[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/24)オリンパスは上場維持を材料に本日も買い戻し続き続伸
記事一覧 (01/24)レーザーテックは業績予想の増額を好感し戻り高値
記事一覧 (01/24)安川電機は第3四半期の決算好調で買い気配のスタート
記事一覧 (01/24)レーザーテック 第2四半期連結業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (01/23)【引け後のリリース】不動産のヒューリックが12月決算の見込みを増額修正
記事一覧 (01/23)ジーンズメイトは既存店の売り上げが次第に底上げ傾向
記事一覧 (01/23)【話題株】ローソンは売り方の買い戻し主導で高値奪回に挑戦へ
記事一覧 (01/23)アコーディア・ゴルフが太平洋クラブの再生支援スポンサーに
記事一覧 (01/23)オリンパスは大引け間際に株主集団訴訟と伝えられるが堅調
記事一覧 (01/23)ダイビルはサンケイビルの連日ストップ高に刺激され大幅続伸
記事一覧 (01/23)スターフライヤーが浮揚し4日ぶり3500円台を回復
記事一覧 (01/23)【上方修正株】フージャースは業績再上方修正で4期ぶり最高純益を伸ばし急反発
記事一覧 (01/23)グリーは売買代金2位の活況で5日ぶりの反発
記事一覧 (01/23)ディー・エヌ・エーは新ゲーム登録者数4日で100万人突破とされ急反発
記事一覧 (01/23)IHIが材料豊富で需給妙味あり5日続伸で戻り高値
記事一覧 (01/23)「K氏」関連株とされる虹技が値上がり率上位で高値を更新
記事一覧 (01/23)日立製作所はテレビの自社生産から撤退と伝わるが反応薄く小動き
記事一覧 (01/23)JSRは13時に第3四半期決算を発表し一時下押す
記事一覧 (01/23)グリーは堅調!昨年末から続落基調とあって基調転換に期待
記事一覧 (01/23)カシオ計算機が出直り強め1月4日以来の470円を回復
2012年01月24日

オリンパスは上場維持を材料に本日も買い戻し続き続伸

 オリンパス<7733>(東1)は24日、堅調続伸の始まりとなり、1310円(13円高)で寄ったあとは1293円(4円安)から1323円(26円高)と上値を試す動きになった。昨日に続き、株式上場の維持が決定したことを材料に、信用売りを買い戻す動きが続いているようだ。信用売り残が買い残の2倍に達しているため、買い戻しが広がった場合の株価押上げ効果は大きいとの思惑がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 株式投資ニュース

レーザーテックは業績予想の増額を好感し戻り高値

 半導体検査装置のレーザーテック<6920>(JQS)は24日、大幅続伸の始まりとなり、1137円(60円高)で寄ったあと1148円(71円高)と戻り高値を更新。昨日、第2四半期決算(7月〜12月)の業績予想を増額発表したことが好感され、1140円台回復は昨年7月以来となった。売上高は約17%増の48億9700万円、営業利益は同3倍の7億3400万円。6月通期の見通しは据え置いた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:14 | 株式投資ニュース

安川電機は第3四半期の決算好調で買い気配のスタート

 安川電機<6506>(東1)は24日、買い気配で始まったあと上値を追う相場になり、706円(20円高)で寄ったあとも704円前後で推移。昨日発表した第3四半期(4〜12月)の連結決算が好調で、経常利益が前年同月比約49%増の114億円、純利益が同61%増の69億円となったことを好感する始まりになった。700円台は、取引時間中としては12月12日以来。今3月期の純利益予想は、繰り延べ税金資産の都合で90億円を80億円に見直した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:06 | 株式投資ニュース

レーザーテック 第2四半期連結業績予想の上方修正を発表

■製品売上の一部前倒しと販管費の一部が下期にずれ込むため

 レーザーテック<6920>(JQS)は23日、今12年6月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表した。
 売上高は前回予想を2億97百万円上回る48億97百万円(前年同期比16.5%増)、営業利益は2億84百万円上回る7億34百万円(同2.99倍)、経常利益は2億36百万円上回る6億36百万円(同4.5倍)、純利益は1億74百万円上回る4億24百万円(同5.8倍)と大幅な上方修正により大幅増収増益を見込む。
 上方修正要因としては、売上高については、製品売上の一部前倒しがあり、利益に関しては、売上の増加にともなう粗利益の増加と、研究開発費をはじめとする販売費及び一般管理費の一部が第3四半期以降にずれたことによる。
 尚、通期連結業績予想は据え置いている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:43 | 株式投資ニュース
2012年01月23日

【引け後のリリース】不動産のヒューリックが12月決算の見込みを増額修正

■決算発表は2月2日を予定

引け後のリリース、明日の1本 オフィスビルなどの不動産業ヒューリック<3265>(東1)は23日の夕方、2011年12月期のの連結業績予想を全体に増額修正し、営業収益(売上高)は730億円から747億円(前期は約336億円)に、純利益は80億円から93億円(同116億円)に増額した。また、配当予想は年間で10円から11円(同9円)に増額した。

 テナントには、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)などの大手が多く、高齢者住宅などにも展開する不動産会社。発表では、関係会社の売上増、経費減などが寄与し、税制改正の影響および保有有価証券の減損見込みなどが明らかになってきたため、とした。12月決算の発表は2月2日を予定。

 株価は11月の782円を下値に持ち直す相場を形成し、12月に3945円まで上昇。23日の終値は3日続伸となり916円(18円高)だった。昨年8月以降は、上値が950円から960円で抑えられており、このゾーン突破に挑戦する動きが注目される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:15 | 株式投資ニュース

ジーンズメイトは既存店の売り上げが次第に底上げ傾向

■1月は前年同月の90%

 ジーンズメイト<7448>(東1)は23日の夕方、1月の月次動向(毎月20日締め)を発表。1月の既存店売上高は前年同月の90.1%となり、前月の96.8%に続いて9割台を確保した。今期に入り9割台に乗った月は7月・10月・12月・1月となり、次第に底上げ傾向の様子になった。全店の1月売上高は同86.9%だった。ワークパンツを中心としたメンズボトムスやシャツやカーディガンなどは堅調に推移。

 株価は昨年9月以降、165円前後で下げ止まる相場を続けており、直近の安値は1月12日の171円。23日の終値は前日比変わらずの186円。2月決算の発表は例年3月下旬か4月初になっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:50 | 株式投資ニュース

【話題株】ローソンは売り方の買い戻し主導で高値奪回に挑戦へ

話題株 ローソン<2651>(東1)は23日、45円高の4535円まで上げてが後場は値を下げてもみ合い、終値は変わらずだった。前週末20日大引け後にシー・ヴイ・エス・ベイエリア<CVSベイ、2687>(東1)が、同社とのコンビニエンス・ストアのフランチャイズ・チェーン(FC)契約締結の合意を発表した。

 CVSベイは、サークルKサンクス<3337>(東1)と締結していたFC契約が、今年2月末に15年間の契約期間満了となることから、「サンクス」ブランドの店舗運営を終了、昨年12月29日にローソンとの契約交渉を発表し、ローソンの株価は、昨年来高値4895円まで200円幅超の急伸を演じた。

 ローソンの今2月期業績も、昨年9月に上方修正され、純利益は、東日本大震災関連の特別損失計上をカバーして前期の過去最高からの減益転換率を縮小するなど順調に推移し、配当も180円(前期実績170円)に増配する。

 株価は、高値から400円幅の調整となっているが、PERは19倍と割高なものの、信用取組は売り長で逆日歩がつく好需給となっている。売り方の買い戻し主導で高値奪回に挑戦しよう。なお、CVSベイは、7円高の168円と3営業日続伸したが、1円安と反落した。

【特集】
・「小売(総合スーパー・大手コンビニ)関連」業績は好調で株価は堅調

【総合スーパー・大手コンビニの銘柄診断】
・セブン&アイは中国で順調に店舗展開を進める
・ファミリーマートは海外展開で20年度に4万店舗目指す
・ミニストップはデイリー商品の品揃え強化が寄与
・イオンは1業態1ブランド化や中国・アセアン市場シフトへ
・ユニーは5年間で300店舗の展開を目指す
・サークルKサンクスは業態・店舗網の再構築がポイント
・ローソンは中国での店舗展開の加速がポイント
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:44 | 株式投資ニュース

アコーディア・ゴルフが太平洋クラブの再生支援スポンサーに

■東急不動産と共同運営の方向で協議

 アコーディア・ゴルフ<2131>(東1)は23日の夕方、ゴルフ場運営の太平洋クラブとその子会社7社を支援するスポンサーに就任すると発表した。太平洋クラブとその子会社6社が同日、民事再生手続きの開始申し立てを行なったことにともなうもの。

 太平洋クラブは、伝統ある国内男子プロゴルフトーナメントである「三井住友VISA太平洋クラブマスターズ」の開催場である「太平洋クラブ御殿場コース」をはじめ、国内でゴルフ場18コースを運営するゴルフ場運営会社。再生支援では、太平洋クラブと事業提携契約を締結している東急不動産<8815>(東1)との共同運営について協議し、ブランドを尊重しつつコースグレードの維持を図り、アコーディア・ゴルフグループの運営ノウハウの導入により、収益面、利益面においても改善を行う予定、とした。

 アコーディア・ゴルフの株価は12月初の5万8000円前後から軟調に推移し、今年初は5万3800円まで下げたあと5万5000円どころで推移。23日の終値は5万4600円(200円高)だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:29 | 株式投資ニュース

オリンパスは大引け間際に株主集団訴訟と伝えられるが堅調

■株価は上場維持を好感し活況高

 オリンパス<7733>(東1)の株主が損失隠し事件の株価下落で損害を被ったとして、本日23日午後にも、会社側に賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こすとロイター通信が同日午後、大引け間際に伝えた。大阪弁護士会所属の弁護士らで構成するオリンパス株主の弁護団が、金融商品取引法に基づく株主訴訟を行うもので、賠償請求額は合計で2億円強となる見込みという。

 本日の株価は堅調で、東京証券取引所が30日の夕方に同社株の上場維持を発表したことを好感し、朝方1314円(115円高)まで上げた後も強含みで売買をこなし、終値は1297円(98円高)。東証1部の売買代金1位・出来高17位の活況になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:12 | 株式投資ニュース

ダイビルはサンケイビルの連日ストップ高に刺激され大幅続伸

■親子上場の子銘柄という点も思惑視

 ダイビル<8806>(大1)は23日、大幅続伸となり直近の出直り高値を更新。前場525円(26円高・大証の値段)まで上げ、終値も521円(同)となった。6日続伸。フジサンケイグループがグループ企業によるサンケイビル<8809>(東1)の公開買付を19日に発表し、サンケイビルの買付価格が直前株価の約2.5倍の740円と大幅なプレミアム価格になったことを思惑視する相場になった。また、ダイビルの大株主は商船三井<9104>(東1)になり、いわゆる親子上場の子銘柄という点でも共通性があると思惑視する相場のようだ。サンケイビルは2日続けてストップ高。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:54 | 株式投資ニュース

スターフライヤーが浮揚し4日ぶり3500円台を回復

■競争激化の懸念あるが「ハイブリッドLCC」に期待

 「ハイブリッドLCC(格安航空)」を掲げるスターフライヤー<9206>(東2)は23日、続伸となり、前場3590円(190円高)まで上げ、終値も3520円(120円高)。1月19日、20日につけた上場来の安値3260円からは浮揚し、4日ぶりに3500円台を回する相場になった。

 12月21日に新規上場。7月には国際線の「九州〜釜山」線を計画。中国のLCC春秋航空の「上海〜佐賀」定期チャーター便の1番機が1月18日に到着と伝えられた時には、漠然と競争激化の懸念が高まる場面もあった。ただ、当面の競争相手は国内便のため、大手航空会社なみのサービスを残した割安運賃というハイブリッド性の強みに期待する投資家は少なくないようだ。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:37 | 株式投資ニュース

【上方修正株】フージャースは業績再上方修正で4期ぶり最高純益を伸ばし急反発

上方修正銘柄 フージャースコーポレーション<8907>(東1)は23日、6850円高の3万9950円まで上げて4300円高の3万7400円と急反発した。前週末20日大引け後に昨年9月に続いて今3月期業績の再上方修正を発表、4期ぶり過去最高純益更新の更新幅を拡大することが超割安株買いを再燃させた。前週末にサンケイビル<8809>(東1・監理)への株式公開買い付けをキッカケに不動産株が軒並み高となったこともフォローした。

 3月期業績は、9月増額値より売り上げを3億円、経常利益、純利益を各11億円引き上げ、純利益は、46億5000万円(前期比76%増)と続伸し、2008年3月期の過去最高(32億200万円)を大幅更新する。売り上げは、適正価格での販売が続いて上ぶれ、販売経費を圧縮、今期引渡物件の原価額を確定させたことから再上方修正した。

 株価は、東日本大震災発生でつけた2万2170円安値から9月の業績増額で3万円台にタッチする底上げをしたものの、再度、昨年来安値2万1700円まで大きく調整、下げ過ぎとして底上げ途上にある。PERは2倍台と超割安であり、上値トライが続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:33 | 株式投資ニュース

グリーは売買代金2位の活況で5日ぶりの反発

■自律反騰の機運満ち材料次第で一段高の期待

 グリー<3632>(東1)は23日、東証1部の売買代金2位で急反発となり、後場2095円(117円高)まで上げて終値も2090円。5日ぶりの反発となった。会社発側からのIR関連ニュースや、証券会社による目標株価などは伝えられなかったものの、株価は、年初の1月4日から前売買日の20日までで、値上がりした日が2日しか見当たらない続落基調だったため、自律反騰の機運は満ちていた模様。本日は、同業のディー・エヌ・エー<2432>(東1)が新ゲームを材料に反発したため、自律反騰が発生したようだ。このため、材料が出れば一段高の可能性があると期待が広がった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | 株式投資ニュース

ディー・エヌ・エーは新ゲーム登録者数4日で100万人突破とされ急反発

■バンダイナムコHDの人気アニメを材料視

 ディー・エヌ・エー<2432>(東1)は23日、急反発となり、後場1962円(155円高)まで上げ、終値も本日高値の1962円。東証1部の売買代金5位となり、1月19日の1750円から持ち直した。バンダイナムコホールディングス<7832>(東1)が前週末20日付けで、ディー・エヌ・エーのソーシャルゲームサイト「Mobage(モバゲー)」向けに1月17日から配信を開始した人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」のソーシャルゲーム「ONE PIECE グランドコレクション」の登録者数が、サービス開始からわずか4日で100万人を突破したと発表したことが材料視された。バンダイナムコホールディングスの株価は1041円(20円安)で3日続落。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | 株式投資ニュース

IHIが材料豊富で需給妙味あり5日続伸で戻り高値

■三菱重工業も5日続伸となり水準訂正進む

 IHI<7013>(東1)は23日、5日続伸となり、前場206円(5円高)まで上げて終値も204円(3円高)。昨年8月以来の205円台を回復し、戻り高値となった。次世代エネルギー関連、防衛関連など、材料性は豊富。信用倍率0.9倍前後と売り残・買い残が拮抗しており、需給妙味を刺激する相場を続けた。本日は三菱重工業<7011>(東1)も5日続伸となり、川崎重工業<7012>(東1)は反落したものの、朝方は戻り高値に進み、昨売買日までで6日連続高だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:45 | 株式投資ニュース

「K氏」関連株とされる虹技が値上がり率上位で高値を更新

 大証では、大物仕手筋の本尊「K氏」関連株のひとつとされる虹技<5603>(大1)が340円(28円高)と高値を更新し、8.9%高で所属市場の値上がり率3位前後に入る相場となった。このところの復興関連株物色が一服基調になり、市場に滞留するホットマネーがシフトしたとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:57 | 株式投資ニュース

日立製作所はテレビの自社生産から撤退と伝わるが反応薄く小動き

 日立製作所<6501>(東1)は23日の午後、テレビの自社生産から撤退との通信社報道が伝えられたものの反応がなく、後場寄りから14時25分にかけては434円(前日比変わらず)から430円(4円安)の狭い範囲で推移となった。同社Webでは、薄型テレビ事業の事業統括機能を日立コンシューマエレクトロニクスから日立の100%子会社で家電製品の販売などを担当している日立コンシューマ・マーケティンググループに移管し(中略)、最終組み立て工程については外部への委託を徹底、とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:26 | 株式投資ニュース

JSRは13時に第3四半期決算を発表し一時下押す

 タイヤ用合成ゴムや電子部品のJSR<4185>(東1)は23日の13時に発表した第3四半期決算を受けて一段下押す相場になり、一時1490円(66円安)まで軟化。14時20分にかけては1500円(56円安)前後に持ち直している。第3四半期の連結業績(4月〜12月)は、売上高が前年同期比1.6%増加、営業利益は同2.9%減、純利益は同8.3%減。3月通期の予想は変更なく、売上高は前期比8.6%増、営業利益は同4.9%増、純利益は同1.6%増、1株利益は116円07銭。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:19 | 株式投資ニュース

グリーは堅調!昨年末から続落基調とあって基調転換に期待

 グリー<3632>(東1)は23日の後場2060円(82円高)前後で推移し、前場に続いて堅調相場。会社発側のIR発表や証券会社による目標株価などは伝えられていないなか、12月30日から昨日までをみると、値上がりした日が2日しかない続落相場とあって、自律反発との見方が出ている。ただ、本日はディー・エヌ・エー<2432>(東1)も堅調で反発相場となっており、ソーシャルゲーム関連銘柄の軟調相場に転機到来の期待はあるようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 株式投資ニュース

カシオ計算機が出直り強め1月4日以来の470円を回復

 カシオ計算機<6952>(東1)は23日の後場寄り後に470円(11円高)をつけ、続伸幅を拡大。1月4日以来の水準を回復した。本日は、UBS証券が目標株価を490円から470円に引き下げたと伝えられたものの影響薄。株価は、1月の上中旬に431円を下値とする底練り商状になり、このもみ合いを経て出直ってきたため、11月の安値427円とあわせてみると下支え水準が推測できると買い安心感が広がっている。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | 株式投資ニュース