[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/21)WOWOWは14時の増額を好感し急伸16万円台
記事一覧 (10/21)【話題株】ユニ・チャームは上海株の連日安値を気にし軟調
記事一覧 (10/21)明光ネットは連続の最高純益・増配を買い直して急反発
記事一覧 (10/21)建設技術研究所小幅続伸、「ジリ高後急伸の習性」で注目、好利回り
記事一覧 (10/21)アツギは通期予想の減額より自己株の取得を好感し後場急騰
記事一覧 (10/21)増額・増配のラサ商事急伸、利回り3.7%、なお見直し余地
記事一覧 (10/21)大型地域スーパーのPLANTが9月決算を好感しストップ高
記事一覧 (10/21)パナホームが増額修正を好感し高値に顔合わせ
記事一覧 (10/21)パラマウントベッドHDは1部上場後の安値更新、高PER是正か
記事一覧 (10/21)塩野義、大正が薬品で新安値、減額の大正は連日の大幅安
記事一覧 (10/21)グリーは「AKB48」初の公式ゲームに反応薄!新顔のKLabが高い
記事一覧 (10/21)新規上場の日本管理センターは公開価格と同値で初値
記事一覧 (10/21)日本のウォールストリートで花王へデモ、目視500人、株下げる
記事一覧 (10/21)ゲンキーは連続増配、1Q好決算も利益確定売りで急続落
記事一覧 (10/21)ISIDは矢継ぎ早の業績再上方修正を好感し3連騰
記事一覧 (10/21)パナソニックは朝方の下げ切り返し続伸相場
記事一覧 (10/21)山形のゼビオ101円高、東証1部唯一新高値、好調四季報予想
記事一覧 (10/21)「落日のテレビ」報でもパナソニック3日高、赤字見通しで戻り限界
記事一覧 (10/21)オリンパスが安値更新!社長解任から50%近い棒下げ
記事一覧 (10/21)「増額」の水道機工急伸、赤字残るも縮小、復興人気もオン
2011年10月21日

WOWOWは14時の増額を好感し急伸16万円台

■円高による番組調達コストの減少など寄与

 WOWOW<4839>(東1)は21日の14時に業績予想の増額修正を発表。株価は急伸となり、発表前の16万円(1300円高)前後から16万7500円(8800円高)まで上げ、終値も16万2700円(4000円高)と反発。終値での16万円台乗せは10月13日以来となった。

 増額発表では、円高による番組調達コストの減少、正味加入件数が当初の想定より良化していること、などを要因に、第2四半期の予想営業利益(4〜9月)は40億円から51億円に、純利益は25億円から34億円に引き上げた。通期の予想は10月28日の第2四半期決算発表で公表とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 株式投資ニュース

【話題株】ユニ・チャームは上海株の連日安値を気にし軟調

■第2四半期の決算発表は10月31日を予定

話題株 ユニ・チャーム<8113>(東1)は21日の後場、軟化する相場となり、終値は本日安値の3515円(35円安)で続落。中国での需要拡大を受ける中国関連銘柄との位置づけで、本日の上海株式が2日続けて年初来の安値に進み4日続落となったことを嫌気する雰囲気があった。上海総合指数は終値は2317.275ポイント(前日比14.091ポイント安)となり、09年3月以来約2年7カ月ぶりの安値と伝えられた。

 第2四半期の決算発表は10月31日を予定。業績は堅調で、7月下旬の第1四半期発表時点では、第2四半期の売上高を前年同期比10.9%増の2020億円、営業利益は同0.1%増の222億円と見込んでいる。3月通期の予想営業利益は前期比5.2%増の490億円、1株利益は187円75銭。中国株の下落の影響は、心理的な面が多いとみられ、決算発表に向けて持ち直すとの期待は少なくないようだ。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:22 | 株式投資ニュース

明光ネットは連続の最高純益・増配を買い直して急反発

 明光ネットワークジャパン<4668>(東1)は21日、19円高の641円と反発した。10月11日の8月期決算の発表以来、100円超幅の急落に見舞われたが、今期業績の連続した最高純利益更新、増配からは下げ過ぎとして割安株買いが再燃しており、日証金段階で売り長で逆日歩がつく信用好需給も押し上げ効果を発揮している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:54 | 株式投資ニュース

建設技術研究所小幅続伸、「ジリ高後急伸の習性」で注目、好利回り

 建設技術研究所<9621>(東1)は、5円高の564円と前日の3円高に続いて小高い。今年6月の470円に対し、8月の470円で、キレイな二番底を形成。派手さはないものの着実に下値を切り上げている。河川、道路に強みを持つ建設コンサルタントの大手。震災発生後の4月18日には復興関連人気で670円まで買われている。

 今12月期は、前期比6.7%増収、営業利益4.9%減益、1株利益37.4円の見通し。配当は年16円の予定。業績堅調に加え、配当利回り2.8%と魅力的。ジリ高が続いたあとに急伸する習性があり注目しておきたい。

>>建設技術研究所のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:23 | 株式投資ニュース

アツギは通期予想の減額より自己株の取得を好感し後場急騰

 アツギ<3529>(東1)は21日の13時に第2四半期決算(4〜9月)と自己株の取得を発表。株価は急反応となり、発表前の88円(前日比変わらず)前後から94円(6円高)まで急伸。値上がり率は10%で東証1部の5位に入る場面があった。決算発表では、3月通期の予想を減額修正し、営業利益は17.2億円から10.0億円(前期は約17億円)とした。しかし、市場では、自己株の取得を好感した模様。自己株の取得は上限株数400万株(発行済み株式総数の2.26%)、期間は10月24日から2012年1月20日まで。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | 株式投資ニュース

増額・増配のラサ商事急伸、利回り3.7%、なお見直し余地

 増額と増配のラサ商事<3023>(東1)は、後場27円高の349円と8.3%高と値を上げた。今日14時に今3月期の修正を発表。売上は20億円、営業利益1億5000万円、純益で4000万円、それぞれ増額した。資源・金属素材、産業関連が予想を上回る堅調で粗利益が向上。修正後の営業利益は13億5000万円(前期比15.5%増益)、1株利益63.1円の見通し。配当は年13円(前期年11円)へ増配の予定。利回り3.7%、PER5.5倍と割安。年初来高値は2月18日の422円。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:54 | 株式投資ニュース

大型地域スーパーのPLANTが9月決算を好感しストップ高

 大型地域スーパーマーケットのPLANT(プラント)<7646>(JQS)は21日、ストップ高。昨日発表した2011年9月本決算などを好感し、9時27分にストップ高の712円(100円高)をつけたあとはこの値段で買い気配。後場14時45分にかけてもストップ高気配を続けている。

 同社は、一般的なスーパーの出店しない地域を中心に、衣食住の関連商品を格安・大量にそろえるスーパーセンターを展開。昨20日の大引け後に発表した前9月期の決算は、売上高が前期比1.3%減の823.75億円、営業利益は同38.5%増の29.2億円となり、経常利益は同42.3%増の28.5億円となった。純利益は、福島第1原発の警戒区域にある「PLANT−4大熊店」(福島県大熊町)の営業再開のメドが立たないことなどにより、純利益が前期比95.7%減の0.46億円だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:48 | 株式投資ニュース

パナホームが増額修正を好感し高値に顔合わせ

 パナホーム<1924>(東1)は21日の後場も強調相場となり、558円(12円高)まで上げて10月17日につけた年初来の高値に顔合わせ。昨日発表した第2四半期の業績予想(4〜9月)増額を好感し、急反発の出直りとなった。増額修正は、営業利益予想を43億円から50億円に、純利益は22億円から30億円に増額。大震災後の応急仮設住宅への対応などが寄与した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:39 | 株式投資ニュース

パラマウントベッドHDは1部上場後の安値更新、高PER是正か

 パラマウントベッドホールディングス<7817>(東1)は、88円安の2040円と前日の26円を上回る下げとなって、去る、17日の2050円を切って年初来の新安値。もっとも、年初来安値とはいっても、去る、10月3日に東証1部へ上場となったばかり。

 上場に際し、3日朝に今3月期の業績見通しを公表している。売上312億円、営業利益42億円、1株利益81.6円の見通し。期末20円の配当を予定している。3日始値2144円に対し、同じ日につけた2278円がこれまでの高値。表記の業績予想は、10月1日に「ホールディングス」になってから3月末まで6ヶ月間の業績予想のため、年間での予想1株利益を約2倍とした場合、高値時点でのPERは14倍前後になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:00 | 株式投資ニュース

塩野義、大正が薬品で新安値、減額の大正は連日の大幅安

 薬品株では塩野義製薬<4507>(東1)と、大正製薬ホールディングス<4581>(東1)の2銘柄が東証1部で新安値。塩野義は25円安の1085円と前日の5円安に続いて下げ、去る17日の1096円を下回って安値更新。大正製薬は300円安の5620円と前日の340円安に続く大幅下げで前日(20日)の5810円を切って安値更新。

 大正製薬は去る12日に発表した今3月期の減額が響いている。大正製薬の修正後営業利益は365億円(修正前395億円)となる。天候不順で「リポビタンシリーズ」がふるわなかった。「薬品株は内需関連の有望的な存在。不振の輸出関連株に代わって活躍が期待されたのに水をかけられた」と残念な声も聞かれた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | 株式投資ニュース

グリーは「AKB48」初の公式ゲームに反応薄!新顔のKLabが高い

 グリー<3632>(東1)は21日の後場も軟調で2321円(112円安)。今朝、人気アイドルグループ「AKB48(エーケービーフォーティーエイト)」初の公式ソーシャルゲームとなる「AKB48ステージファイター」を10月25日より開始と発表。朝方は2450円(17円高)まで上げる場面があったものの、伸びきれなかった。

 ソーシャルゲーム関連株は、ディー・エヌ・エー<2432>(東1)も一時3060円(120円安)の続落。これら東証1部銘柄に代わり、9月上場のKLab(クラブ)<3656>(東マ)が一時4940円(440円高)と人気を集めている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 株式投資ニュース

新規上場の日本管理センターは公開価格と同値で初値

 日本管理センター<3276>(JQS)が、きょう21日にジャスダック市場に新規株式公開(IPO)された。公開価格は1600円、公開株式数は22万4000株となっている。寄り付きと同時に、公開価格と同値の1600円で初値をつけ、その後は1875円まで買い進まれている。

 前日IPOのシンバイオ製薬<4582>(JQG)が、公開価格を大きく下回って初値を形成しており、比較感から同社のディフェンシブ業態や公開価格がPER5倍台と割安で、資金吸収額も3億円超と小規模にとどまり、さらに今期予想配当の100円に対して公開価格が6%台の高配当利回りに達することなどが前向きに評価され、対照的に同値の初値形成となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:07 | 株式投資ニュース

日本のウォールストリートで花王へデモ、目視500人、株下げる

花王 「日本のウォールストリート茅場町」でデモ対象の花王<4452>(東1)が15円安の2132円と前日の17円安に続いて下げている。東京日本橋・茅場町の永代通りに面した花王本社前に「日の丸の国旗」と、「花王製品不買」のプラカードなどを掲げたデモ行進が21日(金)12時15分時点で目視500人程度が抗議の列をつくった。オフイス街のど真ん中ということと、お昼ときということで、ビジネスマンが人だかりをつくった。盛んにデジカメや携帯のシャッターを押す人も。「茅場町は証券の街。つい最近、ニューヨークのウォールストリートで起きたデモを連想する」という声も。デモは夏場から続いており、今後も続くようなら株価を押し下げることはあっても上げる材料とはなり難い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:01 | 株式投資ニュース

ゲンキーは連続増配、1Q好決算も利益確定売りで急続落

 ゲンキー<2772>(東1)は21日、62円安の1686円まで下げて急続落している。前日20日大引け後に今6月期第1四半期(1Q)決算の開示とともに第2四半期(2Q)・期末配当の連続増配を発表、1Q業績も、増収増益となり期初予想の2Q業績に対して順調な進捗率を示したが、利益確定売りが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:27 | 株式投資ニュース

ISIDは矢継ぎ早の業績再上方修正を好感し3連騰

 ISID(電通国際情報サービス)<4812>(東1)は21日、20円高の690円まで上げて3日続伸し、10月12日につけた年初来高値727円を射程圏に捉えている。前日20日大引け後に今年9月14日に続いて矢継ぎ早に今3月期第2四半期(2Q)・通期業績の2回目の上方修正を発表、サプライズとなって割安株買いが増勢となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース

パナソニックは朝方の下げ切り返し続伸相場

 パナソニック<6752>(東1)は21日の前場、737円(20円安)を下値に切り返す動きをみせ、777円(24円高)まで上げて前引けも765円(12円高)と続伸相場になった。朝方は、太陽電池増産計画の見直しや、プラズマテレビ用パネル事業の縮小などによる今期最終赤字の観測などがあり、売り先行。しかし、売り一巡後は評価し直す買いが広がったようだ。

 朝安のあと切り返した結果、テクニカル的には25日移動平均を抜いてチャートが好転。もみ合いを抜け出す形になったため、10月4日の701円を起点とする戻り相場の上昇第二幕が開いたとの見方が出ている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:17 | 株式投資ニュース

山形のゼビオ101円高、東証1部唯一新高値、好調四季報予想

 ゼビオ<8281>(東1)は、101円高の2088円と急伸、年初来高値を更新。10時45分現在、東証1部新高値は同社株だけ。特に、新しい材料は公表されていない。3月の震災時下げでつけた安値1298円から、ほぼ一貫して上昇をたどり、去る、10月4日には2010年5月以来、久々に2000円台に乗せ弾みがついていた。スポーツ専門の小売大手。

 9月の既存店売上は前年比4.1%増と堅調。会社見通しの今3月期営業利益131億700万円(前期比8.4%増益)に対し、四季報最新号では166億円予想となっていることが注目されている。1株利益でも会社見通し163.4円に対し四季報は202.2円。PER10倍強ということで割安感がある。「本社が山形県ということで、これまで見落とされていたようだ。もちろん、復興人気も加わっている」(中堅証券)。月足チャートでみれば3000円前後まではフシらしいフシはない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | 株式投資ニュース

「落日のテレビ」報でもパナソニック3日高、赤字見通しで戻り限界

 パナソニック<6752>(東1)は、24円高の777円と、19日(水)の2円高、20日(木)の8円高に続いて3日続伸。今朝は、一部報道で「落日のテレビ事業」、「プラズマと液晶パネルの工場を減損処理し今期に約1200億円の損失を計上、最終損益は赤字に転落する見通し」と伝えられた。会社側は、「当社が発表したものではない。第2四半期決算及び今年度業績見通し修正の有無については10月31日(月)に公表する予定」と発表。

 四季報予想の今3月期予想の最終利益は200億円。これが、赤字見通しという報道だから買方にとっては、ガックリする材料。配当(前期は年10円)はどうなるのだろうかという心配もある。にもかかわらず、今朝の株価が3日高くなったのは、去る、10月4日に701円の安値をつけ、1990年以降では最安値水準に沈んでいることがある。

 このため、最近は、リバウンド狙いで信用買残が増える傾向にある。ただ、買方は今期の赤字まで落ち込むことは見込んでいなかったはず。売方の買い戻しが一巡すれば戻り一杯となろう。先の安値701円が底かどうかを再び試す動きになるものとみられる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 株式投資ニュース

オリンパスが安値更新!社長解任から50%近い棒下げ

 オリンパス<7733>(東1)は21日、朝方の1342円(21円高)を上値に軟調相場となり、一時1261円(60円安)。10月18日につけた年初来の安値1281円を割り込んだ。14日午前に発表した社長解任を契機に連日急落となっており、14日の始値2482円からは50%近い棒下げ。ここ一両日は乱高下となり、いわゆる「下値波乱」で下げ一巡傾向との予想はあるものの、再び下値を探る相場に突入の可能性もあるという。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース

「増額」の水道機工急伸、赤字残るも縮小、復興人気もオン

 「増額」の水道機工<6403>(JQS)は、9円高の155円で寄り付き、20円高の166円と買われている。20日(木)16時に第2四半期(4〜9月)を増額。売上で2億6200万円、営業損益で5億2400万円、最終損益でも5億2000万円、それぞれ増額した。修正後の営業損益は当初の赤字5億8500万円から赤字6100万円へ赤字が縮小した。最終損益も赤字2400万円。

 主力の上下水道部門及び環境部門において第3四半期での売上を見込んでいたものが前倒しで計上となったことなどが寄与。今3月期通期についての修正はない。「売上が前倒しとなったことで下期はその分が落ち込むのだろうかという心配はある。しかし、復興関連として新規受注も期待できるのではないか。第2四半期決算の発表が注目される」(中堅証券)。配当は年2.5円の予定。震災発生後、4月に復興関連で304円と買われた実績がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 株式投資ニュース