者の毎日の服薬のわずらわしさを軽減する。欧米では、成人人口の約1%が統合失調症を抱え、米国では約220万人の成人患者がいると推定されており、患者にとって朗報となる。

 同社は、世界65カ国で上市されている抗精神病薬「エビリファイ」を主力薬としており、今回の承認申請受理で中枢神経領域で新たな有力薬が付加されることになる。

 株価は、今年10月の今3月期第2四半期累計業績の上方修正で2000円台へ上ぶれ、ルンドベック社との提携締結で昨年12月の新規上場時の公開価格2100円を回復した。目先売り一巡後に全般相場の落ち着きを待って、PER14倍台の割安放置が再認識されよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース