[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/21)スカイマークはスターフライヤーの公開価格決定にかけ堅調の期待
記事一覧 (11/21)【話題株】Drシーラボは1Q最高営業益報道を受け割安株買いが再燃し急反発
記事一覧 (11/21)オリンパスは朝方に続き大引けもストップ高
記事一覧 (11/21)きちりは後場ストップ高、タニタと業務提携で「メタボ」関連人気
記事一覧 (11/21)シャープは投信の買い期待と信用売りの買い戻しなどで戻り高値
記事一覧 (11/21)イエローハットは冬用タイヤの需要期入りで最高純益を再評価し連日の高値
記事一覧 (11/21)マルカキカイは連日の高値、業績増額・増配を洪水復興特需思惑が支援
記事一覧 (11/21)大東建託は前日まで4日続落し直近安値に接近し反発機運
記事一覧 (11/21)学研HDは市進HDと提携も利益確定売り先行がし急続落
記事一覧 (11/21)スズキは提携解除通知・自己株式取得もVWの拒否姿勢変わらず続急落
記事一覧 (11/21)ディー・エヌ・エーは球団買収の話題が埋没し後場も軟調
記事一覧 (11/21)オーイズミが「カジノ」人気の再燃に乗り一時値上がり率2位
記事一覧 (11/21)八洲電機は東証1部上場指定替え承認と公募増資が綱引きし小動き
記事一覧 (11/21)トープラはニッパツと株式交換で換算比率思惑高めて急続伸
記事一覧 (11/21)PER割安も効果なく富士重工業新安値、400円キープも微妙に
記事一覧 (11/21)トヨタ自動車は安値更新のまま前引け30分延長で疲労感も
記事一覧 (11/21)フジコピアン続伸、大証2部唯一の新高値、07年以来の200円も
記事一覧 (11/21)東京海上ホールディングスは通期業績も下方修正、市場予想を下回り続落
記事一覧 (11/21)ドクターシーラボは1Q最高営業益報道を受け割安株買いが再燃し急反発
記事一覧 (11/21)オリンパスが一時ストップ高!需給拮抗し好悪材料に過敏
2011年11月21日

スカイマークはスターフライヤーの公開価格決定にかけ堅調の期待

■「露払い」的に先導との予想が

 スカイマーク<9204>(東マ)は21日、反発相場になり、前場1041円(28円高)まで上げたあとも1030円(17円高)台で堅調に推移し、終値は1035円(22円高)。格安航空会社のスターフライヤーが12月21日、東証2部に上場するため、関連人気の盛り上がりの波及を期待する相場になった。スターフライヤーの公開価格決定日は12月12日。この日に向けて「露払い」的に先導高するとの期待があった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 株式投資ニュース

【話題株】Drシーラボは1Q最高営業益報道を受け割安株買いが再燃し急反発

話題株 ドクターシーラボ(Drシーラボ)<4924>(東1)は21日、3万3000円高の42万2500円と変わらずを挟んで3営業日ぶりに急反発した。

 11月19日付けの日本経済新聞で、同社の2011年8〜9月期(1Q)の営業利益が、1Qとして過去最高を更新したと観測報道されたことを受けて割安ディフェンシブ株買いが再燃した。

 報道では、同社の1Q業績は、売り上げが、増量コラーゲンゲルの販売キャンペーンを昨年は10月から実施していたのを11月からに変更して伸び悩んだが、埼玉県内の新規出店や定番商品の販売強化でカバーして前年同期比5%増の80億円程度を確保し、営業利益は、中高年向けスキンケア商品などの通信販売の好調な推移やコスト削減が寄与して同3%増の約20億円と続伸、過去最高を更新したとされた。

 第2四半期累計(8月〜2012年1月)業績は当面、期初予想を据え置き、売り上げは前年同期比13%増の197億円、営業利益は同6%増の54億円になると観測した。

 株価は、9月に発表した今7月期業績を連続の過去最高更新と予想して市場コンセンサスを上回ったことをテコに年初来高値52万6000円まで6万円高し、全般波乱相場の波及で倍返しの調整となり、40万円台を固めていた。PER15倍台の割安ディフェンシブ株としてリバウンド幅を拡大しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:11 | 株式投資ニュース

オリンパスは朝方に続き大引けもストップ高

 オリンパス<7733>(東1)は大引けにかけて再び買い優勢となり、終値はストップ高の725円(100円高)。朝方に続きストップ高となり、前週末比では急反発の相場になった。後場は、ウッドフォード元社長の復帰を求める署名活動を展開している元役員の宮田耕治氏が一般株主にも協力を呼びかける体制を整えることを明らかにした、と日本経済新聞系の速報ニュースで伝えられ、買い材料視する動きが増加。信用倍率が0.7倍前後になり、売り・買い拮抗状態のため、少しの材料でも大きく振れやすいという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | 株式投資ニュース

きちりは後場ストップ高、タニタと業務提携で「メタボ」関連人気

 きちり<3082>(JQG)は21日、3万円高の14万3000円とストップ高している。3営業日の続伸で、9月20日につけた年初来高値14万2000円を更新している。きょう21日前場取引時間中の10時30分に体重計・体脂肪計メーカーのタニタ(東京都板橋区)との業務提携と新タイプのレストランの出店を発表、「メタボ」関連人気を高めて内需割安買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:52 | 株式投資ニュース

シャープは投信の買い期待と信用売りの買い戻しなどで戻り高値

 シャープ<6753>(東1)は21日の後場も一段ジリ高となり、775円(23円高)まで上げて戻り高値の更新幅を拡大した。ボーナス時期を狙って12月に募集設定される投資信託の組み入れ需要に期待があるよう模様。また、株価が前週後半から高値圏で強い動きを続けている中で、信用売り残が買い残を上回る規模に膨れているため、買い戻しが広がると少なからず株価を押し上げるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:42 | 株式投資ニュース

イエローハットは冬用タイヤの需要期入りで最高純益を再評価し連日の高値

 イエローハット<9882>(東1)は21日、103円高の1309円と3日続伸し、連日の年初来高値更新となっている。寒気の強まりとともに積雪情報が伝えられたことからスノータイヤなどの冬用タイヤの販売増思惑が高まっており、すでに2回上方修正され、連続して過去最高純利益を更新する今3月期の好業績や期末配当の増配を見直し割安修正買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:37 | 株式投資ニュース

マルカキカイは連日の高値、業績増額・増配を洪水復興特需思惑が支援

 マルカキカイ<7594>(東1)は21日、37円高の742円まで上げて変わらずを含めて4営業日続伸し、連日の年初来高値更新となっている。11月17日に発表した2011年11月期業績の上方修正や期末配当の増配にタイの大規模洪水に伴う工作機械の復旧特需思惑が加わり、割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:22 | 株式投資ニュース

大東建託は前日まで4日続落し直近安値に接近し反発機運

 大東建託<1878>(東1)は21日の後場も堅調相場を続け、14時を回っては6710円(140円高)前後で推移。前売買日までの4日続落から急反発の相場になった。この4日続落では、7000円前後から18日の6520円まで500円強の下落。これで直近の安値6470円(8月9日)に迫ったため、テクニカル的にも、いったんは反発との機運が芽生えたようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:09 | 株式投資ニュース

学研HDは市進HDと提携も利益確定売り先行がし急続落

 学研ホールディングス<9470>(東1)は21日、6円安の151円まで下げて急続落している。前週末18日大引け後に市進ホールディングス<4645>(JQS)との業務・資本提携を発表したが、11月4日に開示した前9月期業績の一転した上方修正で161円まで買い進まれていただけに反応は限定的で利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:59 | 株式投資ニュース

スズキは提携解除通知・自己株式取得もVWの拒否姿勢変わらず続急落

 スズキ<7269>(東1)は21日、42円安の1523円まで下げて続急落している。前週末18日大引け後に2009年12月の包括契約を調印したフォルクスワーゲンAG(VW)との業務・相互資本提携の解除をVWに通知するとともに、解除に備えた自己株式取得を発表したが、外電が、VW側の提携維持方針に変わりはないと伝えたことから、交渉の暗礁化・長期化を懸念して売り増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:55 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーは球団買収の話題が埋没し後場も軟調

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は21日の後場も軟調で、一時2454円(173円安)まで下落。プロ野球・横浜ベイスターズの買収に関する話題性が読売ジャイアンツの幹部の問題やソフトバンク<9984>(東1)のソフトバンクホークスの「日本一」に隠れて埋没してしまったとの見方で手控える様子がある。株価は、11月4日につけた2510円を割り安値を更新。ソフトバンクも2610円(19円安)前後で軟調なため、なおさら買い意欲がわかないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:40 | 株式投資ニュース

オーイズミが「カジノ」人気の再燃に乗り一時値上がり率2位

 オーイズミ<6428>(東1)は21日の後場も堅調な始まりとなり、寄りあとは290円(31円高)前後で推移。値上がり率は11%前後になり、東証1部の2〜3位となっている。民主党にカジノの設置に関するワーキングチームを設けると前週末に伝えられたことが材料になり、カジノ関連銘柄が動意づく中でも目立つ動きとなった。日本金銭機械<6418>(大1)も一時値上がり率6%の645円(35円高)と出直りを強める相場になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

八洲電機は東証1部上場指定替え承認と公募増資が綱引きし小動き

 八洲電機<3153>(東2)は21日、27円高の370円まで上げて4営業日続伸している。前週末18日大引け後に東京証券取引所から12月9日付けで東証第1部への指定替えを承認されたが、指定替えとともに指定替え記念増配と新株式発行・株式売出しを実施することも合わせて発表、公募増資による株主価値の希薄化懸念と綱引きして利益確定売りも交錯している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:21 | 株式投資ニュース

トープラはニッパツと株式交換で換算比率思惑高めて急続伸

 トープラ<5954>(大2・監理)は21日、寄り付きの買い気配から16円高の105円まで買い進まれて急続伸している。前週末18日大引け後の同社の親会社のニッパツ(日本発条)<5991>(東1)が、同社とニッパン(日発販売)<7563>(東2)を株式交換により完全子会社化すると発表、株式交換比率換算で上値が計算できると思惑が働き買い増勢となっている。なおニッパンも、換算思惑で31円高の241円まで上げて急伸している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:38 | 株式投資ニュース

PER割安も効果なく富士重工業新安値、400円キープも微妙に

 富士重工業<7270>(東1)は、22円安の406円と前週末の6円安を上回る下げとなって、10月4日の416円を切って年初来安値を更新。400円維持も危うくなってきた。一連の輸出株及び自動車株に引っ張られている。

 もっとも、同社の今3月期が、前期比6.4%減収、営業利益64.3%減益と、とくに大幅減益見通しにあることから、全般安相場に逆行して強張るだけの力はない。ただ、予想1株利益46.1円に対し、PERは9倍弱と、かなり割安水準になってきた。年9円配当に対する利回りも2.2%。

 「今のマーケットには割安株はゴロゴロしている。個別銘柄のことより、マーケット全体、もっと言えば、資本主義の重要性を政府が考えてくれないといけない」(中堅証券)。仮に、400円を割るようなことがあれば、2010年2月以来となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車は安値更新のまま前引け30分延長で疲労感も

 トヨタ自動車<7203>(東1)は21日の前場、安値更新となり、一時2376円(72円安)。タイの工場3ヵ所を本日から稼働再開としたものの、円相場が対ユーロで103円台に入る相場のため、いぜん手控え感が続いている。ドイツ証券が18日付けで目標株価を3950円から3850円に引き下げたと伝えられたことも影響。東証などでは、前引けの時間が本日から30分延長され、11時30分まで。株価が冴えないため、「早く終わってくれ」といった疲労感もあるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:29 | 株式投資ニュース

フジコピアン続伸、大証2部唯一の新高値、07年以来の200円も

 フジコピアン<7957>(大2)は、4円高の149円と小幅ながら7日続伸、年初来高値を更新。10時15分現在、大証2部において新高値は唯一。去る、11日に第3四半期(1〜9月)決算を発表。前年同期比2.3%減収、営業利益39.2%増益と、とくに利益が好調だった。

 新たな商品分野として取り組んできた機能性フィルム及び主力商品のバーコード用リボン、修正テープなどが好調。今12月期は従来予想通りで、前期比1.9%増収、営業利益4.5%増益、1株利益24.7円の見通し。配当は年4円の予定。高機能フィルムはスマートフォン向けに拡大が予想される。2007年8月以来となる200円も見込めそうだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 株式投資ニュース

東京海上ホールディングスは通期業績も下方修正、市場予想を下回り続落

 東京海上ホールディングス<8766>(東1)は、28円安の1786円まで下げて3営業日続落している。前週末18日大引け後に11月4日に下方修正した今3月期第2四半期(2Q)累計決算の開示と同時に、3月通期業績の下方修正を発表、市場コンセンサスを下回ったことからリスク回避売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:01 | 株式投資ニュース

ドクターシーラボは1Q最高営業益報道を受け割安株買いが再燃し急反発

 ドクターシーラボ<4924>(東1)は、15500円高の42万8000円まで上げて変わらずを挟んで3営業日ぶりに急反発している。11月19日付けの日本経済新聞で、同社の2011年8〜9月期(1Q)の営業利益が、1Qとして過去最高を更新したと観測報道されたことを受けて割安ディフェンシブ株買いが再燃している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース

オリンパスが一時ストップ高!需給拮抗し好悪材料に過敏

 オリンパス<7733>(東1)は21日、急反発となり、705円(80円高)で寄ったあと725円(100円高)と一時ストップ高まで上げる場面があった。前週末は、東京地検特捜部が近く菊川前社長などからも事情聴取の方針と伝えられた半面、海外の投資家団体が東証に上場維持を要望とも伝えられ、信用売り・買いの需給が拮抗するなか、少々の材料で大きく振れる相場になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース