[株式投資ニュース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/15)【話題株】ヒマラヤは三菱商と資本業務提携も利益確定売りが交錯しもみ合い
記事一覧 (10/14)【上方修正株】宇部興産は2Q業績上方修正も観測報道通りにとどまり急反落
記事一覧 (10/14)古野電気の第2四半期は漁業・医療用とも堅調で増収増益−−引け後のリリース
記事一覧 (10/14)トヨタ自動車がタイの洪水で現地3工場の休止を継続
記事一覧 (10/14)【話題株】ヤーマンは後場に高値更新、立会外分売終了で東証1部指定替え期待
記事一覧 (10/14)ネット通販のスタートトゥデイは顧客サービス向上策が着々奏功
記事一覧 (10/14)若築建設は沖縄の泡瀬干潟の埋め立て再開を手がかりに高値引け
記事一覧 (10/14)【話題株】あみやき亭は昨日の上げ幅の大半を失う急反落で徒労感
記事一覧 (10/14)建設仮設材のアルインコは14時の増額修正を好感し急騰
記事一覧 (10/14)ヤマト インターナショナルは14時の決算発表を好感し急伸
記事一覧 (10/14)15時に増額発表スタートトゥは週明けに期待、83店舗オープン
記事一覧 (10/14)東急不動産が9月のマンション動向とドイツ証券の評価を好感し続伸
記事一覧 (10/14)決算発表の知多鋼は商い不成立、通期2ケタ増益も低人気
記事一覧 (10/14)コメ兵が金価格の高騰などによる増額修正を好感し急伸
記事一覧 (10/14)頑強なアーバネット、連続2ケタ増益、投資用ワンルーム好調
記事一覧 (10/14)ヒマラヤは三菱商と資本業務提携も利益確定売りが交錯しもみ合い
記事一覧 (10/14)ホギメディカルは2Q減益転換業績を売り直して急続落
記事一覧 (10/14)資生堂が米国事業を手がかりに後場上値を試しテクニカル妙味
記事一覧 (10/14)1500円前後固めるインテージ、8月高値からの調整ほぼ完了
記事一覧 (10/14)ファーストリテイリングは全米1600店舗構想が伝わり反発一段高
2011年10月15日

【話題株】ヒマラヤは三菱商と資本業務提携も利益確定売りが交錯しもみ合い

話題株 ヒマラヤ<7514>(東2)は14日前場、20円高の551円と買われて5営業日続伸したあと、20円安と売られるなどやや値動きの荒い展開が続いた。13日大引け後に森トラスト(東京都港区)との業務・資本提携の解消と、三菱商事<8058>(東1)との資本・業務提携、第三者割当による自己株式処分を発表、三菱商のグローバルなネットワークを活用した安定的な商品供給や財務・経営基盤の強化が期待できるとポジティブに評価して割安株買いが増勢となったが、全般相場が調整色を強めたことから利益確定売りも交錯した。

 森トラストとの提携解消は、小売業を取り巻く事業環境の変化を踏まえて提携の役割が終えたと判断して取締役会決議し、森トラストが保有する同社株式80万株(発行済み株式数の6.49%)は、三菱商に譲渡が予定されている。

 一方、三菱商との提携は、大手総合商社の有する商品供給インフラ、強固な経営基盤・人材を活用して、商品政策・商品開発、物流効率化、店舗開発・運営などに共同で取り組み、事業規模の拡大と収益基盤の強化を図ることを目的にしている。資本提携は、自己株式33万5800株(同2.73%)を578円で第三者割当処分するほか、三菱商が、主要株主4者から保有株式を譲り受け、出資比率を従来の2.43%から20.02%へ高める。

 株価は、厳冬関連人気に前期業績上方修正でつけた652円高値から東日本大震災発生で年初来安値389円まで急落、好調な月次売上高・業績推移で同高値658円まで急反騰、半値押し水準でもみ合っている。下値ではなおPER4倍台、PBR0.5倍の超割安修正余地がある。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース
2011年10月14日

【上方修正株】宇部興産は2Q業績上方修正も観測報道通りにとどまり急反落

上方修正銘柄 宇部興産<4208>(東1)は14日、6円安の252円と変わらずを含めて6営業日ぶりに急反落した。13日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表したが、10月7日の観測報道通りでサプライズはないとして、7月21日につけた年初来高値278円を前に利益確定売りが先行した。

 2Q累計業績は、期初予想より売り上げを20億円、営業利益を55億円、経常利益を65億円、純利益を40億円それぞれ引き上げ、営業利益は225億円(前年同期比34%増)と観測報道値並みとなり、純利益は115億円(同51%増)と期初の減益転換予想がプラス転換する。

 化成品・樹脂セグメントで良好な需給バランスを背景に、カプロラクタムの製品価格と原料価格の値差・スプレッドが想定以上に拡大し、東日本大震災の影響も想定を下回ったことが要因となった。

 3月通期業績は、11月2日に予定している2Q累計決算発表時に公表するとしている。

 株価は、大震災発生でつけた年初来安値185円から震災に伴うセメント特需や電力会社向けコールセンター(石炭貯蔵場)の高稼働などを手掛かりに同高値まで100円高し、半値押し水準から2Q累計業績の観測報道で出直ってきたところである。目先売り一巡後にPER12倍台の割安再修正が見込まれる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:05 | 株式投資ニュース

古野電気の第2四半期は漁業・医療用とも堅調で増収増益−−引け後のリリース

■営業・経常・純利益とも通期予想を上回る

引け後のリリース、明日の1本 魚群探知機などの大手・古野電気<6814>(大1)は14日の大引け後、第2四半期決算(3〜8月・上期)を発表。売上高は前年同期比4.7%増の388.4億円となり、営業利益は同9.2%増の13.9億円となった。舶用事業では、漁業市場向けがアジアを中心に増加。産業用では、医療用機器は大型生化学分析装置が好調、また、ETC車載器も増加した。

 ただ、2月通期の予想は据え置き、売上高は前期比3.8%増の765億円、営業利益は同19.3%減の10億円、純利益は同31.0%増の4.5億円、予想1株利益は14円27銭。営業・経常・純利益とも、第2四半期までで通期の予想を大きく超過しているため、季節特性や円高の影響を差し引いても、通期は上ぶれる可能性がありそうだ。

■ヤマハ発動機の漁船大量受注観測は思惑要因

 14日の株価は弾力のある動きをみせ、前場353円(17円安)まで下げながら、後場は切り返して374円(4円高)まであげ、終値もこの高値。4日続伸となって9月中旬からの出直り基調を継続した。第2四半期末の1株純資産は1059円02銭のため、いわゆる解散価値の4割弱の水準(PBR0.3倍台)に割安放置状態。

 また、12日には、週間ダイヤモンド誌でヤマハ発動機<7272>(東1)が漁船3000隻を受注し特需にわくと伝えられ、株価が急動意となったため、古野電気にも思惑が働く可能性がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:40 | 株式投資ニュース

トヨタ自動車がタイの洪水で現地3工場の休止を継続

■10月22日まで稼動を停止と発表

 トヨタ自動車<7203>(東1)は14日の午後、「タイ洪水に関する当社の対応について」(第2報 10月14日現在)を発表。トヨタ・モーター・タイランドの3工場(サムロン工場、ゲートウェイ工場、バンポー工場)で10月10日(月)から10月15日(土)の車両生産の稼動停止を既に決定していたが、引き続き、10月17日(月)から10月22日(土)までの稼動も停止することを決定した、とした。

 ただ、この3工場については、洪水による被害はなく、10月24日(月)以降の稼動については、状況を見ながら判断するとした。

 14日の株価は小反落となり、終値は2556円(44円安)。タイの洪水被害関連銘柄は、昨日反発したホンダ<7267>(東1)が反落し、昨日まで戻り高値だったキヤノン<7751>(東1)も急反落、ニコン<7731>(東1)は続落など、概して影響の大きい相場だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:08 | 株式投資ニュース

【話題株】ヤーマンは後場に高値更新、立会外分売終了で東証1部指定替え期待

話題株 ヤーマン<6630>(東2)は14日、後場上げ幅を拡大し81円高の1099円まで上げて38円高の1056円と急反発し、9月20日につけた年初来高値1065円を更新した。きょう前場取引時間中の10時に前日に実施を発表した29万1700株の立会外分売(分売価格993円)を終了したと発表、東証1部指定替えへの期待を高めて割安修正買いが再燃した。

 立会外分売は、10月4日に発表され、同社が申請している東証1部への指定替えの形式要件の流動株式比率の充足を図ることを目的としており、終了で指定替えが具体的な日程にのぼってくることになる。

 同社は業績も好調に推移、今4月期純利益は11億1300万円(前期比18%増)と連続の過去最高更新を予想しているが、9月に発表した第1四半期(1Q)決算はV字回復して期初予想の第2四半期累計業績に対して高利益進捗した。

 株価は、この1Q好決算に反応して年初来高値1065円まで急伸し、1000円台固めを続けてきた。PER5倍台の超割安修正に拍車が掛かりそうだ。

>>ヤーマンのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:56 | 株式投資ニュース

ネット通販のスタートトゥデイは顧客サービス向上策が着々奏功

■第2四半期の予想を増額修正

 アパレル系ネット通販の大手・スタートトゥデイ<3092>(東マ)は14日の大引け後、連結業績予想の増額修正を発表し、第2四半期の営業利益(4〜9月)はこれまでの29.4億円から33.3億円(前年同期は約25億円)に、純利益は16.5億円から20.8億円(同14億円)に見直した。通期の予想は、不透明感があるとして据え置いた。

 顧客サービス向上策として返品受け付けの開始、ポイント還元率のアップ、ゲスト購入制度の導入などを開始し、取り扱いブランドの拡充も進めた。

 14日の株価は小幅続落となり、後場1696円(28円安)まで下げ、終値は1706円(18円安)。10月に入り、出直り相場が一巡し、1821円(10月5日)を直近の高値として調整地合いだが、下値は1700円を出没したまま底堅い動きとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:51 | 株式投資ニュース

若築建設は沖縄の泡瀬干潟の埋め立て再開を手がかりに高値引け

■3月高値からの信用期日過ぎ軽快感

 若築建設<1888>(東1)は14日の後場一段ジリ高となり、終値はこの日の高値となる128円(7円高)。9月5、6日につけた戻り高値126円を更新した。09年11月から中断していた沖縄の中城湾の埋め立て事業(泡瀬干潟埋め立て事業)を内閣府沖縄総合事務局が14日、再開と伝えられ、吸収地盤の港湾土木の大手として思惑を集めた。

 株価は戻り高値を更新したため値動きが軽くなった形。3月25日に付けた年初来の高値179円からは6カ月を過ぎているため、制度信用取引の期日を通過し、「荷もたれ玉」はかなり軽減との見方がある。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:32 | 株式投資ニュース

【話題株】あみやき亭は昨日の上げ幅の大半を失う急反落で徒労感

■移動平均の前後で上値重い

話題株 あみやき亭<2753>(東1)は14日、急反落の相場となり、後場18万6700円(8300円安)まで下げ、終値も18万7500円(7500円安)。特段、証券会社の投資判断変更などは聞かれず、昨日8300円高の19万5000円まで急反発したものの、PERが20倍を超えて割高感がある上、25日移動平均(約19万3300円)を大きく上回る勢いがないため、テクニカル重視の売買で売り先行となったようだ。

 同社は10月3日の朝、第2四半期決算(4〜9月)を発表し、3月通期の業績予想を減額修正した。これを受け、株価は12日に18万6100円の安値をつけた。この翌日に急反発したものの、本日の急反落によって反発幅の大半を下げたことになり、疲れる相場になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:11 | 株式投資ニュース

建設仮設材のアルインコは14時の増額修正を好感し急騰

■通期の予想は精査中とし期待集まる

 建設仮設材などのアルインコ<5933>(大2)は14時に業績予想の増額修正を発表。株価は急反応をみせ、大証の値段で発表前の360円(前日比変わらず)前後から一気に389円(29円高)まで上げ、7月22日以来の水準を回復した。終値も378円(18円高)となり4日続伸。

 発表では、既存製品・新製品の販売が順調で、量産効果による製造コストの低下なども奏功し、第2四半期の連結業績予想(3〜9月)を、営業利益は5.5億円から10.8億円(前年同期は約8.3億円)に、純利益は2.3億円から5.2億円(同4.2億円)に増額した。通期の予想は精査中とした。第2四半期の決算発表は、前回は10月22日、前々回は10月27日だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:47 | 株式投資ニュース

ヤマト インターナショナルは14時の決算発表を好感し急伸

■今8月期は営業利益51%増を見込む

 アパレル大手のヤマト インターナショナル<8127>(大1)は14時に2011年8月期の決算を発表。株価は急反応を示し、大証の値段で発表前の329円(1円安)前後から355円(25円高)まで急伸。終値も344円(14円高)となった。前8月期の連結売上高は225.7億円。この前の期は決算期変更にともなう9カ月決算で約166億円だったため増収基調。同様に、営業利益も13.2億円となり、前の期の9カ月で9.6億円との比較では増益基調となった。

 今期・2012年8月期の予想は、売上高を8.6%増の245億円、営業利益を同51.1%増の20億円とし、予想1株利益は51円61銭とした。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:29 | 株式投資ニュース

15時に増額発表スタートトゥは週明けに期待、83店舗オープン

 スタートトゥデイ<3092>(東マ)は、18円安の1706円と前日の16円安に続いて下げた。今日15時に第2四半期(4〜9月)の増額を発表。週明けの動きが注目される。売上で3億3600万円、営業利益で3億9200万円、純益で4億3400万円、それぞれ増額。

 顧客サービス向上で返品受付の開始、ポイント還元率のアップ(1%→3%)、ゲスト購入制度の開始、新規ショップ83店舗をオープンした。同社はアパレル専門通販サイトを運営。

 今年1月28日に株式300分割の権利を落としている。権利落ち後の始値1182円に対し、高値は8月18日の2158円、安値は3月15日の949円。今3月期通期については触れられていない。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | 株式投資ニュース

東急不動産が9月のマンション動向とドイツ証券の評価を好感し続伸

 東急不動産<8815>(東1)は14日、続伸相場となり、300円(9円高)まで上げて終値も298円(7円高)。直接的な手がかりは、ドイツ証券が投資判断「Buy」、目標株価520円を継続したと伝えられたことがあり、昨日、(株)不動産経済研究所の発表による首都圏・近畿圏マンション市場動向(9月)が堅調で、首都圏の契約率は77.7%となり、8月の69.9%から増加し、好不調の分かれ目とされる70%を超えたことを好感する相場になった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:06 | 株式投資ニュース

決算発表の知多鋼は商い不成立、通期2ケタ増益も低人気

 決算発表の知多鋼業<5993>(名2)は、今日も商いは不成立。去る10月5日の448円が最終値。今日14時20分に第2四半期(3〜8月)決算を発表。前年同期比1.8%減収、営業利益13.2%減益、純益9.1%減益だった。主要取引先の四輪車、二輪車において、震災の影響で減産したことが響いた。

 今2月通期は、従来予想通りで、前期比1.6%増収、営業利益18.1%増益、1株利益62.6円の見通し。配当は年7.5円の予定。線バネ、鋼板バネが得意。低PERながら、商いの少ない欠点があり手がけ難い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:03 | 株式投資ニュース

コメ兵が金価格の高騰などによる増額修正を好感し急伸

 宝飾・ブランド品の買い取り販売大手・コメ兵<2780>(東2)は14日の後場一段高となり、418円(31円高)まで急伸。終値も413円(26円高)で、9月12日の戻り高値394円を大きく更新した。昨日、金価格の高騰などを要因に第2四半期(4〜9月・上期)の業績予想を増額修正したことを好感。2月につけた年初来の高値461円に迫った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:24 | 株式投資ニュース

頑強なアーバネット、連続2ケタ増益、投資用ワンルーム好調

アーバネットコーポレーションホームページ アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)は、510円高の2万3850円と前日の530円安から反発。ことし8月中旬以降、2万3000〜2万4000円でのモミ合いが継続し頑強。夏場8月に2万7000円と値を飛ばした調整は順調に進んでいるものみられる。投資用ワンルームマンション大手。

 前期(2011年6月期)の営業利益12.5%増益に続いて、今期も営業利益54.1%増益、1株利益6359円の見通し。配当は年1500円の予定。金融機関からの新規開発融資も前期は6行3社から新規開発融資を受け、「グランドコンシェルジュ白金高輪アジュールコ−ト」(投資用ワンルーム)、「グランアジュール大倉山」(分譲用ファミリー)は完売した。

 今後の予定として、投資用ワンルームマンション6物件、分譲用ファミリーマンション2物件について、開発用地を購入している。厳しい競争の不動産業界で好調な業績が注目される。モミ合いを上に放れて夏場の戻り高値更新から年初来高値2万9000円(1月13日)も見込めそうだ。

>>アーバネットコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:04 | 株式投資ニュース

ヒマラヤは三菱商と資本業務提携も利益確定売りが交錯しもみ合い

ヒマラヤ スポーツ・ゴルフ用品等の小売りチェーン店を展開するヒマラヤ<7514>(東2)は14日、20円高の551円まで買われて5営業日続伸したあと、11円安まで売られるなどやや値動きの荒い展開が続いている。

 前日13日大引け後に森トラスト(東京都港区)との業務・資本提携の解消と、三菱商事<8058>(東1)との資本・業務提携、第三者割当による自己株式処分を発表、三菱商のグローバルなネットワークを活用した安定的な商品供給や財務・経営基盤の強化が期待できるとポジティブに評価して割安株買いが増勢となったが、全般相場が調整色を強めたことから利益確定売りも交錯した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:55 | 株式投資ニュース

ホギメディカルは2Q減益転換業績を売り直して急続落

 手術着など医療用不織布用品のトップメーカー、ホギメディカル<3593>(東1)は14日、195円安の3330円まで売られ変わらずを挟み3日続落している。前日13日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)決算を発表、期初予想よりは上ぶれたものの減益転換して着地したことが響き、利益確定売りが増勢となっている。2Q業績は、利益が期初予想より4〜2億円上ぶれたが、前年同期比1%増収、5%経常減益、5%純益減益と減益転換した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース

資生堂が米国事業を手がかりに後場上値を試しテクニカル妙味

 資生堂<4911>(東1)は後場、上値を試す動きをみせ、1487円(9円高)まで上げて前場の高値1486円を更新。手がかり材料としては、2000年にグループ化した米国の高級メーキャップブランド「ナーズ」を強化し、同ブランドの店舗やネット販売を米国で拡大と大手流通紙が伝えたことを好感。株価は8月の1321円を下値になだらかな下値切り上げ相場となっているため、本日の終値も現状維持なら、いわゆるテクニカル妙味が強まるとの見方が出ている。第2四半期の決算発表は10月31日の予定。

>>資生堂のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 株式投資ニュース

1500円前後固めるインテージ、8月高値からの調整ほぼ完了

インテージ インテージ<4326>(東1)は、6円安の1498円と前日の5円高から小反落。全般相場低調の中で夏場の8月2日に年初来高値1934円と買われたことで、最近は調整の動き。消費と販売向けの両方にパネル調査網を持ち、マーケットリサーチ分野で最大手。

 今期(2012年3月期)は、前期比4.7%増収、営業利益8.7%減益、1株利益165.0円の見通し(8月8日公表)。配当は年50円の予定。第2四半期(4〜9月)決算は11月9日(水)に発表の予定。

 1500円前後でのモミ合いが良好で下値は固まりつつある。アジアでの展開も期待される。PER9倍、利回りは3%を超えている。中期仕込み場だろう。

>>インテージのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:48 | 株式投資ニュース

ファーストリテイリングは全米1600店舗構想が伝わり反発一段高

 ファーストリテイリング<9983>(東1)は14日の後場一段高となり、反発幅を拡大。13時40分にかけては1万3430円(350円高)と本日の現在高になった。米国時間14日、「ユニクロ」のニューヨーク5番街店がオープン。訪米中の同社・柳井正会長兼社長が、将来的に現在の日本の店舗数(約800店舗)の2倍以上を出店し、全米展開する構想を明らかにした、と午後、日本経済新聞の報道として伝わったことが材料視されている。同社は12日に2011年8月期の決算を発表し、4期ぶりの減益だったため13日は反落だった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:41 | 株式投資ニュース