[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/01)ディー・エヌ・エーが横浜ベイスターズ「承認」を発表−−引け後のリリース
記事一覧 (12/01)クミアイ化学工業が農薬好調で集計中の10月決算予想大幅増額
記事一覧 (12/01)ウェブクルーは高値もちあい相場の中で自己株を4割強消却
記事一覧 (12/01)【話題株】大阪有機化学工業は一転した業績下方修正を東証1部指定替えを発表
記事一覧 (12/01)メガネトップは既存店好調で11カ月連続の増加
記事一覧 (12/01)スタートトゥデイは「ゾゾタウン」好調と伝えられ戻り高値
記事一覧 (12/01)【話題株】東芝は米国の「原発再開」に期待ありフシ目突破を注視
記事一覧 (12/01)大正製薬HLDはシティグループ証券の目標株価を気にし反落
記事一覧 (12/01)トヨタ自動車が独BMWグループと提携し電池・ディーゼルエンジンなど強化
記事一覧 (12/01)新日本理化は連日高値のあと一時急落し「陰」の一面みせる
記事一覧 (12/01)大真空は前日24円高、今日も38円高、商い増加、師走人気か
記事一覧 (12/01)ガイアHDはもみ合いも最安値水準で株式分割権利取りが続く
記事一覧 (12/01)日本駐車場開発は1Q増益転換業績に自己株式取得がオンして急反発
記事一覧 (12/01)ユビキタスは自己株式取得を追撃材料に5連騰
記事一覧 (12/01)菱洋エレクトロは売り上げ下方修正と自己株式取得が綱引きし急反発
記事一覧 (12/01)トリケミカル研究所は3Q好決算も利益確定売りが先行し急続落
記事一覧 (12/01)ACCESSは3Q業績の経常赤字転落を嫌い続落
記事一覧 (12/01)ファナックは中国の金融緩和を好感し後場もジリ高
記事一覧 (12/01)大阪有機化学工業は一転した業績下方修正を東証1部指定替えでカバーして3連騰
記事一覧 (12/01)ツルハHDは11月月次売上高連続プラスも利益確定売りが交錯しもみ合う
2011年12月01日

ディー・エヌ・エーが横浜ベイスターズ「承認」を発表−−引け後のリリース

■「必要な条件が全て整った」

引け後のリリース、明日の1本 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は1日の18時、「横浜ベイスターズの株式取得の承認のお知らせ」を発表。東京放送ホールディングス<9401>(東1)グループからプロ野球(株)横浜ベイスターズの株式の一部(870000株・議決権割合66.92%)を取得する件について、本日開催の日本プロフェッショナル野球組織のオーナー会議で承認され、これをもち、本件株式取得に必要な条件が全て整ったと宣言した。株式取得の実行日は2011年12月2日を予定する。

■グリーの訴訟問題残るが韓国企業の東証上場には期待も

 ディー・エヌ・エーの株価は、8月の4330円を高値に軟調相場を継続し、11月22日に2104円まで下げた。1日の終値は2330円(27円安)。手控え材料としては、公正取引委員会が6月、「競争者に対する取引妨害」で排除措置命令を出したことに関連し、11月21日にグリー<3632>(東1)KDDI<9433>(東1)とともに東京地方裁判所に訴えたと発表。共同で損害賠償請求額10億5000万円以上としたことがある。ただ、株価は、2000円に近づき、ひとまず下げ渋る雰囲気が出ている。

 12月14日には、韓国の交流ゲーム運営企業・ネクソン社が東証に新規上場するため、これを意識する相場に期待する見方もある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:17 | 株式投資ニュース

クミアイ化学工業が農薬好調で集計中の10月決算予想大幅増額

■前10月期の配当も増額修正

 農薬の大手クミアイ化学工業<4996>(東1)は1日の大引け後、業績予想の増額修正と2011年10月期末配当の予想増額を発表した。10月期末配当は従来予想の3円を5円に増額する。前期実績は3円だった。

 業績予想の増額修正は、集計中の2011年10月期の決算予想を、連結売上高は従来予想の391億円から420億円(前期実績は約383億円)に、純利益は9億円から13億円(同12.9億円)に見直した。国内では、新たに上市した自社開発剤を含む独自製品の拡大をはじめ、水稲、園芸分野とも前年実績を上回った。国外では、円高傾向の中、棉用除草剤「ステイプル」や直播水稲用除草剤「ノミニー」の販売が順調に伸びたことに加え、オーストラリアで登録を取得した畑作用除草剤「ピロキサスルホン剤」のオーストラリア向け出荷が始まり、売上増加に寄与した。

 株価は11月18日の249円を直近の安値に出直り基調となっており、1日に275円(14円高)まで上げて戻り高値を更新、終値もこの高値だった。10月決算は過去3年は12月15、16、17日に発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:56 | 株式投資ニュース

ウェブクルーは高値もちあい相場の中で自己株を4割強消却

■発行株数の43.32%消却を発表

 保険の比較サイトを運営するウェブクルー<8767>(東マ)は1日の大引け後、5月から11月まで実施してきた自己株の取得が合計38万2700株(自己株を除く発行済み株式総数の3.89%)に達したと発表。また、12月20日付けで保有自己株751万7900株消却すると発表した(消却前の発行済み株式総数の43.32%)。発行済み株式数を4割強、絞り込むことになり、大幅な株式価値の向上につながる。

 株価は9月中旬からジリ高基調になり、11月29日に635円まで上昇した。1日の終値は620円(5円高)で、。株式価値の大幅な向上をどこまで評価する相場になるか注目されている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:35 | 株式投資ニュース

【話題株】大阪有機化学工業は一転した業績下方修正を東証1部指定替えを発表

話題株 大阪有機化学工業<4187>(大2)は1日、31円高の381円と3日続伸した。11月30日大引け後に2011年11月期業績の一転した下方修正と東京証券取引所からの12月7日付けの東証第1部指定替え承認を発表、指定替えに際して新株式発行などの希薄化材料を伴わないことから、株価指数連動型のファンドなどの買い増し思惑を高めて業績減額をカバーし買い増勢となった。

 11月期業績は、今年7月の上方修正値を下方修正、売り上げを8億7500万円、経常利益を2億5000万円、純利益を2億7700万円それぞれダウンさせ、純利益は、8億3800万円(前期比33%減)と減益転換率を悪化させる。液晶パネル関連業界の需要低迷や円高の影響などから一転して下方修正した。

 株価は、7月の上方修正にもかかわらず調整ペースで推移し、第3四半期業績の2ケタ減益・低利益率業績を嫌って年初来安値324円まで売られ、底値もみ合いを続けてきた。需給好転思惑でPER10倍台、PBR0.4倍の下げ過ぎ訂正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:30 | 株式投資ニュース

メガネトップは既存店好調で11カ月連続の増加

■期初からの累計は15.2%増

 メガネトップ<7541>(東1)は1日の大引け後、11月の月次売上げ状況を発表。既存店の売上高は前年同月比6.7%増加し、2011年1月の同1.1%増から11カ月連続の増加となった。11月までの累計実績は前年同期比15.2%増。通期計画の12.7%増を依然、上回っている。

 株価は9月の691円を下値に再騰相場に入り、11月初には989円まで上昇。以後、微調整のなか、1日の終値は937円(8円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:17 | 株式投資ニュース

スタートトゥデイは「ゾゾタウン」好調と伝えられ戻り高値

■ネット通販の試着できない弱みくつがえす

 ファッション衣料ネット通販のスタートトゥデイ<3092>(東マ)は1日、大幅続伸となり、後場1610円(160円高)まで上げて終値も1590円(140円高)。通販サイト「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)について、衣料品のネット通販は試着できないなどで成功しないという常識を覆して好調と今朝の日本経済新聞が伝えたことが材料になった。株価は、直近の安値1254円(11月10日)を下値としたジリ高基調の相場から一段高相場になり、戻り高値を更新。10月中下旬に1700円から1600円のゾーンでもみ合ったことがあり、この水準で買った投資家の戻り売りをこなす強さがあった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:01 | 株式投資ニュース

【話題株】東芝は米国の「原発再開」に期待ありフシ目突破を注視

■戻り高値を更新し直近高値と大台を意識

話題株 東芝<6502>(東1)は1日、終値が354円(7円高)となり堅調・反発。11月17日の308円を下値とする出直り相場で高値を更新した。本日は材料が豊富で、NY株の急騰490ドル高に加え、半導体製造拠点の再編が伝えられ、午後は、米国の新設原子力発電所用に復水器を出荷したとの発表が伝えられた。

 米国の原子力発電所は、1979年のスリーマイル島の原発事故後、原発の建設を凍結。これが今年から再開となり、受注拡大に期待が広がった。

 ただ、値動きをみると、1日は、朝寄り値の359円(12円高)が本日の高値。しかも、約1カ月ぶりになる360円の大台回復に1円届かず、戻り高値とはいえ、モノ足りなさを残す相場になった。テクニカル的には、直近の高値370円(10月28日)が当面の上値メドとされるため、上値を追う勢いは、これを意識して鈍化した可能性もある。この高値や360円の大台は、いわゆるフシ目に当たり、抜けないようだと、いったんは反落して出直す必要があるとみられている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | 株式投資ニュース

大正製薬HLDはシティグループ証券の目標株価を気にし反落

 大正製薬ホールディングス<4581>(東1)は1日、伸び切れない相場となり、前場の5380円(190円高)を高値に一進一退。終値は5070円(120円安)で反落となった。マイナス材料としては、シティグループ証券が目標株価を8500円から7500円に引き下げたと伝えられたことがあり、NY株の急騰を受けた朝方の全面高相場が一巡したあとは手控え感が漂った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車が独BMWグループと提携し電池・ディーゼルエンジンなど強化

■環境技術を中心とする分野で協力

 トヨタ自動車<7203>(東1)は1日の16時、独の自動車大手BMWグループとの提携を発表し、環境技術における中長期的な協力関係の構築に合意したと開示した。

 発表によると、協力関係の構築に向けた覚書では、環境対応のコアとなる次世代リチウムイオンバッテリー技術に関する共同研究を開始。また、2014年から欧州市場向けに販売予定のトヨタ車に搭載する排気量1.6および2.0リットルのディーゼルエンジンの供給を受け、燃費性能に優れ、CO2排出量の少ないディーゼルエンジン搭載車のラインナップの充実、販売拡大・強化を図る。

 トヨタ自動車の株価は、朝方2595円(86円高)まで上げたあと高値圏で一進一退となり、午後、この提携に関する会見を16時にセットと伝えられても動意薄のまま、終値は2567円(58円高)となった。直近の安値は11月24日の2330円で、ここからは持ち直す動きを強めている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:43 | 株式投資ニュース

新日本理化は連日高値のあと一時急落し「陰」の一面みせる

 新日本理化<4406>(大1)は1日も上値を追う相場となり、後場878円(28円高)まで上げ、3日続けて高値を更新。10月下旬までの300円弱の水準からは3倍に迫る大幅高になった。大物仕手筋の本尊「K氏」銘柄との見方が広がっており、一説、5倍6倍をめざすとの観測もある。ただ本日は、大証の取引終了時間である15時10分に向けて、15時を過ぎてから乱高下。一時820円(30円安)まで急激に値を消したあと874円(24円高)と切り返し、笑顔の陰に潜む一面を見せ付ける場面があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:14 | 株式投資ニュース

大真空は前日24円高、今日も38円高、商い増加、師走人気か

 師走相場らしく大真空<6962>(大1)は、38円高の301円と前日の24円高に続いて買われている。前日は10月17日以来の300円台に乗せていた。とくに、前日の出来高は2010年11月11日の178株を大きく上回り、記録の取れる2009年以降では最高。今日の商いもも前日を上回るペーズ。2月の年初来高値507円からツレベ落としの下げに見舞われ10月には218円まで下げていた。

 とくに、注目すべきは、この下げ過程で「信用買残」が大膨張していたこと。「明らかに筋らしき買いが入っていた。師走相場ということで、今がチャンスとばかりに仕掛けてきたのだろう」(中堅証券)。ただ、今3月期業績については「未定」。どこに注目した動きなのかも分からない。はっきりしていることは出来高が増えているということである。空売り残はほとんどない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:08 | 株式投資ニュース

ガイアHDはもみ合いも最安値水準で株式分割権利取りが続く

 ガイアホールディングス<3727>(東マ)は1日、前場1000円高の4万3500円と3日ぶりに急反発し、後場は、反発幅を縮め前日終値近辺でのもみ合いと変わっている。ただ11月24日につけた上場来安値4万600円を前にする安値水準では、権利付き最終日の12月14日を前に株式分割の権利を取る買い物も這わされており、12月20日付けでジー・モード<2333>(JQS・整理)を株式交換で完全子会社化することも、スマートフォン関連の思惑を高めて下げ過ぎ訂正の期待材料となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:51 | 株式投資ニュース

日本駐車場開発は1Q増益転換業績に自己株式取得がオンして急反発

 日本駐車場開発<2353>(東1)は1日、90円高の3585円まで上げて急反発している。前日11月30日大引け後に今7月期第1四半期(1Q)決算と自己株式取得を発表、1Q業績が増収・経常増益転換したことが、割安修正買いを再燃させている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース

ユビキタスは自己株式取得を追撃材料に5連騰

 ユビキタス<3858>(JQS)は1日、9400円高の9万5400円まで上げて5営業日続伸している。前日11月30日大引け後に自己株式取得を発表、11月4日の今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正や、任天堂<7974>(大1)のゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売拡大に続く追撃材料となって下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:43 | 株式投資ニュース

菱洋エレクトロは売り上げ下方修正と自己株式取得が綱引きし急反発

 菱洋エレクトロ<8068>(東1)は1日、66円高の777円と急反発し、3月15日につけた年初来安値680円を目前とする安値水準から底上げしている。前日11月30日大引け後に今1月期第3四半期(3Q)決算の開示と同時に、1月通期売り上げの下方修正と自己株式取得を発表、好悪材料の綱引きとなったが、自己株式取得をポジティブに評価して下げ過ぎ訂正買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:36 | 株式投資ニュース

トリケミカル研究所は3Q好決算も利益確定売りが先行し急続落

 トリケミカル研究所<4369>(JQS)は1日、44円安の343円まで下げて3日続落している。前日11月30日大引け後に今1月期第3四半期(3Q)業績が、大きく続伸するとともに、期初予想の1月通期業績に対して高利益進捗率を示したが、1月通期業績を期初予想の据え置きとしたことから、利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース

ACCESSは3Q業績の経常赤字転落を嫌い続落

 ACCESS<4813>(東マ)は1日、1550円安の3万7750円まで下げて3日続落し、今年11月22日につけた上場来安値3万4600円を意識している。前日11月30日大引け後に今1月期第3四半期(3Q)決算を発表、経常利益が赤字転落するなど悪化したことを嫌って売り増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:19 | 株式投資ニュース

ファナックは中国の金融緩和を好感し後場もジリ高

 ファナック<6954>(東1)は1日の後場もジリ高基調となり、1万3140円(870円高)をつけたあとも堅調。中国景気に敏感な業態・銘柄として、中国が3年ぶりに預金準備率の引き下げを発表と伝えられたことを好感。11月8日以来の1万3000円台回復となった。株価は10月上中旬に戻したあと、下旬からはもみ合い相場となっており、もみ合い相場での高値1万3380円(10月28日)に迫った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:17 | 株式投資ニュース

大阪有機化学工業は一転した業績下方修正を東証1部指定替えでカバーして3連騰

 大阪有機化学工業<4187>(大2)は1日、33円高の383円まで買い上げられ3日続伸している。前日11月30日大引け後に2011年11月期業績の一転した下方修正と東京証券取引所からの12月7日付けの東証第1部指定替え承認を発表、指定替えに際して新株式発行などの希薄化材料を伴わないことから、株価指数連動型のファンドなどの買い増し思惑を高めて業績減額をカバーし買い増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:11 | 株式投資ニュース

ツルハHDは11月月次売上高連続プラスも利益確定売りが交錯しもみ合う

 ツルハホールディングス<3391>(東1)は1日、20円高の4040円と3日続伸して寄り付いたあと、45円安と下ぶれるなど前日終値を挟んでもみ合っている。前日11月30日大引け後に今年11月の月次営業速報を発表、売上高が連続してプラスをキープして内需関連の割安株買いが増勢となったが、フシ目の4000円台で利益確定売りも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:04 | 株式投資ニュース