[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/05)アエリアは自己株式TOBで業績減額・赤字転落を吸収しストップ高
記事一覧 (12/05)大王製紙が4〜9月期の決算を発表と伝えられ急伸一段高
記事一覧 (12/05)しまむらが9カ月決算好調の観測でリバウンド本格化の期待
記事一覧 (12/05)レオパレス21は太陽光発電システムを材料に一時値上がり率1位
記事一覧 (12/05)東栄住宅は3Q減益・低利益進捗率業績を売り直し反落
記事一覧 (12/05)サッポロHLDが飲料事業の統合を材料に300円台の戻り高値
記事一覧 (12/05)モルフォは増益転換予想も利益確定売りが拡大し続急落
記事一覧 (12/05)野田スクリーンは通期連続減益率を悪化させることを嫌い利益確定売り先行
記事一覧 (12/05)くらコーポレーションは業績再下方修正の悪材料出尽くし感を強める
記事一覧 (12/05)セブン銀行は東証上場を前向きに評価して買い増勢
記事一覧 (12/05)高島は仕手株のイメージと太陽電池展「PVジャパン」を好感し高い
記事一覧 (12/05)大真空が円安と「K氏」関連銘柄の思惑で戻り高値
記事一覧 (12/05)モンテカルロは急続伸、株式交換比率換算の理論価格に上値余地の思惑
記事一覧 (12/05)ファーストリテイリングは急反発、11月月次既存店売上高が前年並みをキープ
記事一覧 (12/05)クックパッドは4連騰、市場変更と2Q累計業績上ぶれて着地を好感
記事一覧 (12/05)セイコーエプソンはタイ洪水によるプリンタ需要に冷静で小動き
記事一覧 (12/05)オリンパスは第三者委の調査進み過度な不安が薄れる形で堅調
記事一覧 (12/05)イエローハットがモンテカルロの完全子会社化を材料に高い
記事一覧 (12/04)【話題株】富士フイルムHDは新配当政策観測報道を歓迎して続急伸
記事一覧 (12/03)【上方修正株】テンポスは業績上方修正で連続最高純利益を伸ばし高値更新
2011年12月05日

アエリアは自己株式TOBで業績減額・赤字転落を吸収しストップ高

 アエリア<3758>(JQS)は5日、1万円高の7万円買い気配とストップ高して急反発している。前週末2日大引け後に自己株式の株式公開買い付け(TOB)と今12月期業績の下方修正・赤字転落を同時発表、好悪材料が綱引きしたが、TOB価格9万円へのサヤ寄せ思惑を強めて買い優勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:13 | 株式投資ニュース

大王製紙が4〜9月期の決算を発表と伝えられ急伸一段高

 大王製紙<3880>(東1)は5日の後場一段高となり、約16%高の629円(86円高)まで急伸。発表を延期していた4〜9月期の連結決算を14日に発表することが明らかになったと日経ニュースで伝えられ、上場廃止にかかわる四半期報告書の提出に向けても安心感が広がった。600円台回復は11月8日以来。一気に出直ったため、戻り売りは厚いようで、目先はこれをこなす強さがどの程度か注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | 株式投資ニュース

しまむらが9カ月決算好調の観測でリバウンド本格化の期待

しまむら 実用ファッションの大手・しまむら<8227>(東1)は5日の後場も7500円(180円高)台で推移し、堅調相場を持続。2011年3〜11月期の連結営業利益が、この9カ月間としては過去最高になった模様と3日付けの日本経済新聞が伝えたことを、後場も材料視する相場になった。株価は11月後半に7200円前後で下げ止まり、本日は、下げ止まったあとのもみ合い相場を抜け出す動き。リバウンドが本格化した場合、7700円前後までは戻る余地があるとの見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:22 | 株式投資ニュース

レオパレス21は太陽光発電システムを材料に一時値上がり率1位

 レオパレス21<8848>(東1)は5日の後場一段高となり、一時13%高の186円(22円高)をつけたあとも強い動きを継続。断続的に東証1部の値上がり率1位につける急伸相場となった。新築アパートに関して標準装備とするほか、アパートオーナーの住まいや他社管理アパートにも拡大中。太陽電池の展示会「PVジャパン」(12月5〜7日)を手がかり材料に、師走相場特有の短期値幅稼ぎを狙う物色が活発化したようだ。 5日ぶりの反騰。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

東栄住宅は3Q減益・低利益進捗率業績を売り直し反落

 東栄住宅<8875>(東1)は5日、10円安の780円まで下げて6営業日ぶりに反落し、9月26日につけた年初来安値724円を覗いている。前週末2日大引け後に発表した今1月期第3四半期(3Q)決算が、2ケタ減益と落ち込み、期初予想の1月通期業績に対して低利益進捗率にとどまったことを嫌い利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:46 | 株式投資ニュース

サッポロHLDが飲料事業の統合を材料に300円台の戻り高値

 サッポロホールディングス<2501>(東1)は5日の後場も300円(6円高)台で始まり堅調。11月28日の280円から断続的に上値を追う相場になっており、前場は303円(9円高)まで上げて戻り高値を更新。11月1日以来の300円台回復となった。材料としては、11月29日に、グループのポッカコーポレーションとサッポロ飲料の事業統合を発表。12月2日は、ポッカコーポレーションがシンガポールで炭酸飲料の自社生産を開始したと伝えられたことがある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース

モルフォは増益転換予想も利益確定売りが拡大し続急落

 モルフォ<3653>(東マ)は5日、寄り付きの101円高から値を消し189円安の2410円まで下げて続急落している。前週末2日大引け後に10月期決算を発表、前期は、10月の下方修正値をやや上ぶれて減益転換率を縮め、今期は増益転換を予想したが、織り込み済みとして利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:12 | 株式投資ニュース

野田スクリーンは通期連続減益率を悪化させることを嫌い利益確定売り先行

 野田スクリーン<6790>(東2)は5日、740円安の2万410円まで下げて7営業日ぶりに急反落し、11月24日につけた年初来安値1万9000円を覗いている。前週末2日大引け後に今4月期第2四半期(2Q)累計決算の開示に合わせて、その2Q累計業績の上方修正と4月通期業績の下方修正を発表、通期連続減益率を悪化させることを嫌い利益確定売りが先行している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:40 | 株式投資ニュース

くらコーポレーションは業績再下方修正の悪材料出尽くし感を強める

くらコーポレーション 回転寿司チェーンのくらコーポレーション<2695>(東1)は5日、5円高の975円まで上げて変わらずを含めて小幅ながら5営業日続伸している。前週末2日大引け後に6月に続いて2011年10月期業績の2回目の下方修正を発表、前期の過去最高純利益からの減益転換率を悪化させたが、悪材料出尽くし感を強めて下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:25 | 株式投資ニュース

セブン銀行は東証上場を前向きに評価して買い増勢

 セブン銀行<8410>(JQS)は5日、5円高の158円まで上げて続急伸している。前週末2日に東京証券取引所から12月26日付けで東証上場を承認(所属部未定)され、同時に上場に際して株式売出しを発表、好悪材料の綱引きとなったが、株価が極低位値ごろにあることもあり、東証上場を前向きに評価して買い増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:16 | 株式投資ニュース

高島は仕手株のイメージと太陽電池展「PVジャパン」を好感し高い

 高島<8007>(東1)は5日、反発となり、225円(7円高)まで上げて12月1日につけた戻り高値に顔合わせしたあとも堅調。仕手イメージの強い材料株で、太陽電池の見本市「PVジャパン」(12月5〜7日)を材料視する相場とされる一方、大物仕手筋「K氏」関連銘柄との観測も出ている。信用倍率が1.3倍のため、取り組み妙味は大。業績も好調で、回復期から拡大期に移行との見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:08 | 株式投資ニュース

大真空が円安と「K氏」関連銘柄の思惑で戻り高値

 大真空<6962>(大1)は5日、続伸相場となって戻り高値を更新。10時30分にかけては334円(20円高)の現在高となった。為替が朝方から円安基調のため、電子製品向けの水晶デバイスなどを見直す動きがある。また、ここ活動活発化が言われている大物仕手筋「K氏」関連銘柄との観測もあり、年末の「モチつき相場」にピッタリとの期待もあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:36 | 株式投資ニュース

モンテカルロは急続伸、株式交換比率換算の理論価格に上値余地の思惑

 モンテカルロ<7569>(JQS・監理)は5日、28円高の85円まで上げて急続伸している。前週末2日大引け後にイエローハット<9882>(東1)とともに、株式交換による完全子会社化を発表、株式交換比率換算の理論価格に上値余地が計算できるとして思惑買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは急反発、11月月次既存店売上高が前年並みをキープ

ユニクロ ファーストリテイリング<9983>(東1)は5日、580円高の1万3070円まで上げてと急反発している。前週末2日大引け後に発表した今年11月の国内ユニクロ事業の売上推移速報で、月次既存店売上高が、ほぼ前年同月並みをキープしたことを手掛かりにディフェンシブ関連の主力株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:26 | 株式投資ニュース

クックパッドは4連騰、市場変更と2Q累計業績上ぶれて着地を好感

 クックパッド<2193>(東マ)は5日、95円高の1889円まで上げて4営業日続伸している。前週末2日大引け後に今4月期第2四半期(2Q)累計決算の開示とともに、東京証券取引所から12月15日付けで東証第1部か東証第2部への市場変更が承認された。同時に市場変更に際した海外株式売出しを発表、株式売出しによる需給悪化と綱引きとなったが、2Q累計業績が、期初予想を上ぶれて着地したことも加わり、市場変更をポジティブに評価して買い増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:18 | 株式投資ニュース

セイコーエプソンはタイ洪水によるプリンタ需要に冷静で小動き

 セイコーエプソン<6724>(東1)は5日、一進一退の始まりとなり、1088円(6円高)で寄ったあとは1072円(10円安)から1080円(2円安)前後で推移。家電量販店でプリンタの品ぞろえがタイの洪水被害によって混乱し、キヤノン<7751>(東1)製品の品不足によってセイコーエプソン製に客が流れていると今朝、一部で伝えられたものの、株価は反応薄。むしろキヤノンが一時3470円(35円高)と堅調に推移している。一過性として冷静な動きが多いようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース

オリンパスは第三者委の調査進み過度な不安が薄れる形で堅調

 オリンパス<7733>(東1)は5日、堅調な始まりとなり、1090円(23円高)で寄ったあと1095円(28円高)。売買代金は15位前後。損失隠しに関する第三者委員会の調査が進み、損失の「飛ばし」が始まったのは1998年度からと各メディアで伝えられ、過度な不安が次第に薄れる形で買い安心感が出ている。直近の戻り高値は11月25日の1276円。テクニカル的には、当面、これをめざす相場との見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース

イエローハットがモンテカルロの完全子会社化を材料に高い

イエローハット カー用品の大手・イエローハット<9882>(東1)は5日、反発の始まりとなり、1298円(6円高)で寄ったあと1301円と堅調。前週末売買日の2日の大引け後、同業のモンテカルロ<7569>(JQS)を2012年3月1日付で完全子会社化すると発表したことが好感されている。株式交換比率は、モンテカルロの普通株式1株に対してイエローハットの普通株式0.05株を割り当てる。モンテカルロの株式は、12年2月24日を売買最終日とし、27日付で上場廃止の予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 株式投資ニュース
2011年12月04日

【話題株】富士フイルムHDは新配当政策観測報道を歓迎して続急伸

話題株 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)は2日、25円高の1894円と続伸した。きょう2日付けの日本経済新聞で、同社の配当政策の変更が観測報道され、現金配当を重視するとされたことを歓迎し下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。

 報道によると、同社の配当政策は、これまで配当と自己株式取得を含めた総配分性向25%以上を目標としていたが、現金による割合を明確にして、配当性向25%以上とする目標を新設定する。

 今3月期純利益は、10月に540億円(前期比15%減)へ下方修正され、配当性向は33%となるが、2014年3月期の純利益は、1000億円前後に拡大する可能性があり、配当性向25%を基準とすると年間配当は50円近く(今期予想35円)に増配されると観測された。

 株価は、今期第1四半期の2ケタ減益業績に円高進行、世界同時株安が重なって年初来安値1659円まで調整、ミラーレスデジカメ投入期待でリバウンドしたものの、今期業績の下方修正で再度、1662円まで売られて底上げをしてきた。PBRは0.5倍となお下げ過ぎを示唆しており、一段の戻りを試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:40 | 株式投資ニュース
2011年12月03日

【上方修正株】テンポスは業績上方修正で連続最高純利益を伸ばし高値更新

上方修正銘柄 テンポスバスターズ<2751>(JQS)は2日、1万2700円高の11万5700円まで上げて3100円高の10万6100円と続伸し、11月22日につけた年初来高値11万5500円を更新した。1日大引け後に今4月期第2四半期累計・4月通期業績の上方修正を発表、連続過去最高純利益更新の更新幅を伸ばすことが内需関連の割安修正買いを拡大させた。

 業績修正のうち4月通期業績は、売り上げを期初予想の据え置きとしたが、経常利益を1億4000万円、純利益を1億6000万円それぞれ引き上げ、純利益は、6億5000万円(前期比72%増)と連続増益率を伸ばし前期の過去最高を大きく更新する。飲食店向け機器販売事業で「中古2倍」が計画を超えて推移し、リサイクル品を軸にした店舗厨房一式案件の受注が増加、安価な輸入品のイス、テーブルの販売も計画を上回り、飲食事業の連結子会社あさくまの業績も計画超となったことが上方修正要因となった。

 株価は、今期第1四半期の好決算を評価して年初来高値まで9割高して、半値押し目前まで調整したあと出直ってきたところである。PER6倍台の割安修正で上値追いが加速しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:11 | 株式投資ニュース